2022年・大学生におすすめのLenovoノートパソコン

大学生活で、一番重要と言っても過言じゃないアイテムはノートパソコンですよね。

特に新入生は、「どんなパソコンを選んでいいか分からない」っていう人も多いと思います。今までパソコンを使ったことが無い人もいれば、大学4年生で今後社会出ても使えるパソコンを買いたいっていう人もいると思います。

学部によっても求めるスペックが違うので、一概に「コレ」とは言えません。ロースペックのものを買って「買い替え」が必要になったり、ハイスペックすぎて無駄な出費になったり・・・

パソコンメーカーも多いので、どれがいいかも分かりにくいと思います。

私は仕事柄、ほとんどのメーカーのパソコンをレビューしているのですが、そのなかで個人的に購入しているブランドはLenovoになります。

「コスパが高い・おしゃれ・サポートも良い」と個人的に思うからです。

Lenovoでは9月29日まで四半期決算セールを実施中で、大幅割引になっています!!

この機会をお見逃しなく!

Lenovoの特徴

筆者購入機種<筆者購入機種の一部>

Lenovoと聞いて一番に思い浮かぶのは、コスパが高いだと思います。コスパが高いというのは安いという意味でなく、スペックに対しての価格設定が安いという意味ですね。

例えば、SurfaceやmacBookと比べても性能は劣らない、むしろより高い性能のものが多く、おしゃれなんです。

こちら、一例としてLenovoのYogaと言う機種と、Surface Laptop 3、Macbook Pro 13の外観の比較です。

Lenovoノートパソコンと、Surface Laptop 3、Macbook Pro 13の比較

Lenovoって、ベゼル(画面の黒い枠)が細いんですよ。激細なんです。ベゼルが細いと無駄な個所が無いのでボディも小さくなるし、若干ですが軽いです。

しかもLenovoは種類が多く、執筆時現在166種類のノートパソコンと、81種類のデスクトップが販売されています。多すぎですね(笑)。

私はこれらのモデルの99%はレビューをしているので、選りすぐりの機種をご紹介できると思います。しかも、上で紹介した写真の様に、私は個人的に購入して使っています。レビューをする時って、メーカーからレビュー機を借りることが出来るのですが、いいものは自分で使いたいので購入もしてるんですね。

性能自体は低スペックからハイ・ハイエンドモデルまであるので一概に言えませんが、今回ご紹介している機種は、ほぼミドルクラス以上です。大学生活で快適に使えるものを選りすぐっています。

主な機種は、以下になります。

IdeaPad コスパ最強の普段使い用ノートパソコン。一番人気です。
Yoga クリエイターにも人気のハイエンドモデル。IdeaPadより薄型軽量モデルで、若干高い
ThinkPad ビジネスモデルで、頑丈。セキュリティもばっちり。工学部で必要なワークステーションもあり
ThinkBook IdeaPadとThinkPadを足して2で割ったような機種
Legion グラフィックボード搭載のゲーミングPC

一番人気なのはIdeaPad(アイデアパッド)で、性能も高く、4万円台からと比較的低価格です。

 

保証・サポート

Lenovoでは、電話(朝9時~18時)・チャット・LINE・メールでのサポートを行っており、標準で1年間の修理保証が付いています。

Lenovo ThinkPadの保証とサポート<ThinkPadシリーズの保証とサポート>

モデルによって延長できる期間も違えば、アップグレードが出来る保証が変わってきます。

引き取り修理 保証延長 ADP 年中無休
サポート
オンサイト修理
IdeaPad 4年 ×
Yoga 4年 ×
ThinkPad 5年
ThinkBook 5年
Legion 4年 ×

IdeaPadとYoga、Legionでは「Premium Care」、ThinkPadとThinkBookでは「プレミアサポート」というアップグレード保証があり、専門知識を持つエージェントが24時間365日対応してくれます。

また、ThinkPadとThinkBookは「オンサイト修理」という保証があり、故障などの問題があった場合は「技術員が自宅まで来てくれて修理をしてくれる」保証があります。

ADP(アクシデントダメージプロテクション)は、水没や落下、火災による破損などの事故傷害をカバーし、盗難紛失にも対応しています。

Lenovoって意外にサポートが手厚いんですよね。

 

