NEC Lavie Pro Mobile(Direct PM) 2021年春モデルのレビュー・1kgを切る軽量PC

1㎏を切る超小型軽量モデルで、CPUにはインテル11世代が搭載と性能も機動性も高い機種です。

日本で生産・管理され、堅牢性の高いカーボン素材を使用した機種なので、安心して持ち運ぶことができ、WiFi6搭載にLTEモデルもあるので、移動が多いビジネスパーソンに向いています。

また、テレワークを意識した機能が付いており、ビデオ会議などもやりやすいビジネスノートパソコンです。

  NECでは8月5日までサマーセールをやっており、24%オフのクーポンが公式サイトで入手でき、HDDやSSD、ソフトウェアなどのプレゼントや割引があっています。この機会をお見逃しなく!

Lavie Pro Mobile 2021年春モデルのスペックレビュー

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデル 右斜め前から

CPU Intel core i5-1135G7
Intel core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(13.3型) FHD IPS液晶
OS Windows 10 Home、Pro
無線 WiFi6、Bluetooth、5G LTEモデルあり
カラー クラシックボルドー、フレアゴールド、ネイビーブルー、メテオグレー
オーディオ インテルHD、ヤマハ製AudioEngine搭載
生体認証 顔認証
MSOffice Office Home &Business 2019、Personal 2019搭載可能
セキュリティ TPM
寸法 307.2 x 216 x 16.9㎜
重さ 842g~
バッテリー 最大20時間
保証 1年間
価格 20万9880円~

パソコンの頭脳であるCPUは最新で高性能のインテル11世代CPUが搭載で、高性能のCore i7とi5が選べます。内蔵グラフィックスはIris Xeが搭載なので、動画編集や画像編集などのクリエイティブワークもやりやすいですね。

また、モダンスタンバイに対応しているので、スリープからの復帰が一瞬です!(実際にはスリープじゃなくスタンバイしている状態)。パソコンを開け閉めすることが多い人は、特に使いやすいです。

メモリは最新のLPDDR4xが搭載で、最大16GBと大容量なのでヘビーユーザーでも満足いくと思います。ストレージも大容量で、最大でSSD 1TB+Optaneメモリ32GBが搭載可能です。Optaneメモリがあるので、よく使うサイトやソフトなどはより高速で表示されますね。

ディスプレイは高解像度のFHD IPS液晶で、Lavieプライバシーガードというのぞき見防止に役に立つ機能があるので、カフェやコワーキングスペースで作業をすることが多い人は、特に安心して使えます。

機動性は抜群で、超軽量で堅牢なカーボン素材を使用し、最軽量モデルはたったの842g(Mサイズのバッテリー選択時)!!平均的な13型の重さが1.3㎏ほどなので、かなり軽いですね。また、WiFi6にLTEにも対応しているので、外出が多いビジネスパーソンには「もってこい」の機種です。

注)重さはモデルやバッテリーの大きさにより変わります。PM550/BAシリーズは889g、PM950/BAは972g、PM750/BAは955gになります。(ややこしいですね)

もちろんバッテリー駆動時間も長く、最大20時間!!機動性、利便性を考えつくされた機種です。(842gの最軽量モデルは約15時間です)

価格もそれなりにしますが、こんなに高品質なノートパソコンはあまりお目にかかれないですね。

公式サイト

旧モデルとの比較

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルと旧機種の比較<本機種と旧モデルは同じ筐体を使用>

旧モデルはLavie Pro Mobile 2020年夏モデル(Lavie Direct PM)で、本機種と同じ筐体を使用しており、外観や寸法は全て同じです(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Lavie Pro Mobile 2020年夏モデル
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i5-10210U
Core i7-10510U
メモリ 16GB(LPDDR4x) 16GB(LPDDR3)
ストレージ SSD 1TB+Optaneメモリ SSD 1TB+Optaneメモリ
ディスプレイ FHD IPS FHD IPS
無線 WiFi6、LTE WiFi6、LTE
バッテリー 20時間 20時間
重量 842g~ 965g~
価格 20.9万円~ 17.6万円~

