Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー・ThinkPadとYogaの性能を兼ね揃えたおしゃれノートパソコン

ThinkPadのにはThinkPadの外観と性能に、Yogaの2 in 1 PCの性能を合わせたお買い得のモデルがあります。

ThinkPad ○○Yogaという名前のものですね。

今現在ThinkPad X Yogaシリーズと、ThinkPad L Yogaシリーズがあり、今回のレビュー機種であるYoga L13は最新機種になります。

2 in 1 PCなので、例えばお客さんに表やデータ、カタログなど何か紹介する時にはタブレットモードで画面を見せたりと、使い方の幅が広がりますね。

また、コテコテのビジネス用ノートパソコンじゃなく、ちょっと遊びの利いたタイプが欲しい人におすすめですね。

現在Lenovoでは5月12日までMother's Dayセールを開催しており、最大56%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

ThinkPad L13 Yoga(13型)のレビュー

まずはスペックを見ていきましょう。

CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U/10310U
Intel core i7-10510U/10610U
メモリ 4GB、8GB、16GB
ストレージ SSD・最大1TB
OS Windows 10 Home、Pro
セキュリティ Windows Defender、TPM、セキュリティ キーホール、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード5
ディスプレイ FHD IPS液晶 マルチタッチ sRGB100%相当
グラフィックス インテルUHDグラフィックス
顔認証 搭載可能
指紋センサー 搭載可能
キーボードバックライト 搭載可能
ペン ThinkPad Pen Pro
バッテリー 最大約13.7時間
重量 1.43㎏
サイズ 311.5x219x17.6mm
本体カラー ブラック
価格 11.2万円~

この価格で(といっても安いわけではないですが・・・)、このスペックはすごいですね。

色々カスタマイズしたらちょっと金額は上がりますが、それでも第10世代のIntel CPUにメモリも最大16GB、顔認証に4096段階の筆圧を感知するペン付きです。

これで2 in 1 PCなのでこんな感じで、デスクトップ、タブレットモードなどで使えます。

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー・2 in 1 PC

L13 Yogaは、仕事に必要なスペックとおしゃれなスペックを兼ね揃えていますね。

Lenovo公式ページ

ThinkPad L13 Yogaの特徴

それでは下記にて、詳しく特徴を紹介していきます。

外観

Lenovo thinkpad l13 Yogaの外観 Lenovo thinkpad l13 Yogaのディスプレイ

外観はいつものThinkPadと言った感じで、ビジネスパーソンが使っていそうな「出来るパソコン」って感じですね。

Lenovo thinkpad l13 Yogaのタブレットモード

ディスプレイのベゼル(画面の黒い枠)もほどほどに狭いので、タブレットモードにしても枠がそこまで気になりません。

Lenovo thinkpad l13 Yogaの外観・サイズ

サイズは311.5x219x17.6mmと、13型にしてはちょっと厚めかなと思います。ただし持ち運び時に気になるかと言えば、そうでもないと思います。カバンにも入れやすいし、重さは1.43㎏なので問題ないですね。

Lenovo thinkpad l13 Yogaは2 in 1 PC

ベッドでくつろいで使う場合はパソコンが熱くならないように、この様にテントモードで使えばばっちりです。

キーボード

Lenovo thinkpad l13 Yogaのキーボード

ThinkPadと言えばコレ!って言うくらい有名で、必要不可欠なトラックポイント(キーボード真ん中にある赤いボタンです)。

ページをスクロールしたり、部分的に拡大表示にしたりできます。

これがあるので指がホームポジションから離れないから、タイピングがかなり早くなります。

慣れるまでちょっと時間がかかりますが、慣れたら本当に手がホームポジションから離れないですよ。

LenovoのThinkPadはタイピングがしやすいと有名なのですが、もともとIBMが作っていた時代からキーボードにこだわりがあり、プログラマーなんかに人気なんですよね。

