初心者練習法

Minor swing のアルペジオ練習

マイナースウィングの初心者用レッスン

先日、このジプシージャズ入門を使って練習している友達に、「難しすぎて全然弾けない!もっと簡単なレッスンも入れたら?」と言われ、そう言われたらそうだな〜と思い、初心者用のレッスンを増やすことにしました!

第一弾は当然マイナースウィングで、アルペジオのみの練習になります。とは言っても、ジプシージャズで使うアルペジオやフレーズを入れているので、すぐにでもソロで弾けるものになります。

また、ジプシージャズでは7thの音や、6thの音を使うことが多いのでこれも意図的に多用しています。6thの音って聞きなれないと音が外れている感じがするんですよね。

それでは、色々なポジションでのアルペジオを弾いているので、全部覚えたらあとあとソロがかなり弾きやすくなるので、頑張ってください。

レッスン動画

minor swing for beginners

使っているアルペジオを簡単に解説しますね。

Am6・・・A C E F#(F#が6度の音)

Dm6・・・D F A B(Bが6度の音)

E7・・・E G# B D(Dが7度の音)

基本的に上記の音を使って色々なポジションで弾いています。主に単調なメロディーになっているので、自分のソロにフレーズを使うときは、リズムを変えて使ってください。

この、「色々なポジション」というのはすっごく大切なんです。というのも、5フレット〜10フレットの中でソロをずっと弾いている人をよく見るのですが(別にいいんですよそれでも)、ギターは20フレット近くあるのに全部使わないのは勿体無くないですか?

私はソロを弾くときに、0フレットから17フレットの間でソロを弾きます。結構左右に動くんですね。

なんで?

ん〜・・・ジャンゴがそうやってたから?

考えたことがなかったですが、おそらくジャンゴがやってたからでしょうね。まぁ、彼は2本指だったので必然的に動かなくちゃいけなかったのですが・・・。

ちなみに今回は深く解説しないので、アルペジオとスケールの詳しい説明は、こちらの「アルペジオとスケール」を参考にして下さい。

ジプシージャズのコードについては、「ジプシージャズギターコード」を参考に。

ジョショー ステファンがよく使うフレーズ

正確に言うと、ジプシージャズギタリストはみんな使いますが、ジョショー はよく使っているイメージがあるので、この見出しにしました。


ジョショー シュテファンが使うフレーズ josch staphanが使うフレーズ リック

これはちょっと解説が必要です。

これは4つの音が1セットになってまして、その出だしの音はアップピッキングで、残りはダウンピッキングで弾きます。

なのでピッキングは常に、↑↓↓↓ ↑↓↓↓となります。

ジプシージャズではこのダウンピッキングは、肘から下全体を下げる感じで弾きます。手首だけで弾く感じにならないようにしてみて下さい。

最後に

それでは、このレッスンをマスターしたら、そのほかのMinor Swingのレッスンに取り組んでみて下さい。

その他の初心者練習法は、こちらからどうぞ。

初心者練習法