Lenovo ThinkPadシリーズ全種類の比較レビュー

Lenovoにはいろんな種類がありますが、その中でもビジネスノートパソコンであるThinkPadシリーズは仕事でパソコンを使う人に人気の機種ですね。

種類も豊富だし、他のシリーズに比べても基本的に性能が高いものが多いし、ハイエンドモデルは余裕で30万円オーバーだし。

でも種類が多すぎて、どれを選んだらいいか分からないという欠点もありますよね。

我が家では、ThinkPad, IdeaPad, Yoga, Legion(ゲーミングPC)を使っていて、詳細な比較ができます。

今日はThinkPadシリーズ全種類を紹介するので、購入の参考にして下さい。

Lenovoではフレッシャーズ大抽選会を開催しており、3月4日まで最大63%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

ThinkPadの型番・種類・特徴

Lenovo thinkpad E15 gen 2の外観<最近購入したE15 Gen 2>

レノボThinkPadには、これだけの種類があります。

性能 特徴
Xシリーズ 5 out of 5 stars 薄型軽量ハイエンドモデル・高価格で妥協しないPCを必要な人。グラボ付き有り
Yoga 4.5 out of 5 stars ハイエンドモデルの2 in 1 PC。薄い軽いおしゃれと三拍子揃ったモデル
Tシリーズ 4.5 out of 5 stars 軽量・ハイスペックだが、Xシリーズより1~2㎜厚いため中価格
ThinkBookシリーズ 4 out of 5 stars IdeaPadの外観にThinkPadのビジネススペックが搭載
Eシリーズ 4 out of 5 stars インターフェイスが若干少なく、LTEなどもないので低価格、でも高性能
Lシリーズ 4 out of 5 stars 低性能~高性能まで幅広いラインナップなので、細かいスペックを知らないと低性能モデルを購入する可能性あり
Aシリーズ 3.5 out of 5 stars RyzenのAPUを使ったモデル(2018年より新機種が出ていないため今回は除外)
Pシリーズ 5 out of 5 stars 開発者向けの超高額モデル。CAD使用者向け・分析向け・写真、製版向けなどあり

人気があるのは、Xシリーズ、Yogaシリーズ、Tシリーズ、Eシリーズで、高性能ビジネスモデルのPは、エンジニアやクリエイター(設計図をCGで描く職人)などの精密な計算が必要な人などが購入しています。

また下のスクショを見て欲しいのですが、これはTシリーズの型番です。

Lenovo ThinkPadシリーズの比較レビュー

レノボではパソコンのバージョンが上がるたびに数字が大きくなります。(時々画面サイズで数字が変わります)

なので、Tシリーズは470→480→490といった具合に進化していき、当然性能も新しい方が良いので購入の目安にできます。

また、490→495と数字が+5されたものも有りますが、これはAMD RyzenのCPU(通常はIntelのCPU)を使っていてその他の性能はほとんど同じなので、バージョンアップしていません。

また、T490とT490Sといったものも有りますが、レノボではSが付いた機種は薄型(スリムのS)なので、多くの人はスリムタイプを選びます。

セキュリティ

ThinkPadのノートパソコンはビジネスモデルとだけあって、他のシリーズにない強固なセキュリティが標準装備されています。(機種によっては搭載が無い機能もあるので要確認)

  • TPM
  • Windows Defender
  • ThinkShutter
  • FIDO認証
  • Privacy Guard
  • ハードディスクパスワード
TPM Trusted Platform Moduleの略で、OSや他のハードウェアから独立して機能するセキュリティチップの事です
Windows Defender マルウェア対策や、フィッシング対策もしてあり、危険なページやアプリを実行しようとするとブロックし、警告を出してくれるし、ランサムウェアの検出テストでは失敗無しの検出率。
ThinkShutter パソコンの内蔵カメラを物理的に隠すシャッター
FIDO認証 Fast Identity Onlineの略で、今までのパスワードにとって代わる新しい認証技術・多要素認証の一つ。
デバイス側で生体認証を使った本人確認を行い、サーバー側でデバイスの認証を行います。
簡単に言うと、サーバー側(ウェブサイト)にこちらの情報が渡らないので、安全だということです。
Privacy Guard 出先やカフェなどで使っている時に、横からのぞき見できないように視野角を狭くする機能です。Privacy ShutterがONだと正面から以外は暗く(黒く)見えるので、のぞき見されにくいです。
ハードディスクパスワード ストレージにハードウェアレベルでパスワードを設定できるので、パソコン内部のデータが盗み見られる可能性がかなり減ります

トラックポイント

Lenovo thinkpadシリーズのキーボード

トラックポイントとは、キーボードの真ん中に付いている赤いボタンで、ページをスクロールしたり、部分的に拡大表示にしたりするボタンです。

これがあるので指がホームポジションから離れずにパソコンを使えるので、慣れたらかなりタイピングが早くなります。

また、ThinkPadのキーボードはタイピングしやすいと有名です。

なぜThinkPadはタイピングしやすいかというと、キーピッチ(キーの中央から隣のキーの中央までの距離)が広く、キーストローク(キーの押し込み具合)が2㎜前後と深いので打感がいいんですよね。

IdeaPadなどの他の機種や多くの他社製品は、キーストロークが1㎜~1.4㎜前後と浅いので、押しごたえが無くカチャカチャ軽い音がなる感じですね。

キーボードは打感が軽すぎても打ちにくいし、重すぎても打ちにくいのですが、ThinkPadはちょうどいいんです。

Thinkpadは元々IBMの製品でしたから質が高いし、かなりこだわってキーボードは作られています。

保証・サポート

Lenovo ThinkPadの保証とサポート

Lenovoは標準保証で「1年間引き取り修理」があり、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、保証は最長5年まで延長できます。

ビジネスモデルのみ「オンサイト修理」と「プレミアサポート+翌日オンサイト修理」という保証やサポートにアップグレードできます。

「オンサイト修理」は万が一の時にPCをLenovoの工場に送ることなく、技術員が直接家や会社に来て修理をしてくれるので、セキュリティ的にも安心だし楽です。

プレミアサポートは24時間365日、ハイスキルな専任エージェントが対応してくれるものです。標準サポートは朝9時から夕方6時までで、通常、第1第3日曜日が休みです。(月により祝日も休み)

ThinkPadの追加保証

他にも、盗難紛失、水濡れなどの通常保証ではカバーされない損傷を保証するADP(アクシデント・ダメージ・プロテクション)や、ハードディスク返却不要サービス、内蔵バッテリー交換サービスなどもあります。

価格

価格はカスタマイズによっても変わるのですが、おおよその価格帯を紹介します。

高い(15万以上) Xシリーズ・Pシリーズ
Yogaシリーズ
Tシリーズ
Lシリーズ
Aシリーズ
安い(5万円~) Eシリーズ

注)Xシリーズでも昔の機種は約9万円~からあります

購入に関して1つだけ注意点があります。

古い機種にはCPUやメモリが低いものが販売されていますが、あまり性能が低いものはカスタマイズしてスペックを上げた方がいいです。

というのも基本的にビジネスモデルなので、CPUやメモリを小さいものを選んでいたら機種本体の高性能の恩恵を受けれないと思います。

しかもこのモデルはビジネスで必要な人が買うモデルなので、ある程度のスペックにしないと支障があるかもしれませんが、2019年以降のモデルであればあまり心配はいりません。

