Lenovo ThinkPadおすすめ機種9選・Lenovo PC200台以上レビューをした私が激選!

LenovoのThinkPadシリーズは元々IBMが作っていた機種で、昔からタイピングがしやすいと有名ですよね。

NASAが宇宙ステーションに持って行ったのもThinkPadだし、米軍の調達基準に準拠した品質で、落下テストなどの耐久性など12項目をクリアした機種です。

言い換えたら、戦場に持って行っても大丈夫なパソコンなんです。宇宙に戦場にとちょっとスケールが違いますが、普通に私たちが使う分にはまず問題ないですね。

公式ページでは、水をパソコンにかけてもそのまま動いていますもんね。(マネしない方がいいですが・・・)

Lenovo ThinkPadの耐久性・水がかかっても大丈夫-min

さてそんなThinkPadですが、種類も多いので、各モデルの特徴を紹介しながらおすすめ機種をご紹介します。

現在Lenovoでは5月12日までMother's Dayセールを開催しており、最大56%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

ThinkPadシリーズの特徴

筆者が使っているThinkPadシリーズ・E15 Gen 2<2020年7月に購入したThinkPad E15 Gen2>

ThinkPadには以下の種類があります。

性能 特徴
Xシリーズ 5 out of 5 stars 薄型軽量ハイエンドモデル・高価格で妥協しないPCを必要な人。グラボ付き有り
Yoga 4.5 out of 5 stars ハイエンドモデルの2 in 1 PC
Tシリーズ 4.5 out of 5 stars 軽量・ハイスペックだが、Xシリーズより1~2㎜厚いため中価格
Eシリーズ 4 out of 5 stars インターフェイスが若干少なく、LTEなどもないので低価格、でも高性能
Lシリーズ 4 out of 5 stars 低性能~高性能まで幅広いラインナップなので、細かいスペックを知らないと低性能モデルを購入する可能性あり
Aシリーズ 3.5 out of 5 stars RyzenのAPUを使ったモデル(2018年より新機種が出ていないため今回は除外)
Pシリーズ 5 out of 5 stars 開発者向けの超高額モデル。CAD使用者向け・分析向け・写真、製版向けなどあり

Xシリーズは言わずと知れた最高峰シリーズで、値段も高いですが妥協もしない強気なスペックで人気が高いです。

Tシリーズは意外におすすめで、Xシリーズと比べても同じような高い性能ですが、ボディが若干厚くなっているのでお安くなっています。

私が使っているのはE15 gen 2というもので、低価格なのですが性能も高いんですね。安い理由はLTEが搭載できない、ドッキングコネクターが使えない、ディスプレイの質が普通(FHD)と削れるところを削っているモデルなので、価格を抑えることが出来ているんです。

Lシリーズはいつもトリッキーな構成なのですが、例えばSSDじゃなくHDDモデルが混ざっていたり、FHDディスプレイじゃなくHDがあったりと「えっ?なんでこんなに低性能なものが混ざっているの?」と思うことが多々あります。

性能表を見て分かる人だったら問題ないですが、パソコンに詳しくない人は避けた方がいいシリーズです。それでも高性能機種もあるので、人気なのですが。

Pシリーズは完全に専門職向けに作られた機種になり、動画編集や画像編集、3DCADや3DCGなどの作成をするクリエイターPCです。専門職用なので本記事では紹介していません。詳しくはこちらで確認できます。

