ツクモゲーミングPC G-Gear全機種のレビューとおすすめデスクトップを紹介

ツクモのG-Gearはゲーマーには有名ですよね。一般的には他のBTOより知名度が低い気もしますが、創業はなんと1947年です!当然この時期にはパソコン販売じゃなく、無線機器を販売していました。その後、1977年にApple Ⅱの販売を始めた老舗になります。

2009年にヤマダ電機の子会社になりましたが、変わらずツクモらしいパソコンの販売をしています。

サポートの評判もよく、平日11時~19時、土日祝日も10時半~18時半まで電話サポートをしています。何かあったときにすぐに電話できるので、嬉しいですよね。

またBTOパソコンはどの型番のパーツを使っているか分からないことがほとんどですが、ツクモではマザーボードやストレージ、電源などの型番が分かるので、こだわりがある上級者にも購入しやすいパソコンを販売しています。

しかも品ぞろえが豊富なんです!こんなにあるの?ってくらい多いのはメリットの反面、パソコンに詳しくないと、どれを選んでいいか分からなくなることもあります。

今回は全機種の特徴とレビュー、そしておすすめパソコンを紹介するので、参考にどうぞ。

ツクモ ゲーミングPCの種類

ツクモ G-Gearの種類

ツクモのゲーミングデスクトップには3種類あり、それぞれ筐体のサイズが違います。

寸法(幅・奥行・高さ) 重さ ファン 性能
G-Gear mini 183x390x300㎜ 約7㎏前後 リアx1(90㎜)
G-Gear 190x475x435㎜ 約12㎏前後 リアx1(120㎜)
フロントx1
G-Gear neo 235x512x548㎜ 約19㎏前後 リアx1(140㎜)
フロントx2
最高

筐体のサイズが大きい程、拡張性が高く、エアフロ―も良く、より大きなグラボ、大きな電源も付けることが出来るので性能が高くなります。

自分でカスタマイズしたり、内部をいじりたい人はG-GearかG-Gear neoを選びますが、ただ単にゲームをしたいというのであれば、好みの性能のみで選んでいいと思います。

ただし小さな筐体であるminiでも、2.5インチベイが3つあります。ここ最近はSSDを2つ3つ搭載する人も多いので、助かりますね。

カスタマイズ

ツクモ G-Gearのカスタマイズ

ツクモでは他のBTO同様、カスタマイズ性は高いです。機種によってはCPUもグラボも、ファンもストレージも・・・と多くのパーツを追加・アップデートできるので、クリック一つで自分好みのスペックに変えることが出来ます。

グラフィックボード

グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTXシリーズは「レイトレ無し」ですが、RTXシリーズはレイトレありです。

リアルタイム レイトレーシングと、DLSSも対応です。リアルタイム レイトレーシングとは、光の反射などの動きをシュミレートして、リアルタイムで描写する技術です。

例えば、GTXシリーズではガラスに何も映っていないのに、RTXでは敵がガラスに映っていたり、光の反射がリアルに表現されるので、より現実世界に近づいたグラフィックスになります。

レイトレOFFの画像<レイトレーシングOFF> レイトレONの画像<レイトレーシングON>

水たまりに反射する光や背景は、レイトレーシングをONにすると鮮明に、よりリアルに表現されます。

ちなみにAMD Radeonグラフィックボードは、RX 6000シリーズはレイトレ対応ですが、その他は非対応です。

G-Gear miniのレビュー

G-Gear mini

名称がちょっとややこしく、CPUが違うと機種名が変わるのですが、同じ筐体で同じ仕様になっているので、ほとんど同じ機種だと思ってもらって大丈夫です。1点だけ注意点で、有線LAN接続(RJ45)の速度が、Ryzen プロセッサー搭載だと最大2.5Gbpsですが、インテルモデルは1Gbpsになっています。

こちらはCPUの性能を表すPassmarkスコアです。ゲーミングPCなので最低1万以上を目安にしてください。

グラフィックボードは種類が多く、エントリークラスからハイエンドモデルまであるので、自分に合ったものを選びやすいです。

GI5A-A204/T

G-GEAR mini GI5A-A204/TCPUに2世代のRyzen 3000シリーズ搭載で、グラフィックボードは最大でRTX 3070も搭載できる「ミドルハイクラス」の機種です。何といっても価格が安いので、カジュアルゲーマーにもお勧めできるし 、グラボの性能を上げればガチゲーマーでも十分に使える機種です。