おすすめスペックはこれになります。

  • CPU・・・Intel core i5以上(AMD Ryzen 5以上)
  • メモリ・・・8GB以上
  • ストレージ・・・256GB以上

ライトユーザーがプライベートで使うのだったらこれ以下のスペックでもいいですが、ビジネスモデルなので上記数字を目安にしてみて下さい。

簡単にですが、スペックの役割を紹介します。

  • CPU・・・PCの頭脳
  • メモリ・・・作業テーブル(大きいと作業しやすい=PCが快適に動く)
  • ストレージ・・・収納

それでは以下にて人気機種を紹介していきますが、ThinkBookのみは一応ThinkPADではないので、別のページで比較しています。

Lenovo ThinkPad Xシリーズ

まずは一番性能の高いXシリーズの紹介です。

主なものを紹介しているので、全ての機種を確認するにはThinkPad Xシリーズの全てをどうぞ。

ThinkPad X1 Yoga Gen 6

Lenovo ThinkPad X1 Yoga Gen 6インテル11世代CPU・Evoプラットフォーム
ハイスペックな2 in 1 PCで、バッテリー駆動時間は最大15時間、WIFi6搭載、5G LTEも搭載可能な機種で、移動が多いビジネスパーソンに合う機種です。画面の縦横比が16:10と縦が長く、資料作成もしやすいし、とにかく使いやすい機種です。

CPU インテル第11世代CPU
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) UHD IPS ,HDR400 Dolby Vision, DCI-P3 90% ,500nit, タッチパネル
FHD IPS ,sRGB 100%、タッチパネル
カラーキャリブレーション UHDディスプレイのみあり
グラフィックス Iris Xe
OS Windows 10 Home、Pro
無線 WiFi6、Bluetooth 5.1搭載
LTE、NFC搭載可能
生体認証 指紋センサー、顔認証
Office Office Home &Business 2019搭載可能
オーディオ Dolby Atmos
セキュリティ TPM、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、セキュリティ キーホール、HPD
寸法 313 x 223 x 14.9㎜
重さ 1.35kg~
バッテリー 最大15時間
付属 アクティブペン(本体内部収納)
保証
価格

レビュー
公式サイト

ThinkPad X1 Carbon Gen 9

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 9インテル11世代CPU搭載モデル・Evoプラットフォーム
ThinkPad X1 Carbonの最新機種で、かなりバージョンアップしています。16:10と縦に表示される情報量が多く、格段に作業がしやすくなっています。また、5GLTEであるCAT20も搭載可能で、WiFi6も搭載なので、無線通信は最高の環境です。1.15㎏と軽いのに、バッテリー駆動時間は最大15時間と文句なしの性能になっています!

CPU インテル第11世代CPU
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) UHD IPS ,HDR400 Dolby Vision, DCI-P3 100% ,500nit, 省電力パネル
FHD IPS ,sRGB 100%、タッチスクリーンあり、省電力パネルあり
グラフィックス Iris Xe
OS Windows 10 Home、Pro
無線 WiFi6、Bluetooth 5.1搭載
LTE、NFC搭載可能
生体認証 指紋センサー、顔認証
Office Office Home &Business 2019搭載可能
オーディオ Dolby Atmos
セキュリティ TPM、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、セキュリティ キーホール、HPD
寸法 314.5 x 221.6 x 14.9㎜
重さ 1.13kg~
バッテリー 最大15時間
保証
価格

レビュー
公式サイト

 

ThinkPad X1 Titanium

Lenovo ThinkPad Titaniumインテル11世代CPU搭載モデル・Evo認証
ThinkPad史上最も薄い本機種は、2 in 1 PCなのでどこででも使いやすいです。LTEも搭載可能で、WiFi6搭載なので、出先でインターネットに困ることはないと思います。こんなに小型で薄いのにバッテリーは最大16.8時間と長いので、充電アダプターの持ち運びも必要ない人がほとんどだと思います。また、素材はチタンなので高級感も溢れ、耐久性も高くなっています。

CPU Intel core i5-1130G7/1140G7
Intel core i7-1160G7/1180G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ 13.5型 QHD IPS液晶 マルチタッチ 450nit sRGB 100%相当
グラフィックス Iris Xe
OS Windows 10 Home、Pro
無線 WiFi6、Bluetooth 5.1搭載
LTE搭載可能
生体認証 指紋センサー、顔認証
Office Office Home &Business 2019搭載可能
セキュリティ TPM、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、セキュリティ キーホール
寸法 297.5×232.7×11.5㎜
重さ 1.15㎏~
バッテリー 最大16.8時間
保証 1年間引き取り修理
付属 Lenovo Precision Pen
価格 税込)23万9250円~

レビュー

公式サイト

ThinkPad X12 Detachable

Lenovo ThinkPad X12 Detachableインテル11世代CPU搭載モデル
タブレットとしても使えるし、通常のノートパソコンとしても使えるタブレットPC の本機種は、LTE搭載可能で、WiFi6を搭載している「外出が多い人向け」の機種です。キーボード付きでもたったの1.1㎏と軽く、持ち運びもしやすい優れものです。

リリース 2021年2月9日
CPU Intel core i3-1110G4
Intel core i5-1130G7/1140G7
Intel core i7-1160G7/1180G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ 12.3型 FHD IPS液晶 マルチタッチ 400nit sRGB 100%
グラフィックス インテルUHDグラフィックス(Core i3)
Iris Xe(Core i5,i7)
OS Windows 10 Pro
無線 WiFi6、Bluetooth 5.1搭載
LTE、NFC搭載可能
その他 指紋センサー、顔認証、Thunderbolt 4、デジタルペン付属
Office Office Home &Business 2019搭載可能
寸法 283.3×203.5×8.8mm(タブレット本体)
283.3x 203.5×14.5mm(フォリオキーボード装着時)
重さ 760g~(タブレット本体)
1.1kg~(フォリオキーボード装着時)
バッテリー 最大15.2時間
保証 1年間引き取り修理
価格 税込)16万930円~

レビュー公式サイト

ThinkPad X1 Nano

Lenovo ThinkPad X1 Nano

Lenovo史上最軽量・907gのThinkPad X1シリーズで、初のインテル第11世代CPU搭載モデルEvoプラットフォーム認証を受けた機種になります。
小型でハイスペックなのに、バッテリー駆動時間は最大22.9時間と長く、充電アダプターの持ち運びも必要ありません。
13型ですが画面比率が通常の16:9でなく16:10と縦に長いので、今まで以上に資料作成などの書き仕事がしやすいです。

リリース 2020年12月
CPU Intel core i5-1130G7
Intel core i7-1160G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD
ディスプレイ 2K 画質 IPS液晶 光沢無し Dolby Vision
グラフィックス Iris Xe
OS Windows 10 Pro
その他 Thunderbolt 4、LTE、顔認証、指紋センサー、ThinkShutter、WiFi6
セキュリティ Windows Defender、TPM、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、HPD
バッテリー 最大22.9時間
重さ 907g
939g(LTEモデル)
価格 18万円~