大学生におすすめのノートパソコン

それでは本題です。

先述したように、学部によって求めるスペックが変わってきますが、基本的に文系も理系も似たようなスペックになります。

  • CPU・・・パソコンの頭脳。Core i3(Ryzen 3)以上であれば普通以上の性能
  • メモリ・・・パソコンの作業台。メモリ8GB推奨
  • ストレージ・・・SSD 256GB以上推奨
  • GPU・・・工学部であれば、ほとんどの場合グラフィックボード搭載機種が求められる
  • ディスプレイ・・・フルHDが標準。2022年に入り画面アスペクト比が縦に長い16:10が主流
  • バッテリー・・・10時間以上でないと、充電アダプターの持ち運びの可能性あり
  • サイズ・・・13~14インチが持ち運びもしやすくおすすめだが、大画面がいい人や工学部であれば15.6インチ以上が望ましい
  • Microsoft Office・・・学校により無償提供される場合アリ
  • マイク・カメラ・・・本記事で紹介するPCにはすべて搭載しています。Zoomなどを使ったリモート授業にも対応
  • WiFi・・・すべて搭載。中にはWi-Fi 6対応で、安定した高速通信が可能な機種もあり
  • HDMI・・・プロジェクターやモニターにPC画面を映し出すためのポート

ちょっと、かなり簡単に解説しましたが、上に記載したものであれば困ることはまずないです。上に記載したもの全て搭載した機種を紹介していますが、一点だけ補足を。

Core i3は標準的なCPUで、大学生活でパソコンを使う上で十分な性能があります。ただし、理系の人はCore i5以上がおすすめです。理系だとより専門的なことをすることが多いので。

特に新入生はどんなパソコンを買えばいいか分からないことは多いと思いますが、学校から指定されるスペックがあるので、それに準拠したものを購入しましょう

また、学校によっては「Microsoft Office」のライセンスを無料で提供する学校が多いので、学校に確認し、Officeの提供がない場合のみOffice搭載モデルを購入してください。

持ち運び重視で1㎏以下の機種をお探しの場合は、価格は上がりますが、こちらもどうぞ。

634gのPCも!1㎏以下の軽量ノートパソコンまとめランキング

 

新入生におすすめのノートパソコン

 

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)上位モデルのRyzen 5000シリーズが搭載でかなり性能が高く、普段使い用としては十二分の性能があります。1.39㎏と軽く、Wi-Fi 6にも対応し、バッテリー駆動時間も長めと、持ち運びがしやすい機種です

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし 300ニト
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HD 720p、FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大15.1時間
価格 6.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)

IdeaPad Flex 570(14型 AMD)普段使いモデルのIdeaPadですが、画面アスペクト比が16:10と縦に長く、より効率よく作業ができます。Ryzen 5000シリーズのCPUで性能も高く、ペンも付属しているので、メモ取りやイラストもできます

CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型)
画面比
WUXGA IPS 300nit 光沢あり
16:10
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
その他 指紋センサー、デジタルペン同梱
重さ 1.55㎏
バッテリー 約13時間
価格 9.7万円~(Ryzen 7モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 370i 17

Lenovo IdeaPad Slim 370i(17.3型 インテル)旧モデルからスペックアップしており、より使いやすい機種になりました。インテル12世代CPU搭載でディスプレイもNTSC 72%と広い色域なので色鮮やか、そして指紋センサーも搭載しています。17インチと大きいので、据え置き用として使いやすいです

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i7-1255U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5
生体認証 指紋センサー
重さ 2.04㎏
バッテリー 最大約6.7時間
価格 8.2万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Flex 570(16型 AMD)

Lenovo IdeaPad Flex 570(16型 AMD)持ち運びは不便ですが、大画面で作業をしたい人に合います。基本的に据え置き用として使う場合や、自宅内移動メインとしては使いやすいと思いますが、毎日学校に持ち運ぶ場合はきついです。

CPU Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型)
画面比
WUXGA IPS 300nit 光沢あり タッチ
16:10
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5、Bluetooth 5.1
生体認証 指紋センサー
重さ 2.1㎏
バッテリー 約14時間
同梱 Lenovoデジタルペン
価格 7.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテル

