HP 245 G9(AMD)のレビュー

低価格ビジネスモデルのHPシリーズで、標準的なスペックのモデルです。

大きな欠点もなく「普通」のノートパソコンですが、価格が6.5万円からとかなり安いです。

当サイトの評価は、こうなりました。

スペック 3.9 out of 5 stars
コスパ 4.4 out of 5 stars
総合評価 4.2 out of 5 stars

 

  HPビジネスPCは半期末セールを開催しており、最大52%の割引になっています。また、毎週金・土・日曜日は週末セールもやっているので、お見逃しなく!

特別にHPより本サイト専用の割引リンクを作っていただき、「7.7万円以上の法人向けモデル」を購入した場合は、上記割引からさらに4%OFFになります(一部非対応の機種もあります)。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

HP 245 G9(AMD)のスペック

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 256GB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
ディスプレイ(14型) FHD UWVA
OS Windows 11 Pro
LAN Wi-Fi 6、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー
WEBカメラ 720p
寸法(幅×奥行×高さ) 324 × 225.9 × 19.9㎜
重さ 1.47㎏
バッテリー 最大約11.1時間
保証 1年間
価格 6.5万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは、旧モデルに比べ最大発熱が10度も下がったRyzen 5000シリーズが搭載です。クロック数が落ちにくく、高負荷な作業が長時間しやすくなっています。

メモリは最大で8GB×2枚の16GBで、メモリスロットが2つありますが、増設などには対応していません。SSDは256GBと小さめなので、クラウドストレージなどを併用した方がよさそうです。

ディスプレイは標準的なFHDで、液晶はIPSと似たUWVA(Ultra Wide Viewing Angle)です。ただし、輝度は250ニトと低めで、オフィスで使う分には問題ないと思いますが、屋外や太陽光が当たる明るい屋内では、若干暗く感じます。

無線はWi-Fi 6に対応し、有線LANポートもあるので、通信環境は良いです。

14インチにしてはほんの少し大きめの筐体で、重さは1.47㎏と、こちらも若干重たいです。

バッテリー駆動時間が約11.1時間あるので、ちょっとした外出や社内移動でも使いやすいと思います。

 

公式サイト

 

2022年のトレンドと比較

2022年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

Ryzen 6000 DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
× × × ×
Wi-Fi 6 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
× × ×
USB4 生体認証 重量1.2㎏前後 バッテリー14時間以上
× × ×

ビジネスモデルHPシリーズは、低価格で販売されて、企業が大量購入しやすい安価な製品なので、特にトレンドは追いかけていないことが多いです。

 

 

旧モデルとの比較

HP 245 G9とHP 255 G8<左/本機種・右/HP 255 G8>

ちょっと、旧モデルが見つからなかったのですが、HP 255という15.6インチの兄弟モデルとして、新たに発売されたようです。一応、HP 255 G8との比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 HP 255 G8
CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
AMD 3020e
AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 5 5500U
メモリ 16GB 8GB(3200MHz)
ストレージ SSD 256GB SSD 256GB
ディスプレイ 14型 FHD UWVA 15.6型 FHD UWVA
無線 Wi-Fi 6 Wi-Fi 5
バッテリー 11.1時間 約10時間
価格 6.5万円~ 4.4万円~

変更点です。

・CPUが発熱が低いモデルに
・メモリ容量が倍増
・Wi-Fi 6に対応

 

プロセッサーの性能を表すCPU markスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 5 5500U  13579
Ryzen 3 5425U  10946
Athlon Silver 3050U  3198
AMD 3020e  2625

 

 

HP 245 G9(AMD)の特徴

HP 245 G9(AMD) 左斜め前から

画面占有率は78.8%で、低価格モデルなのでベゼル(画面の黒い枠)も太めですね。徹底的にコストカットを意識した外観です(スペックもですが)。

寸法は

・幅 324㎜
・奥行 225.9㎜
・高さ 19.9㎜

で、ベゼルが太めな分、ちょっと大きな筐体です。

 

HP 245 G9(AMD) 左側面

厚さは19.9㎜と厚めで、重量は1.47㎏と、少し重たいかなというくらいです。とは言っても、14インチなので持ち運びはしやすいと思います。

 

