Lenovoおすすめデスクトップ 低価格モデル~ハイエンドまで紹介

Lenovoと言えばノートパソコンと思い浮かべると思いますが、Lenovoのデスクトップもコスパが高くかっこよい、そして使いやすい機種が多いんです。

筆者は長らくノートパソコンをメインに使っていましたが、コロナ以降外出も減り、自宅で作業をすることが増えたので今ではデスクトップで作業をすることが多くなりました。

同じくらいのスペックであればノートパソコンよりも低価格だし、カスタマイズもしやすいのでお得ですよね。

Lenovoでは11月19日から12月2日まで「Black Fridayセール」をやっており、最大63%%OFFになっています。また、この期間に購入した人に抽選で1万円のアマゾンギフト券をプレゼント中!

特にThinkPadシークレットセール(最大49%OFF)は熱いセールになっています。(12月1日20時~12月2日朝6時)

この機会をお見逃しなく!

Lenovoデスクトップの種類

IdeaCentre 個人向けモデルでおしゃれな筐体
ThinkCentre ビジネスモデルで拡張性も高くかっこいい
ThinkStation ワークステーション
Lenovo コスパの高い低価格ビジネスモデル
Legion ゲーミングPC

人気があるデスクトップは、やはりIdeaCentreとThinkCentreですね。低価格モデルからかなり高いモデルまであり、自分に合った機種が選びやすいです。Lenovoシリーズはミニタワーが中心で、IdeaCentreやThinkCentreほどじゃないですが、購入者も多いと思います。

ThinkStationはワークステーションで、専門家やプロが使うような機種になり、ウン十万円~ウン百万円とかなり高価です。ワークステーションをお探しならこちら「おすすめワークステーション」を参考にどうぞ。

LegionはゲーミングPCで本記事の趣旨とずれるので、詳細は「Legion全機種の比較レビュー」をどうぞ。

IdeaCentre

こちらはIdeaCentreで、通常のデスクトップタイプとAIOと呼ばれるオールインワンPC(パソコンとディスプレイ一体型)があります。IdeaCentreは拡張性が低くカスタマイズがほとんどできませんが、メモリやストレージを少し増設することもできます。

自室で使うのはもちろん、おしゃれなのでリビングなど来客時に人目に付く場所でも違和感なく設置できます。

ThinkCentre

こちらはThinkCentreで、左からMini-Tower(20L以下)、Small(10L以下)、Tiny(約1L)の筐体があり、拡張性も高い機種になります。ちなみにTinyはお弁当箱大サイズなので、どこにでも置けます。

ビジネスモデルなので法人の購入も多いですが、テレワークが増えた今、個人からも人気が高く、筆者も自宅ではThinkCentreを使っています。

Lenovo ThinkCentre M90s Smallと付属のマウス、キーボード

 

Lenovoデスクトップの特徴

まず一番気になる保証やサポートですが、標準で「1年間引き取り修理保証と電話サポート(9時~18時)」がありますが、アップグレードする場合は各機種に若干の違いがあります。(ビジネスモデルは標準でオンサイト修理になっている機種もあります)

引き取り修理 オンサイト修理 最長保証期間 Premium Care プレミアサポート
IdeaCentre × 4年 ×
ThinkCentre 5年 ×
Lenovo 5年 ×
  • 引き取り修理・・・Lenovo指定業者が指定住所に引き取りに来てくれる
  • オンサイト修理・・・エンジニアが指定住所にきて修理
  • Premium Care・・・個人向けの上位保証で、 24時間電話サポート、使い方サポート、ハードウェアとソフトウェアのサポート、年1回のPCヘルスチェック
  • プレミアサポート・・・ビジネスモデルの上位サポートで、専任のテクニカルマネージャーによるサポート、24時間365日対応コールセンターとテクニカルサポート、BIOSやソフトウェア、故障障害の技術支援など

※リンクをクリックすると公式サイトの各ページに移動します

 

