HP Pavilion Plus 14-ehのレビュー 2.8K OLED液晶搭載普段使いモデル


2.8K OLED液晶搭載で、インテル12世代HシリーズのCPU搭載の高性能機種です。

全体的に標準以上のスペックで、普段使い用としてはかなり高品質モデルです。ディスプレイの品質が特に高いので、画像編集をしたり、映画を頻繁に見たりする人に合います。

もちろん、スペック的にはビジネス用途でも使えるので、頼もしい機種です。

当サイトの評価はこのようになりました。いろいろと良い点が多い機種ですが、バッテリー駆動時間が短いので、全体の評価を大きく落としました。

スペック 4.5 out of 5 stars
コスパ 4.2 out of 5 stars
総合評価 4.4 out of 5 stars

 

特別にHP様より本サイト専用の割引クーポンを作っていただき、「税込み13.2万円以上の個人向けモデル」を購入した場合は、割引価格からさらに7%OFFになります。 こちらの割引クーポンもどうぞ。

金土日限定、週末セールの対象機種はこちらをどうぞ。

HP Pavilion Plus 14-ehのスペックレビュー

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィクス
ディスプレイ(14型) 2.8K(16:10) OLED 光沢あり 400nit
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.3
オーディオ B&O Play
生体認証 指紋センサー
Webカメラ HP Ture Vision 500万画素
寸法(幅×奥行×高さ) 314 × 225 × 16.9㎜
重さ 1.33㎏
バッテリー 最大8時間
保証 1年間
価格 13.4万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは最新のインテル第12世代が搭載で、ハイパフォーマンスのHシリーズが搭載です。通常版のPシリーズや省電力モデルのUシリーズよりも高い性能になります。

メモリはDDR4-3200MHzで、オンボード16GBになります。せっかく12世代CPUを搭載しているので、最新のDDR5が搭載だったらうれしかったですね。

ストレージはSSD PCIe NVMeで、データ転送速度も速く、パソコンの起動は約10秒です!

ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、高精細な2.8K解像度、そしてOLED液晶とクリエイター向けの品質ですね。

HPでは画面アスペクト比が16:10の機種は少なく、同業他社は16:10ディスプレイをどんどん投入してきているので、そろそろ標準化してほしいですね。執筆時現在、HPで16:10のディスプレイは本機と、Pavilion Aero 13-beの2機種のみです。

パソコンのコア性能はぼちぼち高く、普段使い用途としては十分な性能です。クリエイターやビジネス用途としては、こだわり派には若干マイナスポイントもありますが、悪くないと思います。

その他のスペックは、Windows 11 Home搭載、Wi-Fi 6対応、指紋センサー搭載となっています。

クリエイターやビジネス用途での使用は「悪くない」と言いましたが、それは、バッテリー駆動時間が8時間と短め(実働半分くらい)で、インターフェイスはまぁまぁありますが、Thunderbolt 4やSDカードリーダーがない、そして、14インチで1.33㎏と標準的な重さです。

あくまで、普段使い用途がメインですが、画像編集などのクリエイティブワークや仕事を家でする場合は、十分なスペックだと思います。

 

 

公式サイト

 

2022年のトレンドと比較

2022年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、-/未確認、×/なし)

12世代CPU DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
×
Wi-Fi 6 sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
Thunderbolt 4 生体認証 重量1.2㎏前後 バッテリー14時間以上
× × ×

普段使いモデルとしては多くの項目を満たしていますが、価格が価格なのでもうちょっと丸が多くてもよかったですね。まぁ、価格が高い原因はOLED液晶なので、しょうがないです。

 

 

旧モデルとの比較

Pavilion Plusは2022年に初めて登場した機種で、旧モデルはありません。

 

 

Pavilion Plus 14-ehの特徴

HP Pavilion Plus 14-eh0000 正面

コンパクトな筐体で、ベゼル(画面の黒い枠)は細めですね。ディスプレイの画面占有率は、87%と悪くないです。

筐体はかなりコンパクトで、寸法は

・幅 314㎜
・奥行 225㎜
・高さ 16.9㎜

と、A4サイズ(210㎜×297㎜)よりも一回り大きいくらいです。

 

HP Pavilion Plus 14-eh0000 ディスプレイを閉じた状態 正面

厚さは16.9㎜と薄く、掴みやすいサイズですね。ただし、重量は1.33㎏と標準的です。

 

HP Pavilion Plus 14-eh0000 背面

Pavilion初のフルメタルボディーで、質感や堅牢性も高く、高級感があります。カラーはウォームゴールドで、暖かみのある色です。

 

HP Pavilion Plus 14-eh0000 左斜め前から

筐体は前に行くにつれて細くなっており、より細さが際立ちますね。

 

HP Pavilion Plus 14-eh0000 指紋センサー

指紋センサーも搭載しているので、サインインは一瞬です。

 

