Lenovo おすすめモニター

モニターっていろんな会社から多くの種類が販売されていて、正直言うと、選ぶのが大変ですよね。どこ見ていいか分からない人もいるかもしれません。

通常、外観と解像度しか見ない人が多いと思いますが、用途によってはもっと細かく見ないと購入後に「失敗・・・」と思うかもしれません。

Lenovoは執筆時現在約80種類のモニターを販売しており、FHDにQHD(2.5K)、そして4Kモニターや、ゲーミングモニターなどもあるので、激選したおすすめをご紹介します。

モバイルモニターをお探しの人は、こちらからどうぞ。

Lenovoでは12月22日までクリスマスセールを実施中で、Lenovoのほぼ全製品が対象じゃないか?ってくらい、多くの製品があります!!納期も速いので、お急ぎの人にも合います。

クリスマスセールおすすめ機種も併せてどうぞ

モニターの選び方

モニターの選び方

モニターを選ぶ際に重要な点は、こちらになります。

解像度 画像の密度で、1インチにどれだけのドットが含まれているかを表す
インチ モニターの大きさ
液晶(パネル) 液晶パネルの種類
チルト 画面がどれだけ傾くか
輝度 画面の明るさ

標準的なモニターをお探しなら上記項目を確認して購入したら大丈夫ですが、もっとこだわっている人やビジネス用途、クリエイター向けなどの特殊なことに使う場合は、併せて以下の項目も確認します。

色域 簡単に言うと「どれだけの色を描写できるか」の範囲
リフレッシュレート 1秒間に更新できるコマ数
入力端子 HDMIなど端子の種類
コントラスト比 最少輝度と最大輝度の差。差が大きいとより力強い色が描写される

それでは、各項目を解説していきます。

 

解像度

解像度<左・低解像度/右・高解像度>

解像度って実は結構奥深いのですが、簡単に言うと解像度が高い方がきれいに見えますが、「同じ解像度のモニターがあった場合、インチ数が小さい方がきれいに見える」と言う認識で大丈夫です。

モニターに使用される主な解像度はこちらになり、下になるにつれてよりきれいなディスプレイ(画質)になります。

  • HD・・・1440×900などFHD以下
  • FHD・・・1920 x 1080
  • QHD・・・2560 x 1440
  • UHD・・・ 3840 x 2160

FHD(フル・ハイディフィニション)は一番使われる解像度で、一般的なモニターやノートパソコン、TVに使用されます。

以前はHDディスプレイもありましたが、解像度が低いためここ最近はあまりないですね。今では、ディスプレイの小さなタブレットに使われることが多いです。

QHD(クワッド・ハイディフィニション)またはWQHD(ワイド・クワッド・ハイディフィニション)はいわゆる2.5K解像度で、ノートパソコンでもこの解像度が増えてきましたね。当然、FHDよりもきれいな画質です。

UHD(ウルトラ・ハイディフィニション)は4K解像度のディスプレイで、現行最高のモニターです。

基本的に普段使い用ならば、FHDディスプレイを選べば普通以上の品質なので、画質が荒いなどと感じることはないです。

ただし、長時間使う人や画像編集や動画編集などをする人は、QHDかUHDディスプレイが良いです。

また、あまりに気にしない人が多いですが、例えば20インチのFHDディスプレイと30インチのFHDディスプレイで同じパネルを使用であれば、20インチディスプレイの方がより高精細になります。イメージとしては、30インチモニターは20インチモニターを30インチに引き伸ばした感じなので、当然小さいモニターの方が画質が良く見えます。

例)20インチFHDモニター > 30インチFHDモニター

上の画像の左のライオンはかなり低い解像度でぼやけて見えるのですが、スマホでこのページを見ている人は、違いが分かりにくいと思います。このように、画面が小さいほど低解像度でも荒が見えにくいです。

個人的に、大きな画面を使う場合は、より高い解像度を選んだほうがいいと思いますが、人によっては32インチFHDでも大丈夫と言う人もいます。ここは、どれだけきれいな画質で見たいかどうかによりますね。

 

インチ

画面サイズは、21インチくらいから32インチまでがメインとして販売されています。

筆者の経験上、画面分割をして作業をする場合は27~32インチ、1画面作業の場合は27インチ以下で十分だと思います。

というのも、小さな画面で2分割をした場合、見にくいことが多々あります。例えば、ここ最近のWebサイトはレスポンシブと言って、画面の大きさによって自動的に「デスクトプ用サイトの表示」と「スマホ用サイトの表示」に切り替わるので、ボタンが隠れたり、デザインが違ったりと使いにくいこともあります。

 

液晶パネル

液晶は実はすごく重要なパーツなのですが、時々記載していないこともあります(笑)。やめてほしいですよね。

液晶の種類

液晶パネルは基本的に3つになり、

  • IPS(In Plane Switching)
  • TN
  • VA(WVA)