レビュー公式サイト

ThinkPad X1 Fold

Lenovo ThinkPad X1 Fold・折りたためるディスプレイ Lenovo ThinkPad X1 Foldのディスプレイ・2分割表示可能

横浜の大和研究所で研究開発され作られた、ディスプレイが折りたためる不思議なパソコンです。Lenovoはいつも革新的なPCを作りますね。

13.3型のディスプレイを半分に折り曲げることが出来るので、持ち運び時の幅は約半分になります。小型・軽量で持ち運びもしやすいです。

タブレット以上パソコン以下なスペックですが、オリジナリティ溢れるパソコンが欲しい人や、外出用の2台目、メールチェックや外出時での映画用と言った使い方に合うと思います。

リリース 2020年9月
CPU Intel core i5-L16G7
メモリ 8GB LPDDR4X
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ 13.3型 QXGA OLED マルチタッチ
グラフィックス Intel UHDグラフィックス
キーボード 73キー
その他 LTE(5G)、顔認証、WiFi6
セキュリティ パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、TPM
寸法(幅・奥行・高さ) 158.2x236x27.8㎜(折り畳み時)
299×236×11.5㎜(開いたとき)
重さ 本体 973g~
キーボード 178g
バッテリー 最大 約11.7時間

レビュー公式ページ

ThinkPad X1 Extreme Gen 3(2020)

Lenovo thinkpad x1 extream gen 3の外観・正面

リリース 2020年9月
CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H
Intel core i7-10850H
Intel core i9-10885H
メモリ 8GB~64GB
ストレージ SSD 最大2TB+SSD 最大2TB
ディスプレイ(15.6型) FHD WVA 光沢なし
UHD(マルチタッチあり/OLEDあり)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
生体認証 指紋センサー、顔認証
Raid Raid0、Raid1
WiFi6 対応
WWAN(LTE) 対応
Office 搭載可能
Facory Color Calibration 設定可能
オーディオ Dolby Atmos
重さ 1.7㎏~
サイズ 361.8×245.7×18.4㎜
バッテリー 最大15時間
保証 1年間引き取り修理
価格 20.7万円~

Lenovo最高峰のスペックを兼ね揃えたクリエイターモデルで、はっきり言って性能がやばいですね。

最高クラスのCore i9にメモリは最大64GB、デュアルストレージでSSD 4TBが搭載でき、NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Qが搭載です。

通常これだけの機能が付いた機種はバッテリーが短く、重たいのですが、本機種は最大15時間のバッテリーに、1.7㎏からとなっています。

今までクリエイターPCやゲーミングPCを外で使う時は充電ケーブルの持ち運びが絶対に必要だったのですが、Extreme Gen 3ではその必要もないでしょう。

外出が多く、高性能のパソコンを探しているビジネスパーソンや、画像・動画編集をするクリエイター向けの機種です。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad x13 Gen 1

Lenovo thinkpad x13 Gen 1のディスプレイ

リリース 2020年5月
CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 128GB~2TB
ディスプレイ HD, FHD
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE、NFC、WiFi6対応、Windows 10
重さ 1.18㎏~
バッテリー 最大16時間
価格 10.8万円~

2020年に販売がスタートしたモデルで、テレワーク用のボタンやWiFi6に対応、LTE CAT.16に対応と、2020年以降に必要な新技術に対応した機能が増えています。

スペック的には前機種X390とほぼ同じなので、性能はお墨付きです。

外出が多い人向けの機種なので、軽く、バッテリーも長持ちになっています。

詳細は下記公式ページか、ThinkPad x13 Gen 1のレビューをどうぞ。

公式ページAMDモデル公式ページIntelモデル

ThinkPad X1 carbon Gen 8(2020)

Lenovo ThinkPad X1 carbon Gen 8のディスプレイ

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 8GB、16GB
ストレージ SSD 256GB~2TB
ディスプレイ 14型 FHD、WQHD、UHD
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE、NFC、WiFi6、Windows 10
バッテリー 最大19.8時間
重さ 1.09㎏
価格 17.4万円~

こちらも2020年にリリースされたモデルで、テレワーク用のボタンやLTE CAT.16、WiFi6に対応しています。

ハイエンドモデルなのでスペックも高く、ディスプレイは4K画質(UHD)も選べます。しかも、軽い!14型なのに、1.09㎏に約20時間のバッテリーです。

こちらも外出が多い人向けの機種ですね。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad X390(13型)

Lenovo ThinkPadシリーズの比較レビュー・おすすめ機種はX390

リリース 2019年3月/2020年7月(ニューモデル)
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 4GB,8GB,16GB
ストレージ 128,256,512,1000GB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
ディスプレイ HD・FHD・FHDマルチタッチ・FHD Privacy Guard付き
指紋センサー 有り・無し
重量 1.18㎏
バッテリー 最大19時間
保証 1年間引き取り修理
価格 約8.8万円~

外でパソコンを使う機会が多い人にピッタリの軽量モデル

手ごろな価格で実際に人気があるのは、このX390ですね。

先ほどXシリーズは高いと言いましたが、X390は手ごろな値段で買える唯一のXシリーズです。

とは言っても先述したように、Intel core i3やメモリ4GBを選ばないので(選ばない方がいいので)実際の購入価格はもうちょっと上がると思います。

超軽量なので持ち運びが簡単だし、バッテリーが約19時間も持つので、1日中出先でパソコンを使っても充電ケーブルを持ち運ばなくていいので助かります。

Xシリーズの中ではかなり安い方ですが、ビジネスに必要なスペックは兼ね揃えています。

ディスプレイはHD(ハイディフィニション・解像度1366x768)がありますが、FHD(フル・ハイディフィニション、解像度1920x1080)を選んだ方がいいです。

画質が悪いと目が疲れてきますよ。

詳細はX390のレビューか、公式ページをどうぞ。

Lenovo公式ページで詳しく見る

ThinkPad X1 Carbon(2019)14型

Lenovo Thinkpad x1 carbonレビュー

リリース 2019年6月/2010年7月(ニューモデル)
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 8GB、16GB
ストレージ(SSD) 256GB~2TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
ディスプレイ FHD、UHD
指紋センサー 標準搭載
顔認証 搭載可能
バッテリー 最大18.9時間
LTE 搭載有・無し
Office 追加可能
重量 1.09㎏
保証 1年間引き取り修理
金額 約17万円→11.9万円~

主に外出先・屋外で使うことを念頭に作られています。SIMカードを入れてパケット通信も可能

X1 Carbonは屋外で使う機会が多い人向けですが、LTE対応機種もあるのでSIMカードを入れて常にパケット通信ができます。

常にオンラインじゃないといけない人には、助かる機能です。

CPUは最新世代の第10世代も使用しているので、高速作業が期待できるし、機種によっては顔認証ができるIRカメラ付なので、ログインがかなり高速にできます。

何と言ってもThinkPadの最新機種なのでかっこいいし、ハイスペックです。

詳しくはX1 Carbonの詳細レビューもしくは、公式ページで確認をどうぞ。

Lenovo公式ページ

ThinkPad X1 Extreme 2019

Lenovo ThinkPad X1 Extreme2019のレビュー

リリース 2019年7月
CPU Intel core i5, i7(第9世代)
メモリ 8、16、32、64GB
ストレージ1(SSD) 256GB~4TB
ストレージ2(HDD) 256GB~512GB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
ディスプレイ FHD、UHD、UHDタッチパネル
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX1650 4GB GDDR5 128ビット
指紋センサー 標準搭載
バッテリー 最大15.6時間
重量 1.7㎏
保証 1年~3年間引き取り修理
金額 約20万円~