打感が良いんですよ。

また、JISキーかUSキーが選べるので、プログラマーなどUS配列が使いやすい人にも対応しています。

2 in 1 PC

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー・2 in 1 PC

お次はYogaと言えばコレ!2 in 1 PCですね。

通常のノートパソコンの様にも使えるし、テントモード、タブレットの様にしても使えます。

ThinkPad Pen Proという4096段階の筆圧を感知するペンが付いているので、メモ取りやイラストを描いたりなど色々使えます。

また、安いモデルはペンの収納がない物が多いのですが、L13 Yogaでは本体にペンを収納できるようになっているので、失くす心配はありません。

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー・ThinkPad Pen Proは4096段階の筆圧を感知<この赤枠部分にペンを収納出来ます>

ペンの充電も一緒にできるので、いざ使うぞ!って時に「あ~、充電がない・・・」ってことにもなりません。

ディスプレイ

Lenovo thinkpad l13 Yogaのディスプレイ Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー

ディスプレイはFHD(フル・ハイディフィニション)で、1920x1080の解像度・IPS液晶、輝度は300nitのマルチタッチになります。

右にスクロールできます↓

光沢 液晶 輝度 コントラスト比 NTSC 視野角
FHD 反射防止 IPS 300nit 800:1 72% 170度
FHD フル・ハイディフィニション 解像度1920x1080
IPS液晶 視野角が広く、いろんな角度から見ても画面が見やすい
輝度(nit) 輝度は250前後が標準で、数値が大きいほど画面が明るい
マルチタッチ タブレットの様に画面をタップして操作できるディスプレイ
コントラスト比 最少輝度(黒色)と最大輝度(白色)の差。差が大きいとより鮮やかで、力強い描写が可能
NTSC 色空間の規格。一般的なノートパソコンは45%が多い。NTSC 72%はsRGB100%相当なので、Web用画像編集にも向いているほど高色域

NTSC 72%はsRGB100%相当で、画像編集をするクリエイター向けのディスプレイです。色域が高いのでより多くの色が表示でき、鮮やかな色が描写できます。

ThinkPad特有の品質テスト

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー

ThinkPadシリーズは、12項目の米軍調達基準に準拠し、200以上の品質チェックテストをクリアしています。

落下テストや気温、気圧の変化など様々な項目をチェックしているので、安心して使えますね。

そういえばNASAが宇宙ステーションと、ミール宇宙ステーションに持っていてったパソコンは、ThinkPadでしたね。

戦場でも宇宙でも安心して(?)使えるので、日本で使う分には十分すぎる品質チェックがあってますね。

CPU

Lenovo ThinkPad L13 yogaのレビュー

CPUはパソコンの頭脳部分なので、一番重要な部分の一つです。当然ですが、性能が低いものを使っていたらストレスを感じる時があるかもしれません。

ThinkPad L13 Yogaでは最新世代のIntel core CPUが搭載されているので、性能は高いですね。Intel core i3は標準性能なので、快適さを求めるならi5かi7をおすすめします。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCなど専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

 

第10世代のCPUなのでi3でもそこそこスコアは高く、ライトユーザーであればそこまでストレスも感じないほどだと思いますが、ビジネスモデルだとCore i5を選ぶ人が多いと思います。

Core i7は10510Uと10610Uとありますが、スコアが全然変わらないのに結構金額が変わるので、10610Uはコスパが悪いですね。10510Uの方がおすすめです。

コアとスレッド数の解説図

コア数はi3が2コア4スレッドで、i5とi7は4コア8スレッドになります。コアとスレッドが大きいと、一度に処理できるデータ量が多くなるので、がっつり使う人はCore i5かi7がいいですね。

Lenovo公式ページ

メモリ

メモリは作業テーブルのイメージで、メモリが大きい=テーブルが大きい=作業しやすい=パソコンがサクサク動くようになります。

一般的に8GBあれば大抵の事には問題なく使えますが、大きなソフトやデータを使う人は16GBあると安心ですね。

メモリはDDR4 21300(2666MHz)で、オンボードです。空きスロットが無いので増設は出来ません。

ストレージ

ストレージはSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が最大1TBです。

今まで紹介したCPU・メモリはパソコンの性能(速度)に直結するので重要な個所ですが、ストレージも関係があるので、出来れば大きめのサイズにした方がいいです。

ストレージの容量が大きければパソコンがサクサク動くので、作業効率もアップします。

ストレージの種類は、

  • 128GBはM.2 Type2242・・・PCIe 3.0×2(最大データ転送速度は16Gbps
  • 256GB~1TBはM.2 2280・・・PCIe 3.0×4(最大データ転送速度は32Gbps