になります。特徴はこのようになりますが、全体的な特徴であって、個別機種になると例外もあります。

種類 特徴 特に相性の良い用途
IPS 視野角が広くコントラスト比も高い。そして色再現度も高い クリエイター向けディスプレイ
TN 視野角が狭く、青みがかった色だが、応答速度が速い ゲーミングモニター
VA 横方向の視野角はそこそこ広いが上下方向は若干狭い。黒がきれい 動画視聴

一番流通しているのでIPS液晶で、ノートパソコンやモニター、テレビなどはIPSが主流です。ただし、中にはTN液晶も使用されており、IPSと比べると「きれいに見えない」場合がほとんどです。

VA(WVA)はここ最近目にすることが多くなったパネルで、一概には言えませんが、TN以上IPS未満の品質です。

TN液晶は価格が安いので多くのディスプレイに使われていますが、IPS液晶がおすすめです。

 

チルト

意外に重要な個所で、チルトとはディスプレイの傾きのことになります。ほとんどないですが、チルト0は完全に固定されており、ディスプレイを上や下に傾けることができません。光の具合によっては、見にくいこともあります。

基本的に、モニターは上下に傾けることができるのですが、購入時に一応確認しておいた方がいいです。

 

輝度

輝度はモニターの明るさで、通常250nit(cd/m2)~350nitほどになります。

室内の太陽光があまり入らない部屋であれば250nitでも十分作業ができる明るさですが、太陽光が入る明るい部屋では300nitあった方が見やすいです。250nitだと暗すぎて目が疲れたりします。

 

普段使い/ビジネス用おすすめ

この項目では、特殊な作業をしない人向けのモニターを紹介します。基本的に「普通」に使えるものを紹介しているので、特にモニターに対するこだわりがなければ十分に使えます。

また、下記にて700:1など記載しているものはコントラスト比になり、600以上あれば標準的な数値で、1000以上あると高い数値になります。

 

ThinkVision E20-20

ThinkVision E20-20解像度が低い点以外は高品質なディスプレイで、クリエイター向けの色域もあります。ベゼル(画面の黒い枠)も若干太いですがこの価格なので悪くないと思います

解像度 パネル インチ 輝度
HD(1440×900) IPS 19.5インチ 250nit
チルト コントラスト比 色域 価格
1000:1 sRGB 100%相当 1万5400円

ThinkVision E20-20

 

Lenovo L22e-30 モニター

Lenovo L22e-30 モニター このモニターを見つけたとき「えっ!?なんでこんなにスペック高いのに安いの?」って驚いた機種です。FHD解像度で色域も高いく、コントラスト比はかなり高いです。

解像度 パネル インチ 輝度
FHD VA 21.5インチ 250nit
チルト コントラスト比 色域 価格
3000:1 sRGB 100%相当 1万6300円

Lenovo L22e-30 モニター

 

Lenovo L22i-30 モニター

Lenovo L22i-30 モニター おすすめ
同じくsRGB 100%相当の広い色域がるモニターで、IPS液晶になります。コントラスト比も高めの1000:1なので、色鮮やかに描写できるモニターです。

解像度 パネル インチ 輝度
FHD IPS 21.5インチ 250nit
チルト コントラスト比 色域 価格
1000:1 sRGB 100%相当 1万6900円

レビュー

Lenovo L22i-30 モニター

 

Lenovo L24i-30 モニター

Lenovo L24i-30 モニターVesaマウント対応の本機は、壁掛けにして設置もできます。24型と程よいサイズで色域も高いです

解像度 パネル インチ 輝度
FHD IPS 23.8インチ 250nit
チルト コントラスト比 色域 価格
1000:1 sRGB 100%相当 1万9800円

Lenovo L24i-30 モニター

 

ThinkVision T24i-20

ThinkVision T24i-20USB 3.0が4つ搭載したモニターで、配線の取り外しが多い人は特に使いやすいです。

解像度 パネル インチ 輝度
FHD IPS 23.8インチ 250nit
チルト コントラスト比 色域 価格
1000:1 sRGB 100%相当 2万7115円

ThinkVision T24i-20

 

Lenovo L24q-35 モニター

Lenovo L24q-35 モニター2.5K解像度と高解像度で、輝度が300nitと高く、どの場所でも使いやすいディスプレイです。色域も広いので、クリエイターにも合うスペックです

解像度 パネル インチ 輝度
WQHD IPS 23.8インチ 300nit
チルト コントラスト比 色域 価格
1000:1 sRGB 99% 2万7500円

Lenovo L24q-35 モニター

 

