Lenovo ThinkPad L13のレビュー・ハイスペックなのに低価格の秘密はこれだ!

ThinkPadのLシリーズはメインストリームという位置づけで、標準的な外観にちょっとハイスペックな機種ですね。

万人受けしやすいモデルで、スペックの割に値段が安いんですよね。コスパが高いといいますか。

L13が何でこんなに安いのかな?と思っていたのですが、以下の点の為に値段が低く設定されていると思います。

  • 13型にしては若干厚い(2~3㎜)
  • メモリの増設が出来ない
  • ドッキングコネクタが使えない
  • LANケーブルを使う人は別途コネクタを購入しなくちゃいけない

この点さえ気にしない人であれば、おすすめの機種ですよ。

現在Lenovoでは5月12日までMother's Dayセールを開催しており、最大56%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

ThinkPad L13のレビュー

CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
コア i3)2コア4スレッド
i5、i7)4コア8スレッド
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 128GB~1TB(OPAL対応)
OS Windows 10 Home, Windows 10 Pro
ディスプレイ(13.3型) HD TN 光沢なし
FHD IPS 光沢なし(マルチタッチあり)
グラフィックス 内蔵グラフィックス
生体認証 指紋センサー、顔認証
LTE 無し
セキュリティ セキュリティ キーホール、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、TPM、Windows Defender、ThinkShutter
サイズ 311.5x219x17.6㎜
重さ 1.38㎏~
バッテリー 14.7時間
価格 8.9万円~

すごくスペックが良いのに、安いですね。13.3型にしてはちょっと厚いですが、軽いし小さいし、バッテリーが最大14.7時間と長いので外出用として活躍する機種です。

パソコンの頭脳であるCPUは、最新世代・第10世代のCore i3とi7なので性能が高いし、メモリも最大16GBと十分な容量ですね。パソコンがサクサク動くのに重要なストレージは、SSDでPCle-NVMeという最速タイプが搭載です。

ディスプレイに何でHD液晶があるのかな?とちょっと疑問ですが、価格を抑えたい人向けの選べるようにしていると思います。まぁ、あまり選ぶ人はいないと思いますが・・・。

生体認証も指紋センサーと顔認証が選べるので、ログインも一瞬だし、何よりもセキュリティが強固になりますね。セキュリティと言えば、本機種には多くのセキュリティが標準搭載されているので、ビジネスでもプライベートでも安心して使えますね。

Lenovo公式ページ

ThinkPad L13の特徴

Lenovo ThinkPad L13のディスプレイ

ThinkPad Lシリーズはベゼル(画面の黒い枠)が極細ではないですが、太くもない物が多いですね。おそらくこれが、価格を安く設定しているポイントだと思います。

と言っても、1年、2年前のパソコンと比べるとかなり細くなっています。

Lenovo ThinkPad L13の外観・右横 Lenovo ThinkPad L13の外観・後ろ

外観は「ザ・ThinkPad」と言った感じで、出来るビジネスマンが使っていそうな感じです。本体寸法は、横311.5㎜、縦219㎜となります。大学ノートA4サイズ(297㎜x210㎜)と比べると、横1.35㎝、縦0.9㎝大きいだけなので、カバンにすっぽり入れて持ち運びがしやすいですね。

Lenovo ThinkPad L13の外観・横 Lenovo ThinkPad L13のサイズ・厚さ

幅は17.6㎜と13型にしてはちょっと(2~3㎜)厚いなという感じですが、1円玉の直径が20㎜なので、1円より小さいくらいの厚さです。ほとんどの人は気にならないと思います。

Lenovo ThinkPad L13のディスプレイ

OSは最新のWindows 10搭載で、指紋センサーと顔認証が選べます。顔認証はパソコンを開けたらすでにログインが出来ているので、すっごく楽ですよね。指紋センサーも、指をポンと置くだけで簡単にログインが出来ます。

キーボード

Lenovo ThinkPad L13のキーボード

ThinkPadのキーボードは、IBM時代から「タイピングがしやすい」と有名ですよね。キーが若干湾曲しているし、押しごたえが良いんですよね。軽すぎず、重すぎずの打感です。

しかも通称赤ポチというトラックポイントがあり、ズームしたりカーソルを動かしたりできます。なので、手がホームポジションから離れずに、いろんな操作ができるんですね。

これなので、プログラマーや資料作成が多いビジネスパーソンに人気なんです。

CPU(プロセッサー)

パソコンの頭脳であるCPUは、最新世代のIntel coreシリーズになります。

  • Intel core i3-10110U(2.1GHz)
  • Intel core i5-10210U(1.6GHz)
  • Intel core i7-10510U(1.8GHz)

下のグラフは、本機種搭載のCPUのPassmarkスコアの比較です。(グラフをタップすると数値が表示されます)

Core i3はスコアが4000オーバーとなり、文書・資料作成などをメインに使う人なら問題なく使えるくらいですね。

Core i5とi7は6000オーバーと性能が良く、資料作成やZoomなどでの会議で使うことがある人はi5、i7を選んだ方がストレスなくいろんな事が出来ます。

また、クロック数(動作周波数)が高く、i3は2.1GHz、i5は1.6GHz、i7は1.8GHzとなっています。クロック数は数字が大きい方が同一時間内に処理できるデータ量が多くなるので、性能の一つの目安です。

