HP 15s-fq2000のレビュー 普段使い用低価格モデル

低価格モデルのHPシリーズ最新機種で、率直な感想は「悪くない」です。

価格が価格なので特別な機能などがあるわけじゃないですが、普通に使える機種なので、低価格の普段使い用PCを探している人は検討の価値があると思います。

15.6型の大画面で1.6㎏と15.6型にしては軽いので、外出先でも快適に作業をしたい人にも向くし、リビングに置く家族共用PCなどにも合います。

2021年9月上旬に販売開始します。

HPではオンラインストア限定キャンペーンを実施しており、モニターや保証がセットになってお得なラインアップが増えています。

また、特別にHPより本サイト専用の割引クーポンを作っていただき、2021年9月30日までに「税抜き12万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、上記割引からさらに7%OFFになります。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

HP 15s-fq2000のスペックレビュー

HP 15s-fq2000 正面

CPU Intel Celeron N4500
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
メモリ 最大8GB
ストレージ 最大 SSD 1TB
グラフィックス UHDグラフィックス
Iris Xe
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS液晶
無線 WiFi5/6、Bluetooth 5.0
生体認証 指紋センサー
カラー ナチュラルシルバー、モダンゴールド
Microsoft Office Office Home &Business 2019搭載可能
セキュリティ パワーオンパスワード、アドミニストレーターパスワード、TPM、マカフィーリブセーフ
寸法(幅x奥行きx高さ) 358 x 242 x 17.9㎜
重さ 1.6㎏
バッテリー 最大7時間30分
保証 1年間
価格 4万6200円~

パソコンの頭脳であるCPUはローエンドモデルのCeleronか、ビジネス用途でも使えるほどの性能がある最新11世代Core i3、Core i5が選べます。Celeronは正直言うとかなり控えめな性能ですが、あまりパソコンを使用しない人であればそこまでストレスを感じることもないかもしれません。

メモリは最大8GBと普段使いであれば十分な容量で、メモリスロットが2つあるので増設も可能です。ストレージはM.2 SSDというデータ転送速度が速いSSDが搭載で、パソコンの起動もデータのやり取りもサクサクできます。

先ほどCeleronは「かなり控えめな性能」と言いましたが、ストレージがSSDなので「HDDを使った機種」よりは全然快適に動作します。

また、Coreモデルを選んだ場合は内蔵グラフィックスがIris Xeなので、クリエイティブワークがしやすくなりますね。動画編集や画像編集などをする人は、Coreモデルを選んだ方がいいです。

低価格モデルにしては珍しく、WiFi6(Coreモデルのみ)に指紋センサーもあり、15.6型なのにたったの1.6㎏なので持ち運びもしやすいし、外出先でも使いやすいと思います。

公式サイト

旧モデルとの比較

HP 15s-fq2000と旧モデルの筐体<左/本機種・右/15s-fq1000>

旧モデルのHP 15s-fq1000との比較です。同じ筐体を使用しており、CPUが変わっただけです。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 15s-fq1000
CPU Celeron N4500
11世代Core
Celeron N4000
10世代Core
メモリ 8GB
ストレージ SSD 1TB SSD 最大512GB
ディスプレイ FHD IPS
無線 WiFi5/6 WiFi5
バッテリー 7.5時間 10時間
重量 1.6㎏
価格 4.6万円~ 5.2万円~

プロセッサーが第10世代から11世代に変わり、ストレージが最大1TB、そしてWiFi6に対応しました。最低価格は下がり性能は上がっていますが、バッテリー駆動時間が若干減っています。

プロセッサーの性能を表すPassmarkスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i5-1135G7  10098
Core i7-1065G7  9063
Core i5-1035G1  8010
Core i3-1115G4  6546
Core i3-1005G1  5188
Celeron N4500  1967
Celeron N4000  1411

 

ライバル機種

HP 15s-fq2000と比較機種の筐体<左から本機種・HP 15s-eq1000・Pavilion 15-eg0000>

本機種と似たような最新機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 15s -eq1000 Pavilion 15-eg
CPU Intel Celeron N4500
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Athlon 3050U
Ryzen 3 3250U
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 8GB 8GB 16GB
ストレージ SSD 1TB SSD 256GB SSD 1TB
グラフィックス UHD、Iris Xe Radeon UHD、Iris Xe
ディスプレイ FHD IPS FHD IPS FHD IPS タッチ
無線 WiFi5/6 WiFi6 WiFi6
バッテリー 7.5時間 11時間 8時間
重量 1.6㎏ 1.6㎏ 1.71㎏
価格 4.6万円~ 3.8万円~ 6.4万円~

