Lavie NEXTREME Carbonのレビュー

Lavieの新モデルでNEXTREME Carbonのレビューです。Lavie最高峰のスペックに画面縦横比は16:10と縦に長く、最軽量モデルは860gとなっています。通常、13インチで1㎏を切ると「超軽量モデル」ですが、本機は14インチでディスプレイも大きな16:10でこの軽さを実現しています。

 

  NEC Lavieでは10月11日まで決算セール ファイナル行っており、多くのセット割があり、さらに周辺機器などのプレゼントもあっています。このチャンスをお見逃しなく!

Lavie NEXTREME Carbonのスペックレビュー

Lavie NEXTREME Carbon 正面上から

CPU Core i5-1155G7
Core i7-1195G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS液晶 ノングレア
OS Windows 11 Home/Pro
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5、5G LTEあり
オーディオ インテルハイディフィニションオーディオ、ヤマハ製AudioEngine
生体認証 顔認証、指紋センサー
Microsoft Office Office Home &Business 2021搭載可能
寸法(幅×奥行×高さ) 313×218×17.5㎜
重さ 870g~
バッテリー 最大約24時間
保証 1年間
価格 20.7万円~

<性能評価>

 

<動作評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUには、11世代CPU上位モデルのCore i5-1155G7かCore i7-1195G7が搭載で、どちらもPassmarkスコア1万越えのハイエンドCPUになっています。かなり性能が高いので、困ることもないと思います。

例えばビデオ会議をしながらWordやエクセルを使い、デュアルモニターにして資料を表示したりと、マルチタスクもサクサクです。

メモリはLPDDR4Xが搭載で、8GBと16GBモデルになります。ここがちょっと癖のある個所ですが、8GBモデルは

・Thunderbolt 4とバックライトキーボードなし
・標準バッテリー搭載だと最大15時間のバッテリー駆動時間

になります。まぁ、このクラスのパソコンなので、今後を見据えて16GBが良いですが、8GBモデルを購入する方はこの点にご注意を。

ストレージは、最新で最高速度のSSD PCIe 4.0×4が搭載です。最高シーケンシャル速度が7000MB/秒ほどあるので、今までの機種と比べ、データ移動もパソコンの起動も激速です。

ディスプレイはFHD解像度ですが、画面縦横比が16:10と縦に長く、より多くの情報が表示できるようになっています。しかも、画面が大きくなったのに、14型で最軽量モデル870gと軽量で、一番重たいモデルでも953gと軽いです。

これだけ軽く高性能ですが、耐久性も高く、米軍の物資調達規格であるMILスペックに準拠した8つの耐久テストをクリアしており、76㎝からの落下試験もパスしている優れものです。

総合的に見て、今後のモバイルノートの指標になるようなスペックだと思います。

 

公式サイト

旧モデルとの比較

Lavie NEXTREME CarbonとPro Mobileの比較<左/本機種・右/Pro Mobile>

本機は新しいモデルなので旧モデルはありませんが、一番近いLavie Pro Mobile 2021(13.3インチ)と比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Pro Mobile
CPU Core i5-1155G7
Core i7-1195G7
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 16GB 16GB
ストレージ SSD 2TB SSD 1TB
ディスプレイ
画面縦横比率
14型 WUXGA IPS
16:10
13.3型 FHD IPS
16:9
無線 WiFi6、5G LTE WiFi6、5G LTEあり
バッテリー 24時間 20時間
重量 870g~ 842g~
重量 313×218×17.5㎜ 307.2 × 216 × 16.9㎜
価格 20.7万円~ 20.9万円~

一番大きな特徴は、本機は14型で画面縦横比率が大きいのに、13.3インチのPro Mobileと大きさがほとんど変わらない点です。

Lavieって伝統的(?)に上下のベゼル(画面の黒い枠)が太かったのですが、NEXTREME Carbonは4辺が狭いので、13インチなみのサイズです。13.3型のPro Mobileより幅+5.8㎜、奥行き+2㎜、厚さ+0.6㎜です。

もちろん、CPUも上位モデルが搭載で、性能も上がっています。

こちらは、プロセッサーの性能を表すPassmarkスコアです。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1195G7  11326
Core i5-1155G7  10812
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098

 

本機搭載のCPUは上位モデルなので、通常版よりも若干高い性能ですね。

 

Lavie NEXTREME Carbonの特徴

Lavie NEXTREME Carbon 正面

ちょこっと先述しましたが、Lavieってベゼル(画面の黒い枠)が結構太かったのですが、NEXTREMEになり上下左右4辺のベゼルが細くなったので、洗練された外観になっています。

今の技術じゃベゼルを細くすることはそんなに難しいはずじゃないんですけど、おそらく戦略上の選択で今まで細くしなかったと思います。本機種は、今までうっぷんを抱えていた顧客に受け入れられる仕様ですね。

ベゼル上部は左右下に比べ若干太いですが、上部にはWebカメラと顔認証用のIRカメラ、そして物理シャッターのプライバシーシャッターがあるのでこうなっています。

Lavie NEXTREME Carbon 側面

ベゼルが細くなったので14型と言えどコンパクトで、

・幅313㎜(1万円札2枚分/320㎜)
・奥行き218㎜(1,000円札1.5枚分/225㎜)
・高さ17.5㎜(1円玉の直径/20㎜)

となっています。A4サイズ(297㎜×210㎜)よりほんのちょっと大きいだけです。また、先ほど比較したように、13.3インチモデルのLavie Pro Mobileより幅+5.8㎜、奥行き+2㎜、厚さ+0.6㎜となっているので、ほぼ13インチクラスの寸法になっています。

Lavie NEXTREME Carbon 側面 (2)