通常は1.6GHzあれば「結構いいね」と思うくらいなので、今回は高めになっています。

コア

コアとスレッドは、並行作業(複数作業)がしやすいかどうかの目安になります。コアとスレッドが大きければ、「アレもして、コレもして」と同時に処理が出来るので、パソコンを快適に使いやすくなります。

Core i3の2コア4スレッドは標準的な性能で、Core i7の4コア8スレッドは結構大きい方です。

メモリ

メモリは最大16GBと、大容量です。8GBあれば大抵のことは大丈夫ですが、「より快適に」という場合は16GBをおすすめします。

パソコンの動きが全然変わりますよね。

ちなみにメモリはオンボードなので、増設は出来ません。

ストレージ

ストレージはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)で、M.2 PCle-NVMeという最速モデルが搭載です。

SSDにはSATAとPCle-NVMeがあるのですが、

  • SATA・・・データ転送速度の理論値が6Gbps
  • PCle-NVMe・・・データ転送速度の理論値が40Gbps

この様に性能が全然違うんですね。PCle-NVMeはSATAの約7倍の速度で、懐かしのHDD(ハードディスクドライブ)の数十倍になります。

また、本機種に搭載できるSSDはOPALに対応しています。(128GBは非対応)

OPAL(オパール)とは自己暗号化ドライブの事で、ハードウェアレベルでストレージのデータを暗号化できます。

OS(オペレーティングシステム)

OSは、Windows 10 HomeかProが選べます。

ProにはBitlockerというセキュリティや、仮想化機能であるHyper-Vで複数のOSをインストールしたり、Windows 10のカスタマイズに必要な機能などもあります。

仮にHomeを選んでもMicrosoft storeでProにいつでもアップデートできるので、必要そうだったらProにしてもいいかなと思います。

また、Windows 10にはWindows Defenderというセキュリティが付いています。

これはウイルス対策のソフトで、マルウェアやフィッシングなどからパソコンを守ってくれます。

Lenovo公式ページ

ディスプレイ

Lenovo ThinkPad L13の外観・ディスプレイ

ディスプレイは以下の3種類になります。

  • HD TN液晶 光沢なし(250nit)
  • FHD IPS液晶 光沢なし(250nit)
  • FHD IPS液晶 光沢なし マルチタッチ(300nit)
HD ハイディフィニション、解像度1366x768
FHD フル・ハイディフィニション、解像度1920x1080
TN液晶 視野角が狭く、画面の角度によっては薄暗く見える角度も有り
IPS液晶 視野角が広く、いろんな角度から見ても画面がきれいに見える
光沢なし 映り込みが軽減された液晶
nit 輝度(明るさ)を表す単位。250前後あれば標準
マルチタッチ タブレットの様にタップして使える
ThinkShutter 前面カメラのカバー

FHDが標準的なディスプレイで高画質なので、多くの人がこちらを選ぶと思います。HDは画質が良くないので、目が疲れやすいし悪くなりやすいですしね。

また、セキュリティとしてThinkShutterが付いています。拡大したらこんな感じ↓ですが、画面上部にあるカメラのシャッターです。

Lenovo ThinkPad L13のThinkShutter

万が一ウイルス感染などしても、こちらが見られることはありませんね。

セキュリティ

これがあるのでThinkPadはビジネスパーソンに人気ですね。

  • Windows Defender・・・Windows 10に搭載されているウイルスから保護するセキュリティ
  • ハードディスクパスワード・・・ハードウェアレベルでストレージにパスワードを設定
  • パワーオンパスワード・・・電源を入れた時のログインパスワード
  • スーパーバイザーパスワード・・・BIOSなどの設定を見たり変更する時のパスワード
  • セキュリティキ―ホール・・・ワイヤーなどを繋げて持ち運びできないようにする
  • TPM・・・独立して機能するセキュリティチップで、パスワードなどの情報を格納する
  • ThinkShutter・・・前面カメラのカバー
  • OPAL・・・ストレージを暗号化

仮にパソコンを盗難・紛失しても、データが見られる可能性はかなり低いでしょうね。

インターフェイス

Lenovo ThinkPad L13のインターフェイス

  1. USB Type-C 3.1
  2. イーサネット拡張コネクター2
  3. USB 3.1 Gen 1
  4. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  5. 電源ボタン
  6. microSDメディアカードリーダー
  7. USB 3.1 Gen 1
  8. HDMI
  9. セキュリティロックスロット

拡張コネクタが付いているので、拡張ケーブル(3000円ほど)を買えばLANケーブルに繋げます。HDMIポートもあるので、外部ディスプレイの接続はケーブル1本で簡単にできますね。

ただしドッキングコネクタに接続できないため、配線が多い人はT15 Gen 1などの他の機種検討した方が良いかもしれません。

まとめ

「ThinkPad L13は何でこんなに安いのかな?」と思っていたのですが、からくりが解けましたね。

  • 13型にしては若干厚い(2~3㎜)
  • メモリの増設が出来ない
  • ドッキングコネクタが使えない
  • LANケーブルを使う人は別途コネクタを購入しなくちゃいけない

上記の点が関係ないという人は、全然お買い得の機種になります。

現在Lenovoではセールをやっているので、この機会をお見逃しなく!

Lenovo公式ページ