HP Victus 16(インテル)2024年モデルのレビュー

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

最新スペックが多く採用されたゲーミングPCで、ディスプレイを除き、良いスペックになっています。

低価格モデルにしてはかなりしっかりしたスペックになっており、ディスプレイがちょっと残念ですが、外付けモニターを使うことが多いと思うので、影響は少ないと思います。

当サイトの評価は、このようになりました。

スペック 4.1 out of 5 stars
コスパ 4 out of 5 stars
総合評価 3.9 out of 5 stars

※2024年4月にCore i7-14650HXが追加されたので、情報をアップデートしています。

主な変更点

  • 14世代CPU追加
  • FHDがQHDに
  • DDR5 4800→DDR5-5600(14世代モデルのみ)
  • リフレッシュレートが240Hzに
  • HyperX オーディオコントロールデュアルスピーカー搭載
  • カラーがホワイトからマイカシルバーに
特別にHP様より本サイト専用の割引クーポンを作っていただき、「税込み13.2万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、割引価格からさらに7%OFFになります。

こちらの割引クーポンもどうぞ。[広告]【提供:株式会社日本HP】

金土日月開催の週末限定セールはこちらを、4/19までの96時間限定タイムセールはこちらからどうぞ。

 

Victus 16(インテル) のスペック

CPU Core i5-13500HX
Core i7-13700HX
Core i7-14650HX
メモリ 16GB
ストレージ SSD ×2
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16.1型) FHD IPS 144Hz
OS Windows 11 Home
通信 Wi-Fi 6E、1ギガビットイーサネット
生体認証
WEBカメラ FHD 1080p
寸法(幅×奥行×高さ) 369 × 259.4 × 23.9 mm
重さ 2.3㎏
バッテリー 最大約7.5時間
標準保証 1年間
価格 22.3万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第13世代で、高性能のHXシリーズになります。CPU性能はかなり高く、パワー不足になる場面もほとんどないと思います。

14世代Core i7-14650HXが追加され、CPU Markスコアは20%ほど上がり約3.8万と超高性能になっています。

メモリはDDR5-4800MHz(13世代)DDR5-5600MHz(14世代)で、16GBモデルが販売されています。メモリスロットは2つあり、旧モデル同様32GBまで増設もできると思います。

また、ストレージも最新のSSD PCIe 4.0で、最大2枚のSSDが搭載可能です。ちょっとした拡張性もあるので、カスタマイザーにも使いやすい機種です。

グラフィックボードはRTX 40シリーズで、ミドルクラスのRTX 4050から、最大でハイエンドモデルのRTX 4070が搭載可能です。予算ややりたいゲームに合わせてグラボを選べるので、購入者の幅も広がると思います。

13世代モデルのディスプレイは・・・・、16.1型と大きいですが、FHD解像度でIPS液晶、そして輝度は250ニトになります。ん~、ディスプレイだけ極端にロースペックですね。ここ最近は画面比が16:10と縦に長いディスプレイが主流になりつつあり、16インチでも、以前まで多く販売されていた17インチ並みの情報が表示できるので、画面比16:10の16インチは多く販売され始めていますが、画面比16:9(本機)の16インチは珍しいです。

ただし、リフレッシュレートは144Hzとぬるぬるなので、ゲームをする上では困ることはないです。

14世代モデルはQHD(2560×1440ドット) IPS液晶、リフレッシュレートは240Hzとぬるぬるで輝度は300ニトにアップしています。

その他のスペックはWindows 11 Homeが搭載で、高速安定通信が可能なWi-Fi 6Eに対応、1ギガビットイーサネットも搭載、そしてWEBカメラは高画質のFHDになります。

重さは標準的な約2.3㎏で、バッテリー駆動時間は最大約7.5時間となっており、ちょっとした移動であれば十分に使えます。

USBのデータ転送速度は5Gbpsですが、インターフェイスはまぁまぁの数があり、困らない程度にあります。

VictusはOMENに比べ「初めてのゲーミングPC」として購入しやすく、下位モデルにしてはかなりしっかりした機種です。

 