 外出が少なく屋内で使う人向けの機種です

上で紹介した2つに比べ、バッテリー時間がちょっと短く重量もありますが、屋内でメインに使う人をターゲットに作られた機種で、性能は一番高いです

デュアルストレージに、NVIDIAのグラフィックスカード付き、ディスプレイも4K画質のUHD(ウルトラ・ハイディフィニション)があります。

Xシリーズのハイエンドモデルで、がっつりヘビーに使う人向けで、かなり重たいアプリやファイルを扱っても、サクサク動きます。

これで満足できない人は、満足できるパソコンはほとんどないと思うくらいのものです。

詳しくは「X1 Extremeのレビュー」か、もしくは公式ページをどうぞ。

Lenovo ThinkPad X1 Extreme

ThinkPad Yogaシリーズ

Lenovo Yogaシリーズのレビュー・2 in 1 PC

Yogaシリーズは2 in 1 PCと言って、デスクトップモードやタブレットモードで形を変えて使うことが出来ます。

アクティブペンが付いており、メモを取ったり、デッサン、マンガを描いたりといろんな用途に使えます。

ペンは標準搭載なので、別途買う必要はありません。

注目機種のみ紹介しているので、すべての機種のレビューは、こちらからどうぞ。

ThinkPad X13 Yoga Gen 1(2020)

Lenovo thinkpad x13 yoga gen1・ディスプレイ

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 8GB、16GB
ストレージ SSD 128GB~2TB
ディスプレイ FHD マルチタッチ IPS 省電力有り
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE、NFC、WiFi6、Windows 10、ThinkPad Pen Pro付属、2 in 1 PC
バッテリー 最大16.2時間
重さ 1.25㎏~
価格 15.2万円~

正確に言うとこちらはXシリーズなのですが、Yogaなのでこちらで紹介します。

本機種は2020年5月末にリリースされた機種で、テレワーク用のボタンやLTE CAT.16、WiFi6に対応しています。

実は次に紹介するX1 Yogaよりも大分安いのですが、より高性能CPUを搭載も可能です。バッテリーも16時間と長く、重さも1.25㎏なので2 in 1 PCでも持ち運びがしやすいタイプになっています。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad X1 Yoga

Lenovo x1 yoga 2in1 ノートパソコン レビュー 評価

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel Core i7-10510U
メモリ 8GB , 16GB
SSD 256GB~2TB(2000GB)
OS Windows 10 Pro, Windows 10 Pro Home
ディスプレイ FHD マルチタッチ、WQHD マルチタッチ、UHD マルチタッチ
その他 標準搭載、WiFi6、5G LTE
ペン 2048段階の筆圧を感知
重さ 1.36㎏
バッテリー時間 最大19.3時間
サイズ 323 x 218 x 15.5mm
価格 約21.8万円~

仕事でもプライベートでも楽しみたい人向け

ハイエンドモデルのX1 Yogaはディスプレイが3種類あり、最高で4K画質のUHD(ウルトラ・ハイディフィニション)が選べます。

画面がきれいなので細かいデッサンなども出来るし、何と言っても目が疲れにくいので嬉しいですね。

重量も1.36㎏と軽く、持ち運びもしやすいです。バッテリーも約19.3時間と長時間なので、外出時は充電ケーブルを持ち運ばなくて良いですね。

あえて一つだけ言うなら、「なんでこんなに性能がいいPCで、メモリが16GBまでなのかな?」と思います。

とは言っても8GBあれば大抵の事がストレスなくできるし、16GBあれば大きめのアプリも全然使えるのでほとんどの人には問題ありません。

詳細はX1 Yogaのレビューか、下記公式ページをどうぞ。

Lenovo ThinkPad x1 yoga

ThinkPad X1 Yoga Gen 5(2020)

Lenovo ThinkPad X1 Yoga Gen 5のディスプレイは、FHD、WQHD、UHDの3種類がある

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 8GB、16GB
ストレージ SSD 256GB~2TB
ディスプレイ FHD、WQHD、UHD
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE、NFC、WiFi6、Windows 10、ThinkPad Pen Pro搭載
重さ 1.36㎏
バッテリー 最大19.3時間
価格 21.8万円~

先ほど紹介したX13 Yoga Gen 1と似ていますが、LTE CAT.16やWiFi6、テレワーク用のボタンが付いた機種になります。

特徴はバッテリーの持ちが長く、ディスプレイが4K画質の超高画質まで選べる点です。また、CPUもハイスペックモデルのCore i7-10610Uまで搭載できます。

コスパ的にはX13 Yoga Gen 1の方が高いと思いますが、きれいなディスプレイに長時間バッテリーならコレです。

レビューLenovo公式ページ

ThinKPad L13 Yoga

Lenovo ThinkPad L13 Yogaのレビュー

リリース 2019年10月
CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD・最大1TB
OS Windows 10 Home、Pro
ディスプレイ FHD IPS液晶 マルチタッチ
顔認証 有り無し
指紋センサー 有り無し
ペン ThinkPad Pen Pro(筆圧4096段階)
バッテリー 最大約13.7時間
重量 1.43㎏
サイズ 311.5x219x17.6mm
本体カラー ブラック
価格 8.9万円~

X1 Yogaの半分くらいの価格ですが、性能はかなりいいですね。

ディスプレイがFHD(フル・ハイディフィニション)しか選べないというのがありますが、それを差し引いてもこの値段なのでおすすめです。

X1 Yogaより2㎜厚く70g重ですが、値段を考えるとこんなことは気にならないと思います。

一つだけ謎なのは、X1 Yogaよりも高性能のペンが標準搭載されている事です。(X1は2048段階の感知、L13は倍の4096段階)

まぁそのおかげで、L13がもっと魅力的に見えるんですけどね。

詳しいことはL13 Yogaのレビュー、もしくは下記公式ページからどうぞ。

Lenovo公式ページ

ThinkPad Tシリーズ

Tシリーズは比較的低価格なのに、スペックが高い機種になります。

LTE(SIMカードを入れてパケット通信ができる)搭載機種を選べるので、基本的に外出が多い人をターゲットに作られているものが多いです。

中価格帯のビジネスノートをお探しの人は、こちらがおすすめです。

全ての機種は、Tシリーズの特徴とおすすめ機種で紹介しています。

ThinkPad T15g

Lenovo thinkpad T15g

リリース 2020年9月
CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel core i9-10885H/10980HK
Intel Xeon W-10855M/10885M
メモリ 最大128GB(Xeon選択時ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大4TB(2TB+2TB)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2080 Super Max-Q
NVIDIA GeForce RTX 2070 Super Max-Q
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Pro for workstation
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし 300nit
FHD IPS 光沢なし 500nit HDR
UHD IPS 光沢なし 600nit HDR
UHD OLED 反射・汚れ防止 400nit HDR マルチタッチ
その他 WiFi6、Bluetooth 5.1、RJ45(LANポート)、顔認証、指紋センサー、LTE、RAID設定
カラーキャリブレーション あり(UHDのみ)
セキュリティ パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、セキュリティケーブルスロット、システム マネジメント パスワード、TPM、Windows Defender、ThinkShutter
寸法 375.4x 252.3 x 24.5㎜(~31.45㎜)
重さ 2.74㎏
バッテリー 17.4時間
価格 24.9万円~

Lenovoで販売されているノートパソコンで、TOP5に入るほど性能が高い機種です!

