FrontierのゲーミングPC全機種のレビュー

FrontierはMade in Japanにこだわりを持つBTO(Build to Order/受注生産)で、山口県柳井市にある工場でパソコンを製造しています。

電源のコンデンサーなどの重要パーツも日本製の部品が使われているほど、日本クオリティにこだわった会社です。

だからと言って価格が高いわけじゃなく、その他のBTOと同じか、むしろセール中などは激安なんです。

カスタマーサポートも充実しており、評判もいいですよね。ヤマダ電機の子会社であるバースネットが運営しているので、企業形態もしっかりしたものになっています。

元々は、Windows 95が販売される前から国内生産のパソコンを作っていたので、歴史も長いです。

そんなFrontierのデスクトップゲーミングPCの全機種の、レビューを紹介します。

FrontierのゲーミングPCの種類

FrontierのゲーミングPCの種類

フロンティアのゲーミングデスクトップにはGB、GH、GA、GKの4種類があり、サイズが変わり、サイドパネルが透明のものも有ります。

GBシリーズの方がGAよりも性能が高そうに見えますが、基本的にカスタマイズからスペックは変えることが出来るので、同じスペックにできます。

何が違うのかと言うと、サイズが違うので拡張性やファンの数が変わってきますよね。マザボが若干違うものも有りますが、搭載できるスペックはほぼ同じなので、まぁ、形式的にGB > GH > GA, GKとなっています。

当然ですが、「筐体が大きい方がファンの数も多く、エアフロ―も良い」のでフルタワーのGBシリーズが良いですが、個人的にはミドルタワーでもそれなりにエアフロ―は良いので問題なく使えます。

全機種に共通して、CPUやメモリ、グラボ、CPUクーラーやグリスなどのカスタマイズが出来るので、拡張性は高いです。また、1年間の保証が付いています。

使用されているCPUのPassmarkスコアです。

グラフィックボードです。

Frontier GBシリーズ

フルタワーで拡張性も高く、エアフロ―にもこだわった機種で、前面大型ファンに、4基のファンが搭載されています。

また、マザーボードは性能が高いASUS製ROG STRIX Z490-F搭載です。

その他に共通している主な点は、

  • メモリ16GB(増設可能)
  • 電源 850W 80PLUS GOLD(変更可能)
  • 空冷CPUクーラー(水冷あり)
  • 光学ドライブ無し(搭載可能)
  • メディアカードリーダー無し(搭載可能)
  • Microsoft Office無し(搭載可能)
  • 無線LAN無し(USB接続外付け無線LANあり)
  • 寸法 234x533x558㎜

になります。

FRGBX570/SG7

FRGBX570/SG7人気のRyzen 5000シリーズ搭載で、グラボがちょっと極端ですが、エントリーモデルのGTX 1650か、最高峰性能のRTX 3090が選べます。RTX 3090を選んだ場合は、かなり性能が高く、執筆現在では、これ以上のグラフィック性能はありません。4K画質でのプレイも視野に入ります。ただし、RTX 3090を選ぶと+20万~25万円になるので、ちょっと高くなりますね

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 最大128GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
NVIDIA GeForce RTX 3090
ストレージ SSD 最大2TB+HDD 3基
電源 850W/1000W
価格 16万9800円~

公式サイト

FRGBX570/SG8

FRGBX570/SG8一つ前に紹介した機種とはCPUとグラボが若干違うだけで、同じ筐体、同じ仕様になります。ゲーミングPCとしてはもちろんですが、映像クリエイターや3DCADをやるような人でも十分快適に作業ができるほどの性能です。

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 最大128GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
NVIDIA GeForce RTX 3090
ストレージ SSD 最大2TB+HDD 3基
電源 850W/1000W
価格 27万9800円~

公式サイト

FRGBX570/SG6

FRGBX570/SG8一つ前に紹介した機種とはCPUとグラボが若干違うだけで、同じ筐体、同じ仕様になります。本機種ではCADや映像編集などの業務用に使用するQuadroも搭載できるので、がっつりゲームをするならGrForceを、クリエイティブワークメインならQuadroを選ぶと良いと思います。

CPU Ryzen 9 5900X
メモリ 最大128GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070/ 3090
NVIDIA Quadro RTX 4000/5000/6000
ストレージ SSD 最大2TB+HDD 3基
電源 850W/1000W
価格 33万9800円~

