最強最速サーバーConoHa WINGの登録方法を画像付きで紹介

先日はてなブログからwordpressに引っ越ししたのですが、その時にサーバーの事を調べていたらエックスサーバーが多かったので、何も考えずにそれを選びました。

ここ最近はブログの高速化にも取り組んでいるのでいて、めちゃくちゃ早いサイトがあったので、ツイッター経由から「高速化のやり方」を聞いたら、ConoHa WINGというサーバーをすすめられました。

そう言えば、以前コンサルを受けていた時もConoHa WINGをすすめられましたね~。

その時はエックスサーバーに登録したばかりだったので聞き流していましたが、ブログ高速化をするならサーバー選びはかなり重要ってことに気が付きました。

ConoHa WINGとは?

ConoHa WING 特徴

ConoHa WINGは国内最速・爆速をうたっているサーバーで、国内レンタルサーバーサービスの処理速度ランキングで、2位より約2倍速いスピードを出しています。

国内最速と言っているだけあって、本当に速いんです。

他にも特徴として、

  • 高性能サーバー・ストレージは全てSSD RAID10(SSDなので速い!)
  • 独自に高速化のチューニングがしてあるため、HTTP/2に対応
  • PHP7に対応
  • 高速安定でアクセスが集中しても安定(nginxを使っており、主流であるapacheより処理能力が高い)
  • WordPressに最適なレンタルサーバー
  • WordPress簡単インストール機能で、1クリックでインストール
  • 他社サーバーから移動する場合も、基本情報を入力後1クリックでOK
  • データを無料で自動バックアップ・復元できる

私が思う一番の特徴は、最低利用期間が無いので、使った分だけの料金を払えばいい、ということです。

例えば1ヶ月と3日プラス2時間5分契約していたら、その分だけ払えばOKです。他のサーバーのように1年契約や半年契約などで縛られることはありません

品質に自信があるから、こんなことができるんでしょうね。

サーバー初心者にはうれしい簡単機能付きなので、知識はほぼいらないですし、上級者にも合いますね。

ConoHa WING公式ページ

ConoHa WING登録方法

登録は簡単なので一緒にやっていきましょう。

ConoHa WING

 まずは上のリンクからトップページに行き、右上の「お申込み」をクリック。

サーバーConoHa wing登録方法

 次に初めてご利用の方にメルアドの登録をし、「次にをクリック」

サーバーConoHa wing登録方法

今はSNSアカウントなどでもログインできますが、ブログ用のメルアドを持っていると思うので、そちらを使った方がいいですね。

 次にプランを選びます。ほとんどの人は、ベーシックプランで全然大丈夫です。SSD250GBあるのですが、10個ブログ運営をしても満タンになる事はないですね。

  • Wing Pack・・・前払い(独自ドメイン無料キャンペーンもやってます)
  • 通常料金・・・後払い(使った日数分だけ請求)

サーバーConoHa wing登録方法

無料でもらえる独自ドメインは、あとで設定できます。

Wing Packは、期間によって料金が変わります。

  • 3ヶ月コース・1100円/月
  • 6ヶ月コース・1000円/月
  • 12ヶ月コース・900円/月
  • 24ヶ月コース・850円/月
  • 36ヶ月コース・800円/月

12ヶ月コースくらいが丁度いいと思います。頻繁に支払うのも面倒だし、料金も安めなので。

通常独自ドメインを使うので、初期ドメインはブログ名など何を設定しても大丈夫です。私は、wordpressのテーマを変えたりする時に練習で使うくらいですね。

サーバー名も同じく、なんでもOKです。人に見られるものじゃないので。

サーバーConoHa wing登録方法

 下記の画像のように、名前などの必要事項を入れていきます。

ConoHa WING 登録方法

パスワードはConoHa WINGのコントロールパネルのログイン時にも必要なので、忘れないように!