パソコンの頭脳であるCPUにはCore i9やワークステーション向けのXeonが選べ、メモリは最大128GB、ストレージは4TB SSDとデスクトップかと思うくらいの性能です。

グラボもノートパソコンに搭載できる最高峰モデルだし、ディスプレイには4K OLEDも可能です。

通常のワークステーション(CADやCAEを使う人向けのPC)は、OpenGL(高度な技術計算)に最適化されたQuadroというグラフィックボードを使うことが多いのですが、本機種はDirectX(3D描写)に最適化されたGeforce搭載になっています。

実際にQuadroじゃなくてもSolidWorksなんかも全然使えるので、Geforceのグラボを積んでいる人は多いですよね。ゲームもしやすくなるので、一石二鳥だし。

ディスプレイの質も良いので画像編集・動画編集も、結構重ためのゲームも出来るし、前述したように3DCADも全然使えます。

出来ない事を探すのが難しい機種です。おすすめ!

レビュー公式ページ

ThinkPad T15 Gen 1(2020)

Lenovo ThinkPad T15 Gen 1のレビュー

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大48GB
ストレージ SSD 128GB~2TB
ディスプレイ 15型 FHD、FHD タッチパネル、UHD
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE、NFC、WiFi6、Windows 10
重さ 1.82㎏~
バッテリー 14.9時間
価格 11.4万円~

NVIDIA GeForce MX330のグラフィックスボードも搭載できるT15 Gen 1は、ハイスペックモデルのTシリーズの中でも性能が高いです。

Tシリーズは比較的重たい機種なので、屋内で使う人をメインにした機種になります。(一般的なパソコンとしては普通の重さで、ThinkPadにしては重いです)

CPUは4種類選べ、ミドルユーザーからヘビーユーザーまで満足がいくスペックです。

WiFi6も対応なので、今後普及が進めばかなりの恩恵を受けることが出来ますね。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad T14s Gen 1(2020)

Lenovo ThinkPad T14s Gen 1ディスプレイ

リリース 2020年5月
CPU Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 128GB~2TB
ディスプレイ(14型) FHD IPS(マルチタッチ・省電力あり)、UHD HDR
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 NFC、LTE CAT.16、WiFi6、Windows 10
重さ 1.24㎏~
バッテリー 最大23.1時間
価格 12.9万円→11.5万円~

T15 Gen 1の14型版でかなり軽くなっており、バッテリーも長くなっています。

Tシリーズは比較的重たいのですが、このT14sに限って言うと軽くいですね。

スペックもその他のThinkPadシリーズに引けを取らないハイエンドモデルなので、満足しない人は少ないでしょうね。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad T14 Gen 1(AMD)

Lenovo ThinkPad T14 Gen 1(AMD)

リリース 2020年6月
CPU AMD Ryzen 5 Pro 4650U
AMD Ryzen 7 Pro 4750U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 128GB~2TB
ディスプレイ(14型) FHD IPS(マルチタッチ・省電力あり)
生体認証 指紋センサー・顔認証
その他 LTE CAT.16、WiFi6、Windows 10
重さ 1.57㎏~
バッテリー 最大15.9時間
価格 10.1万円→9.7万円~

T14 Gen 1(インテル)の14型で、高性能プロセッサーのRyzen PRO 4000シリーズ搭載です。Ryzen 4000シリーズ搭載パソコンは、販売当初は人気すぎて入手できない人が続出しましたが、今は若干落ち着いているので比較的早い納期で購入できます。

レビュー公式サイト

ThinkPad T590(15型)

Lenovo ThinkPad T590のレビュー

リリース 2019年3月
CPU Intel core i5-8365U
Intel core i7-8665U
メモリ 8GB~48GB
ストレージ(SSD) 128GB~1TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
グラフィックス 内蔵UHDグラフィックス、NVIDIA GeForce MX250
ディスプレイ FHD、UHD
指紋センサー 有り
顔認証 有り無し(IRカメラを選べば有り)
バッテリー 最大16.2時間
LTE(WWLAN) 搭載有・無し
重量 1.82㎏
サイズ 365.8x248x19.95mm
保証 1年間引き取り修理
金額 約14.6万円~

 15型の大きめサイズで、重量も結構あり、主に屋内で使うハイスペックモデルです

最初に「中価格帯で外出が多い人向け」なんて言いましたが、T590は15型の大きめサイズで主に屋内で使う人を念頭に作られた機種です。

メモリも最大48GB、CPUもi7が選択できるハイスペックモデルで、ディスプレイも4K画質のUHDが選べるので、目が疲れにくいです。

ヘビーユーザーも満足できるスペックなので、ほとんどの用途にも合います。

ただし、グラフィックスはNVIDIA GeForce MX250とそこまで性能が高いわけじゃないので、ヘビーに3Dグラフィックスを使う人向けではありません。

詳細はT590のレビュー、もしくは公式ページをどうぞ。

Lenovo公式ページ

ThinkPad T490とT490S(14型)

Lenovo Thinkpad T490のレビュー

リリース 2019年3月
CPU Intel core i5、i7(T490は第10世代)
Intel core i5, i7(T490Sは第8世代)
メモリ 8GB、16GB、24GB、32GB、48GB
ストレージ(SSD) 128GB~1TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
グラフィックス NVIDIA GeForce MX250
ディスプレイ HD、FHD、WQHD
指紋センサー 有り
顔認証 有り無し(IRカメラを選べば有り)
バッテリー 最大17.8時間(T490)、最大約24時間(T490S)
LTE(WWLAN) 搭載有・無し
重量 1.44㎏~(T490)、1.24㎏~(T490S)
厚さ 18.9㎜(T490)、16.1㎜(T490S)
保証 1年間引き取り修理
金額 約9.4万円~

こちらは上で紹介したT590の14型バージョンで、外出が多い人向けと考えていてOKです。

T490とT490Sはほぼ同じスペックで、PCの厚さとバッテリー時間が変わります。

個人的には、「なぜレノボはほぼ同じスペックの分厚いバージョンと薄いバージョン」を販売するのかわかりませんが、T490は若干分厚い分値段が安いです。

しかも、T490Sで省電ディスプレイを選ぶと、約24時間のバッテリーです!

24時間バッテリーが持つなら、1泊2日の出張でも充電ケーブルいらないかもしれませんね。

詳しくは「T490のレビュー」か、公式ページをどうぞ。

Lenovo公式ページ・T490

Lenovo公式ページ・T490S

 ThinkPad Eシリーズ

Eシリーズはエントリーモデルなので6万円ちょっとからありますが、安いからと言って性能が低いというわけではありません。

ただし他のシリーズの様に、あれもこれも機能が付いているわけではないです。

人気機種や新製品を紹介しているので、Eシリーズ全機種のまとめで全ての機種を確認できます。

ThinkPad E15 Gen 2(インテル)

Lenovo ThinkPad E15 Gen 2 Intel第11世代CPU搭載モデル

リリース 2020年11月
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
NVIDIA GeForce MX350/MX450
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(15.6型) FHD TN 光沢無し
FHD IPS マルチタッチ
FHD IPS 光沢無し sRGB 100%
その他 WiFi6、Bluetooth v5.0、RJ45、指紋センサー、顔認証、Thunderbolt 4
寸法 365x240x18.9㎜
重さ 1.7㎏
バッテリー 最大12.1時間
保証 1年間

最新のインテル第11世代CPU搭載モデルで、選ぶスペックによっては動画編集やゲームもできるほど高性能です。

ThinkPadシリーズではいち早く第11世代CPU搭載モデルが出ており、人気も高く、在庫がなくて購入できないパターンになると思います。

最新CPUは性能がかなり高く、今までにない快適さで作業ができます。

WiFi6に指紋センサー、顔認証にThunderbolt 4対応など、必要な機能は盛沢山で、ディスプレイもWeb用画像編集に向いているsRGB100%なので、高い色域のディスプレイが選べます。

いつも在庫が少ないので、早い者勝ちです!