公式サイト

FRGBZ490/SG1

FRGBZ490/SG1

エントリークラスのGTX 1660 Super搭載の本機種は、コスパが悪いです!(笑)
初っ端から申し訳ないですが、このグラボでこの価格は高いですね。電源は850Wと大きいに越したことは無いのですが、この機種だと電源供給が40%ほどで賄えるので、850Wは大き過ぎですね。
GTX 1660 Superを選ぶなら、下で紹介しているGKシリーズが11万9800円なのでおすすめです

CPU Intel core i7-10700
メモリ 16GB(最大128GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 Super
ストレージ SSD 500GB+HDD 1TB
価格

公式ページ

FRGBZ490/SG2

FRGBZ490 SG2

RTX 2060 Super搭載モデルで、性能は高いです!しかも8コア16スレッドのCore i7-10700K搭載なので、かなり性能が高いです。ストレージも豊富だし、メモリも16GBなので、カスタマイズせずにこのままのスペックでも十分です。

CPU Intel core i7-10700K
メモリ 16GB(最大128GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2060 Super
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
価格

公式ページ

FRGBZ490/SG3

FRGBZ490/SG3

RTX 2070 Super+Core i9-10900Kの最高峰コンビネーションのスペックです。FHDであれば多くのタイトルも快適にできるほど性能が高いですね。
メモリも2933MHzで動作するし、ストレージも大きいので言う事ありません。

CPU Core i9-10900K
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070 Super
ストレージ SSD 500GB+HDD 2TB
価格

公式ページ

FRGBZ490/L

FRGBZ490/L

本機種はプロゲーミングチーム「よしもとLibalent」推奨モデルで、水冷クーラーになります。
空冷よりもメンテナンスはちょっと面倒ですが、システム温度の上昇が抑えやすいので、長時間ゲームをする人に向けのモデルです。

CPU Core i7-10700F
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070 Super
ストレージ SSD 500GB+HDD 2TB
価格

公式ページ

Frontier GHシリーズ

GHシリーズの筐体は、LEDライトニングが使えるミドルタワーになります。やっぱりゲーミングPCは光った方がいいですよね。

筐体のサイズは幅210㎜x高さ453㎜、奥行き465㎜になります。フルタワーより一回り小さいですが、拡張性も高く、足元にスペースが無い場合、机上に置いても圧迫感は若干少ないですね。

GHシリーズもマザーボードは、性能が高いASUS製ROG STRIX Z490-F搭載です。

その他に共通している主な点は、

  • メモリ16GB(増設可能)
  • 電源 850W 80PLUS GOLD(変更可能)
  • 空冷CPUクーラー
  • 光学ドライブ無し(搭載可能)
  • メディアカードリーダー無し(搭載可能)
  • Microsoft Office無し(搭載可能)
  • 無線LAN無し(USB接続外付け無線LANあり)
  • 寸法 210x453x465㎜

になります。

FRGHZ490/SG1

FRGHZ490/SG1

CPUはゲーミングPCでは下位クラスのCore i5-10400で、6コア12スレッドになります。一般的に見たらかなり性能は高いのですが、ゲーミングにしてはそこそこの性能です。とは言っても、カスタマイズからCore i7やCore i9が選べるので、より高性能にしたい場合は、クリック一つで出来ます。
コスパ的には良くも悪くもない中間的なものになります。

CPU Core i5-10400
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1660 Super
ストレージ SSD 500GB+HDD 2TB
価格 税込)14万6080円

公式ページ

FRGHZ490/SG2

FRGHZ490/SG2

Core i7にRTX 2060 Superと言う構成で、一番購入者が多い中の上スペックです。ライトニングや拡張性、値段を考えても悪くないと思います。

CPU Core i7-10700
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2060 Super
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
価格 税込)19万4480円

公式ページ

FRGHZ490/SG3

FRGHZ490/SG3

より快適にゲームをすることを求めるなら、こちらがおすすめです。Core i7-10700K搭載、RTX 2070 Superになります。
20万円とちょっと高いですが、性能や質も高いです。

CPU Core i7-10700K
メモリ 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070 Super
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
価格 税込)21万5380円

公式ページ

Frontier GAシリーズ

拡張性やコスパを考えると、一番おすすめのシリーズです。

GHシリーズよりも若干小さいですが、自分で後々がっつりカスタマイズしていじらないのであれば、このくらいの筐体で十分だと思います。

共通している主な点は、以下になります。

  • 電源 850W 80PLUS GOLD(変更可能)
  • マザボ ASUS製ROG STRIX Z490-F
  • 空冷CPUクーラー
  • 光学ドライブ無し(搭載可能)
  • メディアカードリーダー無し(搭載可能)
  • Microsoft Office無し(搭載可能)
  • 無線LAN無し(USB接続外付け無線LANあり)
  • 寸法 幅200x高さ423x奥行485㎜