 

公式サイト

 

旧モデルとの比較

Victus 16 インテル 2023年モデルと2022年モデル<左/本機種・右/2022年モデル>

旧モデルのVictus 16 2022モデルとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 2022年モデル
CPU Core i5-13500HX
Core i7-13700HX
Core i5-11400H
Core i7-11800H
Core i7-12700H
メモリ 16GB
ストレージ SSD ×2
GPU RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
RTX 3050
RTX 3050 Ti
RTX 3060
ディスプレイ FHD IPS 144Hz
無線 Wi-Fi 6E Wi-Fi 6/6E
バッテリー 7.5時間 5.5時間
重量 2.3㎏ 2.46㎏
寸法 369 × 259.4 × 23.9㎜ 370 × 260 × 23.5㎜

寸法が0.数ミリ変わっており、インターフェイスの場所も変わっていますが、ベースは同じ筐体だと思います。

主な変更点です。

・CPUが最新のインテル13/14世代に
・グラボがRTX 40シリーズに
・Wi-Fi 6がなくなり、高性能のWi-Fi 6Eのみに
・最大バッテリー駆動時間が伸びた
・160gほど軽くなった

 

プロセッサーとグラフィックボードの、性能比較です。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

Core i7-13700HX  33484
Core i7-12700H  27754

 

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・旧モデル

RTX 4070  26024
RTX 4060  23768
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 Ti  11768
RTX 3050  10718

 

 

Victus 16 2024年モデルの特徴

2024年モデル(14世代CPU搭載)は左のマイカシルバーになり、ホワイトは13世代モデルになります。ゲーミングPCっぽくない筐体で、おしゃれですね。カフェなどで仕事用に使っても違和感がないくらいです。

左右と上のベゼル(画面の黒い枠)は細いですが、下ベゼルは大きいですね。

寸法は

  • 幅369㎜
  • 奥行き259.4㎜
  • 高さ23.9㎜

で、標準的な16インチののゲーミングPCのサイズです。重さは2.3㎏と重たいですが、こちらも一般的な重さです。

 

HP Victus 16-r 2024年モデル 左側面インターフェイス

厚さは23.9㎜と分厚く、左側面には通気孔もあるので、内部に熱い空気も溜まりにくいと思います。

 

Victus 16 2023年モデル 底面

内部の2つのファンは従来の5Vから12Vに変わり、よりパワフルになりましたが、ファンノイズレベルも下がっています。ヒートパイプも使用しており、冷却効果を高めていますね。

 

Victus 16 2023年モデル 閉じた状態

天板の「V」のロゴもシンプルでかっこよく、おしゃれな外観です。

 

 

OMEN Gaming Hub

OMEN Gaming HubからRGBライティングやマクロキー、オーバークロックの調整などができ、機械学習のアルゴリズムにより、今までは知識が無いとちゃんとした設定が難しかった電圧をワンクックで調整し効率的な冷却と性能アップをすることもできます。(注 本機はRGBライティング非対応)

また、以下のような設定もできます。

ネットワークブースター

ネットワークブースターから通信の振り分けができ、例えば、ゲームは有線LANに接続し、ゲーム以外のブラウザなどは無線LANに繋いで通信をするなどと設定できます。

パフォーマンスコントロール

パフォーマンスコントロールからファンの速度や、CPUパフォーマンスの設定もできます。

また、OMEN Cameraと言う新機能が追加され、Web会議や動画配信中などに背景の変更や切り抜き、ビデオノイズの除去などいろいろな機能が追加されました。

そのカメラは、ビジネスPCの上位モデル並のFHD 1080pと高画質になっています。

 

 