レビュー公式サイト
14型はこちらからどうぞ。

レビュー公式サイト

ThinkPad E15 Gen 2(AMD)

Lenovo thinkpad E15 gen 2の外観

リリース 2020年6月
プロセッサー AMD Ryzen 7 4700U
AMD Ryzen 5 4500U
AMD Ryzen 3 4300U
メモリ 最大24GB
ストレージ SSDデュアルストレージ
ディスプレイ(15型) FHD IPS 光沢なし
HD TN 光沢なし
OS Windows 10
グラフィックス 内蔵グラフィックス
その他 指紋センサー、顔認証、WiFi6
重さ 1.7㎏~
バッテリー 最大14.8時間
保証 1年間
価格 6.4万円~

筆者も購入しました!

2020年リリースのE15 Gen 2はエントリーモデルなのに超高性能で、他のThinkPadシリーズと比べてもハイスペックになっています。

なぜ?分かりません。なんでこんなにハイスペックになったのか。しかも低価格です。

ハイスペックの要因は10万~20万オーバーの機種に搭載するような高性能プロセッサーで、Ryzenシリーズの4000番台になっています。詳しい数値は個別レビューで紹介していますが、やばいくらいハイスペックです。

しかもメモリも高性能モデルで、DDR4 3200MHz搭載、SSDも最高速タイプのM.2 PCle-NVMeになっています。

2020年一番のお買い得商品になっています。

レビューLenovo 公式ページ

ThinkPad E14 Gen 2(14型)もあるので、こちらもあわせてどうぞ。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad E495

Lenovo thinkpad e495の見た目

リリース 2019年12月
CPU AMD Ryzen 3 3200U
AMD Ryzen 5 3500U
AMD Ryzen 7 3700U
メモリ 最大32GB
ストレージ HDD+SSDのデュアルストレージ
OS Windows 10
ディスプレイ HD TN 光沢なし
FHD IPS 光沢なし
グラフィックス CPU内蔵グラフィックス
バッテリー 最大12.2時間
重さ 1.75㎏
保証 1年間
価格 5万円~

ThinkPad Eシリーズで人気が高いE495です。

徹底したコストカットをした機種なので低価格ですが、スペックやセキュリティは高めなのでご安心を。

どこをコストカットしたかと言うと、指紋センサーなどの生体認証が無く、バッテリーが12.2時間と若干短め、ドッキングコネクタが使えない、そして厚さが約22㎜と若干大きめになっています。

この部分を気にしない人には、かなりおすすめの機種になります。というのも、この部分以外は他の高性能モデルとそこまで遜色がないからです。

ビジネスノートが欲しいけど、あまりお金を掛けたくないならこれで決まりですね。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad E14(14型)

Lenovo ThinkPad E14のレビュー・特徴

リリース 2019年11月/2020年10月(ニューモデル)
CPU Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 4GB, 8GB, 16GB
ストレージHDD 1TB, 2TB
ストレージSSD 128GB, 256GB, 512GB, 1TB
Optane Memory 有り・無し
OS Windows 10 Home, Pro
ディスプレイ FHD(1920x1080)
グラフィックス 内蔵グラフィックス・AMD Radeon RX 640
指紋センサー 有り・無し
バッテリー 12.6時間
重量 1.73㎏
サイズ 325 x 232 x 17.9mm
Office 有り・無し
保証 送付修理1年間
金額 約6万円~

最大の特徴は、価格とオプタンメモリです。

オプタンメモリ付きは金額が上がりますが、すごく便利な機能なんです。

ストレージによく使うアプリやファイルがキャッシュ(記憶)されるので、超高速アクセスが可能なんです。

また、ビジネス用の機能が付いたPCなのに6万円台から購入できます。

お買い得ですね。

詳細はE14のレビュー、もしくは公式ページをどうぞ。

Lenovo公式ページ

こちらはE15(15型)のレビューと公式ページです。

Lenovo公式ページ

ThinkPad Pシリーズ

Pシリーズはワークステーションで、開発者向けのシリーズです。CADを使う人が購入するPCです。

例えば動画を作る、設計図をCGで描く、長時間の処理が必要な研究、エラーが出ては困る作業をする人などをターゲットに作られています。

CPUに業務用サーバーやワークステーションに特化したXeonを選べ、ECCメモリと組み合わせることによって、システム全体の信頼性を向上できます。

一般的なパソコンにはグラフィックボードにGeForce(3Dゲーム/DirectXに最適化)が使われますが、本機種ではQuadro(CADなどの専門的な高度な技術計算/OpenGLに最適化)が搭載です。

また、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)により、アプリケーションとの互換性や安定稼働、高い運用性をテストされてISV認証を取得しているので、不具合が絶対に許されないプロの現場でも安心して使えます。

以下にて特におすすめのモデルを紹介しますが、モバイルワークステーションの全機種は「Pシリーズ全機種の比較」で確認できます。

ThinkPad P15

Lenovo thinkpad P15の外観

リリース 2020年8月
CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel core i9-10885H/10980HK
Intel Xeon W-10855M/10885M
メモリ 最大128GB(ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大2TB+2TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
Windows 10 Pro for Workstation(Xeon搭載のみ)
ディスプレイ FHD IPS 300nit 光沢なし
FHD IPS 500nit 光沢なし
4K UHD IPS 600nit 光沢なし
グラフィックス NVIDIA Quadro T1000/T2000
NVIDIA Quadro RTX 3000/4000 Max-Q/5000 Max-Q
その他 顔認証、指紋センサー、LTE、WiFi6、RAID設定
寸法(幅・奥行・厚さ) 375.4x252.3x24.5
重さ 2.74㎏
バッテリー 最大17.4時間
価格 20.3万円~

Lenovo最高スペックのワークステーションで、最大構成は100万円以上する本格派モバイルワークステーションです。

下に紹介している機種よりも重く、大きめですが、最高にパワフルなスペックで、排気口も多くエアフロ―がかなり良くなっています。システム温度が上昇しにくいと、ハイパフォーマンスを長く維持できるので、使い勝手が良いです。

最大の特徴は、グラフィックボードにNVIDIA Quadro RTXシリーズが搭載できるので、最高のパソコンが必要な法人・個人向けの機種になります。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad P1 Gen 3(15.6型)

Lenovo ThinkPad P1 Gen 3の外観・正面

リリース 2020年8月
CPU Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel core i9-10885H
Intel Xeon W-10855M
メモリ 最大64GB(Xeon選択時ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大2TB+SSD 最大2TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし 300nit/500nit(HDR)
4K UHD IPS 光沢なし 600nit HDR
4K UHD OLED 反射防止/汚れ防止 400nit HDR タッチパネル(10bit)
グラフィックス NVIDIA Quadro T1000 Max-Q
NVIDIA Quadro T2000 Max-Q
その他 顔認証、指紋センサー、LTE、WiFi6、RAID設定、ファクトリーカラーキャリブレーション(UHDのみ)
Microsoft Office 搭載可能
寸法(幅・奥行・厚さ) 361.8×245.7×18.7㎜
重さ 1.7㎏/1.8㎏(OLED選択時)
バッテリー 17.1時間
価格 23万円~

