Lenovo

    Lenovo Yoga S740のレビュー・WiFi6対応で近年まれに見るコスパが高い機種

    Lenovo Yoga S740のレビュー・WiFi6対応で近年まれに見るコスパが高い機種

    レノボのYogaシリーズは見た目がおしゃれで性能が高いので人気ですが、このS740は低価格だけれどもさすがのYogaスペックなので、コスパが高いモデルになります。

    最新10世代のCPUに、顔認証はもちろん、バッテリーが約26時間と長いので、外出先で使う機会が多い人に向いています。

    Cortana(コルタナ)などの音声アシストもあるので、話しかけるだけで音楽の再生やファイル、アプリ検索なども出来ますね。

    また今後必須になって来る次世代規格のWiFi6にも対応しているので、5Gの提供が始まっても大丈夫ですね。

    Lenovoでは2020年8月27日まで夏の大感謝祭セールをやっているので、この機会をお見逃しなく!

    Yoga S740(14型)のレビュー

    Lenovo Yoga S740のレビュー・

    まずはスペックを見ていきましょう。

    CPUIntel core i5, i7(第10世代)
    コア数i5)4コア・6スレッド、i7)4コア8スレッド
    メモリ8GB・16GB
    ストレージ(SSD)256GB・512GB
    OSWindows 10 Home
    セキュリティーWindows Defender
    ディスプレイFHD IPS 光沢なし
    顔認証標準搭載
    キーボードバックライト標準搭載
    バッテリー最大26時間
    Office有り・無し
    重量1.4㎏
    サイズ322.4x212x14.9mm
    保証(ADP)1年間
    WiFi6対応機種あり
    金額約7.7万円~

    多くのレノボ製品のレビューをしていますが、歴代TOP5に入るくらいコスパが高い機種ですね。

    顔認証付きでログインも一瞬だし、パソコンの頭脳部分であるCPUも最新10世代のi5もしくはi7を選べるし、ADP(アクシデント・ダメージ・プロテクション)も標準で付いていますね。

    何と言ってもバッテリーが最大約26時間も持つので、丸一日外で使うとしても充電ケーブルを持ち運ばなくていいですね。

    ただしストレージが256GB、512GBなので多くのデータを扱う人はちょっと困るかもしれませんね。

    何故1TB(1000GB)付けれないんでしょうね?

    また、今後はWi-Fiの回線が5Gになるというのは聞いたことがあると思いますが、WiFi6も同じ技術を使用した高速回線で、今後一般的に使用されるようになる回線です。

    WiFi6に対応していないパソコンは結構あるのですが、これに対応していないと5GやWi-Fi6が出ても恩恵を受けられないんですね。

    それでは、各性能を詳しく紹介していきます。

    Lenovo公式ページ

    CPU

    Lenovo Yoga S740のレビュー

    CPUは、最新の第10世代です。安いモデルには通常第8、9世代などの前モデルが使われることが多いのですが、S740は最新世代ですね。

    CPUはパソコンの頭脳部分になるので、性能が悪いものや古いものを使っていたらパソコンがサクサク動かないので、イライラすることもあります。

    CPUは、Intel core i3が標準性能なので、S740に搭載されているi5, i7どちらを選んでも快適に動きますね。

    また、コア数は4でスレッド数は6(i5)か8(i7)になります。

    コアとスレッドは道路に例えたら分かりやすいのですが、例えば4コア4スレッドだと片道1車線が4つあるイメージで、車(情報)が最大4台までしか行き来出来ません。

    コア数とスレッド

    でも、4コア8スレッドだったら8台の車(情報)が一緒に行き来できる感じです。

    どういうことかと言うと、多くの作業を同時にしやすくなる=多くのアプリやタブ、ウィンドウを同時に開いても快適に使いやすいと言った感じです。

    なので、複数アプリを同時に使ったり、タブやウィンドウを10個も20個も開いて作業するような人は、i5でも快適ですがi7の方が当然おすすめです。

    メモリ

    メモリは作業テーブルのイメージです。

    テーブルが大きい=同時に多くの事が出来る・重たいアプリやファイルが使いやすい=パソコンがサクサク動くと言った感じです。

    一般的に4GBが標準で、8GBあれば大抵の作業は問題なく出来るのですが、Photoshopなどのかなり重たいアプリを使う人は16GBがおすすめです。

    ストレージ

    Lenovo Yoga S740のレビュー

    ストレージはHDD(ハードディスクドライブ)ではなく、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を使用しています。

    簡単に、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とHDD(ハード・ディスク・ドライブ)の特徴を紹介します。