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテルIdeaPad最高峰の機種で、Proと名が付くようにプロ向けの機種です。2.5K解像度にsRGB 100%の広色域、CPUやメモリ、SSDは最新モデルが搭載。そしてIdeaPadでは珍しくThunderbolt 4搭載です!16インチと大きいので、どこででも本格的な作業ができます

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ LPDDR5 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 約1.95㎏
バッテリー 最大19.0時間
価格 10.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 370i 14 Intel

Lenovo IdeaPad Slim 370i(14型 インテル)CPUは最新のインテル第12世代が搭載で高性能ですが、その他はいたって「普通」です。普通に使えたら十分と言う人に向いています。

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 5
重さ 1.43㎏
バッテリー 最大約7.9時間
価格 8.0万円~(Core i5)

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 370 15.6型 AMD

Lenovo IdeaPad Slim 370 15.6型(AMD)標準的なスペックですが、CPU性能が高い機種です。液晶が低品質のTN液晶ですが、この価格ならコスパが高いと思います。
本機種は量販店モデルで、Lenovo公式サイトでは販売されていません。楽天や家電量販店で、販売されています。

CPU Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD TN液晶 光沢なし
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
重さ 1.63㎏
バッテリー 最大約9時間
価格 6万円台~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 550i

Lenovo IdeaPad Slim 550iのディスプレイ

第11世代CPU搭載
上で紹介したSlim 350iの上位モデルで、ベゼルも細くおしゃれな機種になります。指紋センサーも搭載なので、ログインも一瞬、ディスプレイも高画質のフルHD・IPS液晶です。

おすすめ 文系・理系
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ 14型/15型FHD IPS液晶
その他 WiFi、Bluetooth、指紋センサー
重さ 14型)1.45㎏
15型)1.66㎏
バッテリー 最大13時間
価格 5.6万円~

レビュー

公式サイト

 

Yoga Slim 750i Carbon

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon

最新第11世代CPU搭載
真っ白なカーボン素材の筐体で、たったの966gと超軽量モデルです。最新のプロセッサーに最新規格のWiFi6搭載、バッテリーも最大14時間と長持ちです。画面の縦横比が通常の16:9じゃなく3:2なので、縦が長く使いやすいです。

おすすめ 文系・理系
CPU Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(13.3型) 13.3型WQXGA(2K) IPS 光沢無し
その他 WiFi6、Bluetooth v5.0、顔認証、Office搭載モデルあり、最大4画面表示可能EVOプラットフォームThunderbolt 4(2つ)
寸法 295.9×208.9×14.25㎜
重さ 966g
バッテリー 約14時間
価格 12.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13s Gen 1

Lenovo ThinkPad X13s Gen 113.3型で1060gと超軽量、そしてバッテリー駆動時間が最大31.2時間とかなり長いです。SoC搭載とは言え、性能もそこそこ高く、ビジネス用途でも十分使えます。5G LTE sub6とミリ波にも対応しており、機動性は抜群です

CPU Qualcomm Snapdragon 8cx Gen 3
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS液晶 光沢なし sRGB 100%など
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、5G LTEあり、Bluetooth 5.2
その他 指紋センサー/顔認証あり、500万画素 RGBカメラ、IRカメラあり
重さ 1.06㎏~
バッテリー
電源
最大31.2時間
45W/65W
保証 1年間
価格 15.8万円

レビュー

公式サイト

 

 

アメリカの大学生に人気のChromebook

アメリカの大学生に人気があるChromebookは、日本でもじわじわ人気が高まっていますね。

特徴として、

  • スペックは低いが普通に使える
  • Microsoft Officeも使える
  • 安い
  • ストレージが小さいのでGoogle Driveにデータ保存
  • Chrome OS
  • セキュリティが高い

と言うものが挙げられます。普通に使う(Web検索・動画視聴・レポート作成・オンライン授業など)には大学生でも十分使用できますが、画像編集をしたり、多くのアプリやページを開いての作業などの高負荷な事には向いていません。就職したらChromebookは外出用の機種として使用し、メインのパソコンを購入した方が良いかもしれません。

また、OSはWindowsじゃなくChrome OSなので、Google Play以外からはソフトやアプリはダウンロードできません。特殊なソフトを使う人は、要注意です。

 