 SMS認証なので電話番号を入力し、SMS認証(ショートメッセージ)か電話認証(音声ガイダンス)を選びます。

ConoHa WING 登録方法

認証ボタンを押すと「認証コード入力画面」が出てくるので、コードを入れて送信を押します。

 支払方法を選ぶ。クレカがあればそれが一番です。

ConoHa WING 登録方法

サーバーConoHa wing登録方法

クレカ情報を入力したら、完了です。

ConoHa wingからメールが届くので、チェックしておきましょう。

注)支払い後に無料でもらえる独自ドメインの設定が出来るので、今すぐ必要な人はそのまま登録しましょう。

↓こんなポップアップが出てきます。登録はいつでも可能なのですでにドメインがある人は後で設定してもOKです。

サーバーConoHa wing登録方法・無料独自ドメインがもらえる

独自ドメインの設定方法

それでは次に、独自ドメインの設定をやっていきましょう。

コントロールパネルにログインし、ページ上部にある「WING」をクリックします。

ConoHa wingで独自ドメインを設定する方法

次に「サーバー管理」→「ドメイン」をクリック

ConoHa wingで独自ドメインを設定する方法

次に+ドメインをクリック

ConoHa wingで独自ドメインを設定する方法

「新規ドメインを追加」を選んで、ドメインをコピペし、無料SSLを「利用する」を選択し保存して完了です。

ConoHa wingで独自ドメインを設定する方法

無料独自SSLの取得が失敗と赤のポップアップがでるかもしれませんが、次の項目で対処するので気にしなくてOKです

独自ドメインのネームサーバーをConoha wingのものにする

さて、今コノハウィングに登録したドメインは、初期のネームサーバーになっているので、これをConoha wingのものに設定します。

私はお名前ドットコムを使っているので、そちらで紹介します。

1 お名前ドットコムNaviにログインをし、一番下までスクロールダウンして「ドメイン一覧」をクリックします。

お名前ドットコムの独自ドメインのネームサーバーをConoha wingに変える方法

 更新のポップアップがいつも出てくるのがウザいですね。「更新画面から移動する」をクリック

お名前ドットコムの独自ドメインのネームサーバーをConoha wingに変える方法

 次ページの右側に「ドメイン機能一覧」とあるのでこれをクリック

お名前ドットコムの独自ドメインのネームサーバーをConoha wingに変える方法

4 「ネームサーバーの変更」をクリック

お名前ドットコムの独自ドメインのネームサーバーをConoha wingに変える方法

最後 コノハウィングで使うドメインを選び、ネームサーバーの選択→「その他」にして、以下の3つのネームサーバーを入れます。

  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io
  • ns-a3.conoha.io

お名前ドットコムの独自ドメインのネームサーバーをConoha wingに変える方法最後に確認画面に行き、設定をクリックしたら完了です。

WordPressインストール方法

設定は5分でできるので、一緒にやっていきましょう。

1 コントロールパネル右上のWINGをクリック

ConoHa WING Wordpressインストール方法

2 サイト管理をクリックし、「サイト設定」をクリック

ConoHa WING Wordpressインストール方法

4 アプリケーションインストールをクリック

ConoHa WING Wordpressインストール方法

5 +アプリケーションをクリック

ConoHa WING Wordpressインストール方法

6 「Wordpress」「新規インストール」を選択し、残りの項目を記入していきます。

  • URL・・・www有り無しはどちらでもOK。最近はない物が多いです
  • サイト名・・・ブログのサイト名
  • メールアドレス
  • ユーザー名・・・wordpressにログインする時の名前です。私は自分の名前+サイト名にしてます。後々サイトが増えると混乱するので、これが一番。例)yutasekai
  • パスワード・・・wordpressにログインする時のパスワードを設定
  • データベース名・・・なんでもOK
  • ユーザー名・・・本名じゃない推測されにくい物
  • パスワード・・・推測されにくい物

ConoHa WING Wordpressインストール方法

注)コントロールパネルプラグインや自動キャッシュクリアプラグインと出たら、一応「インストールする」にチェックを入れて下さい。いらなかったら後から消せます。

これで終了です。

独自SSL取得失敗した人は、少し時間をおいてから以下の手順でもう一度試してみて下さい。

  1. コントロールパネルにログイン
  2. WINGをクリック
  3. サイト管理
  4. サイトセキュリティ
  5. 無料独自SSLをクリック
  6. ONにする

最後に

これで完了です。

ブログを移行する人は大変ですが、頑張ってください!

まだテーマを購入していない場合は、「使ったからおすすめするwordpress有料テーマ8選」を参考にどうぞ。