HP 245 G9(AMD) 右斜め前から

インターフェイスは右側は豊富にあり、問題ない程度にあります。

 

MILスペック

HP 245 G9(AMD) 背面

本機はMIL規格と言う13項目の米軍の物資調達規格に準拠しており、落下テストや気温・気圧の変化テスト、粉塵など様々なテストもクリアしています。他にも、HP独自の50000ものテストをしており、計12万時間を超えるテストになっています。

安心して使えますね。

 

Webカメラ周り

HP 245 G9(AMD) 正面

Webカメラは一般的なHD 720pで、デュアルアレイマイク、ステレオスピーカーが搭載です。

また、AIによるノイズ軽減フィルターがあり、より快適なリモートワークができます。

 

キーボード

HP 245 G9(AMD) キーボード

キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は縦横18.7㎜で、十分な幅があります。また、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜~1.7㎜と比較的深く、主要キーは同じサイズなので、タイピングしやすいと思います。

ただし、HPは独特のキー配置を使用することが多く、本機はエンターキーなどが一列左に入っているので、慣れるまでミスタイプをするかもしれません。

また、キーボード下の方には指紋センサーもあるので、サインインは楽にできます。

 

CPU

Ryzen 3 5425U Ryzen 5 5625U
製造プロセス 7nm
アーキテクチャ Zen 3
コア/スレッド 4/8 6/12
L3キャッシュ 8MB 16MB
GPUコア 6 7
基本クロック 2.7GHz 2.3GHz
ブーストクロック 4.1GHz 4.3GHz
TDP 15W

アーキテクチャは最新のZen 3になっており、Zen 2に比べ以下の様な特徴があります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

一般的に、AMDプロセッサーはインテルモデルよりも発熱が少なく、バッテリー駆動時間が長いと言われており、搭載CPUは旧モデル(Ryzen 3 5400UやRyzen 5 5600Uなど)に比べ、最大温度が10度も低いので、より長く高負荷な作業がしやすくなっています。

こちらはCPUの性能を測るCPU Markのスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Ryzen 7 5800H  21767
Ryzen 7 5800U  19960
Ryzen 7 Pro 5850U  19604
Ryzen 7 5825U  17572
Ryzen 5 Pro 5650U  16850
Ryzen 7 5700U  16272
Ryzen 5 5600U  15944
Ryzen 5 5625U  15108
Ryzen 5 5500U  13579
Ryzen 3 5400U  12110
Core i7-1165G7  10620
Ryzen 3 5425U  10203
Core i5-1135G7  10098
Ryzen 3 5300U  10092
Core i3-1115G4  6546

旧モデルCPUよりも性能が低くなっていますが、ビジネス用途でガッツリ通のに十分な性能があると思います。

 

グラフィック性能

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  3263
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 7 5800U  2416
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 5 5625U  2021
Ryzen 3 5425U  1859
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 5300U  1606

スコアはあまり高くないですが、2000前後あれば、特に困ることはないと思います。

 

ディスプレイ

HP 245 G9(AMD) 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
FHD なし UWVA 250nit

輝度が若干低いですが、低価格PCに搭載しているスタンダードなディスプレイです。液晶はIPS液晶じゃなくUWVA(Ultra Wide Viewing Angle)というものが搭載しており、視野角が広いです。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはDDR4-3200MHzで、スロット2つ・最大16GBになります。8GBモデルを購入したら場合は4GB×2枚、16GBは8GB×2枚となっており、仕様書によると増設には対応していないとのことです。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージはM.2 SSDで、256GBになります。パソコンの起動も10数秒と速く、データ移動もサクサクできます。ただし、容量が小さいので、クラウドサービスなどと併用しないと、すぐにいっぱいいっぱいになると思います。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャルリード

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 3.0×4  1800~3000MB/秒
 1200~2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

セキュリティ

HPのビジネスモデルにはHP Wolf Securityという、HP独自の堅牢なセキュリティが搭載していますが、HPシリーズのみ、これはありません。

 

Wi-Fi 6に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

 

バッテリー駆動時間

バッテリーは3セル・41Whrで、最大バッテリー駆動時間は11.1時間となっています。この価格のノートパソコンとしては長めの時間で、バッテリーを気にせずに外出できますね。