 

Webカメラ周り

HP Pavilion Plus 14-eh0000 Webカメラ

WebカメラはHP True Vision 5MPが搭載で、500万画素と高画質です。

一般的なPCに搭載されるWebカメラはHD画質で92万画素、ここ最近増えてきたFHD画質は207万画素、そして4Kは829万画素なので、本機の500万画素はかなり高画質です。

Web会議が多い人や、ビデオ通話をよく使う人など、相手に高画質の自分が映し出されるので、印象もアップしますね。

オーディオはデンマークの老舗高級オーディオブランドのバング&オルフセンで、マイクはAIノイズリダクション機能付きのデュアルマイクとなっています。

 

キーボード

HP Pavilion Plus 14-eh0000 正面

キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は18.7×18.4㎜で、窮屈じゃない幅があります。また、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と薄型PCにしては深いので、タイピングしやすいと思います。

 

CPU

Core i5-12500H Core i7-12700H
製造プロセス 10nm
Pコア 4 6
Eコア 8
スレッド 16 20
キャッシュ 18MB 24MB
ターボブースト 4.5GHz 4.7GHz
Pコア最大周波数 4.5GHz 4.7GHz
Pコア基本周波数 2.5GHz 2.3GHz
Eコア最大周波数 3.3GHz 3.5GHz
GPU実行ユニット 80 96
ベースパワー 45W
Maxパワー 95W 115W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

こちらはCPUの性能を測るPassmarkスコアです。

スコアの目安

  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途で使ってもストレスを感じることはあまり無い
  • 10000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-12900H  29773
Core i7-12700H  27754
Ryzen 9 6900HS  24820
Ryzen 7 6800H  23308
Core i5-12500H  23156
Core i7-1280P  22897
Ryzen 7 5800H  21981
Core i7-11800H  21652
Core i7-1270P  19915
Core i7-1260P  18771
Core i9-10855H  15964
Core i7-1165G7  10620

ビジネス用途で使うときの目安スコアは7000以上ですが、本機搭載CPUは2万以上とかなり高い性能です。すごいですね。

排熱効率を高めるために、筐体内部にファンが2つあり、ヒートパイプもあります。

 

次はCinebench R23のスコアで、CPUの3DCGレンダリング性能を測定します。一般的に、3Dレンダリングやエンコードはマルチコア、モデリングやCAD、編集中、ゲームはシングルコアを重視します。

マルチコアは8000を、シングルコアは1500を超えるとかなり高い性能です。

マルチコアシングルコア

Cinebench R23 マルチコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-12700H  16745
Core i9-12900H  16555
Ryzen 9 5900HX  13875
Ryzen 7 5800H  12969
Core i9-11950H  12836
Core i9-11900H  12345
Core i7-11850H  12345
Core i7-11800H  12180
Ryzen 7 5800U  11203
Ryzen 5 5600H  9974
Core i7-1165G7  6070

Cinebench R23 シングルコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i9-12900H  1917
Core i7-12700H  1806
Core i9-11950H  1574
Core i9-11900H  1540
Core i7-1185G7  1538
Core i7-11850H  1517
Core i7-1165G7  1504
Core i7-11800H  1492
Core i5-11500H  1492
Core i5-1240P  1488
Ryzen 9 5900HX  1478
Ryzen 7 5800U  1478

 

 

ディスプレイ

HP Pavilion Plus 14-eh0000 正面

解像度 光沢 液晶 輝度
2.8K あり OLED 400nit
リフレッシュレート 色域 アスペクト比 その他
90Hz sRGB 100% 16:10 Eyesafe認定

解像度は2880 × 1800ドットと高精細で、OLED(有機LED)液晶が搭載です。公式サイトにはsRGB 100%とDCI-P3 100%と2種類記載されており(ミスだと思いますが)、どちらにしても広い色域です。一応、海外の同じ製品はDCI-P3 100%だったので、これかなと思いますが、現在確認中です。

DCI-P3 100%はすっごく鮮やかな色彩で、デジタルシネマ規格です。動画編集などに向いた色域で、正確な色を再現できます。sRGB 100%は画像編集に向いた色域で、さすがにDCI-P3 100%と比べると色彩が落ちますが、一般的なPCに搭載されるNTSC 45%と比べると段違いにきれいな色です。

また、ディスプレイの画面アスペクト比は16:10と縦に長く、アスペクト比16:9の15.6インチ以上の情報が表示されています。(ズームすると分かりやすいです)

輝度も400ニトとかなり明るいので、屋外で使うことがある人でも使いやすいです。

また、OLED液晶は完全な黒を再現できる液晶で、より引き締まったシャープな描写になります。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはDDR4-3200MHzで、オンボード・最大16GBになります。ここ最近、8GBメモリのPCは何もしてなくても40%ほどメモリを使用しているので、余裕があれば16GBがおすすめです。