注)価格は本機種以外はセール価格で、本機種は販売が開始したらセール価格での表示になると思います。

プロセッサーの性能を表すPassmarkスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i3-1115G4  6546
Ryzen 3 3250U  4117
Athlon 3050U  3201
Celeron N4500  1967

各機種の特徴です。

  • 本機種・・・超低性能、普通、高性能CPUが用意されており、いろいろなユーザーに合うラインアップ。可もなく不可もない普通のPC
  • 15s-eq1000・・・性能が低めのプロセッサー搭載で、ライトユーザー向け
  • Pavilion・・・上位モデルで上位スペックだが、価格はほぼ同じ。でも110g重たい

Windows 11

Microsoftが2021年6月にWindows 11を発表しました。今までのWindowsのアップデートと違い、全機種アップデートできるわけじゃなく、以下の要件を満たした機種のみになります。

  1. 1GHz以上で動作する複数コアを搭載した64bitCPU
  2. メモリ4GB以上
  3. ストレージ64GB以上
  4. DirectX 12サポート
  5. 9インチ以上720p以上の解像度
  6. Microsoftアカウント
  7. ネット接続
  8. UEFIによるセキュアブートをサポート
  9. TPM 2.0

一番性能が低いCeleronモデルでも、上記すべて満たしています。

メリット・デメリット

良い点

・15.6型にしては軽い
・CoreモデルはWiFi6対応
・HPシリーズ初のTPM搭載機種で、Windows 11に対応できるスペック

残念な点

・キーボードにバックライトがあれば良かった

本機種はこの価格帯の機種としては、特に不満もない普通のスペックだと思います。

HP 15s-fq2000の特徴

HP 15s-fq2000 正面

HPシリーズと言えば低価格モデルなのですが、本機種はベゼル(画面の黒い枠)も細く安っぽさがないですね。画面占有率は82%で、悪くないと思います。

寸法は

幅358㎜(一万円札2枚+4㎝)
奥行242㎜(一万円札1.5枚/240㎜)
高さ17.9㎜(一円玉/20㎜)

とほぼ同じで、重さは15.6型としては軽めの1.6㎏になります。

公式サイトでは暗に持ち運びに向いていないような記述がありますが、コンパクトで軽量なので持ち運びが多い人でも使いやすいと思います。先日レビューをしたHPの14型Chromebookも1.6㎏だったので、15.6型で同じ重さはすごいと思います。

HP 15s-fq2000のカラー

カラーはナチュラルシルバーとモダンゴールドの2種類になり、Celeronモデルはナチュラルシルバーのみです。HPはカラーが選べるので、うれしいですね。

HP 15s-fq2000 右側面

筐体のエッジは丸みを帯びていて、優しい印象を与える外観です。

HP 15s-fq2000 背面

天板にはHPのロゴがあり、シンプルな見た目です。

キーボード

HP 15s-fq2000のキーボード

キーボードはテンキー付きですが、バックライトは付いていないようです。キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は18.7×18.7㎜でと比較的余裕があり、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と普通なので、タイピングはしやすいと思います。

HP 15s-fq2000の指紋センサー

また、指紋センサーも搭載しているので、サインインも速いし、セキュリティ的にも安心ですね。

CPU

製造プロセス コア/スレッド
キャッシュ
グラフィックス ベースクロック
シングルコアターボ時
TDP
Core i5-1135G7 10nm
SuperFin
4/8
8MB
Iris Xe 2.4GHz
4.2GHz
28W
Core i3-1115G4 10nm
SuperFin
2/4
6MB
UHDグラフィックス 3GHz
4.1GHz
28W
Celeron N4500 10nm 2/2
4MB
UHDグラフィックス 1.1GHz
2.8GHz
6W

プロセッサーは最新の第11世代で、Core i5を選んだ場合はグラフィック性能が高いIris Xeになります。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i7-1065G7  9063
Core i5-1035G1  8010
Core i3-1115G4  6546
Ryzen 3 3250U  4117
Athlon 3050U  3201
Celeron N4500  1967