IdeaPad Flex 360 Chromebook

Lenovo IdeaPad Flex 360 Chromebook3.9万円から購入できる低価格2 in 1 PCで、11.6型と小型なので移動が多い学生にも向いています。本機種はすでにデスクトップや15型のノートパソコンを持っている人で、移動に便利な小型機種を探している場合に向いています。本機種だけ所持する場合は、画面が小さすぎて作業がしにくいと思います。また、2 in 1 PCなので移動中なども使いやすいです。

CPU Media Tek MT8183
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 最大64GB
ディスプレイ(11.6型) HD IPS液晶 マルチタッチ
生体認証 なし
無線 WiFi5、Bluetooth v4.2
バッテリー 最大16時間
重さ 約1.2㎏
寸法 285 x 202 x 17.45㎜
価格 3.9万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 360 Chromebook

Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebookタブレット用のプロセッサー搭載でスリープからの復帰も速く、重さ1.4㎏、バッテリー駆動時間が最大16時間と、パソコンを持ち運ぶことが多い人向いている機種です。14型なのでディスプレイも大きく、普通に使いやすい機種です。

CPU Media Tek MT8183
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 64GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 マルチタッチ
FHD TN液晶
生体認証 なし
無線 WiFi5、Bluetooth v4.2
バッテリー 最大16時間
重さ 約1.4㎏
寸法 326,6 x 221.8 x 18.6㎜
価格 3.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad C13 Yoga Chromebook

Lenovo ThinkPad C13 Yoga Chromebook

2 in 1 PCの本機種は、ビジネスノートのThinkPadシリーズ初のChromebookになります。
さすがThinkPadなのでセキュリティーもより強固で、性能も高く、キーボードもタイピングがしやすいというThinkPadの特徴が存分に組み込まれた機種です。Chromebookにしては性能がかなり高い機種なので、卒業後も十分に使えると思います。

CPU AMD Ryzen 7 3700C
AMD Ryzen 5 3500C
AMD Ryzen 5 3250C
AMD Athlon Gold 3150C
メモリ 最大16GB
ストレージ eMMC/SSD
ディスプレイ(13.3型) FHD IPS マルチタッチ sRGB 100%
UHD OLED マルチタッチ DCI-P3 100%
OS Chrome OS
セキュリティ TPM、ThinkShutter、セキュリティキーホール
生体認証 指紋センサー(搭載可能)
無線 WiFi6、Bluetooth 5.0
バッテリー 最大12.5時間
重さ 約1.5㎏
寸法 307.5×212.1×15.5㎜
価格 6.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Duet ChromeBook

Lenovo Ideapad duet chromebook

意外にサクサク使え、性能が高い機種です。10.1型と小型なので2台目の持ち運び用としてなら、使いやすいと思います。キーボードが取り外せるので、タブレットとしても使用可能です。

プロセッサー Media Tek Helio P60T
メモリ 4GB
ストレージ eMMC 128GB
OS Chrome OS
ディスプレイ 10.1型 WUXGA IPS液晶 光沢あり マルチタッチ
無線 WiFi、Bluetooth
重さ 450グラム
キーボードとスタンドカバー装着時・920グラム
サイズ 239.8×159.8×7.35mm
キーボードとスタンドカバー装着時・244.9×169.3×18.2mm
バッテリー 10時間
保証 1年間修理
価格 約4.3万円~

レビュー

公式サイト

 

工学部におすすめのワークステーション

こちらでは主に工学部に行く人におすすめの機種になりますが、工学部以外でも「学校の推奨スペック」にグラフィックボードと記載されていたら、以下のノートパソコンを確認してください。

工学部であれば2DCAD、3DCADをやっていくので、グラフィックボードは必ず必要になります。また、画像・動画編集をしたいという人にもワークステーションはお勧めです。

グラフィックボードにはいわゆる業務用で「高度な技術計算(OpenGL)に最適化されたQuadro」と、「DirectX(3Dゲーム)に最適化されたGeForce」がありますが私の周りを見ても、使用率はほぼ半々です。(若干Quadroが多いと思います)

CADを使うならQuadro!なんていう人もいますが、映像制作会社や設計建築会社の社内で使うデスクトップ以外はGeForceでも構いません。(どちらにしても50万、100万円以上するワークステーションにはQuadroしか搭載されていません)

