ブログ

SEOに強く表示速度が速いwordpressのテーマ・THE THOR(トール)のレビュー

SEOに強く表示速度が速いwordpressのテーマ・THE THOR(トール)のレビュー

最近新しいブログを始めたのですが、今使っているJINの表示速度などに不満がずっとあったのでTHE THOR(トール)を新たに購入して導入しました。

すっごく表示速度が速く、SEO対策もばっちりで新しいドメインなのに結構上位表示され始めているんです。

JINよりも詳細設定が出来るし、何と言ってもAMP表示やPWAにも1クリックで対応できるので、今後の事を考えたらTHE THOR(トール)を使ったほうがいいなって思います。

テーマ買い替えを考えている人は、是非参考にしてください。

注)たまたまこのブログにJINを使っているのでJINと比べていますが、JINも良いテーマですので!

THE THOR(トール)の特徴

SEO対策
表示速度
デザイン性
AMP 対応
PWA 対応
複数サイト利用 可能
レスポンシブ
ライセンス 買い切り(1度買えばずっと使える)
注意点 初心者は用語を調べたりするので、最初の設定に時間がかかるかも
サポート 無料・無期限・無制限のアフターフォロー
運営 フィット株式会社
値段 1万4800円・2万7400円(セットプラン)

株式会社が運営しているという点で、良いサービスが期待できますね。個人でやっている人よりも、人もお金もあるのでアップデート具合も速いし、アフターフォローもばっちりですし。

テーマを一度購入すれば、自分が運営するものであればいくつのサイトにテーマを使っていいので、今後ブログが増えた時に役に立ちますね。

それでは下記にて、詳しく紹介していきます。

THE THOR(トール)公式を見る

トールは表示速度が速い

まずは何と言っても高速化の内部施策がしてあるので、テーマ購入後にいろいろとプラグインを入れなくてもOKなんです。

まずはPageSpeed Insightで今このサイトで使っているJINと、新しいサイトのトールを調べたスコアです。

wordpressテーマTHE THOR(トール)の速度結果

次はGtmetrixでの結果です。

wordpressテーマTHE THOR(トール)のレビュー・表示速度とSEO対策がしっかりしている

赤で囲ったリクエスト回数も少ないし、表示速度が全然違いますね。

ちなみにJINは、高速化プラグインやキャッシュ系も入れて、かなり高速化の対策を個人的にしているのですが、トールは何も入れていません。

THE THOR(トール)はプラグイン無しで高速化

JINは11個ほどプラグインを入れていますが、トールはクラシックエディターとEwww Image Optimizerの2つです。

なので高速化の為にプラグインをいろいろ試したりしなくていいので、記事を書くのに専念できますよ。

内部SEO対策がすごい

続いてSEO対策なのですが、こちらもGtmetrixのスコアでトールはほぼ全てA(最高)です。

THE THOR(トール)のSEO対策がすごい

こう言ったところは知識があればカスタマイズできますが、一般の人には難しいですよね。

なので、テーマの方で対策を練ってあるものは助かりますね。

初心者だとどのプラグインを入れたらいいかや、設定方法が分からないので調べたりする時間がかかりますが、これだと本当に簡単ですよ。

デザイン性

THE THOR(トール)のレビュー・デザイン性が優れている

2020年4月現在、9つのスタイルが用意されています。

ダウンロードして、カスタマイザーからアップロードしたらすぐにお気に入りのサイトが作れます。

色の変更など自分好みにするために設定を変えないといけませんが、細かく設定できるので自分好みのサイトにできます。

AMP対応

AMPとはAccelerated Mobile Pagesの略で、モバイル端末用の高速表示が可能なHTMLページの事です。

時々スマホ見てて、ある記事をクリックしたら一瞬で表示されたことが無いですか?

あれです、あれ。

仕組みは、AMP化されたページはグーグルのCDNなどにキャッシュ(記録)されるので、本来ページがあるウェブサイトを読み込まずに、すでにキャッシュされたものを表示するので、高速表示が出来るんです。

AMPはグーグルが推奨しているので、遅かれ早かれ導入しないとモバイルでの検索が伸びなくなりますよね。

設定は比較的簡単にできますが、調べながらやった方がいいですね。

THE THOR(トール)のレビュー・AMP化が簡単

PWA

PWAとはあまり聞き慣れないかもしれませんが、Progressive Web Appsの略で、簡単に言うとモバイルなどでアプリとして使えるものです。

読者に「ホーム画面に追加」を押してもらえば、スマホなどの画面に自分のブログのアイコンと名前が表示され、他のアプリとなんら遜色がない見栄えになります。

これもワンクリックで設定でき、あとはアイコン用の画像を3つアップロードするだけです。

AMP同様に、Googleが提唱して普及に力を入れているので、4~5年後には当たり前になっているかもしれませんね。

分析機能

「見える化システム」というものがあり、記事ごとの以下の情報などが見れます。

  • 総合PV数
  • 平均閲覧数
  • タイトル文字数
  • 本文文字数
  • タイトル内のキーワード数
  • 本文内のキーワード数
  • 内部リンク数
  • 外部リンク数

これが標準装備でチェックできるので、SEO対策がしやすいです。

広告の設定

広告の設定はすごく簡単で、ワンクリックで表示位置を変えることが出来ます。

アドセンスをメインにやっている人なら、広告の位置変えを頻繁にすると思いますが、トールだと標準機能で位置をカスタマイズできるので、すっごく助かります。

THE THOR(トール)のレビュー・アドセンス広告の貼り方

アドセンスで収益を上げていると広告の位置は敏感になるので、嬉しい機能ですね。

サポート

これは初心者じゃなくても嬉しい特典なのですが、無期限・無制限のサポートが付いています。

まずはテーマインストール時の「安心メールサポート」では、テーマのインストールが無事完了するまでサポートしてくれ、その後はマニュアルや会員フォーラムで質問などが出来ます。

どこかの有料テーマのフォーラムみたいに、無責任に返信を止めたりはないので助かりますね。(どことは言いませんが・・・)

値段

THE THOR(トール)価格

値段が2種類あるのですが、簡単に言うと自分で全部設定をするものと、サーバーやドメインも一緒に設定してくれるものがあります。

1万4800円の方は、自分でドメインやサーバーの設定もしなくちゃいけませんが(しなくちゃいけないというか、これは当たり前なのでみんなやっている事ですが・・・)、楽々サーバーセットプランは、色々とやってくれるし、特典も付いています。

  1. サーバー1年間レンタル料金(通常月額1500円・2年目以降1万7400円のサーバー代)
  2. サーバーの設定・管理
  3. ドメインの取得・設定
  4. wordpressのインストール
  5. テーマのインストール

上記の特典が付いているので、もしもはてなブログなどの自分のサーバーを使っていないブログから引っ越しする人や、初めてブログを使う人は簡単にスタートできます。

最後に

THE THOR(トール)は本当に最速で、SEO対策もばっちりなのでPVアップも見込めますね。

「ブログが遅いな~」、「かっこ悪いな~」などの不満がある方は、トールに変えるといろんな事が出来るし、表示速度が速いので読者の離脱率も下がりますよ。

THE THOR(トール)公式