ThinkPadシリーズ全体に通して言える事は、ビジネスノートなのでセキュリティが堅牢です。

TPM(独立して機能するチップでパスワード等格納)はもちろん、FIDO認証(生体認証で本人確認する機能)付きのモデルもあり、その他多くのセキュリティがあります。

タイピングが半端なくしやすい

Lenovo Thinkpadはタイピングがしやすい

ThinkPadのキーボードは、本当にタイピングがしやすいんですよね。打感がかなりいいんです。重すぎず、軽すぎずです。

いろんなパソコンを触ってきましたが、ThinkPadほどタイピングがしやすいものもそうそうないですよ。

Lenovo thinkpad E15 gen 2のキーボード・湾曲があり使いやすい仕様

上の写真から、キーが若干湾曲しているのが分かりますか?これもタイピングのしやすさに影響していると思います。

また通称赤ポチというトラックポイントがあるので、指がホームポジションから離れずに作業が出来るんです。赤ポチは1~2日あれば慣れますよ。

あえて欠点を上げるなら、最初の写真を見ても分かるように指紋が付きやすい機種(主にEシリーズ)があるので、頻繁に拭かないといけません。

サポート・保証

Lenovo ThinkPadの保証とサポート

Lenovoは標準保証で「1年間引き取り修理」があり、電話・チャット・LINE・メールでのサポートがあり、保証は最長5年まで延長できます。

ビジネスモデルのみ「オンサイト修理」と「プレミアサポート+翌日オンサイト修理」という保証やサポートにアップグレードでき、「オンサイト修理」は万が一の時にPCをLenovoの工場に送ることなく、技術員が直接家や会社に来て修理をしてくれます。セキュリティ的にも安心だし楽ですね。

プレミアサポートは24時間365日、ハイスキルな専任エージェントが対応してくれるものです。標準サポートは朝9時から夕方6時までで、通常、第1第3日曜日が休みです。(月により祝日も休み)

ThinkPadおすすめモデル

動画/画像編集向けPC

ThinkPad X1 Extreme Gen 3(15.6型)

Lenovo ThinkPad X1 Extreme Gen 3(2020)の外観・右前から

2020年8月にリリースされたThinkPad最高峰モデルで、グラフィックボードも付いており、CPUもHモデルのハイパフォーマンスモデルになっています。
ゲーミングPCの様に高性能でメモリも最大64GBに、デュアルストレージと最強スペックです。
ディスプレイも4K画質のUHDが選べ、指紋センサーに顔認証、Wifi6対応で今現在これを上回るものはないんじゃないか?というくらい高性能です。Raid0と1の設定にも対応しています。
持ち運びが多いクリエイターにおすすめの機種です。

CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H
Intel core i7-10850H
Intel core i9-10885H
メモリ 最大64GB
ストレージ デュアルストレージ・SSD+SSD 最大4TB
ディスプレイ FHD WVA 光沢なし
UHD(マルチタッチあり/OLEDあり)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Q
特徴 指紋センサー・顔認証、WiFi6、
重さ 1.7㎏~
バッテリー 15.6時間
価格 約20.7万円~

レビューLenovo公式ページ

ThinkPad T15g

Lenovo thinkpad T15g

2020年9月6日にリリースされた本機種は、Lenovoで販売されているノートパソコンでTOP5に入るほど性能が高い機種です!この記事はおすすめ6選なのですが、T15gを追加したので実は7選になっています。動画編集やBlender、CAD等を使うプロクリエイター向けのスペックで、最強です!

リリース 2020年9月
CPU Intel core i5-10400H
Intel core i7-10750H/10850H/10875H
Intel core i9-10885H/10980HK
Intel Xeon W-10855M/10885M
メモリ 最大128GB(Xeon選択時ECCメモリ搭載可能)
ストレージ SSD 最大4TB(2TB+2TB)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2080 Super Max-Q
NVIDIA GeForce RTX 2070 Super Max-Q
OS Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Pro for workstation
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし 300nit
FHD IPS 光沢なし 500nit HDR
UHD IPS 光沢なし 600nit HDR
UHD OLED 反射・汚れ防止 400nit HDR マルチタッチ
その他 WiFi6、Bluetooth 5.1、RJ45(LANポート)、顔認証、指紋センサー、LTE、RAID設定
カラーキャリブレーション あり(UHDのみ)
寸法 375.4x 252.3 x 24.5㎜(~31.45㎜)
重さ 2.74㎏
バッテリー 17.4時間
価格 24.9万円~

レビュー公式ページ

ライター向け低価格モデル

筆者購入モデル・ThinkPad E15 Gen 2(15.6型)

Lenovo ThinkPad E15 Gen 2のディスプレイ

私も購入したモデルで、性能が高いけど低価格で販売されています。購入しやすい分、他のThinkPadと比べて販売台数はかなり多いと思いますよ。
LTEやドッキングステーションがないので安くなっていますが、私の様に必要ないって人には関係ないので、お得に高性能ビジネスノートが購入できます。
プロセッサーにはRyzen4000シリーズ搭載なので、デスクトップ並みの性能で、実はメモリも3200MHzと、高性能なものが付いています。