CPU Ryzen 5 3600/3600XT
Ryzen 7 3700X
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 1基
グラフィックス GTX 1650/1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070
Radeon RX 5500XT/5600XT
電源 500W(Silver), 750W(GOLD)
価格 11万4800円~

公式サイト

GI5A-B204/T

G-GEAR mini GI5A-B204/TCPUには超人気のRyzen 5000シリーズ・Ryzen 5 5600Xが搭載です。性能がかなり高いので、RTX 3070を選んでもボトルネックも起こらずに快適に使えます。

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 1基
グラフィックス GTX 1650/1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070
Radeon RX 5500XT/5600XT
電源 500W(Silver), 750W(GOLD)
価格 17万7800円~

公式サイト

GI7A-C204/T

G-GEAR mini GI7A-C204/TG-Gear miniで最高性能で、メモリも最大64GB搭載可能となっています。miniでは比較的高い価格ですが、このスペックを見るとコスパは高いですね。また、2.5GBASE-T(2.5G/1G/100Mbps対応)なので、有線での通信もかなり速くなっています。

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 1基
グラフィックス GTX 1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070
Radeon RX 5500XT/5600XT
電源 500W(Silver), 650W(Bronze), 750W(GOLD)
価格 24万2800円~

公式サイト

その他の機種

基本的にCPUが違うだけで同じ筐体・同じ仕様なので、他の機種は一覧で紹介します。

メモリとGPUは最大値で、価格は最低価格、電源は500Wもしくは750Wになります。

スペック 価格
GI3A-A201/T Ryzen 3 Pro 4350G
メモリ32GB
RTX 3060/RX 5600XT
8万9800円~
GI5A-B201/T Ryzen 5 Pro 4650G
メモリ32GB
RTX 3060/RX 5600XT
9万9800円~
GI7A-C201/T Ryzen 7 Pro 4750G
メモリ32GB
RTX 3060/RX 5600XT
11万4800円~
GI3J-A201/T Core i3-10110
メモリ32GB
GTX 1660Ti
8万9800円~
GI5J-B201/T Core i5-10400/10400F
メモリ32GB
RTX 3070
13万7800円~
GI7J-C210/T Core i7-10700/10700F
メモリ32GB
RTX 3070
17万4800円~

 

公式ページ

G-Gearのレビュー

ツクモ G-Gearのレビュー

G-Gearはミドルタワーで拡張性も高く、エアフロ―もよい機種になります。先ほどのminiと違って、販売されたばかりのRTX 3080やRTX 2080/2080Tiも搭載できます。

本機種に搭載できるCPUとグラボの性能は、この様になります。

通常スコアが2万超えたら「かなり」性能が高いのですが、Ryzenは3つを除いてすべて超高性能ですね。

種類が多いので、どのCPUを選べばいいか迷うと思います。ただし、Ryzen 3 3100とCore i5-10400以外はかなり性能が高いので、あまり気にすることもないと思いますが、資金に余裕があればより性能が高いものにしたらいいと思います。

やはり、RTX 3080は別次元の性能ですね。スコア4万越えです!しかも、RTX 3080搭載モデルの最安値は、19万9800円です!!かなり安いですね。RTX 2080でも出来ない事はほとんどなかったですが、RTX 3080になると2K(WQHD)や4K(UHD)でのプレイも視野に入ります。

ついに高画質で、高いフレームレートでゲームをする時代がやってきましたね。

筐体はminiより大きい分、フロントとリアにファンが1つづつ付いているので、エアフロ―もより良くなっています。また、光学ドライブの搭載も可能です。

G-Gear GA5J-D211/T

G-Gear GA5J-D211/T最大10Gbpsの通信速度を持ち、11世代CPUのCore i5が搭載です。電源は小さめの500Wからありますが、最大750Wまで搭載できるので、比較的良いパフォーマンスを発揮できると思います。