旧モデルはIntel 10世代CPUが搭載ですが、筐体や仕様は同じです。メモリが旧規格のLPDDR3からLPDDR4Xに変更しているので、処理速度が上がっていますね。と言うか、旧モデルは2020年販売なのに、LPDDR3を使っているところがすごいですね・・・(LPDDR3はかなり古い規格です)

旧モデルも軽かったですが、本機種はより軽くなりバッテリー駆動時間も上がっています。

こちらはCPUの性能を表すPassmarkスコアです。

11世代のCore i5は、10世代のCore i7よりもかなり高い性能になっています。使い勝手が上がっていますね。

ライバル機種

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルと比較機種<左から本機種・Lenovo ThinkPad X1 Nano・Lenovo Yoga Slim 750i Carbon>

本機種と似たような最新機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 ThinkPad X1 Nano Yoga Slim 750i Carbon
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i5-1130G7
Core i7-1160G7
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 16GB 16GB 16GB
ストレージ SSD 1TB SSD 1TB SSD 1TB
グラフィックス Iris Xe Iris Xe Iris Xe
ディスプレイ FHD IPS
画面比率16:9
2K IPS
画面比率16:10
2,5K IPS
画面比率16:10
無線 WiFi6、LTE 4G/5G WiFi6、LTE 4G/5G WiFi6
バッテリー 20時間 22.9時間 14時間
重量 842g~ 907g~ 966g
Thunderbolt Thunderbolt4 Thunderbolt4
価格 20.9万円~ 18万円~ 11.8万円~

本機種は断トツで軽いですが、Thunderboltが無く画面の縦横比が16:9となっています。このクラスのパソコンにThunderbolt 4が無いのも珍しいですね。外部ストレージからデータを頻繁に移動する人は、Thunderbolt4が有った方が使いやすいです。

CPUは全機種最新の11世代Core i5とi7なので、同じくらいの性能になっています。キーボードは、本機種とThinkPadは断トツで打感が良くタイピングしやすいです。Yogaは一般的なキーボードです。

こちらはPassmarkスコアです。

購入のポイント

  • 本機種・・・激軽・バッテリー駆動時間も長い!移動が多い人向け
  • ThinkPad X1 Nano・・・外出先でもがっつりと作業をしたい人向け
  • Yoga・・・LTEが必要ないなら、コスパが高い!

メリット・デメリット

本機種のメリット・デメリットです。価格が価格なので、ちょっと辛口でデメリットを記載しています。

良い点

・軽量・小型・カーボン素材使用
・バッテリー駆動時間が長い!
・日本生産

残念な点

・Thunderboltがない
・画面の縦横比が16:9と最近のハイエンドモデルよりも小さな画面
・できれば2.5Kや4Kがあればよかった

Lavie Pro Mobile 2021年春モデルの特徴

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデル 正面

13.3型の小型筐体でベゼル(画面の黒い枠)が比較的細いので、スリムですね。

寸法は幅307.2㎜、奥行きは216㎜、高さ16.9㎜で、

・幅は千円札2枚分(300㎜)
・奥行きは千円札1.5枚分(225㎜)
・厚さは一円玉(直径20㎜)の3/4サイズ

とほぼ同じサイズです。本機種は最軽量モデルが842gとかなり軽いですが、寸法的には「小型13.3型」よりも縦横+1㎝くらいです。まぁ、それでも小さい方ですね。

先ほど比較したThinkPad X1 NanoとYoga Slim 750i Carbonのサイズと比べて見ます。ただし、比較機種はディスプレイがより大きい画面比16:10になります。

奥行き 高さ
本機種 307.2㎜ 216.0㎜ 16.9㎜
X1 Nano 292.8㎜ 207.7㎜ 13.87㎜
Yoga 295.9㎜ 208.9㎜ 14.25㎜

