NEC Lavie N14 2021年春モデルのレビュー インテル11世代CPU搭載可能なモバイルノート

最新のインテル第11世代CPU搭載モデルもあり、性能は高く使い勝手も高い機種です。ただしちょっとトリッキーなスペックになっており、総合的な評価はそこまで高くありません。

本機種の最大の特徴は、日本国内で生産されたということと、インテル11世代CPUが選べるということくらいになります。言い換えると、その他の性能は「価格のわりに控えめ」と言わざるを得ないです。

  NECでは8月5日までサマーセールをやっており、24%オフのクーポンが公式サイトで入手でき、HDDやSSD、ソフトウェアなどのプレゼントや割引があっています。この機会をお見逃しなく!

Lavie N14 2021年春モデルのスペックレビュー

NEC Lavie N14 2021年春モデル

CPU Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
AMD Ryzen 3250U
AMD 3020e
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス UHDグラフィックス
Radeonグラフィックス
ディスプレイ FHD スーパーシャインビューLED液晶
OS Windows 10 Home、Pro
無線 WiFi6、Bluetooth 5.0
有線 RJ45あり
カラー パールホワイト、パールブラック、ネイビーブルー
オーディオ インテルHD、ヤマハ製AudioEngine搭載
生体認証 顔認証(Intelモデル)
MSOffice Office Home &Business 2019、Personal 2019搭載可能
セキュリティ TPM
寸法 327 x 225.7 x 19.2㎜
重さ 1.46㎏
バッテリー 最大12.3時間
保証 1年間
価格 11万8580円~

パソコンの頭脳であるCPUは最新で高性能のインテル11世代CPUか、なぜだか2世代前のAMD Ryzenも選べます。なんでこんなに古いRyzenプロセッサーを採用したかは置いといて、インテルCPUはかなり高い性能になっています。

11世代CPUと言えば高性能内蔵グラフィックスの「Iris Xe」がウリですが、本機種はシングルチャンネルメモリのためUHDグラフィックスになっています(泣)。

メモリは最大で16GB搭載できるので、ヘビーユーザーにも十分ですね。ストレージも大容量で、SSD最大1TBです!多くのデータを保存できるので、外付けHDDなどは必要ない人が多いと思います。

ディスプレイは高解像度のFHDですが、青みがかった色のLED TN液晶になります。また、視野角も少し狭いので、横から見ると薄暗く色あせて見えます。この価格でTN液晶と言うのは、ちょっとマイナスポイントですね。

最近の14型にしてはちょっと重い1.46㎏(最近は1.4㎏が平均的)ですが、平均より60gほど重いくらいなのでそこまで影響は無いと思います。ただし、バッテリー駆動時間は長めの最大12.3時間なので、外出時に充電アダプターの持ち運びは必要ない場合が多いと思います。

価格が約12万円からの割には「アレ?」って思う箇所もありますが、日本生産で高品質と言うことを考えると悪くないと思います。

公式サイト

ライバル機種

NEC Lavie N14 2021年春モデルと比較機種<左から本機種・Lenovo ThinkPad X1 Carbon・Thinkbook 14 Gen 2>

本機種と似たような最新機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 ThinkPad X1 Carbon Gen 9 Thinkbook 14 Gen 2
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
AMD Ryzen 3250U
AMD 3020e
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 16GB 32GB 24GB
ストレージ SSD 1TB SSD 2TB SSD 1TB+HDD 2TB
グラフィックス UHDグラフィックス Iris Xe Iris Xe
UHDグラフィックス
ディスプレイ FHD TN
画面比16:9
FHD、UHD相当
画面比16:10
FHD IPS
画面比16:9
無線 WiFi6 WiFi6、4G/5G LTE WiFi6
バッテリー 12.3時間 26時間 8時間
重量 1.46㎏ 1.13㎏ 1.4㎏
Thunderbolt なし あり あり
最低価格
Core i5価格
11.8万円~
15万円~
16.7万円~ 6.8万円~
7.9万円~

搭載CPUは11世代インテルになり、どれも高い性能になりますね。

本機種と比較機種の大きな違いは、

・本機種のみTN液晶
・本機種のみIris XeとThunderbolt 4が無い
・本機種のみ日本生産(ThinkPadは全てじゃないが日本生産モデルあり)