プロセッサー AMD Ryzen 7 4700U
AMD Ryzen 5 4500U
AMD Ryzen 3 4300U
メモリ 最大24GB
ストレージ デュアルストレージ SSD+SSD 最大1.5TB
ディスプレイ FHD、HD
グラフィックス AMD Radeonグラフィックス
特徴 指紋センサー、顔認証、WiFi6
バッテリー 14.8時間
価格 6.4万円~

レビュー公式ページ
14型はこちらからどうぞ。

レビュー公式ページ

ThinkPad E15 Gen 2インテル

Lenovo ThinkPad E15 Gen 2 Intel第11世代CPU搭載モデル

インテル第11世代CPU搭載モデルで、今までのノートパソコンの常識を打ち破るほど快適に作業ができます。Core i5とi7にはIris Xeという外部グラフィックボード並みの性能があり、仕事のみならず、動画・画像編集などプライベートでも活躍する機種です!
また、Thunderbolt 4にも対応しているので、今後長く最前線で活躍できます。

CPU Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
NVIDIA GeForce MX350/MX450
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(15.6型) FHD TN 光沢無し
FHD IPS マルチタッチ
FHD IPS 光沢無し sRGB 100%
その他 WiFi6、Bluetooth v5.0、RJ45、指紋センサー、顔認証、Thunderbolt 4
寸法 365x240x18.9㎜
重さ 1.7㎏
バッテリー 最大12.1時間
保証 1年間
価格 6.9万円~

レビュー公式サイト
14型はこちらからどうぞ。

レビュー公式サイト

外出が多いが大画面PCが必要な人向け

ThinkPad T14s Gen 2 (14型)

Lenovo ThinkPad T14s Gen 214型でたったの1.28㎏と軽く、そして13万円からとこのスペックにしては低価格です。インテル11世代CPU搭載で、最大で5G LTE搭載可能、WiFi6にも対応しています。バッテリー駆動時間は最大23.6時間と丸一日持つので、外出が多い人でもモバイルバッテリーなどの持ち運びは必要ないと思います。とにかく安いので、おすすめです!

リリース 2021年3月
CPU Intel core i7-1185G7/1165G7
Intel core i5-1145G7/1135G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(14型) UHD IPS液晶、HDR Dolby Vision
FHD IPS液晶 マルチタッチあり
その他 WiFi6、Bluetooth 、顔認証、指紋センサー、4G/5G LTE、Thunderbolt 4、Office Home &Business 2019
Webカメラ FHD 1080p/HD 720p
寸法 327.5 x 224 x 16.1㎜
重さ 1.28㎏
バッテリー 23.6時間
価格 13万152円~

レビュー

公式サイト

ThinkPad X1 Carbon Gen 9(14型)

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 911世代CPU搭載で、Evoプラットフォーム認証を受けた機種になります。ディスプレイの縦横比が16:10と縦が長く、15型並みの情報量が表示されるので、14型と言っても作業がかなりやりやすくなっています。重さは1.13㎏で、バッテリー駆動時間は最大26時間と最長クラスです!!

CPU Intel core i5-1135G7/1145G7
Intel core i7-1165G7/1185G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) UHD IPS ,HDR400 Dolby Vision, DCI-P3 100% ,500nit, 省電力パネル
FHD IPS ,sRGB 100%、タッチスクリーンあり、省電力パネルあり
グラフィックス Iris Xe
無線 WiFi6、Bluetooth 5.1搭載
LTE、NFC搭載可能
その他 指紋センサー、顔認証、Thunderblt 4
寸法 314.5 x 221.6 x 14.9㎜
重さ 1.13kg~
バッテリー 最大26時間
保証 引き取り修理
価格 17万1864円~

レビュー
公式サイト

ビジネス向け小型モデル

ThinkPad X1 Nano

Lenovo ThinkPad X1 Nano

11世代CPU・Evoプラットフォーム
13型で画面の縦横比が16:10と縦が長いので資料作成もしやすいし、表示される情報が多く、小型と言っても使い勝手が高いです。WiFiモデルはたったの907g!LTEモデルは939gと激軽です!!