キーボード

HP Victus 16-r 2024年モデル 正面

キーボードはテンキー・バックライト付きで、キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は縦横18.7㎜×18.4㎜、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と、ゲーミングPCとしては普通に押しやすいと思います。

ちなみに、バックライトは1 Zoneで、OMENの様にカラフルなライティングではありません。

 

 

超高性能CPU搭載

Core i7-13700HX Core i5-13500HX
Pコア 8 6
Eコア 8 8
スレッド 24 20
キャッシュ 30MB 24MB
ターボブースト/ターボブーストMax3.0 5.0GHz 4.7GHz
Pコア最大周波数 5.0GHz 4.7GHz
Pコア基本周波数 2.1GHz 1.8GHz
Eコア最大周波数 3.7GHz 3.5GHz
GPU実行ユニット 32EU 16EU
ベースパワー 55W
マックスパワー 157W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

また、ターボブーストMax3.0対応で,プロセッサーの中の最もパフォーマンスの高いコアを識別し、電力と熱のヘッドルームを利用して、必要に応じてそれらのコアの周波数をあげることにより更なるパフォーマンスを提供します

こちらはCPUの性能を測るCPU markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 15000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 18000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-13900HX  46415
Core i7-14650HX  38873
Core i9-12900HX  33727
Core i7-13700HX  33484
Core i5-13500HX  28924
Core i7-1370P  25032
Core i7-1360P  21323
Core i5-1350P  20032
Core i7-1260P  18691
Core i5-1340P  17878
Core i5-1240P  17318

 

 

グラフィックス

RTX 4070 Laptop RTX 4060 Laptop RTX 4050 Laptop
コードネーム Ada Lovelace
CUDAコア 4608基 3072基 2560基
RTコア 第3世代
Tensorコア 第4世代
ブーストクロック 2175MHz 2370MHz 2370MHz
メモリタイプ GDDR6
メモリ容量 8GB 8GB 6GB
メモリバス幅 128ビット 128ビット 96ビット
メモリ帯域幅 256GB/s 256GB/s 192GB/s
TGP 140W

グラフィックスは上からギリハイエンド、ミドルハイ、ミドルクラスと別れており、やりたいゲームや、どのくらいの画質でやりたいかによって選ぶことができます。

DLSSやレイトレーシングに対応しており、より速く、そしてよりきれいにプレイできます。

一番下のRTX 4050でも、性能が高いですね。RTX 2070 Superと同等性能です。RTX 2070 Superは、2020年ごろにハイエンドモデルでした。

こちらはDirectX 11で動作するFire Strikeと、DX12で動作するWQHD(2K/2560×1440)向けのTime Spyです。

<strong>Fire Strike</strong><strong>Time Spy</strong>

Fire Strike

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  35361
RTX 4080  33106
RTX 3080 Ti  26136
RTX 4070  26024
RTX 3070 Ti  24924
RTX 4060  23768
RTX 3080  23637
RTX 3070  22431
RTX 2080S  21862
RTX 2080  20939
Radeon RX 6600M  20048
Radeon RX 6600M  19910
RTX 2070 Super  19070
RTX 4050  18269
RTX 3060  17853
RTX 3050 10718

Time Spy

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

RTX 4090  20269
RTX 4080  18091
RTX 3080 Ti  12599
RTX 4070  12310
RTX 3080  11510
RTX 3070 Ti  11427
RTX 4060  10653
RTX 3070  10260
RTX 2080S  10096
RTX 2080  9585
Radeon RX 6600M  8623
RTX 4050  8498
RTX 2070 Super  8328
RTX 3060  8323
RTX 3050 5018

 

ゲームのベンチマーク

スコアの単位はfps(1秒間に更新されるコマ数)で、60以上が「快適」にプレイできる目安です。スペックや状況により数値は変動するので、参考値として見てください。また、画質は特別表記がなければ最高画質です。

 