性能

これはLenovoに限らずどこの会社でも同じですが、同じモデルでも控えめな性能から高い性能の機種があり、ある程度自分で見分けることになります。

一番大事なパーツは、以下の3点です。

CPU 頭脳
メモリ 作業台
ストレージ データ保存庫

この3つのパーツがすべてかみ合えば、サクサク快適に使えます。

CPUはパソコンの頭脳で、性能が低いものを搭載すると動き(処理)が遅くなります。ただし、Coreシリーズ/Ryzenシリーズを選べば標準以上です。

メモリはここ最近4GBと言うものはあまり見ないですが、最低8GB以上であれば十分快適に使えます。また、ほとんどのデスクトップはメモリの増設も可能なので、将来的に8GBじゃ足りないと思ったときは、16GBに増設すると使いやすくなります。

ストレージもここ最近HDD(ハードディスクドライブ)のみ搭載と言う機種は少なくなっていますが、IdeaCentreとLenovoシリーズではまだまだ見かけます。

購入ページでは各モデルのスペックが見れて、上の画像のようにどのストレージが搭載しているか確認できます。赤枠のモデルはHDDが1TB搭載、真ん中はHDD 1TBとSSD 256GBが搭載、右はSSD 256GBが搭載しています。

HDDのみ搭載のモデルはすべての動作がSSD搭載モデルよりも大幅に遅い

ので、SSDと書かれたモデルを購入したほうがいいです。

 

普段使い用おすすめデスクトップ

この項目ではオールインワンPCのAIOもご紹介していますが、コスパの観点で言うと通常デスクトップの方が高いし、AIOはSSD搭載モデルが結構高くなります。どうしてもAIOじゃないとだめという以外は、通常デスクトップとモニターを購入して使用したほうが高性能で低価格になります。(モニターはLenovoモニターで確認できますが、筆者使用のモニターはこちらです)

 

IdeaCentre 560i

Lenovo IdeaCentre 560i(第11世代インテル)IdeaCentre初の11世代CPU搭載モデルで、性能がかなり上がっています。普段使い用はもちろん、ビジネス用途でも使えるほどの性能ですね。また、グラフィック性能はノートパソコンと同じくXeグラフィックスアーキテクチャで、エントリークラスのグラボよりも高い性能なので、簡単な動画編集や画像編集もできますね。

リリース 2021年4月20日
CPU Intel core i5-11400
Intel core i7-11700
メモリ 最大32GB
ストレージ 最大 SSD 512GB+HDD 1TB
その他 WiFi5、Bluetooth v5.0、光学ドライブあり、Office搭載モデルあり
付属 キーボード、マウス
寸法(幅x奥行x高さ) 145 x 285 x 340㎜
重さ 5.4㎏
価格 5.4万円~

レビュー

公式サイト

IdeaCentre AIO 360 AMD

Lenovo IdeaCentre AIO 360最新スペックではないですが、比較的低価格で購入ができるモデルです。最低価格は約5万円からと激安ですが、まともなスペック(メモリ8GB+SSD)にすると約8.3万円になります。それでもオールインワンがこの価格なので、コスパが高いと思います

リリース 2021年7月27日
CPU Athlon Silver 3050U
Ryzen 3 3250U
Ryzen 5 3500U
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大 SSD+HDD
ディスプレイ 21.5型 FHD IPS
その他 WiFi5、Bluetooth v5.0
付属 ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス
寸法(幅x奥行x高さ) 490 x 185 x 405㎜
重さ 6.07㎏
電源 65W
価格 5.2万円~

レビュー

公式サイト

IdeaCentre AIO560 AMD

Lenovo IdeaCentre 560 23.8型(AMD)マウスもキーボードもカメラも必要なものは全部搭載している本機種は、発熱を抑えるためにノートパソコン用のCPUが搭載しています。とは言え、性能はかなり高くデスクトップ並みですね。ディスプレイの品質も高くいのに7.1万円からと低価格で、SSD搭載モデルは約9.1万円からになります

リリース 2021年6月29日
CPU AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ 最大 SSD 512GB+HDD 1TB
ディスプレイ 23.8型 FHD IPS
その他 WiFi6、Bluetooth v5.0、Office搭載モデルあり
付属 ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス
寸法(幅x奥行x高さ) 541 x 24.9 x 433㎜
重さ 7.23㎏
価格 7.1万円~