小型軽量ワークステーションで、ECCメモリ搭載可能(Xeon選択時)、ストレージは最大SSD 4TB、パソコンの頭脳であるCPUは超ハイスペックCPUが搭載可能です。

UHD OLEDディスプレイを選択時は、10bitカラー対応で、10億6433万色以上の表示が可能になっています。画像編集をするクリエイターは、OLEDモデルを選択したいですね。

システム温度が上昇しないように、グラフィックボードにはMax-Qデザインが採用されています。

また、ワークステーションにしては小型で、1.7㎏と軽量、バッテリーも17時間と長く、LTE対応モデルもあるので、出先で使うことが多い人にも向いています。

事務所や屋内で使う場合は、HDMIもあり、Thunderbolt3にも対応したUSB Type-Cがあるので、モニターに繋いで大画面作業も出来ます。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad P17(インテルXeon)

Lenovo ThinkPad P17

リリース 2020年9月
CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel core i9-10885H/10980HK
Intel Xeon W-10855M/10885M
メモリ 最大128GB(ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大2TB+2TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
Windows 10 Pro for Workstation(Xeon搭載のみ)
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 300nit 光沢なし
4K UHD IPS 600nit 光沢なし Adobe RGB 100% HDR
グラフィックス NVIDIA Quadro T1000/T2000
NVIDIA Quadro RTX 3000/4000 Max-Q/5000
その他 顔認証、指紋センサー、LTE、WiFi6、RAID設定、ファクトリーカラーキャリブレーション(UHDのみ)
寸法(幅・奥行・厚さ) 416x281x25㎜
重さ 3.5㎏
バッテリー 最大16.6時間
価格 24.1万円~

上で紹介したP15の17型で、同じくLenovo最高のスペックです。CADや動画編集、分析などをする時にはやはり大画面が使いやすいので、パソコンを持ち運んで色々な場所で使うことが多い人は、17型が作業しやすいと思います。

このノートパソコンでできないことはほとんどないと言うくらいの、超高性能です。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad P53(15.6型)

Lenovo ThinkPad P53のレビュー

リリース 2019年7月
CPU Intel core i5,i7,i9 Hシリーズ
Intel Xeon E-2276M
メモリ 最大128GB
ストレージ 最大SSD 2TB+SSD 256GB
ディスプレイ FHD IPS
UHD IPS/OLED
グラフィックス NVIDIA Quadro T1000/T2000
NVIDIA Quadro RTX 3000/4000/5000
指紋センサー 有り
WiFi6 対応
LTE(WWAN) 搭載可能
バッテリー 最大19.8時間
価格 16万円~

2019年リリースモデルで、CPUは9世代のハイパフォーマンスモデルか、Xeonが選べます。おすすめ機種に入れている理由はズバリ、価格です。

販売当初は最低価格が21万円くらいでしたが、現在は16万円からとなっています。

何と言ってもXeonのCPUを搭載できるので、どんな些細なエラーでもあったら困るって人はこれを選びます。

VR、解析、AI・ディープラーニングや高精細映像制作もできるデスクトップに負けない、というかほとんどのデスクトップよりも高性能なノートパソコンです。

次世代通信規格のWiFi6にも対応しているので、今後10年は使えるパソコンですね。

詳細は公式ページをどうぞ。

Lenovo公式ページ

ThinkPad P15v

Lenovo ThinkPad P15vのディスプレイ

リリース 2020年8月
CPU Intel core i5-10300H/10400H
Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel Xeon W-10855M
メモリ 最大64GB(ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大2TB+2TB
OS Windows 10 Home、Windows 10 Pro
Windows 10 Pro for Workstation(Xeon搭載のみ)
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 250nit 光沢なし
FHD IPS 300nit 光沢なし マルチタッチ
4K UHD IPS 600nit 光沢なし 600nit HDR Adobe RGB 100%
グラフィックス NVIDIA Quadro P620
その他 WiFi6、イーサネット(RJ45)、LTEモデル有、顔認証、指紋センサー、カラーキャリブレーションあり
寸法(幅・奥行・厚さ) 366.5x250x21.17㎜
重さ 2.07㎏
バッテリー 最大12.8時間
価格 15.5万円~

こんなに高性能なのに、15.5万円から購入できるワークステーションです。

学生や、CADを習っている人向け、もしくはクライアントとの打ち合わせ用の2台目など、プロであればサブ機としても使えます。グラフィックボードのQuadro P620のメモリ容量は4GBなので、あまり複雑じゃないものであれば3DCADも全然使えます。

個人用であればフルHDディスプレイ、仕事の外出用であれば4K画質のUHDを選ぶと言ったように、スペックを選べるので機能の取捨選択が出来ます。

レビュー公式サイト

Thinkpad Lシリーズ

ThinkPad Lシリーズは、比較的安いモデルもありタッチパネルが選べる機種になります。

Lシリーズの全ての機種は「Lシリーズ全機種の比較」からどうぞ。

ThinkPad L15 Gen 2

Lenovo ThinkPad L15 Gen 2

インテル第11世代CPU搭載
LシリーズはThinkPadではいち早く11世代CPUが搭載されたシリーズで、性能がかなり高いです。CPUの性能はもちろん、Thunderbolt 4にLTE、WiFi6、ドッキングコネクターなど最新機能・ビジネスに必要な機能が満載です。

CPU Intel Celeron 6305
Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7/1145G7
Intel core i7-1165G7/1185G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB+HDD 2TB
グラフィックス Iris Xe
UHDグラフィックス(Core i3)
NVIDIA GeForce MX450
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(15.6型) HD TN
FHD IPS マルチタッチあり
その他 WiFi6(カスタマイズで搭載可能)、Bluetooth、指紋センサー、顔認証、指紋センサー、Thunderbolt 4、LTE、ドッキングステーション
寸法 366.5x250x21.7㎜
重さ 1.98㎏
バッテリー 最大11.3時間
保証 1年間

レビュー公式サイト

ThinkPad L14 Gen 2

Lenovo ThinkPad L14 Gen 2

インテル11世代CPU搭載モデル
前項で紹介したL15 Gen 2の14型モデルです。こちらも同じ機能・性能になっており、かなり高いスペックになります。14型なので持ち運びがしやすく、LTEも搭載なので、外出が多いビジネスパーソンにおすすめです。

CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7/1145G7
Intel core i7-1165G7/1185G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB+HDD 2TB
グラフィックス(14型) Iris Xe
UHDグラフィックス(Core i3)
NVIDIA GeForce MX450
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(13型) HD TN
FHD IPS マルチタッチ・省電力モデルあり
その他 WiFi6(カスタマイズで搭載可能)、Bluetooth、指紋センサー、顔認証、指紋センサー、Thunderbolt 4、LTE、ドッキングステーション
寸法 366.5x250x21.7㎜
重さ 1.58㎏
バッテリー 最大12.6時間
保証 1年間

レビュー公式サイト

ThinkPad L13 Gen 2(第11世代インテル)

Lenovo ThinkPad L13 Gen 2(第11世代インテル)

リリース 2020年11月
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ HD TN 光沢なし
FHD IPS 光沢なし
FHD IPS 光沢なし マルチタッチ
グラフィックス Iris Xe
インテルUHDグラフィックス(Core i3)
その他 指紋センサー、顔認証、WiFi6
重さ 1.43㎏
バッテリー 最大10.3時間
価格 7.9万円~

最新のインテル11世代CPU搭載モデルで、なんと7.9万円からとかなり安くなっています。というのも、この価格はHDディスプレイで、TN液晶と言う画質がそこまで高くないものだからです。

FHD IPS液晶に5500円でカスタマイズできるので、変更していた方がいいです。

ディスプレイ以外の性能は高く、さすが11世代CPU搭載モデルと言った性能です!