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルの右側面インターフェイス

厚さは16.9㎜と薄いので、持ちやすいですね。

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルのカラー

カラーは4種類あり、クラシックボルドー、フレアゴールド、ネイビーブルー、そしてメテオグレーが選べます。おしゃれなカラーですね。

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデル

Lavieは日本生産で自社工場で一貫した品質管理をしており、品質が高いです。

例えば、150kg/fの面加圧試験や落下試験にもクリアーしており、キーボード下は防滴構造になっているので、水滴がPC内部に入り込むことを遅らせ、安全にシステムをシャットダウンする時間を確保できます。

Japanクオリティですね!

キーボード

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルのキーボード

NECのキーボードは全体的に質が高く、本機種はキーストローク(キーを押し込む距離)が1.5㎜と軽すぎず重すぎずなので、若干軽めのタッチだとサクサクタイピングができると思います。キーピッチ(1つのキーから次のキーへの距離)は19㎜と余裕があるので、手が大きな人でも窮屈じゃないと思います。

ディスプレイを開けるとキーボードが少し浮かび上がる「リフトアップヒンジ」構造で、キーの中央が少し湾曲しているのでよりタイピングがしやすい仕様になっています。他にも、タイピング時に指への抵抗感を「重い→軽い→重い」と変化したり、打鍵音を低減する静音設計にもなっており、キーボードは匠の一品ですね。

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルのキーボード

右端のEnterキーがすごく大きいので、押し間違えをすることも少ないと思います。また、右下のカーソルキーも4キー全部が通常サイズなので、ミスしにくいですね。

CPU

Core i7-1165G7 Core i5-1135G7
製造プロセス 10nm
SuperFin
10nm
SuperFin
コア/スレッド 4/8 4/8
キャッシュ 12MB 8MB
グラフィックス Iris Xe Iris Xe
基本クロック 2.8GHz 2.4GHz
ブーストクロック 4.7GHz 4.2GHz

パソコンの頭脳であるCPUには最新のインテル11世代CPUが搭載しており、かなり高い性能になっています。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

ビジネス用途で快適に使いたい場合はスコア7000くらいが目安ですが、Core i5とi7は1万オーバーでビジネス用途でも快適に使えますね。

こちらはCinebench R23で、パソコンの総合性能を表すマルチコア性能と、クリエイティブワークがしやすい指標になるシングルコア性能の結果です。

旧世代に比べマルチコアもシングルコアも性能がかなり上がっており、使いやすくなっています。

グラフィックス

グラフィックスは内蔵グラフィック最高性能のIris Xeで、今まで以上に動画編集や画像編集がやりやすくなっています。外部グラフィクボードのNVIDIA GeForce MX350並みの性能があるので、すごいですね。

ディスプレイ

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデル

ディスプレイは高画質のFHDで、視野角が広くコントラスト比も高いIPS液晶、光沢なしになります。

FHD 1920×1080の解像度
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い

また、IRカメラ付きで、顔認証でサインインができるので楽ですね。

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

本機種搭載のメモリは最新のLPDDR4xが搭載で、処理速度も速いです!8GBか16GBが選べますが、オンボードなので増設はできません。

ストレージ

SSD(PCIe NVMe) HDD
最大データ転送速度 最大16Gbps~32Gbps 最大6Gbps(SATA)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

本機種には高速タイプのPCIe NVMe SSDが搭載なので、Web閲覧もスムーズだし、起動も高速です!また、スリープよりも早く復帰できるモダンスタンバイ対応なので、ディスプレイの開け閉めが多い人は特に恩恵を受けます。