リリース 2020年12月
CPU Intel core i5-1130G7
Intel core i7-1160G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD
ディスプレイ(13型) 2K 画質 IPS液晶 光沢無し Dolby Vision
グラフィックス Iris Xe
その他 Thunderbolt 4、LTE、顔認証、指紋センサー、ThinkShutter、WiFi6
バッテリー 最大22.9時間
重さ 907g
939g(LTEモデル)
価格 18万円~

レビュー公式サイト

ビジネス向け2 in 1 PC

本項目では、軽い・バッテリーが長い・WiFi6/LTEを搭載した機種をピックアップしました。

ThinkPad X13 Yoga Gen 2(13.3型)

Lenovo ThinkPad X13 Yoga Gen 2インテル11世代CPU・Evoプラットフォーム認証
13.3型ですが画面の縦横比が16:10なので表示される情報が多く、14型よりも多くの情報が映し出されます。ということは、今までの14型よりも見やすく、そして軽い機種なんです。バッテリー駆動時間は最大18.9時間と結構長く、充電アダプターやモバイルバッテリーは必要ないと思います。

CPU Intel Core i7-1185G7/1165G7
Intel core i5-1145G7/1135G7
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ
13.3型
WQXGA(2.5K) IPS液晶 マルチタッチ
WUXGA(FHD相当) IPS液晶 マルチタッチ
無線 WiFi6、Bluetooth、4G LTE対応
その他 顔認証、Thunderbolt 4、画面比16:10
重さ 1.2㎏~
バッテリー 最大18.9時間
価格

レビュー
公式サイト

据え置き用

ThinkPad L15 Gen 2

Lenovo ThinkPad L15 Gen 2

インテル第11世代CPU搭載
ちょっと大きめの筐体ですが、CPUの性能はもちろん、Thunderbolt 4にLTE、WiFi6、ドッキングコネクターなど最新機能・ビジネスに必要な機能が満載です。筐体が大きいというだけで、Xシリーズに比べ3万~5万円ほど安いので、大きくてもいいという人や、主に室内で使う人には最適です!

 

CPU Intel Celeron 6305
Intel core i3-1115G4
Intel core i5-1135G7/1145G7
Intel core i7-1165G7/1185G7
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大1TB+HDD 2TB
グラフィックス Iris Xe
UHDグラフィックス(Core i3)
NVIDIA GeForce MX450
OS Windows 10 Home/Pro
ディスプレイ(15.6型) HD TN
FHD IPS マルチタッチあり
その他 WiFi6(カスタマイズで搭載可能)、Bluetooth、指紋センサー、顔認証、指紋センサー、Thunderbolt 4、LTE、ドッキングステーション
寸法 366.5x250x21.7㎜
重さ 1.98㎏
バッテリー 最大11.3時間
保証 1年間
価格 19万7010円~(Core i5モデル)

レビュー公式サイト

14型はこちらからどうぞ。

レビュー公式サイト

以前紹介していた機種

ここでは、泣く泣くおすすめ9選から外した機種をご覧いただけます。外した理由は単純に「より新しく高性能モデルが出た」ためです。

ThinkPad X13 Gen 1(13.3型)

Lenovo thinkpad x13 Gen 1のディスプレイ

IntelモデルとAMDモデルがありますが、AMD製がかなり性能が高いので人気があります。
メモリも最大32GBで3200MHzと高速メモリなので、パソコンがサクサク以上にサクサク動きます。
Privacy Guardも付いているので、外で使う時はのぞき見防止も出来ます。
LTE対応なので、外出時にも常にインターネットが無いといけないという人にも対応できる機種です。

プロセッサー AMD Ryzen 3Pro, 5Pro, 7Pro
メモリ 最大32GB
ストレージ 最大2TB
ディスプレイ HD、FHD、FHD(タッチパネル)、FHD(Privacy Guard付き)
特徴 指紋センサー、顔認証、LTE、NFC、WiFi6、Privacy Guard
重さ 1.18㎏~
バッテリー 最大16時間
価格 10.8万円~

レビュー公式ページ
AMDモデルはこちらからどうぞ。
公式ページ

まとめ

本当はもっとおすすめしたいものもあるのですが、10個も20個も紹介されても逆に混乱するので、厳選したモノのみを紹介しました。

上記モデルで「スペックが・・・」や、「お、重い・・・」なんて言うことは無いのでご安心ください。

私も使っているからわかるのですが、ThinkPadは本当にタイピングがしやすいのでライターや資料作成が多い人に向いています。

比較的安めのEシリーズや中価格帯のTシリーズ、そして高価格帯のXシリーズがバランスが取れた構成なのでおすすめです!