となっています。ただし、1TBは512GBや256GBよりも転送速度が遅くなる傾向があります。

また、128GBのSSD以外には、OPALという自己暗号化ドライブにも対応しています。これは、ハードウェアレベルでSSDのデータが暗号化される機能です。

紛失・盗難があっても、データが漏洩する可能性は少なくなりますね。

OS

オペレーティングシステムは、Windows 10 Home、Windows 10 Proから選べます。

Proはビジネス用という位置づけですね。

OSはWindows 10 HomeもしくはWindows 10 Proになります。

Proには、Bitlocker(ストレージのデータを暗号化する機能)や、クライアントHyper-VはWindows内で仮想マシンとして複数のOSが使える機能、アクセスの割り当てなどもできます。

セキュリティ

L13 YogaにはTPM(Trusted Platform Module)という、OSや他のハードウェアから独立して機能するセキュリティチップが付いています。

独立しているので外部からの攻撃にも強いし、以前はストレージに収納されていた認証するときに使う暗号などの重要情報を、安全に格納できます。

また以前は評価が低かった、Windows Defenderというセキュリティが標準装備されています。

ここ最近は性能もかなり上がり、セキュリティソフトのランキングでも高評価を得ているし、設定などは一切なしでパソコンを使い始めた瞬間からパソコンを守ってくれます。

マルウェア対策や、フィッシング対策もしてあり、危険なページやアプリを実行しようとするとブロックし、警告を出してくれるし、ランサムウェアの検出テストでは失敗無しの検出率だったので、この面でもパソコンの保護が期待できますね。

他にも以下のセキュリティ機能があります。

  • セキュリティキーホール・・・ワイヤーなどを付けて持ち運びできないようにするもの
  • ハードディスクパスワード・・・ストレージにハードウェアレベルでパスワードを設定できる
  • スーパーバイザーパスワード・・・管理者向けのパスワード。BIOSなどのハードウェアの設定を閲覧・変更できる

顔認証・指紋センサー

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー・指紋センサーと顔認証付き

L13 Yogaには顔認証付きとそうでないもの、指紋センサー付きとそうでない物があるので、必要な場合は購入前に「カスタマイズ」から上の項目を追加・削除できます。

例えば顔認証が欲しい人は、内蔵カメラにIRと書かれたものを選びます。指紋センサーは、なしと書かれていなかったら付いています。

顔認証(IR)はあった方がいいですよ。ログインが本当に一瞬です。

パソコンを開いたら、カメラですでに認証されていてログインができます。

指紋センサーは、パソコンを開いて指をセンサーに乗せたらそれでログインできます。

どちらも高いものじゃないので、必要な方を付けたらいいと思いますよ。

バッテリー

バッテリーは最大13.7時間なので、一日外で作業していても大丈夫ですね。

充電アダプターを持ち運ばなくていいのって、必須ですよね。しかも急速充電に対応しているので、1時間で80%のバッテリーが充電できます。

重量も1.43㎏と重たくないので、持ち運びもしやすいですね。

インターフェース

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー

  1. USB Type-C 3.1
  2. イーサネット拡張コネクター2
  3. USB 3.1 Gen 1
  4. マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
  5. ペンスロット
  6. 電源ボタン
  7. microSDメディアカードリーダー
  8. USB 3.1 Gen 1
  9. HDMI
  10. セキュリティロックスロット

ペンの収納が本体にあるので、充電も出来るし、失くす可能性がほとんどないですよね。

昔は本体に収納出来なかったので、失くす人が続出でしたもんね。

有線LANに繋ぐことがある人はRJ-45(LANポート)が選択できるので、会社のイントラネットに繋ぐ場合にも対応しています。

まとめ

ThinkPadとYogaが1台で楽しめるL13 Yogaは、コスパが高いですね。

おしゃれだし、性能も高いし、何と言ってもビジネス用ノートパソコンなのでビジネスで使えるだけの性能が入っています。

先ほど言ったように、レノボではセールをやっているのでこの機会をお見逃しなく。

Lenovo公式ページ