CPUには今までに紹介したものとは違い、ハイパフォーマンスモデルの末尾がHシリーズや、Xeon(ジーオン)という特殊なものになっていて、レンダリングやモデリングも快適です。

また、ワークステーションは性能が高いため、若干重たいです。

 

ThinkPad P14s Gen 3

ThinkPad P14s Gen 3画面アスペクト比が16:10と縦に長く、インテル12世代CPU搭載、グラボはNVIDIA T550 VRAM 4GBになっています。14インチのワークステーションが1.24㎏とかなり軽く、バッテリー駆動時間が最大17時間と機動性に優れた機種です

発売日 2022年5月10日
CPU Core i5-1240P/1250P/1260P
Core i7-1260P/1270P/1280P
メモリ 最大48GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス NVIDIA T550 Laptop GPU
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS液晶 タッチあり
WQUXGA IPS液晶
LAN Wi-Fi 6E、4G LTE、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証あり
重さ 1.24㎏~
バッテリー 最大10.9時間~17時間
価格 15.6万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16s Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad P16s Gen 1 AMDRyzen PRO 6000シリーズ搭載で、メモリやストレージも最新スペックになっています。グラボがないですが、内蔵グラフィックの性能が高く、学生や簡単なCAD、画像編集などをするクリエイターに向いています

 

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(14型) WUXGA(1920×1200) IPS液晶 タッチあり
WQXGA(2560×1600) IPS液晶 省電力パネルあり
OS Windows 11 Pro/ 10Pro
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE、Bluetooth 5.2
有線 ギガビットイーサネット(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
生体認証 指紋センサー、顔認証あり
内蔵カメラ HD 720p / FHD 1080p
重さ 1.73㎏
バッテリー 最大20.5時間
価格 16.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P1 Gen 5

Lenovo ThinkPad P1 Gen 5アスペクト比16:10の16インチで、重さは1.81㎏からと持ち運びがしやすく、グラボも最大でRTX A5500、もしくはGoForce RTX 3080 Tiが搭載できます。CPUやメモリ、SSDも最新スペックで、パワフルな機種です

CPU Core i7-12700H/12800H
Core i9-12900H
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD×2
グラフィックス NVIDIA RTX A1000 /A2000/A3000/A4500/A5500 Laptop GPU
NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti/3080 Ti
ディスプレイ(16型) WUXGA/WQXGA/WQUXGA IPS タッチあり
その他 指紋センサー、顔認証あり、1080p Webカメラ、Wi-Fi 6E、5G LTE
重さ 1.81㎏~
バッテリー
電源
最大約21.9時間
170W/230W
価格 33.8万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P15v Gen 3

ThinkPad P15v Gen 3エントリークラス~ミドルクラスの業務用GPUが選べ、CPUやメモリ、SSDは最新スペックで高い性能です。Wi-Fi 6Eに対応し、RAID設定も可能、4K UHDディスプレイはAdobe RGB 100%になっています

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H/12800H
Core i9-12900H
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD PCIe 4.0 最大2枚
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA T600
NVIDIA T1200
RTX A2000
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし タッチあり
4K UHD IPS 光沢なし
その他 Wi-Fi 6E、RJ45、生体認証、RAID設定
重さ 2.09㎏
バッテリー 最大10時間
価格 17.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T16 Gen 1 AMD

Lenovo ThinkPad T16 Gen 1 AMD大画面16インチで画面比が16:10と縦に長いので、より多くの情報が表示されます。16型にしては1.65㎏からと軽く、バッテリー駆動時間も長いので、外出先でもがっつり作業をしたい人に向いています

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6850U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(16型) WUXGA、WQXGA
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、イーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
重量 約1.65㎏~
バッテリー 最大約17.3時間(52.5Whr時)
価格 15.3万円~

レビュー

公式サイト

 

Yoga 770i 16

Lenovo Yoga 770i 16型インテル12世代Hシリーズ搭載で、Arc A370Mというインテル製外部GPUが搭載です。性能も高く、アルミニウムユニボディで、デザイン性が高いおしゃれな機種です。バッテリー駆動時間も長いので、持ち運びがある人にも使いやすいです