になります。

こちらは、各機種搭載のCPUの性能を表すPassmarkスコアです。

これを見てなぜ私がAMDを除外して話していたか分かると思いますが、性能はかなり低いです。3万円のノートパソコン並みです。

インテルモデルはかなり性能が高く、スリープからの復帰も速いし使いやすいですね。

また、Iris XeとUHDグラフィックスの性能差は大きく、こちらになります。

表のUHDグラフィックスは一般的なものを記載しており、11世代のCore i7とCore i5だとこれよりも若干高いスコアになると思います。ただし、一般的にCore i5とi7はIris Xeが搭載なので、正確な情報がありません。

購入のポイント

  • 本機種・・・日本生産のノートパソコンが欲しい人で、動画編集や画像編集などのクリエイティブワークをしない人向け
  • Thinkapd・・・より高性能なビジネスモデルを探している人向け
  • ThinkBook・・・コスパの高い機種でビジネスにもプライベート用にも使えるおしゃれモデル

メリット・デメリット

良い点

・WiFi6対応!
・インテル11世代CPU搭載でサクサク快適
・バッテリー駆動時間が比較的長い
・有線接続が可能

残念な点

・この価格でTN液晶はきつい
・Iris Xe非搭載
・AMDプロセッサーの性能が低すぎる
・USB-Cに映像出力機能やPower Delivery機能がない

Lavie N14 2021年春モデルの特徴

NEC Lavie N14 2021年春モデル 右斜め前から

外観はすっきりした印象で、ベゼル(画面の黒い枠)もそこそこ細く、おしゃれですね。

NEC Lavie N14 2021年春モデルのカラー

カラーはパールホワイトとネイビーブルー、そしてパールブラックになります。NECはカラーが豊富なので選びやすいですね。

筐体は標準的なサイズで、寸法は幅327㎜、奥行きは225.7㎜、高さ19.2㎜です。

・幅は一万円札2枚分(320㎜)
・奥行きは千円札1.5枚分(225㎜)
・厚さは一円玉(直径20㎜)

とほぼ同じサイズです。標準的なサイズなので、今お使いのバッグにすっぽり入ると思います。

NEC Lavie N14 2021年春モデル 背面

厚さは若干ありますが、重さ1.46㎏なので持ちにくくないと思います。

NEC Lavie N14 2021年春モデル 背面

天板にはシンプルなLavieのロゴが入っています。

NEC Lavie N14 2021年春モデルのリフトアップヒンジ

ディスプレイを開くとキーボード面が持ち上がる「リフトアップヒンジ」になっているので、緩やかな傾斜が付いてタイピングしやすいです。こういう細かい配慮が日本製って感じがしますね。

キーボード

NEC Lavie N14 2021年春モデルのキーボード

NECのキーボードは全体的に質が高く、本機種はキーストローク(キーを押し込む距離)が1.4㎜、キーピッチ(1つのキーから次のキーへの距離)は19.4㎜と余裕があるので、手が大きな人でもサクサクタイピングがしやすいと思います。

キーピッチは浅めなので、軽いタッチでタイピングした方が使いやすいと思います。右端のEnterキーが大きいので、手が小さな人でも押しやすいですね。

国内生産

NEC Lavie 国内生産

国内で管理・生産を行っているLavieはいくつもの品質テストやチェックをしており、購入後も安心して使えます。

国内生産のメリットとして、高い品質、配送が速い、輸送時にダメージが受けにくいということが挙げられます。多くの外資ブランドは中国などで生産しており、国内輸送よりも長時間・長距離移動になることを考えると、安心感が違いますね。

CPU

Core i7-1165G7 Core i5-1135G7
製造プロセス 10nm
SuperFin
10nm
SuperFin
コア/スレッド 4/8 4/8
キャッシュ 12MB 8MB
グラフィックス UHDグラフィックス UHDグラフィックス
基本クロック 2.8GHz 2.4GHz
ブーストクロック 4.7GHz 4.2GHz
AMDプロセッサー
AMD Ryzen 3250U AMD 3020e
製造プロセス 14nm 10nm
コア/スレッド 2/4 2/2
キャッシュ 5MB 5MB
基本クロック 2.6GHz 1.2GHz
ブーストクロック 3.5GHz 2.6GHz
TDP 15W 6W

パソコンの頭脳であるCPUには最新のインテル11世代CPUとAMD Ryzenが搭載しており、インテルモデルはかなり高い性能になっています。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

普段使い用であればスコア5000くらいあれば比較的快適に使え、ビジネス用途なら7000以上を目安にするといいと思います。ただし、本機種は極端ですね(笑)。4000以下か1万以上かと言う選択になります。