レビュー公式サイト

ThinkPad L13 Yoga Gen 2(第11世代インテル)

Lenovo ThinkPad L13 Yoga Gen 2(第11世代インテル)

2 in 1 PCの本機種は、とにかく使い勝手がいいです。場所を選ばず使えるし、付属のペンでメモを取ったりもできるし、タブレットの様にも使えます。
インテル11世代CPU搭載モデルなので、性能はお墨付きです!

リリース 2020年11月
CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
UHDグラフィックス(Core i3)
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(13型) FHD IPS マルチタッチ NTSC 72%
その他 指紋センサー、顔認証、WiFi6(カスタマイズで搭載可能)、Bluetooth 5.1、有線LAN接続(拡張ケーブル使用時のみ)
寸法 311.5x219x17.6㎜
重さ 1.43㎏
バッテリー 最大10.3時間
保証 1年間
付属 ThinkPad Pen Pro
価格 9.9万円~

レビュー公式サイト

ThinkPad L15 Gen 1(2020)

Lenovo thinkPad L15 Gen 1の外観

リリース 2020年5月
CPU Intel Celeron
Intel core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大64GB
ストレージ SSDもしくはHDD
ディスプレイ HD TN 光沢なし
FHD IPS 光沢なし
FHD IPS 光沢なし マルチタッチ
グラフィックス CPU内蔵、AMD Radeon 625
その他 指紋センサー、顔認証、WiFi6、NFC
重さ 1.98㎏
バッテリー 最大10.8時間
価格 9.5万円→8.1万円~

L15 Gen 1はちょっとトリッキーな構成になっているのですが、さり気にCeleronという超低性能のCPUが選べたり、今時使う人が少ないHDD(ハードディスクドライブ)が選択出来たり、ディスプレイもHDという画質があまり良くないものも混じっています。

この機種を買ってCeleron+HDDを選んでしまったら、BMWに原チャリのエンジンを積むって感じですね。

間違えなければ、タイピングがしやすい湾曲したキーボードに、インターフェイスやセキュリティも豊富なので、ビジネスノートにもってこいの機種です。

レビューLenovo公式ページ
AMDモデルはこちらをどうぞ。

レビュー公式サイト

ThinkPad L14 Gen 1(2020)

Lenovo ThinkPad L14 Gen 1の外観・正面

リリース 2020年5月
CPU Intel Core i3-10110U
Intel core i5-10210U
Intel core i7-10510U
メモリ 最大64GB
ストレージ HDDもしくはSSD
ディスプレイ(14型) HD TN 光沢なし
FHD IPS 光沢なし
FHD IPS 光沢なし マルチタッチ
グラフィックス CPU内蔵、AMD Radeon 625
OS Windows 10 Home
セキュリティ セキュリティ キーホール、パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、スーパーバイザー パスワード、システム マネジメント パスワード、TPM、Windows Defender、OPAL、ThinkShutter
WiFi6 対応
生体認証 指紋センサー、顔認証
サイズ 331 x 235 x 20.4mm
重さ 1.61㎏
バッテリー 最大12時間
価格 10.7万円→9.7万円~

ストレージにHDD(ハードディスクドライブ)が選べたり、ディスプレイにHD TN液晶が選べたりしますが、これらを選ばなければ性能の高いパソコンになります。

メモリも最大64GBと、この機種でここまでいらないだろうってくらい大容量も選べ、パソコンの頭脳であるCPUは最新10世代になります。

大きな特徴は、WiFi6対応・テレワーク用のビデオ電話受信・終了ボタン搭載・インターフェイスが豊富・タイピングしやすいキーボード搭載で、ビジネスに必要な性能が付いています。

レビューLenovo公式ページ
AMDモデルはこちらからどうぞ。

レビュー公式サイト

ThinkPad L13(13.3型)

Lenovo ThinkPad L13のディスプレイ

リリース 2019年10月
CPU Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
メモリ 最大16GB
ストレージ 最大1TB・SSD
ディスプレイ FHD、FHDマルチタッチ
指紋センサー 搭載可能
顔認証 搭載可能
OS Windows 10 Home, Pro
バッテリー 約14.7時間
重量 1.38㎏
価格 8.9万円→7.3万円~

先ほど紹介したEシリーズ(エントリーモデル)よりも少し基本性能が高く、値段も高いですが、ビジネス用にしては格安の部類に入ると思います。

正直コレと言った特徴が無いのですが、ビジネスに必要なセキュリティなどはしっかりしています。

EシリーズやX390の方がコスパは高いですね。

レビュー公式サイト

ちなみにL13には2 in 1 PCのL13 Yogaがあるので、こちらも見てみて下さい。

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad Cシリーズ

2020年12月の出た新しいシリーズで、Chrome OSを使ったThinkPadです。いわゆるChromebookですね。

基本的にChromebookはスペックが低くても快適に動くのですが、さすがThinkPadの名を冠しているだけあって、高めのスペックです。

ちなみに、ChromebookはMicrosoft Officeが使えないなんて言う人もいますが、Google PlayからOffice系のアプリをダウンロードできるし、オンラインのOfficeも使えます。また、最初から入っているGoogleドキュメントやスプレッドシートは私が使っている限りでは誤変換もなく使えているので、わざわざOfficeを使わなくてもいいかもしれません。

ThinkPad C13 Yoga Chromebook

Lenovo ThinkPad C13 Yoga Chromebook

2 in 1 PCの本機種は、ビジネスノートのThinkPadシリーズ初のChromebookになります。
Chromebookにしては性能が高く、快適に作業が出来ます。
ディスプレイの質も高く、FHDでもコントラスト比が1400:1、UHDでは100,000:1とかなり高く、クリエイター向けのディスプレイが備わっています。

リリース 2020年12月
CPU AMD Ryzen 7 3700C
AMD Ryzen 5 3500C
AMD Ryzen 5 3250C
AMD Athlon Gold 3150C
メモリ 最大16GB
ストレージ eMMC/SSD
ディスプレイ(13.3型) FHD IPS マルチタッチ sRGB 100%
UHD OLED マルチタッチ DCI-P3 100%
OS Chrome OS
セキュリティ TPM、ThinkShutter、セキュリティキーホール
生体認証 指紋センサー(搭載可能)
無線 WiFi6、Bluetooth 5.0
バッテリー 最大12.5時間
重さ 約1.5㎏
寸法 307.5×212.1×15.5㎜

レビュー公式サイト

最後に

ちょっと種類が多すぎて難しいかもしれませんが、基本的に人気のあるシリーズから紹介しているので、これだと思うのがあったらレビューか公式ページで詳しく確認をお願いします。

最初にも言ったように今レノボではセールをやっているので、この機会をお見逃しなく!