RTX 4070ゲームベンチマーク

青・・・FHD 赤・・・QHD

Watch Dogs Legion  89
 64
Horizon Zero Dawn  126
 98
Red Dead Redemption 2  88
 52
Assassin’s Creed Odyssey  60
 49
Monster Hunter World  88
 58
Far Cry New Dawn  94
 83
Cyberpunk 2077  88
 54
Apex Legends  135
 106

 

RTX 4060 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  84
 65
Horizon Zero Dawn  95
 108
Red Dead Redemption 2  65
 43
Assassin’s Creed Odyssey  77
 60
Monster Hunter World  98
 85
Far Cry New Dawn  98
 90
Cyberpunk 2077  68
 74
Apex Legends  127
 128
Fotnite  145
 121

 

RTX 4050 ゲームベンチマーク

青・・・FHD高画質 赤・・・FHD最高画質

Watch Dogs Legion  105
 49
Horizon Zero Dawn  114
 94
Red Dead Redemption 2  63
 37
Assassin’s Creed Odyssey  70
 55
Monster Hunter World  90
 71
Far Cry New Dawn  94
 82
Cyberpunk 2077  72
 65
Apex Legends  122
 115
Fotnite  132
 117

 

 

ディスプレイ

HP Victus 16-r 2024年モデル 右斜め前から

 

解像度 光沢/液晶 インチ 輝度 リフレッシュレート
FHD なし/IPS 16.1インチ 250nit 144Hz
QHD なし/IPS 16.1インチ 300nit 240Hz

 

FHD フル・ハイディフィニションで解像度は1920 x 1080ドット
QHD フル・ハイディフィニションで解像度は2560 x 1440ドット
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い
nit 明るさを表す単位。通常300nitが標準
リフレッシュレート 1秒間に画面を更新できるコマ数

FHDはディスプレイは一般的な低価格PCに搭載される様なディスプレイで輝度も低いですが、少なくともリフレッシュレートが144Hzなので、ぬるぬるプレイできます。

QHDはより明るくより高精細、そしてよりぬるぬるプレイできます。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはDDR5-4800/5600MHzで、16GBが搭載しています。メモリスロットが2つあり、旧モデルは32GBまで対応していたので、本機も増設換装はできそうです。

また、動作周波数も高いので、処理速度も速いです。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージも最新のSSD PCIe 4.0×4が搭載で、高速データ転送側があります。パソコンの起動も速く、ゲームのロード時間も短いです。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャル速度

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  ~約7000MB/秒
 ~約5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

 

LAN

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6Eに対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

また、1ギガビットイーサネットもあるので、有線接続も可能です。

 

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は最大約7時間ですが、ゲームをすると1~2時間でバッテリーはなくなります。

持ち運びをするときは、ACアダプタも必須です。

 

電源

電源は230Wと大きいです。ただし、CPUとGPUをマックスで同時に使うことなんてほとんどないですが、CPUは最大157W、GPUは最大140Wなので、230Wでは足りません。

消費電力が高くなり過ぎたら、どこかで性能にストップがかかると思います。

 

 

インターフェイス

HP Victus 16-r 2024年モデル 右側面インターフェイス

右側面インターフェイスはUSB Type-C(Power Delivery、DisplayPort™ 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)、USB-Aが2つ、HDMI 2.1、そして電源コネクタになります。

 

HP Victus 16-r 2024年モデル 左側面インターフェイス

左側面にはRJ45、USB-A、そしてヘッドフォン/マイクジャックになります。

ちなみに公式サイトではUSBにSuperspeedと名付けられていますが、5Gbpsです(笑)。Superspeedでもなんでもなく、安いUSBです。ただし、マウスやキーボードを繋ぐには、問題ないです。

 

 

サポート・保証

 

Cafe de OMEN・Omenのサポート

HPでは「1年間の使い方サポート」と「1年間の引き取り修理保証」が標準でついていて、電話やLINE、ツイッターでもサポートをしています。購入時に詳しく書かれた「パソコン入門」もあるので、初めてパソコンを買う人でも設定から使い方まで、分かりやすいと思います。

