HP 340S G7のレビュー 低価格ビジネスノートだが・・・

HPのビジネスノートにしてはスペックもまともで、価格も安いモデルです。

2020年11月現在でHPのビジネスノートは結構ひどいスペックに、いつの時代の筐体?と言ったモデルが多く(上位モデルのProBookやEliteがそうなんです)高額なのですが、本機種はビジネス用サポートもあるのに5万9800円からと安くなっています。

ただし、他のビジネスモデルに搭載されたセキュリティは本機種にはありません。また、ボディの素材はプラスチックです。なので安いんですね。

HPのビジネスモデルの特徴比較です。

素材 セキュリティ サポート スペック 価格
Elite アルミニウム
ProBook マグネシウム合金 低~高
HP プラスチック X

プラスチック素材でセキュリティがない分、個人向けノートパソコン並みの価格で購入できます。

コロナの影響で、多くのモデルの納期がかなり長くなっています。お急ぎの方はこちらの「5営業日配送モデル」をご覧ください!

   HPビジネスPCは現在春のパソコン祭りを開催しており、5月6日まで最大66%割り引きになっています。この機会をお見逃しなく!

HP 340S G7のレビュー

HP 340S G7

CPU Intel core i3-1005G1
Intel core i5-1035G1
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512B
ディスプレイ(14型) HD SVA 光沢無し
FHD IPS 光沢なし
無線 あり
OS Windows 10 Pro
セキュリティ TPM、Windows Defender
生体認証 指紋センサー
Microsoft Office 搭載可能
寸法 324x225x17.9mm
重さ 1.4kg
バッテリー 最大9.5時間(JEITA測定)
価格 税込)6万5780円~

プロセッサーはインテル第10世代のGシリーズで、高性能になっています。一般的なノートパソコンには省電力モデルのUシリーズが搭載されていますが、Gシリーズは20~30%ほど高い性能です。

メモリは2666MHzで、最大16GB搭載できます。これだけ大きいと、困ることはないと思います。ストレージも同じく高性能のSSD搭載で、256GBと512GBはPCIe NVMeの高速モデルです。

ディスプレイは罰ゲーム並みのHDディスプレイ 220nitか、高画質のフルHD 250nitディスプレイの2種類があります。

おそらく2020年にHD(ハイ・ディフィニション)で220nitという結構暗いディスプレイを選ぶ人はいないと思いますが、知らずに買っちゃうと天国から地獄に落ちる感じですね。(言い過ぎですね)

もしパソコンを5年ぶり、10年ぶりに買い換えるなどであれば、そのパソコンよりまともなディスプレイだと思いますが、それでもHDはないですね。

通信関係を見ていくと、いわゆるWiFi5(2020年現在主流だが一世代前の規格)が搭載なので、比較的早い通信速度があります。

バッテリーは最大10時間とそこそこ長いので、モバイルバッテリーや充電アダプターの持ち運びは必要ないかもしれません。

たったの6.5万円からでこれだけのスペックがついているので、申し分ないと思います。

HP公式ページ

HP 340S G7の特徴

HP 340S G7の外観 左斜め前から-min

正直に言うと、2020年夏季に販売されたモデルにしては、ベゼル(画面の黒い枠)が若干太いですね。まぁ、HPは伝統的にベゼルが太いものが多いし、気にならない人は気にならないと思います。

寸法は幅324㎜、奥行き225㎜と、標準的な14型のサイズです。

HP 340S G7の寸法 厚さ

厚さは17.9㎜と結構薄いし、重さもたったの1.4㎏なので持ち運びがしやすいです。

HP 340S G7の外観 背面

見た目は若干アルミニウムっぽく見えますが、素材はプラスチックです。ん~~、プラスチックなんですよね~。プラスチックのビジネスノートを持っている人に、ここ最近会っていないですね。と言うか、プラスチックのノートパソコンを使っている人ってほとんど見ないですよね。

5年前ならまだしも、今は3万円とかの激安パソコンがプラスチックですもんね・・・

あとは、先ほども言ったようにHPのビジネスPC特有のセキュリティがついていませんが、唯一のビジネスモデルとしての特徴は、1ランク上のサポートですね。

HP サポート

ビジネスモデルのみサポートは日本国内で行っており、電話サポート、メール、SNSなど色々あります。また、コールセンター特有の「その件に関しましては、こちらの部署にご連絡をお願いします」というたらいまわしがないので、問題が起きた場合でも、比較的スムーズに解決しやすいです。

キーボード

HP 340S G7のキーボード

キーピッチは18.7㎜x18.7㎜とタイピングしやすい幅で、キーストロークは1.5mm〜1.7mmと深いので、サクサクタイピングができます。

キーの押しごたえがあるのでミスタイプもしにくいし、適度な重さが心地よいですね。

このタイピングのしやすさも、ビジネスモデル特有になります。

ディスプレイ

HP 340S G7の外観 右斜め前から

解像度 液晶 輝度 光沢
HD 220nit 1366×768 SVA 220nit 無し
FHD 250nit 1920×1080 IPS 250nit 無し

HD液晶は前述したように、お勧めではありません。低画質で目が疲れるし、220nitと最大輝度も低いので、室内で使っていても薄暗いと感じることがあるかもしれません。

変わってフルHDは高画質で、IPS液晶なので視野角も広くコントラストも高いので作業がしやすいです。ただし250nitなので、日中に外で使うと薄暗く感じるかもしれません。

HP公式ページ

CPU

パソコンの頭脳であるCPUは、高性能のインテル第10世代Gシリーズになります。

下のグラフはCPUの性能を表すPassmarkスコアで、赤が本機種搭載CPUです。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

Core i3でも5000オーバーのスコアで、比較的快適に使えます。Core i5は8000オーバーとかなり性能が高いので、困ることはないと思います。

また、Core i3は2コア4スレッドで、Core i5は4コア8スレッドになります。

コアとスレッドの解説図<アプリの数は例です>

コアとスレッドが大きいと同時に処理できるデータ量が上がるので、より快適に作業ができます。

メモリ

メモリはDDR4-2666MHzでメモリスロット2つ、最大16GBまで搭載できます。「メモリへのアクセスや増設には対応していません」と明記されているので、自分で増設などをすると保証が外れます。

ここ最近は最低8GBが標準になりつつあるので、8GBモデルか16GBモデルがおすすめです。

ストレージ

ストレージはいくつか種類があります。

  • 128GB SSD SATA
  • 256GB SSD PCIe NVMe
  • 512GB SSD PCIe NVMe

SATAと言うのは最大データ転送速度が6GB/秒で、SSDにしては遅いものです。PCIe NVMeは最大データ転送速度は16GB~32GB/秒と、かなり速いです。

最低256GBを選べば、かなり快適に使えます。

インターフェイス

HP 340S G7のインターフェイス

  • コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック
  • USB3.1 Type C ポート(データ転送のみ)
  • USB 3.1 Type-A Gen 1 x2
  • HDMI
  • 電源ポート
  • 電源ボタン
  • SDカードリーダー
  • 指紋認証リーダー

必要最低限のインターフェイスですが、困ることもないんじゃないかと思います。

最後に

CPUやストレージのスペックは高く、ビジネス用途で使う分には問題ない性能です。

セキュリティもWindows DefenderとTPMがあるので、あと何かウイルスバスター系のセキュリティソフトを入れておけば安心だと思います。

「プラスチック素材でも問題ないよ」と言う場合は買ってもいいと思いますが、価格で行くなら個人モデルのHPシリーズ、見た目や性能で行くならPavilionシリーズの方がずっとお得な気がします。

HP公式ページ