CPU Core i5-11400/11400F
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット H570
グラフィックス GTX 1650/1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070/3080
電源 500W(Silver), 650W(Bronze), 750W(GOLD)
RJ45 10G/5G/2.5G/1G/100Mbps
価格 12万4980円~

公式サイト

GA7J-F211/T

G-Gear GA7J-F211/T最新世代のCore i7かCore i9が搭載でき、性能がより高い「末尾がK」モデルもあります。電源も最大で1250W搭載でき、メモリも128GBと大きく、ゲーム向けだけじゃなく、映像クリエイターやCADなどのクリエイティブワークにも合う機種です。RTX 3090があっても良かったと思うのですが、おそらくグラボの供給が安定してきたら追加されると思います。まぁ、それでもRTX 3080が搭載できるので文句なしの機種です!

CPU Core i7-11700/11700K
Core i9-11900K/11900KF
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット H570
グラフィックス GTX 1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070/3080
電源 最大1250W
RJ45 10G/5G/2.5G/1G/100Mbps
価格 15万5600円~

公式サイト

GA7J-H211/ZT

G-Gear GA7J-H211/ZT一つ前に紹介した機種とほぼ同じですが、チップセットがより性能が高いZ590で、Core i9は選べず、代わりにCore i5が搭載可能です。こちらも11世代CPUで性能が高く、おすすめです!

CPU Core i5-11400/11400F
Core i7-11700/11700K
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット Z590
グラフィックス GTX 1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070/3080
電源 最大1250W
RJ45 10G/5G/2.5G/1G/100Mbps
価格 19万600円~

公式サイト

GA9J-J211/ZT

G-Gear GA9J-J211/ZTG-Gearシリーズ最高峰のスペックです。ガチでやる人向けで、クリエイターにも使いやすいPCです。

CPU Core i9-11900K/11900KF
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット Z590
グラフィックス GTX 1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070/3080
電源 最大1250W
RJ45 10G/5G/2.5G/1G/100Mbps
価格 29万9800円~

公式サイト

GA5A-F210/T

G-Gear GA5A-F210/TRyzen 5000シリーズ搭載モデルで性能は高いですが、有線接続の最大通信速度が1000Mbpsと、インテルモデルの10分の一になっています。

CPU Ryzen 5 5600X
Ryzen 7 5800X
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット B550
グラフィックス GTX 1660 Super/1660 Ti
RTX 3060/3070/3080
電源 最大1250W
RJ45 1000/100/10Mbps
価格 17万9800円~

公式サイト

チップセットがX570のモデルはこちらになります。

公式サイト

GA5A-V210/T2

G-Gear GA5A-V210/T2レイトレ対応のAMD Radeonグラフィックボード搭載で、比較的低価格に設定されています。Radeonもようやくレイトレに対応したモデルがあるので、NVIDIAといい勝負になりますね。

CPU Ryzen 5 5600X
Ryzen 7 5800X
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット B550
グラフィックス Radeon RX 6700 XT/6800/6900 XT
電源 最大1250W
RJ45 1000/100/10Mbps
価格 20万9800円~

公式サイト

チップセットがAMD X570搭載モデルはこちらになります。

公式サイト

旧モデル

旧機種は10世代CPU搭載かRyzen 3000シリーズ搭載になり、チップセットも旧モデルになっています。

スペック 価格
GA5J-D201/T Core i5-10400~10500
メモリ64GB
GTX 1660S~RTX 3060
10万9800円~
GA7J-F210/T Core i7-10700~i9 10900K
メモリ64GB
GTX 1660S~RTX 3080
16万9800円~
GA3A-B200/T2 Ryzen 3 3100
メモリ64GB
GTX 1660S/1660 Ti
9万5800円~
GA5A-D210/T Ryzen 5 3500~3600XT
メモリ32GB
GTX 1660S~RTX 3070
9万9800円~
GA7A-F210/T Ryzen 7 3700X
メモリ64GB
GTX 1660S~RTX 3080
16万9800円~
GA7A-H203/XT2 Ryzen 5 3600~9 3900
メモリ64GB
GTX 1660S~RTX 3080
21万9800円~
GA9A-J203/XT Ryzen 9 3900X/3950X
メモリ64GB
GTX 1660S~RTX 3080
24万9800円~
GA5A-U210/T Ryzen 5 3500~7 3700X
メモリ64GB
Radeon RX 6700XT
18万2000円~
GA7A-X210/XT Ryzen 5 3500~9 3950X
メモリ64GB
Radeon RX 6700XT
21万9800円~