 

公式サイト

 

インターフェイス

インターフェイスは多くもなく少なくもなくで、必要最低限のものが搭載しています。

HP 245 G9(AMD) 左側面

右側面はミニセキュリティスロットと、USB-C 3.2 Gen 1になります。

 

HP 245 G9(AMD) 右側面

左側面はヘッドフォン/マイクジャック、USB-A 3.2 Gen 1が2つ、HDMI、RJ45、電源ポートになります。

すべてのUSBポートのデータ転送速度は5Gbpsで、USB-Cはデータ転送のみです(Displayport機能なし)。

 

 

サポート・保証

HP ビジネスサポート

HPのビジネスノートは日本でのサポートを行っており、保守拠点は国内に420拠点以上あるので、修理対応もスピーディーです。

ビジネスサポートは通常のコールセンターよりもつながりやすく、何といってもたらいまわしがないというのが嬉しいです。時間は月~金が朝9時から夜21時まで、土曜日が朝9時から夕方17時までになっています。

保証は1年間引き取り修理で、HP指定業者が自宅や会社にPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれます。最長5年まで延長でき、保証期間内はパーツ代や輸送費は無料です。

もしくは「オンサイト修理」と言う、「エンジニアが指定住所に来て修理」をする保証にアップグレードでき、こちらも最長5年まで延長できます。

アクシデントサポートと言う通常保証じゃカバーされない「水濡れ」「落下」「盗難」などをカバーする保証もあります。

ビジネスモデルなので、保証とサポートは手厚いですね。

 

ライバル機種

 

ThinkPad E14 Gen 4(AMD)

Lenovo ThinkPad E14 Gen 4(AMD)人気の14インチモデルでCPU最大温度が通常版より10度も低く、それでいて性能が高いCPUが搭載です。バッテリー時間も長いので持ち運びが多い人にも合い、sRGB 100%のディスプレイを選べばクリエイティブワークもしやすくなります

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ 最大40GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(14型) FHD IPS液晶 sRGB 100%あり
通信 有線LAN、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
その他 FHD 1080p /720p、指紋センサー、IRカメラあり
重さ 1.64㎏
バッテリー 最大16.7時間
価格 8.0万円~

レビュー

 

ThinkBook 14 Gen 3

Lenovo ThinkBook 14 Gen 3こちらもRyzen 5000シリーズ搭載で、上位モデルのRyzen 5 5600UとRyzrn 7 5800Uも選べる超ハイスペック機種です。14型で1.4㎏と軽いので、持ち運びが多く外出先でも快適に使いたいという人に向いています。SDカードリーダーもあるので、一眼やデジカメを使う人にも合いますね。

CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U/5600U
Ryzen 7 5700U/5800U
メモリ 最大24GB
ストレージ SSD+HDD
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし sRGB 100%/タッチあり
その他 WiFi6、イーサネット(RJ45)、指紋センサー、
重さ 1.4㎏
バッテリー 最大10.7時間
価格 6.7万円~

レビュー

 

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

Lenovo IdeaPad Slim 570(14型 AMD)上位モデルのRyzen 5000シリーズが搭載でかなり性能が高く、普段使い用としては十二分の性能があります。1.39㎏と軽く、Wi-Fi 6にも対応し、バッテリー駆動時間も長めと、持ち運びがしやすい機種です

CPU Ryzen 3 5425U
Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ DDR4 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし 300ニト
無線 Wi-Fi 6
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HD 720p、FHD 1080p
重さ 1.39㎏
バッテリー 最大15.1時間
価格 6.8万円~(Ryzen 5モデル)

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・発熱が低いRyzen 5000シリーズが搭載
・Wi-Fi 6対応
・指紋センサー搭載

 

残念な点

・他のビジネスノートのように、HP Wolf Securityがない

総合評価

いたって「普通」のノートパソコンで、あまり特徴もありません。唯一すごいなと思うのは、この価格ですね。2022年に入りPCの価格が大きく上がっていますが、本機はほぼ据え置き価格なので、コスパが高いです。

スペック的には特に困ることはないと思いますが、サクサク快適にというわけでもないと思います。ほどほどの作業に合いますね。

 

公式サイト