    SSDHDD
    値段高い安い
    動作音静かうるさい
    温度熱くなりにくい熱くなりやすい
    データ移動速い遅い
    寿命長い(壊れにくい)短い(壊れやすい)

    SSDは、データを保存する空間に0と1の数字を書き込みデータ保存をするのですが、旧型のHDDは、磁気を帯びたディスクを高速で回転させて磁気の性質を変えて保存します。

    HDDは物理的なものなので壊れやすいし、うるさいし、PCの温度も上昇しやすいんですよね。

    S740は256GBか512GBのSSDですが、1TBサイズがあっても良かったかなって思います。

    でも512GBあれば結構大容量なので、支障はないと思います。

    OS

    オペレーティングシステムはWindows 10 Homeです。

    Cortana(コルタナ)という音声アシスタントが付いているので、結構便利ですよ。

    iPhoneのSiriと同じようなものです。ネット検索やアラームのセット、スケジュール管理、音楽再生などの事が出来ます。

    また、セキュリティでWindows Defenderが標準装備されています。

    マルウェア対策や、フィッシング対策もしてあり、危険なページやアプリを実行しようとするとブロックし、警告を出してくれます。

    また、ランサムウェアの検出テストでは失敗無しの検出率だったので、この面でもパソコンの保護が期待できますね。

    設定はしなくても初めから機能しているので、買ったその時から安全が手に入ります。

    以前は評価の低かったWindows Defenderですが、最近はセキュリティソフトのランキングでも高評価を得ていますよ。

    といっても、念のために私は無料のAvastも入れています。(笑)

    ディスプレイ

    Lenovo Yoga S740のレビュー・

    ディスプレイはFHD(フル・ハイディフィニション)で、解像度が1920x1080になります。

    IPS液晶を使用しているので、視野角が広く、どこから見てもキレイに見えます。

    また、ナローベゼル(ベゼルとはパソコンの画面の枠部分・画面の黒い周り部分で、ここが狭くなっている)になっているので、パソコンを使っているとディスプレイがパソコンいっぱいに広がる感じです。

    顔認証

    IRカメラというものが付いており、これで顔認証でログインできます。

    パソコンを開いたら、もうログイン済みなのですぐに作業に取り掛かれます。

    毎日のログイン時間が0になるので、年間で見たらかなりの時間が節約できますね。

    サイズ

    バッテリーが最大約26時間もあるS740は、1泊ぐらいの出張や外出だったら充電ケーブル無しでも行けちゃいますね。

    1日12時間使ったとしても、2日間+ですよ。

    重さもたったの1.4㎏なので持ち運びも便利だし、パソコンの厚さは約1.5㎝なので、カバンに入れても邪魔になりにくいです。

    保証

    Lenovo Yoga S740の補償・ADP

    レノボのパソコンには通常、引き取り修理が1年間付いているのですが、S740にはADP(アクシデント・ダメージ・プロテクション)が標準搭載です。

    これ、通常8250円なので付いてて嬉しいですね。

    保証内容は、落下、水濡れ、火災や盗難、紛失などがあっても1年間補償してくれます。

    パソコンって意外に落とすことが多いですよね?(私だけ?)標準でこういった補償が付いているのは嬉しいですね。

    オーディオ

    Lenovo Yoga S740のレビュー・Dolby Atmos

    スピーカーはここ最近のハイエンドモデルに採用されている、Dolby Atmosに対応したものです。

    もともと映画館なんかに使うように開発された音響システムなので、かなり音が良いです。

    オーディオって、5.1chサラウンディングや7.1chなど聞いたことがあると思いますが、アトモスは9.1chまで対応しています!

    このチャンネル数は音の出る方向の数を表しているので、9.1chと言えば色々な方向から音が出ているように聞こえます。

    音楽好きや映画好きには、たまらない性能ですね。

    インターフェース

    Lenovo Yoga S740のレビュー・インターフェース
    1. 電源コネクタ
    2. USB3.0
    3. Thunderbolt TM3ポート(USB Power Delivery対応、DisplayPort出力機能付き)
    4. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
    5. USB3.0

    ジャックが少ないので、沢山のケーブルをつなぐ人はThunderbolt対応のドックを買う必要がありますね。

    まとめ

    これだけの機能やスペックで7.7万円からとかなり低価格に設定されているので、人気がありますね。

    バッテリーの持ちが長いので、学生やノマドワーカー、フリーランスなど外でパソコンを使うことが多い人にはかなりおすすめですね。

    セール期間中なので割引もされているので、購入、詳細は公式ページをどうぞ。

    Lenovo公式ページ