Lenovo L28u-30 モニター

Lenovo L28u-30 モニター 筆者使用モニター
2.5K解像度と高解像度で、輝度が300nitと高く、どの場所でも使いやすいディスプレイです。TN液晶のため、クリエイター向けではありません。

解像度 パネル インチ 輝度
UHD TN 28インチ 300nit
色深度 コントラスト比 色域 価格
10bit 1000:1 sRGB 99%以上
DCI-P3 90%
3万8000円

Lenovo L28u-30 モニター

レビュー

ThinkVision P27q-20

ThinkVision P27q-202.5K IPS液晶で、sRGB 99%。輝度も350nitと高めです。USB-Aポートが2つあるので、パソコンのインターフェースが少ない人に向いています。

解像度 パネル インチ 輝度
QHD IPS 28インチ 350nit
色深度 コントラスト比 色域 価格
8bit 1000:1 sRGB 99%
DCI-P3 85%
5万490円

ThinkVision P27q-20

 

クリエイター向けおすすめ

こちらではプロクリエイター向け/セミプロ向けのディスプレイを紹介していますが、画像編集のみをするクリエイターや趣味でやっている人は、前項の「普段使いモデル」から「IPS sRGB 100%」のディスプレイを選んでも十分です。

 

色域図

主な色域図のように分かれており、

  • Adobe RGB 100%・・・アドビ社の色空間規格。より多彩な色を表現できる。画像編集・製版向けスペック
  • DCI-P3・・・アメリカの映画制作業界団体Digital Cinema Initiativesが策定した映像向け色域
  • sRGB 100%・・・Web用画像編集向け色域

になります。

本項では1モデルを除き、UHD・3840×2160の4Kモニターになります。

 

ThinkVision P27u-20

ThinkVision P27u-20Thunderbolt 4ポート搭載、USB-A 3.2 Gen 1が3つ、USB-C 3.2 Gen 1が1つ搭載とインターフェースが豊富なディスプレイです。色域も広くほぼすべての用途に合います。

解像度 パネル インチ 輝度
UHD IPS 27インチ 450nit
色深度 コントラスト比 色域 価格
10bit 1000:1 sRGB 100%
Adobe RGB 99.5%
DCI-P3 99.1%
8万8000円

ThinkVision P27u-20

レビュー

ThinkVision S28u-10

ThinkVision S28u-104K IPS液晶で、色域はDCI-P3 90%になります。プロ向けとしては若干色域が足りませんが、細かく色が指定されてない映像編集などには使えると思います

解像度 パネル インチ 輝度
UHD IPS 28インチ 300nit
色深度 コントラスト比 色域 価格
10bit 1000:1 sRGB 99%以上
DCI-P3 90%
4万4000円

Lenovo L28u-30 モニター

 

ThinkVision T27p-10

ThinkVision T27p-10USB-C1つとUSB-A 3.0が4つあるモニターで、色域はsRGB 99%とWeb用画像編集に向いた機種です。同じくスペックで31.5インチモデルのThinkVision T32p-20(8.4万円)もあります

解像度 パネル インチ 輝度
UHD IPS 27インチ 350nit
色深度 コントラスト比 色域 価格
10bit 1000:1 sRGB 99% 5万7970円

ThinkVision T27p-10

 

ThinkVision S27e-20 (27インチ)

ThinkVision S27e-20 (27インチ)2万円を切る価格で、sRGB 100%相当の色域にIPS液晶、フルHD解像度なので見やすい・使いやすい機種です

解像度 パネル インチ 輝度
FHD(1920×1080) IPS 27インチ 250nit
スタンド コントラスト比 色域 重量
チルト 1000:1 sRGB 100%相当 4.6㎏
価格 ポート
3万7400円→1万9448円 VGA、HDMI、3.5㎜ジャック

公式サイト

 

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターは、

  1. リフレッシュレート
  2. 応答速度

が重要です。本記事で紹介しているモニターは本当に使えるもののみ紹介しているので、ご安心を。

Lenovo G24-20 モニター

Lenovo G24-20 モニターリフレッシュレートも高く、応答速度も速い。スタンダードなゲーミングモニターです

解像度 パネル インチ 輝度
FHD TN 23.8インチ 350nit
チルト コントラスト比 応答速度 リフレッシュレート
1000:1 0.5~5m/秒 144/165Hz
その他 価格
FreeSync Premium 2万5900円

Lenovo G24-20 モニター

 

Lenovo Legion Y25-25 モニター

Lenovo Legion Y25-25 モニターリフレッシュレート240Hzとfpsゲームに向いており、応答速度も速く色域も広いです。スタンダードなモニターですが、これでプレイしにくいゲームはないと思います

解像度 パネル インチ 輝度
FHD 広視野角 24.5インチ 400nit
チルト コントラスト比 応答速度 リフレッシュレート
1000:1 1ms/秒 240Hz
その他 色域 価格
FreeSync Premium sRGB 99% 3万6000円