また、保証は最長3年まで延長でき、引き取り修理じゃなく出張修理もあります。

  • 引き取り修理・・・指定業者がパソコンを引き取りに来て修理工場に配送、修理後配達される(期間内はパーツ代や配送代など無料)
  • 出張修理・・・家や事務所に来て現場で修理。期間内は交換パーツ代など無料

また、CAFE DE OMENという「技術的サポートと修理受付窓口」があり、1年間利用できます。受付時間は月~金・9時~21時、土曜日は9時~17時、日曜は休みです。LINEでの自動サポートは24時間365日です。

このサポートの特徴として「サポートスタッフ全員が熟練プレーヤー」で、みなさんマニアックらしいです。普通に「ゲーム用語」を使っても理解できる人たちなので、話が速いですね。また、自分に合ったアクセサリ、例えばディスプレイやVR用ヘッドセット、マウス・・・など、HP製品に限らずアドバイスをくれます。

 

 

ライバル機種

 

Legion 5i Gen 9 16 インテル

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテルのレビュー全体的にハイスペック構成で、ホビー勢から結構ガチにやっている人向けです。13・14世代CPUが搭載し、グラボはRTX 40シリーズ。ディスプレイは高精細なWQXGAでsRGB 100%の色域、そして最大240Hzのリフレッシュレートです。生体認証がない点を除けば、文句なしの価格とスペックです

CPU Core i5-13450HX
Core i7-14650HX
Core i7-14700HX
Core i9-14900HX
メモリ 16GB搭載(最大32GB)
ストレージ SSD 最大1TB(M.2スロット空き1つあり)
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 165Hz/240Hz
通信 Wi-Fi 6E、1ギガビットイーサネット
WEBカメラ FHD
重さ 約2.3㎏
カラー ルナグレー
バッテリー(JEITA 3.0)
電源
最大約5.1時間
230W
価格 15.3万円~

レビュー

 

LOQ 15IRX9

Lenovo LOQ 15IRX9のレビューLenovoでは珍しい15.6インチの筐体で、画面アスペクト比が16:9となっています。インテル14世代CPUも搭載でき、最大でRTX 4060とミドルハイスペック、そして色域はsRGB 100%となっています。クリエイターPCのように筐体左右側面に排気口がないので、外出先でPCを使い、ゲーミングPCを使っているとばれたくない人に合うかもしれません

CPU Core i5-13450HX
Core i7-13650HX
Core i7-14700HX
メモリ 16GB(最大32GB)
ストレージ SSD 最大1TB(最大SSD×2)
グラフィックス RTX 3050
RTX 4050
RTX 4060
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 144Hz
通信 1ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6
重さ 約2.38㎏
電源 230W
価格 17.1万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・最新スペックが満載
・グラボが3つから選べる
・SSDを2枚搭載できる
・最大リフレッシュレートが240Hzとぬるぬる
・WEBカメラが高画質1080p
・Wi-Fi 6Eに対応で、有線接続も可能

 

残念な点

・リフレッシュレートは十分だが、FHDディスプレイが普通(というか、ちょっと残念)
・電源が小さい

 

総合評価

性能的には問題なく重ためのゲームもできるほどで、ゲーミングPCとしては普通に使いやすい機種です。拡張性もあるので、カスタマイズできるのもポイントが高いです。

また、こてこてのゲーミングPCと言った外観ではないので、仕事や学校用などと兼用でも使えると思います。

残念なのは、ディスプレイと電源ですね。まぁ、このおかげで安いので、しょうがないです。ただしディスプレイは、ノートパソコンのディスプレイを使うよりも、外部ディスプレイにつなげて使うことが多いと思うので、その場合は、全然気になりませんね。

 

 

公式サイト