なので、普段使い用としてならCore i5を、ヘビーユーザ―やビジネス用途で使用する場合はCore i7を選ぶと間違いないと思います。

もし、性能は高くなくても全然問題ないというのであれば、AMDプロセッサーもいいかもしれません。(性能が必要ないなら、別の機種をおすすめしますが・・・)

グラフィックス

グラフィックスは先ほども紹介したように、Intel CPUを選んだ場合はインテルUHDグラフィックスになります。(AMDはRadeonになります)

通常、11世代のCore i5とi7にはIris Xeという超高性能の内蔵グラフィックスが搭載なのですが、本機種はメモリが1枚搭載のシングルチャンネルメモリで、デュアルチャンネルに対応していないからだと思いますが、UHDグラフィックスになっています。

残念ですね。

ディスプレイ

NEC Lavie N14 2021年春モデル 右斜め前から

ディスプレイはFHD スーパーシャインビューLED液晶(TN液晶)で、スーパーシャインビューとは「光沢あり液晶」で、タブレットやスマホと同じ仕様になります。

FHD フル・ハイディフィニションで1920×1080の解像度
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 こちらは非搭載です)コントラスト比が高く、視野角も広い
TN液晶 青みがかった色でコントラスト比も低く視野角も狭い

最低価格が約12万円で、TN液晶というのちょっと酷ですね・・・。スーパーシャインビューなので通常のTN液晶よりは高品質ですが、この価格ならIPS液晶が欲しかったところです。

公式サイト

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機種搭載のメモリはPC4 25600(DDR4-3200MHz)が搭載で、最高の動作周波数(MHz)なので処理速度も速いです!

ただし、メモリが1枚の「シングルチャンネルメモリ」なので、グラフィックスはUHDグラフィックスになっています。

ストレージ

SSD(PCIe) HDD
最大データ転送速度 最大16Gbps~32Gbps 最大6Gbps(SATA)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

本機種には高速タイプのPCIe SSDが搭載で、パソコンの起動も速く、Web閲覧なども高速です。

セキュリティ

本機種にはTPMという独立して機能するチップが搭載しており、パスワードなどの重要情報を格納できます。

また、インテルモデルを選んだ場合は顔認証にも対応しているので、パスワードの流出もないし、サインインも一瞬ですね。

ミーティング機能

スピーカーから聞こえる範囲を調整できる「ミーティング機能」では、パーソナルモード(PC正面以外は聞こえにくくする機能)やマルチユーザーモード(聞こえる範囲を広げる機能)があるので、一人で使っているときも、グループで使っているときも聞き取りやすいです。

また、周囲の雑音を抑える「ノイズプロセッサー」や、エコーを抑える「ルームエコー抑制」などがあります。

WiFi6

次世代通信規格のWiFi6に対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、カフェなどの混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

バッテリー駆動時間

Core i5モデルは最大12.3時間で、その他のモデルは最大12時間のバッテリー駆動時間になります。持ち運びが多い人でも、バッテリーを気にせずに外出できると思います。

また、充電時間は短く、約2.5時間で満タンになります。

インターフェイス

NEC Lavie N14 2021年春モデルの右側面インターフェイス

右側面インターフェイスにはUSB-C 3.1、USB-A 3.0が2つ、HDMI、RJ45があります。USB-Cには映像出力機能などはありません。

NEC Lavie N14 2021年春モデルの左側面インターフェイス

左側面インターフェイスは電源コネクタ、SDカードスロット、そしてヘッドフォン・、マイクジャックがあります。

14型で有線接続ができるので、嬉しいですね。

サポート・保証

標準保証で1年間の引き取り修理が付いており、NEC指定業者が指定住所に引き取りに来てリペアセンターに配送し、修理後に返送するサービスです。送料等は無料で、最短で1日で修理が完了します。(ただし配送期間があるので、手元に戻ってくるには最短数日かかります)

最長5年まで延長できるので、安心ですね。

また、アクシデントダメージプロテクションという「水濡れ・火災・水害・落下など」の通常保証には含まれない保証もある「あんしん保障サービスパック」という上位保証もあります。

サポートは24時間365日対応のチャットサポートや、使い方相談・故障診断・修理受付の電話サポートがあります。受付時間は朝9時から夜7時までになっています。

まとめ

2021年の春モデルと最新モデルですが、中身は価格を考えると、ちょっと控えめな性能と機能になっていますね。

それでも、日本生産の高品質で安心して使えるブランドなので人気も高いです。

公式サイト