G-GEAR全モデル

G-Gear neoのレビュー

ツクモ G-Gear neoのレビュー

G-Gear neoはフルタワーの筐体なのでエアフロ―も良く、拡張性も一番高いです。スペック的にはG-Gearの方がより多くのCPUを選べますが、基本的に同じ程度の性能です。

特段のこだわりが無ければneoじゃなくG-Gearが一番コスパも良く、選びやすいと思います。ただし、neoは基本構成がしっかりしているものが多いので、「コレをカスタマイズして、あれも付け加えて」など考えずに、販売されているスペックで購入しても問題ないと思います。(時々メモリが8GBなので、これは16GBに変更を推奨)

違う点は、エアフロ―とファンの数、ベイの数で、IntelモデルはマザーボードにASUS TUF GAMING Z490-PLUS搭載、AMDモデルはRTX 3090搭載モデルがあります。

全体的に高額なため、こだわりのある中・上級者向けになると思います。

それでは、CPUとグラボの性能です。

Ryzen 9 5950Xは、16コア32スレッドですよ!やばい性能ですね。まぁ、ここまでの性能が必要な人は限られてくると思いますが。ここまでくると、Ryzen Threadripper(24/32/64コアあり)とかがいいかもですね。こちらRTX 3090搭載モデルにThreadripper搭載モデルがあるので、チェックしてみて下さい。ゲームのベンチマークスコアも紹介しています。

RTX 3090は4万4710ですよ。おそろしいスコアですね。2K、4Kでゲームをプレイしたい人はRTX 3090が良いですが、標準のFHDでいい場合はRTX 3060とかでも十分ですね。

本機種は筐体も大きく、リアに1つフロントに2つのファンが付いているので、エアフロ―は抜群に良いですね。

GX9A-E204/XT

G-Gear Neo GX9A-E204/XT最高でRadeon RX 6900XT/NVIDIA GeForce RTX 3090も搭載できる本機種は、かなり、かなり、高い性能になります。チップセットもAMD X570だし、有線は最高10Gbpsだし、至れり尽くせりですね。Ryzen搭載のツクモPCでは、最高性能になります。

CPU Ryzen 9 5900X
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット AMD X570
グラフィックス Radeon RX 6900 XT
電源 最大1250W
RJ45 10GBASE-T
価格 36万9800円~

公式サイト

CPUがRyzen 5 5600Xか5800XのGX7A-B194/XTは、こちらからどうぞ。

公式サイト

CPUがRyzen 9 5900Xか3900XのGX9A-C194/XTは、こちらからどうぞ。

公式サイト

CPUがRyzen 9 3950XのGX9A-E202/XTは、こちらからどうぞ。

公式サイト

GX9J-D211/ZT

G-Gear Neo GX9J-D211/ZTインテル搭載モデルでは最高性能で、最新のCPUに最高のGPU・NVIDIA GeForce RTX 3090が搭載可能です。最近はAMDも人気ですが、やっぱりゲームと言えばIntelと言う人も多いと思うので、こちらも人気が出そうですね。

CPU Core i7-11900K/11900KF
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD 2枚+HDD 2基
チップセット Z590
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060~3090
電源 最大1250W
RJ45 10GBASE-T
価格 59万9800円~

公式サイト

CPUがCore i7-11700K/10700のGX7J-C211/ZTはこちらからどうぞ。

公式サイト

最後に

種類が多いですが、基本的にCPUが違ったり、チップセットが違うくらいで、現実的に言うと3機種になります。

大雑把に分けると、ガチにプロ並みに行くならneoがいいし、プロは目指してないけど快適にと言うならG-Gear、カジュアルゲーマーならminiと言う感じで絞って選べば決めやすいと思います。