セキュリティ

本機種にはTPMという独立して機能するチップが搭載しており、パスワードなどの重要情報を格納できます。

また、プライバシーアラートやプライバシーガードと言ったのぞき見防止機能もあるので、不特定多数の人がいる場所で作業をすることがある人には、凄く役に立ちます。

例えばデュアルモニターで作業をしているときは、見ているモニター以外はぼかしが入ったり、離席したら画面ロックがかかる設定もできます。

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルのプライバシーアラート

また、後ろから誰かがのぞき見したら、画面が上の画像の様にぼやけて見えなくなったり、視野角が狭くなったりしてのぞき見を防止できます。ちなみに、右から誰かが見ていたら右上に「のぞき見マーク」が、左から見ていたら左上に「のぞき見マーク」が出るので、どこから見られているか分かります。

ミーティング機能

さすがビジネスモデルなので、オンライン会議にも使いやすい機能が搭載しています。

スピーカーから聞こえる範囲を調整できる「ミーティング機能」では、パーソナルモード(PC正面以外は聞こえにくくする機能)やマルチユーザーモード(聞こえる範囲を広げる機能)があるので、一人で使っているときも、グループで使っているときも聞き取りやすいです。

また、周囲の雑音を抑える「ノイズプロセッサー」や、エコーを抑える「ルームエコー抑制」などがあります。

WiFi6

次世代通信規格のWiFi6に対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、カフェなどの混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

LTE

LTEはnanoSIMを使って常時インターネット接続が可能になる機能で、本機種は5G LTEもあります。

対応バンドは以下になります。

5G : バンドn77, n78, n79
LTE(CA対応) : バンド1, 3, 8, 18, 19, 26, 28, 41, 42
3G : バンド1, 6, 8, 19

大手3社の重要バンドは以下になり、すべて対応しています。

  • docomo・・・1、3、19、21、77、78、79
  • au・・・1、18、77、78
  • softbank・・・1、3、8、77、78

 

公式サイト

バッテリー駆動時間

842gの最軽量モデル(バッテリーMサイズ選択時)はバッテリー駆動時間が約15時間になりますが、バッテリーLサイズのCore i5は最大20時間、Core i7は最大18時間となっています。

まぁ、どれを選んでもかなり長いバッテリー駆動時間ですね。

インターフェイス

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルの右側面インターフェイス

右側面インターフェイスにはヘッドフォン・マイクジャック、USB-A 3.1、HDMIがあります。

NEC Lavie Pro Mobile 2021年春モデルの左側面インターフェイス

左側面インターフェイスはロックケーブルスロット、USB-C 3.1、USB-C 3.0(Power Delivery、Display port出力機能付き)、microSDカードリーダーがあり、背面にnanoSIMスロットがあります。

Thunderboltがあったら、より使いやすかったですね。

サポート・保証

標準保証で1年間の引き取り修理が付いており、NEC指定業者が指定住所に引き取りに来てリペアセンターに配送し、修理後に返送するサービスです。送料等は無料で、最短で1日で修理が完了します。(ただし配送期間があるので、手元に戻ってくるには最短数日かかります)

最長5年まで延長できるので、安心ですね。

また、アクシデントダメージプロテクションという「水濡れ・火災・水害・落下など」の通常保証には含まれない保証もある「あんしん保障サービスパック」という上位保証もあります。

サポートは24時間365日対応のチャットサポートや、使い方相談・故障診断・修理受付の電話サポートがあります。受付時間は朝9時から夜7時までになっています。

MAMORIOと言うPCの置き忘れ防止に役に立つ機能もあるので、カフェなどで作業をすることが多い人には役に立つかもしれません。(2年間無料、3年目以降は有料)

まとめ

カーボン素材で耐久性も品質も高く、小型軽量、バッテリー駆動時間も長いハイエンドノートパソコンです。日本で生産されているという点も、ポイントが高いですね。

細かいことを言うと、この価格でThunderboltがなかったり、解像度がFHD相当、画面の縦横比が16:9と若干気になるところはありますが、全体的な評価はかなり高いです。

外出が多く、出先でもがっつりツ作業をするビジネスパーソンに合う機種です。

公式サイト