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 1TB
グラフィックス インテルArc A370M
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 光沢あり sRGB 100% タッチ
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
その他 顔認証、1080p WEBカメラ、ドルビーアトモス、スピーカー×4
重さ 2.16㎏
バッテリー
電源
最大約20時間
100W
付属 ペン
価格 18.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad T15g Gen 2

Lenovo ThinkPad T15g Gen 2全てが最新で最高峰のスペックを兼ね揃えた本機種は、ゲームをするクリエイターに嬉しいスペックになっています。ディスプレイはAdobe、DCI、sRGBの3種類があり、4K UHDも搭載可能と、クリエイターには嬉しい品質です。また、最新のWiFi6Eに対応しており、通常のWiFi6よりも安定した高速回線での作業が可能!おすすめです

CPU Core i5-11500H
Core i7-11800H
Core i9-11950H
Xeon W-11855M/11955M
メモリ 最大128GB(ECCメモリあり)
ストレージ SSDx3枚
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070 Max-Q
NVIDIA GeForce RTX 3080 Max-Q
ディスプレイ FHD IPS、UHD IPS/OLED
OS Windows 10 Home, Pro, Workstation
その他 WiFi 6E、4G LTE、Bluetooth v5.2、RJ45、TPM
寸法(幅x奥行きx高さ) 375.4 x 252.3 x 24.5㎜
重さ 2.87㎏
バッテリー 最大11時間
価格 25.7万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMD

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMDNVIDIA GeForce GTX 1650が搭載可能で、おしゃれな外観の16型になります。他の機種よりも若干性能は下がりますが、VRAM 4GBのグラボが搭載可能なので、ある程度のことはできるスペックです。とにかくおしゃれで、低価格、ディスプレイの質も高いので、絶賛お勧めします!

プロセッサー AMD Ryzen 5 5600H
AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(16型)
画面比16:10
QHD(2.5K) 350nit sRGB 100% 120Hz
グラフィックス 内蔵グラフィックス
GTX 1650
OS Windows 10 Home
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
顔認証 有り
重さ 1.89㎏
バッテリー 最大14時間
価格 10.1万円~

レビュー

公式サイト

 

就職後でも使えるノートパソコン

大学3年、4年生でパソコンの買い替えを考えている人におすすめの機種を紹介します。多くがビジネスモデルになるので、セキュリティが豊富、性能や堅牢性も高く、アップグレード保証が手厚いです。

 

ThinkPad Z13 Gen 1(AMD)

ThinkPad Z13 Gen 1(AMD)標準スペックでも高性能パーツが搭載しており、「間違いない構成」になっています。キーボードが筐体の端から端まで広がっており、タイプしやすい幅とキーになっています。画面アスペクト比が16:10と縦に長く作業効率もアップ。軽量コンパクトで、バッテリー駆動時間は最大22.8時間!

 

CPU Ryzen 5 PRO 6650U
Ryzen 7 PRO 6860Z
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 光沢なし タッチあり
WQXGA+OLED タッチ
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE、Bluetooth 5.2
その他 指紋センサー、顔認証、1080p、IRカメラ、ドルビーアトモス、
カラー ブラックビーガンレザー+ブロンズ
アークティックグレー
重さ 1.19㎏~
バッテリー 最大約22.8時間
価格 21.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkBook 14 Gen 4

ThinkBook 14 Gen 414インチで1.4㎏とそこそこ軽量で、持ち運びがしやすく、画面も大きいので外出兼据え置き用として活躍します。最新スペックを搭載したモデルで、満足がいく機種だと思います

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1240P
Core i7-1255U/1260P
メモリ 最大40GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX550
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 光沢なし(マルチタッチあり)
LAN Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー
カメラ 720p、1080p
重さ 1.4㎏~
バッテリー 45Wh/60Wh
約7.7時間(45Wh時)
価格 9.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkBook 15 Gen 3

Lenovo Thinkbook 15 gen 3大画面15.6型でがっつり作業をしたい人に合う機種です。SDカードリーダーもあるしUSB-Cも2つ、LANケーブルポートもありと、インターフェースは豊富です。Ryzen 5000シリーズ搭載なので、快適にビジネス用途で使いたい人におすすめです

CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大24GB
ストレージ SSD 最大512GB+HDD
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし
その他 WiFi6、イーサネット
重さ 1.7㎏
バッテリー 最大7.5時間
価格 6.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad E14 Gen 4 Intel