レビュー

公式サイト

IdeaCentre Mini550i

Lenovo IdeaCentre Mini550i

Miniと言うだけあって、かなり小さいです。お弁当箱よりちょっと大きいくらいのサイズですね。小さいけどその他のIdeaCentreとスペック的にはそん色ないので、デスクトップを置くスペースが無い人や、インテリア的にデスクトップを置きたくない人に向いています。本機は量販店モデルなので、公式サイトでは販売されていません

リリース 2020年12月15日
CPU Intel core i5-10400T
Intel core i7-10700T
メモリ 8GB(最大32GB)
ストレージ SSD 256GB
SSD 256GB+HDD 1TB
その他 WiFi5、Bluetooth v5.0、光学ドライブ無し、有線接続可能、Office搭載モデルあり
付属 (一部モデルのみ)キーボード、マウス、USBレシーバー
寸法(幅x奥行x高さ) 40x182x194㎜
重さ 1.5㎏
価格 9.8万円~

レビュー

楽天

IdeaCentre 350

Lenovo IdeaCentre 350

たったの8.6Lの筐体で、省スペースモデルです。高さも30㎝未満なので、机上に設置しても圧迫感は少ないですね。性能は低~中クラスですが、SSD搭載モデルは7.1万円と比較的安いです

リリース 2020年7月28日
プロセッサー AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 3 3250U
AMD Ryzen 5 3500U
メモリ 4GB、8GB(最大16GB)
ストレージ HDD 1TB
SSD 256GB
その他 キーボード、マウス付き
サイズ(幅x奥行きx高さ) 100x313x275㎜
重さ 3.55㎏
価格 3.5万円~

レビュー

公式サイト

 

ビジネス用おすすめデスクトップ

ビジネス用途のThinkCentreはメモリスロットも4つあり(Tinyは2つ)、ストレージの増設も可能、グラフィックボード搭載できる機種があるので、カスタマイザーにもうれしい機種です。

ThinkCentre M75q Tiny Gen 2

Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2

とにかく小さくて持ち運びもできるほどのボディですが、かなり高性能です。メモリ容量も最大64GBまでできるし、ストレージも2TBと、性能的に困ることはないと思います

リリース 2020年10月27日
CPU Ryzen 3 4300GE/Pro 4350GE
Ryzen 5 4600GE/Pro 4650GE
Ryzen 7 4700GE/Pro 4750GE
Ryzen 5 5650GE
Ryzen 7 5750GE
メモリ 最大64GB
ストレージ HDD 最大1TB+SSD 最大1TB
光学ドライブ 無し
ウルトラスリムDVD-ROM
ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
無線LAN 無し、AC 9260(WiFi5)、WiFi6
有線LAN イーサネット(RJ45)
付属 マウス、キーボード(付属無し可能)
寸法 36.5×182.9×179㎜
重さ 最大構成時 1.25㎏
価格 5.3万円~

レビュー

公式サイト

ThinkCentre M75s Small Gen2

Lenovo ThinkCentre M75s Small Gen 2

超高性能のRyzen 9搭載可能の本機種は、インテルモデルに比べ低価格で販売されています。SmallはTinyに比べ、拡張性もあり、ストレージも大容量なので安心してメイン機種として使えます。

リリース 2020年12月4日
CPU Athlon Silver 3050GE/Gold Pro 3150G
Ryzen 3 Pro 4350G
Ryzen 5 Pro 3400G/4650G
Ryzen 7 Pro 4750G
Ryzen 9 Pro 3900
メモリ 最大128GB
ストレージ SSDx1+HDDx2
その他 イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、光学ドライブ
同梱 マウス、キーボード
重さ 最大5.3㎏
価格 4.6万円~

レビュー

公式サイト

ThinkCentre M70s Small

Lenovo ThinkCentre M70s Small

上記モデルのCPUがインテル製モデルで、性能が高いCore i3+SSDでも約6.2万円からと低価格です。

リリース 2020年5月26日
CPU Intel core i3-10100
Intel core i5-10400
Intel core i7-10700
メモリ 最大128GB
ストレージ SSDx1+HDDx2
光学ドライブ 搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
その他 イーサネット、WiFi・Bluetooth搭載可能、
同梱 マウス、キーボード
重さ 最大4.5㎏
価格 6.2万円~