FRGAH570F/SG1

FRGAH570F/SG1

メモリスロットも多く、拡張性も高めですが、本機種はGTX 1650搭載で約13.5万円と、若干高いです。ただし、電源も大きいので、ゆくゆく大きめのグラボに乗せ換えるかもと言う人には合うと思います。

CPU Core i7-10700F
メモリ 最大128GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
ストレージ SSD 500GB+HDD 2TB
価格 13万4800円

公式サイト

FRGAB550F/SG4/NTK

FRGAB450F/SG3/NTK本機種のみ最大メモリ容量が64GBですが、おなじくメモリスロットは4つあります。Ryzen 5000シリーズ搭載で、RTX 3070、そして価格も約24万円と悪くない価格です。ここ最近はゲーミングPCでもRyzenを好んで使う人も多いし、性能も高いので人気があります。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800X
メモリ 64GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
価格 23万9800円

公式サイト

FRGAH570F/SG2

FRGAH570F/SG2

上で紹介した機種のCPUがIntel版になります。Ryzenはいろんなソフトとの互換性も良くなっていますが、使いたいソフトの推奨スペックにIntelとなっている場合は、こちらがおすすめです。ゲームではほとんどないですが、編集ソフトやDTM・DAWなんかではIntelを推奨している場合があるので、その場合は本機種が選択肢になります。

CPU Intel core i9-10900F
メモリ 最大128GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
価格 24万9800円

公式サイト

Frontier GKシリーズ

筐体が一番小さいですが、一番コスパが高いシリーズになります。外観はシンプルですが、左側面が透明の強化ガラスになっており内部が見える仕組みになっています。

また、サイドパネルはワンタッチプッシュボタンで開けることが出来るので、メンテナンスやカスタマイズの際も簡単に内部にアクセスできます。

330㎜までのグラフィックボードが搭載可能なので、RTX 2080 Tiも搭載できるほどです。

マザーボードが今までの機種と変わっており、Intel B460になります。例えば、オーバークロックに対応していない、USB 3.2 Gen 2(Gen 1には対応)に対応していないなどの細かい違いはありますが、特別使いにくいわけじゃないのでご心配なく。

シリーズの共通点はこちらになります。

  • マザボ Intel B460
  • 空冷CPUクーラー
  • 光学ドライブ無し(搭載可能)
  • メディアカードリーダー無し(搭載可能)
  • Microsoft Office無し(搭載可能)
  • 無線LAN無し(USB接続外付け無線LANあり)
  • 寸法 幅209x高さ381x奥行391㎜

追記)Core i9モデルが登場しました!!

FRGKB460/SG3 ・・・Core i9-10900F+RTX 3070(税込 21万9800円)

FRGKB460/SG1

FRGKB460/SG1

GTX 1660 Super+Core i7-10700F搭載で、11万9800円はなかなかのコスパですね。筐体もかっこいいので、より「ゲーミングPC」っぽくなっています。
価格・性能などを見ると他の機種よりも断然お買い得になっています。

CPU Intel core i7 10700F
メモリ 16GB
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1660 Super
ストレージ SSD 500GB+HDD 1TB
電源 600W(Bronze)
価格 13万3800円

公式ページ

FRGKB460/SG2

FRGKB460/SG2

本機種も同様に、コスパが高いです。RTX 2070 Super+Core i7-10700搭載で16万円台は、なかなかお目にかかれません。
ヘビーユーザーにおすすめの一品です。快適にゲームも編集もできます。

CPU Intel core i7-10700
メモリ 16GB
ストレージ SSD 1TB+HDD 2TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
電源 850W(GOLD)
価格 20万3800円

公式ページ

まとめ

Frontierでは筐体で分けているだけで、実質4機種って感じですよね。スペック自体はどのシリーズを選んでも同じスペックにできるので、最終的にはどれだけの拡張性が欲しいか、どれだけのエアフロ―が欲しいかによって、どのシリーズを選ぶかになります。

Frontierでは時々セールをやっていて、結構な割引がしてある機種もあるので、セール情報もチェックしてみて下さい。

Frontierセール情報