Celeronはかなり控えめな性能ですが、Coreシリーズはビジネス用途でも快適に使えるほどの性能です。

グラフィックス

グラフィック性能が高いとOfficeワークや複数画面での作業、クリエイティブワークがしやすくなります。スペックによって性能は変わるので、下グラフは参考値として見てください。

Video Card Benchmarks

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

MX450 3715
Core i7-1165G7  3681
Core i5-1135G7  2898
MX250  2582
Core i3-1115G4  2118
Ryzen 7 4700U  2066
Iris Plus  1859
UHD  888

グラフィック性能は特殊なことをしない人であれば、気にしなくて大丈夫です。もし、画像編集などをするという人は、Core i5がおすすめです。

ディスプレイ

HP 15s-fq2000のディスプレイ

ディスプレイは低価格モデルにしてはうれしい、FHD IPS液晶になります。上位モデルと同じディスプレイで、解像度も高く視野角も広いので、見やすいディスプレイです。

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

Coreモデルの搭載メモリはDDR4-3200MHzで、CeleronモデルはDDR4-2933MHzです。この動作周波数が高いとより早くデータ処理ができるので、高速表示になります。3200MHzは現行最高周波数なので、激速です!

また、メモリスロットが2つあるので、メモリの増設も可能です。

ストレージ

SSD(PCIe NVMe) HDD
最大データ転送速度 最大16Gbps~32Gbps 最大6Gbps(SATAの場合)
平均起動時間 10秒~15秒 30秒~2分
温度 熱くなりにくい 熱くなりやすい
価格 高い 安い

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

本機種にはM.2 SSD PCIe NVMeが搭載で転送速度が速いので、パソコンの起動もデータ移動もサクサクです。

ちなみにCeleronモデルを選んでもストレージがSSDなので、比較的快適に使えると思います。

セキュリティ

セキュリティには、Windows 11必須のTPM 2.0が搭載です。TPM(トラステッド・プラットフォーム・モジュール)は独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できます。

他にも、Windows標準搭載のWindows Defenderと言うマルウェアやフィッシングなどのウイルスセキュリティがあるので、安心して使えます。

WiFi6

次世代通信規格のWiFi6に対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。今まで5GHzにしか対応していなかった周波数が、2.4GHzと5GHzと2バンドに対応しており、また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、カフェなどの混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

ただし、CeleronモデルはWiFi5になります。

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は、最大7.5時間になります。HPの普段使いモデルでは普通ですが、一日外出するような場合は充電アダプターやモバイルバッテリーの持ち運びが必要な人もいると思います。

インターフェイス

HP 15s-fq2000 左側面

左側面インターフェースは電源、USB-Aが2つです。

HP 15s-fq2000 右側面

右側面インターフェースはSDカードリーダー、ヘッドフォン/マイクジャック、USB-C、HDMIになります。

全てのUSBの最大転送速度は5Gbpsになり、USB-Cには映像出力機能などはありません。

低価格モデルでUSB-Cがあるので、上出来だと思います。

サポート・保証

HPでは「1年間の使い方サポート」と「1年間の引き取り修理保証」が標準でついていて、電話やLINE、ツイッターでもサポートをしています。購入時に詳しく書かれた「パソコン入門」もあるので、初めてパソコンを買う人でも設定から使い方まで、分かりやすいと思います。

また、保証は最長3年まで延長でき、引き取り修理じゃなく出張修理もあります。

引き取り修理・・・指定業者がパソコンを引き取りに来て修理工場に配送、修理後配達される(期間内はパーツ代や配送代など無料)
出張修理・・・家や事務所に来て現場で修理。期間内は交換パーツ代など無料

まとめ

低価格・低性能モデルから、ビジネス用途でも使える性能のモデルがあり、個人的にきれいにまとまった構成だと思います。価格が価格なので高望みできませんが、特にマイナスポイントもなくしっかりした印象がありますね。

言い換えるとあまり特徴がなく、価格も性能も「普通」です。これが良いか悪いかは求めているスペックによりますが、普通に使える普通の性能のノートパソコンを探しているなら、本機種は候補に入ると思います。

公式サイト