Lenovo Legion Y25-25

 

Legion Y25g-30

Lenovo Legion Y27q-202.5K解像度と高く、色域もDCI-P3 98%とクリエイター向けディスプレイに近いスペックです。ハイエンドグラボをお持ちの方や、リフレッシュレートがそこまで重要じゃないゲームをしている向けです

 

解像度 パネル インチ 輝度
WQHD 広視野角 27インチ 350nit
色域 コントラスト比 応答速度 リフレッシュレート
DCI-Ps 98% 1000:1 1ms 165Hz
その他 色深度 価格
NVIDIA G-SYNCテクノロジー 10bit 5万9840円

Lenovo Legion Y27q-20

 

Legion Y25g-30

Legion Y25g-30400nitと高輝度で色域も高く、クリエイティブワークもするけどゲームもするという人に合います

 

解像度 パネル インチ 輝度
FHD IPS 24.5インチ 400nit
色域 コントラスト比 応答速度 リフレッシュレート
sRGB 99% 1000:1 360/240Hz
その他 価格
NVIDIA G-SYNCテクノロジー、NVIDIA Reflex Latency Analyzer対応
USB-A/B/C 3.2 Gen 2 x5
6万5900円

Legion Y25g-30

 

Lenovo G27qe-28 モニター (27インチ)

Lenovo G27qe-28 モニター (27インチ)ゲーミングモニターでIPS液晶ですが、応答速度も最速1msと速いです。輝度も高く色域も広いので、没入感も高くプレイに集中できます。ゲームのみじゃなく、画像・動画編集にも合います

解像度 パネル インチ 輝度
QHD(2560×1440) IPS/光沢なし 27インチ 350nit
スタンド コントラスト比 色域 重量
チルト 1000:1 sRGB 99% 5.2㎏
価格 ポート
6万9300円→3万8115円 HDMI 2.0、DisplayPort 1.2、3.5㎜ジャック

公式サイト

 

モバイルモニター

Lenovo ThinkVision M14 パワーパススルー機能

Lenovoのモバイルモニターは現在3つ販売されており、全てThinkVisionになります。また、パワーパススルー機能が付いているので、モニターに充電アダプターを接続してPCに給電ができます。

 

ThinkVision M14t

ThinkVision M14tタッチディスプレイ付きで輝度も高く、色域も広いので画像編集をするクリエイター向けの品質です。持ち運びもしやすく、指で操作もできるので、スクロールアップ/ダウンなどでわざわざカーソルを移動しなくてもできます。

サイズ 14インチ
解像度 FHD 1920×1080ドット
液晶 IPS液晶 光沢あり マルチタッチ
コントラスト比 700:1
色域 NTSC 72%
輝度 300cd/㎡~345cd/㎡
視野角 178°
インターフェイス USB-Cx2、セキュリティロックケーブル用スロット、
その他 ブルーライトカット、オーバードライブ、HDCP機能、給電可能
重さ 698g
付属 USB-Cケーブル(1m)、アクティブペン、クリップ、保護バック、L字ドングル
価格 4.3万円

レビュー

公式サイト

 

ThinkVision M14

ThinkVision M14筆者使用モニター
比較的低価格で輝度も高く色域も広い、そして軽量なので持ち運びがしやすいです。PCバックにPCとモニターも入れて移動できるので、機動性は高いです。

サイズ 14インチ
解像度 FHD 1920×1080
液晶 IPS液晶 光沢なし
コントラスト比 公称値・700:1
実測値・1229:1
色域 公称値・NTSC 72%(sRGB 100%相当)
実測値・sRGBカバー率 96.6%
輝度 公称値・最大345cd/㎡
実測値・339cd/㎡
視野角 178度
インターフェイス USB-Cx2、セキュリティロックケーブル用スロット、
その他 ブルーライトカット、オーバードライブ、HDCP機能、給電可能
重さ 598g
付属 USB-Cケーブル(1m)、クリップ、保護バック
価格 3万3660円

レビュー

公式サイト

ThinkVision M15

ThinkVision M15他のモバイルモニターに比べ若干スペックが低いですが、大きめサイズなので使いやすいと思います。室内向けです

サイズ 15.6インチ
解像度 FHD 1920×1080ドット
液晶 IPS液晶 光沢なし
コントラスト比 1000:1
色域 NTSC 45%
輝度 250cd/㎡
視野角 178°
インターフェイス USB-Cx2、セキュリティロックケーブル用スロット、
その他 ブルーライトカット、オーバードライブ、HDCP機能、パワーパススルー
重さ 860g
付属 USB-Cケーブル(1m)、アクティブペン、クリップ、保護バック
価格 3万5640円

レビュー

公式サイト