Lenovo ThinkPad E14 Gen 4インテル第12世代CPU搭載で、省電力モデルのUシリーズか、通常版のPシリーズが選べます。メモリとストレージも増設可能なので(保証が外れますが)、カスタマイザーにも好かれるスペックです。もちろん、公式サイトからもスペックアップできます。最新の12世代CPU搭載ThinkPadが9万円からと、安くなっています

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1240P
Core i7-1255U/1260P
メモリ 最大40GB
ストレージ SSD ×2
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX550
ディスプレイ(14型) FHD IPS タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E
1000BASE-T ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証(オプション)
Webカメラ 720P、1080P、1080P+IRカメラ
重さ 1.64㎏
バッテリー 最大約11.8時間
価格 9.0万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad E15 Gen 4(AMD)

ThinkPad E15 Gen 4(AMD)Ryzen 5000シリーズのリフレッシュ版CPU搭載で発熱が下がったCPUです。メモリは最大40GBと大きく、特に大きなメモリが必要だという人に合います。生体認証もあり、FHD Webカメラも搭載可能です

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ 最大40GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶 マルチタッチあり、sRGB 100%あり
FHD TN液晶
無線 Wi-Fi 6/Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
有線 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
その他 指紋センサー、IRカメラあり、1080p Webカメラ搭載可能
重さ 1.78㎏~
バッテリー 最大16.7時間
価格 8.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X1 Nano Gen 2

Lenovo ThinkPad X1 Nano Gen 2Evoプラットフォーム認証を得た機種で、最軽量モデルは966.5gと、1㎏を切る軽量モデルです。Wi-Fi 6Eに体操しており4G/5G LTEも搭載可能と無線環境は抜群です。最新パーツがふんだんに使用されたハイエンドモデルで、外出が多い人におすすめです

CPU Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P
Core i7-1270P/1280P
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(13型) 2K IPS 光沢なし タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE/5G
生体認証 指紋センサー、顔認証(オプション)
Webカメラ FHD 1080p 、IRカメラあり
重さ 966.5g~
バッテリー 最大約18.2時間
価格 25.4万円~

レビュー

公式サイト

 

Yoga Slim 970i

Lenovo Yoga Slim 970i最大で4K OLED液晶が搭載でき、HDR500 True Black対応、10bitカラー、そして広色域DCI-P3 100%と、最高峰のディスプレイが搭載です。メモリもLPDDR5 最大32GBで、画像編集も動画編集もしやすいスペックです

CPU Core i5-1240P
Core i7-1280P
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) 2.8K/WQUXGA OLED
無線 Wi-Fi 6E
WEBカメラ 1080p+IRカメラ
重さ 約1.37㎏
バッテリー 12.2時間
価格 20万円台~(割引前価格)

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad X13 Gen 3 Intel

Lenovo ThinkPad X13 Gen 3(インテル)CPUやメモリ、SSDに最新のパーツを搭載しており、基本スペックは高めです。カスタマイズからスペックを上げることができるので、必要なもののみアップグレードしたら、安く自分好みの仕様にできます。省電力CPUのUシリーズもあり、バッテリー駆動時間も長め、最軽量モデルは1.19㎏からと持ち運びに便利です

CPU Core i3-1215U
Core i5-1235U/1245U
Core i7-1255U/1265U
Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P/1270P/1280P
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA/WQXGA IPS 16:10 タッチあり
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6E、4G/5G LTEあり、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証(オプション)、指紋センサー
Webカメラ 720p、1080p
重さ 1.19㎏~
バッテリー
電源
41Whr・14.8時間
54.7Whr・19.8時間
45W、65W
価格 12.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkBook 13s Gen 3

Lenovo Thinkbook 13s Gen 313.3型の小型軽量モデルで、超高性能のRyzen 5 5600UかRyzen 7 5800Uが搭載可能です。ディスプレイは縦横比が従来の16:9じゃなく16:10なので、縦に表示される情報量が多く作業効率もアップします。持ち運びが多く、外出先でもしっかりとした作業をしたい人におすすめです