ただし、普段使いモデルだからしょうがないですが、せっかくインテル12世代CPUを搭載しているので、メモリも最新のDDR5やLPDDR5にしてくれたらうれしかったですね。

 

 

ストレージ

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

高速モデルのM.2 PCIe NVMe SSDが搭載で、起動時間はわずか10秒とのことです。電源を押したらすぐに起動するので、待たずに使い始めることができます。

 

 

Wi-Fi 6に対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は、最大8時間と短めです。通常作業で輝度も上げていたら、ここまでもたないので、外出時はACアダプタを持ち歩いた方がよいです。

 

インターフェイス

HP Pavilion Plus 14-eh0000 右側面インターフェイス

右側面インターフェイスはUSB Type-C 10Gbps((Power Delivery、DisplayPort 1.4、電源オフUSBチャージ機能対応)が2つ、HDMI 2.1、そしてUSB 5Gbpsになります。

HP Pavilion Plus 14-eh0000 左側面インターフェイス

右側面はヘッドフォン/マイクコンボ、USB 5Gbps、そしてmicroSDカードリーダーです。

Thunderbolt 4はないですがUSB Type-Cが2つあり、USB-Aも2つあるので、使い勝手は悪くないと思います。

ただし、クリエイティブワークをする人が買いそうな機種なので、SDカードリーダーがあればもっとよかったですね。

 

公式サイト

 

サポート・保証

HPのサポートと保証

HPでは「1年間の使い方サポート」と「1年間の引き取り修理保証」が標準でついていて、電話やLINE、ツイッターでもサポートをしています。

購入時に詳しく書かれた「パソコン入門」もあるので、初めてパソコンを買う人でも設定から使い方まで、分かりやすいと思います。また、保証は最長3年まで延長でき、引き取り修理じゃなく出張修理もあります。

  • 引き取り修理・・・指定業者がパソコンを引き取りに来て修理工場に配送、修理後配達される(期間内はパーツ代や配送代など無料)
  • 出張修理・・・家や事務所に来て現場で修理。期間内は交換パーツ代など無料

 

ライバル機種

 

HP Pavilion Aero 13-be1000
HP Pavilion aero 13-be1000たったの957gで、価格は9.2万円からと、HPで1,2を争うほどコスパが高い機種です。スペックも高めで、ディスプレイは画面アスペクト比が16:10と縦に長く、13.3インチでも14インチ以上の情報が表示されます

CPU Ryzen 5 5625U
Ryzen 7 5825U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(13.3型) WUXGA IPS 400nit sRGB 100%
その他 Wi-Fi 6、指紋センサー
重さ 957g
バッテリー 11時間
価格 9.2万円~

レビュー

 

Lenovo Yoga 770i 14
Lenovo Yoga 770i(14型 第12世代インテル)本機種と似たようなディスプレイで、2.8K OLED液晶です。ただし、CPUやメモリなどのスペックも2022年最新で、2 in 1 PC、そしてEvoプラットフォーム認証を得た特別な機種です。

CPU Core i5-1240P
Core i7-1260P
メモリ 最大16GB
ストレージ 最大 1TB SSD
ディスプレイ(14型) 2.8K OLED 10bit(最大10.74億色) DCI-P3 100%
無線 Wi-Fi 6E
その他 Evo、顔認証、1080p Webカメラ、ドルビーアトモス対応、スピーカー×4、Lenovoデジタルペン付属
重さ 1.42㎏
バッテリー 約12時間
価格 14.8万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・コンパクトで持ち運びがしやすい
・オールメタルボディでおしゃれ・傷もつきにくい
・画面比が16:10で、14型でも15.6型以上の情報が表示される
・ディスプレイが高品質
・CPUが最新のHシリーズで超高性能
・USB Type-Cが2つあり、映像出力機能やPowerdelivery機能に対応
・WEBカメラが超高画素
・指紋センサー搭載でサインインが楽

 

残念な点

・バッテリー駆動時間が短い
・インターフェイスは普通だが、ビジネス用途やクリエイターにはちょっと使いにくい時があるかも

 

総合評価

CPU性能やディスプレイの品質、そしてWEBカメラの品質はかなり高く、そのほかの機能・性能も標準以上と、快適にいろいろな作業ができる機種です。

画面アスペクト比が16:10で15.6インチ並みの情報が表示でき、外出先でも作業がしやすいです。ディスプレイが高品質なので、映画を見たり、画像編集をしたりといった使い方に特に合います。

重さは1.33㎏と標準的で、そこまで持ち運びに困らないと思います。

細かな点を除けば、スペック的には十分なのですが、バッテリー駆動時間が短いので、外出が多い人は荷物(ACアダプタ)がもう一つ増えるのがデメリットです。

 

 

公式サイト