レビュー

公式サイト

ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2

Lenovo ThinkCentre M75t Mini-Tower Gen2

人気機種!
最大でRyzen 9が搭載できる超高性能モデルです。Intelモデルよりも低価格で、コスパが高い。プロセッサーにPROと付いているものは、DASHという管理機能も付いているビジネス用CPUになります。

リリース 2020年12月8日
CPU AMD Athlon Gold PRO 3150G
AMD Ryzen 3 PRO 4350G
AMD Ryzen 5 PRO 3400G/4650G
AMD Ryzen 7 PRO 4750G
AMD Ryzen 9 PRO 3900
メモリ 最大128GB
ストレージ SSDx1+HDDx2
光学ドライブ ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
DVD-ROM
その他 Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
同梱 キーボード、マウス
重さ 最大5.9㎏
価格 5.5万円~

レビュー

公式サイト

ThinkCentre M90t Mini-Tower

Lenovo ThinkCentre M90t Mini-Tower

Mini Towerシリーズで一番大きな筐体で、ストレージも5基搭載可能、光学ドライブもありと、フルスペックのパソコンになります。
最大500Wの電源が選べるため、比較的性能が高いグラフィックボードの増設も可能です。

リリース 2020年6月23日
CPU Core i3-10100
Core i5-10400
Core i7-10700
メモリ 最大128GB
ストレージ SSDx2+HDDx3
グラフィックス Radeon 520
Radeon RX 550X
GTX 1660S
RTX 2060
光学ドライブ ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
DVD-ROM
その他 Microsoft Office Home & Business 2019搭載可能、WiFi6/Bluetooth搭載可能、イーサネット搭載、メディアカードリーダー
同梱 キーボード、マウス
重さ 最大7.5㎏
価格 7万円~

レビュー

公式サイト

ThinkCentre M90a All-in-One

Lenovo ThinkCentre M90a All-in-One

本機種は、完成された一品ですね。23.8型の大画面で作業もしやすいし、ストレージも3基搭載可能。公式サイトのカスタマイズから若干手を加えると、自分好みのスペックにできるのでAll-in-One PCと言っても侮ってはいけないです。個人的には、完璧な機能・性能がある機種だと思います。量販店モデルで、楽天や街の電気屋さんで販売されています

CPU Intel Celeron G5900
Intel Pentium G6400
Intel core i3-10100
Intel core i5-10400
Intel core i7-10700
メモリ 最大64GB
ストレージ HDD 最大2TB+最大2TB+SSD 最大1TB(OPAL対応)
グラフィックス CPU内蔵
AMD Radeon 625 2GB GDDR5 64bit
ディスプレイ 23.8型フルHD WVA(IPS)液晶(マルチタッチあり、Privacy Guardあり)
その他 光学ドライブ、WiFi5/6
付属 キーボード、マウス
重さ 最大8.6㎏
価格 12.3万円~

レビュー

公式サイト

V55t Mini-Tower

V55t Mini-Tower低価格モデルのビジネスPCで、Ryzen 3+SSD搭載モデルでも5万円以下からと言う値打ち機種です。拡張性は高くないので、自分でカスタマイズしない人に向いています

CPU AMD Ryzen 3 4300G
AMD Ryzen 5 4600G
AMD Ryzen 7 4700G
メモリ 最大32GB
ストレージ HDD 最大2TB+SSD 最大512GB
無線 IEEE 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth
有線LAN RJ45(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (Wake on LAN対応) )
寸法 145 x 276 x 360㎜
重さ 最大6.85㎏
価格 4.8万円~

 

まとめ

デスクトップの魅力は何といっても、ノートパソコンに比べ低価格だし拡張性も高く、長く使えますよね。自分でカスタマイズできる人は多くないと思いますが、Lenovoならクリック一つで「カスタマイズ」できるので、必要なもの不必要なものの取捨ができ、安く好みのパソコンが購入できますね。

本記事では主に新しい機種のみご紹介しましたが、旧モデルなどすべてを確認した場合は、以下のリンクからどうぞ。

IdeaCentre全機種の比較レビュー

ThinkCentre全機種の比較レビュー

また、ウイルスソフトをお考えの方は、こちらの記事もどうぞ!

おすすめのセキュリティソフト