CPU Ryzen 5 5600U
Ryzen 7 5800U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ WUXGA IPS 光沢なし sRGB 100%
その他 WiFi6、イーサネット、指紋センサー
重さ 1.26㎏
バッテリー 最大16.1時間
価格 9.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ゲームが出来るPC

ゲーム・動画編集・画像編集(あえて言うなら3DCADなどもできます)をするなら「ゲーミングPC」か、「クリエイターPC」になります。

ゲーミングPCはその名の通り「ゲームをするために作られた高性能PC」で、クリエイターPCは「クリエイティブワークをするために作られた機種」になります。と言っても、ゲーム以外の学校に必要な作業も出来るので、ご安心を。

どちらもグラフィックボードが搭載なので3Dゲームはできますが、リフレッシュレートと言って、「1秒間に更新される画面のコマ数」に差があります。ゲーミングPCでは60Hz(1秒間に60コマ更新)、144Hz(同144コマ更新)、240Hz(同240コマ更新)となりますが、クリエイターPCは60Hzになります。

FPS系のゲームをするなら「ゲーミングPC」で144Hz以上を、それ以外なら「クリエイターPC」でも大丈夫です。

また、ゲーミングPCは外観が「The・ゲーミングPC」といった見た目で、でかい・ごつい・重いですが、クリエイターPCはおしゃれで比較的軽いです。

 

ThinkBook 16p Gen 2

Lenovo Thinkbook 16p Gen 2 AMDRyzen 5000Hシリーズに最新のグラフィックボードのRTX 3060 Max-Q搭載のクリエイターPCで、ディスプレイは2.5K sRGB 100%と高品質な16型ノートです。画面縦横比が16:10と縦に長いので表示領域が多く、解像度も高いので詳細まで拡大し編集ができます。ゲーミングPC以外でここまで性能が高い機種も珍しいです。

CPU Ryzen 9 5900HX
Ryzen 7 5800H
Ryzen 5 5600H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3060 Max-Q
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS  sRGB 100%
その他 WiFi6、指紋センサー、顔認証
重さ 1.99㎏
バッテリー 最大13.3時間
価格 17.6万円~

レビュー

公式サイト

 

IdeaPad Gaming 370 AMD

Lenovo IdeaPad Gaming 370(AMD)Ryzen 6000シリーズ搭載でRTX 3050か3050 Tiが搭載可能の、「初めてのゲーミングPC」に向いた機種です。価格も13万円台からと比較的安いですが、全体的なスペックがまともで、欠点らしき部分がないと思います。ディスプレイはsRGB 100%と、クリエイターにも向いた品質です。ちょっと重たいので、持ち運びは不便です

CPU Ryzen 5 6600H
Ryzen 7 6800H
メモリ DDR5 16GB
ストレージ SSD 512GB
グラフィックス RTX 3050
RTX 3050 Ti
ディスプレイ(16型)
アスペクト比
WUXGA IPS 光沢なし
16:10
リフレッシュレート 165Hz
OS Windows 11 Home
無線
有線
Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
ギガビットイーサネット
Webカメラ 1080p FHD
重さ 2.6㎏
バッテリー
電源
最大14時間
170W・3ピン
価格 13.7万円~

レビュー

公式サイト

 

Legion 570i

Lenovo Legion 570iマイナスポイントがない機種で、全体的に高品質になっています。通常、ここはいいけど、ここが残念と言うところがあるのですが、本機は特になしです。12世代CPUで、グラボも3機種から選べ、初心者にも、ヘビーユーザーにも合う機種です

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ DDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス RTX 3050 Ti
RTX 3060
RTX 3070
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 165Hz
WQHD IPS 165Hz
無線 Wi-Fi 6/6E、Bluetooth 5.1
Webカメラ FHD 1080p
重さ 2.4㎏
電源 230/300W
バッテリー 約8時間
価格 15.0万円~

レビュー

公式サイト

 

まとめ

今回紹介した多くの機種は、最新のインテル11世代CPU搭載で、混雑にも強いWiFi6対応となっています。性能的に高い機種なので、「今後」を考えても使いやすいと思います。

特にインテル11世代CPU搭載モデルは、最新の規格に、最新の機能が詰め込まれているので、簡単な画像編集や動画編集も快適です。

今回気に入った機種が無かった人でも、新機種が出れば随時更新していくのでまた確認しに来てください。