厚さも17.5㎜とほどほどに薄く、重さはモデルによって変わりますが、一番重たいものでも953gと1㎏を切る重量です。

・Core i5モデル(Thunderbolt 4・バックライト無し/標準バッテリー)870g
・Core i5モデル(Thunderbolt 4・バックライト無し/大容量バッテリー)923g
・Core i7モデル(Thunderbolt 4・バックライトあり)931g
・Core i7モデル(Thunderbolt 4・バックライトあり・5G LTEモデル)953g

注)5G LTEモデル以外は3G・4G選択可能

これだけ軽いと、持ち運びが苦痛じゃないですね。

 

Lavie NEXTREME Carbon 背面

なぜこれだけ軽いかと言うと、天板と底面に人工衛星やF1に使用されるカーボン素材を使用しているんです。また、天板には東レが開発した新構成カーボンを使用しており、剛性や熱伝導性が高く、丈夫で放熱しやすいという特徴があります。

また、米軍の物資調達規格であるMIL-STD 810Hに準拠する8つのテストをクリアしており、面加圧150kgfと76㎝からの落下試験もクリアした耐久性があります。

生産管理もこだわりがあり、国内の自社工場で開発・生産、そして設計品質検査に出荷検査など多くのチェック体制が整っています。

丈夫で軽量、そして日本生産と、安心して使うことができます。

Lavie NEXTREME Carbon 天板

天板にはシンプルにLavieのロゴがあるだけです。シンプルイズベスト派としては、嬉しいです。

カラーは2種類あり、ベールゴールドとメテオグレーになります。電源ボタンには指紋センサーが統合されており、顔認証カメラもあるので、マスクをしていてもサインインが簡単にできます。

ビジネスモデルなのでカメラや音響にもこだわっており、カメラは1080p FHD解像度(ほぼすべてのノートパソコンは720p HD解像度)と高品質、そして音量を均一にしたりスピーカー(2W×2)から聞こえる範囲を変更できる「ミーティング機能」も搭載しています。

Evoプラットフォーム認証

Evoプラットフォームは以前Engineered For Mobile Performance(エンジニアのためのモバイルパフォーマンス)という認証だったのですが、インテル第11世代CPUから名称が変わりました。

11世代CPUを搭載していたらEvo認証を得るわけじゃなく、下記項目を満たす「ハイスペックなノートパソコン」のみがEvo認証を得ることが出来ます。

  • Iris Xeグラフィックス搭載の第11世代CPU搭載機種
  • アプリケーションを高速かつ高レスポンスで使える
  • AI推論も高速で使える
  • 電源を問わずにレスポンスが良い事
  • 9時間以上のバッテリー駆動時間
  • フルHD以上
  • 1秒以内でスリープから復帰
  • 30分の充電で4時間駆動
  • WiFi6対応
  • Thunderbolt 4搭載
  • ノートパソコンであること

本機では公式サイトには「XC950/DAG、XC750/DAシリーズ」がEvoプラットフォーム認証だと記載されているのですが、これって量販店モデルなんですよね。と言うことで、サポートに問い合わせてみました。

サポート曰く、「XC950/DAG、XC750/DAシリーズと同じ構成にしたらEvoである」と言うことなので、「Core i7、メモリ16GB、Thunderbolt 4搭載」モデルを選ぶとEvo認証付きになります。

 

Evoプラットフォームの特徴

また、Evoプラットフォーム認証の機種は、Microsoft Officeのパフォーマンスが最大52%向上、ビデオ会議中のOfficeの生産性が41%アップ、Adobe CCによる動画編集が最大2.5倍高速化などと、今までとは一味も二味も違う機種になっています。

 

キーボード

Lavie NEXTREME Carbon キーボード

キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は19㎜と、余裕をもってタイピングできる幅があります。また、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.5㎜と浅すぎず深すぎずですが、キートップが湾曲したシリンドリカル形状に、キーボードに傾斜が付くリフトアップヒンジを採用しているので、タイピングがしやすい仕様になっています。

また、キーボードは静音設計になっており、静かにタイピングできます。

Fキー列には音量調節やマイクオフなどの機能があるので、ビジネス用途でより使いやすいと思います。

モデルによってはバックライトキーボードが無いものもあるので、暗がりで作業をする人はご注意を。

 

Mirametrix搭載

Glance by Mirametrixというセキュリティ機能が付いており、のぞき見検知や目の動きだけでマウスポインタ―の移動をしたりと、「あったらいいな」の機能が付いています。

 

プライバシーアラート

上のスクショはプライバシーアラートの画面ですが、左の画面には右上に人のマークがあり、これは「右後ろから誰かがのぞいていますよ」と言うサインです。この場合、画面にぼかしが入ります。

同じく右画面には左上にアラートが出ていますが、これは左後ろから覗かれていますよと言うサインです。

カフェや人が多いところで使う際に、役に立ちますね。

 

上位モデルのCPU搭載

Core i7-1195G7 Core i5-1155G7
製造プロセス 10nm
SuperFin
10nm
SuperFin
コア/スレッド 4/8 4/8
キャッシュ 12MB 8MB
グラフィックス Iris Xe Iris Xe
基本クロック 2.9GHz 2.5GHz
ターボブーストクロック 5.0GHz 4.5GHz
最大TDP 28W 28W

パソコンの頭脳であるCPUは、通常版よりも性能が高い上位モデルが搭載です。

通常、Core i7は1165G7が一般的ですが、この上にCore i7-1185G7があり、次に本機搭載のCore i7-1195G7になります(Core i5は1135G7→1145G7→1155G7)。

こちらはCPUの性能を表すPassmarkスコアです。

スコアの目安

  • 2000~・ネットサーフィンでもストレスを感じるほど
  • 5000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 7000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 10000~・ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1195G7  11326
Core i7-1185G7  10958
Core i5-1155G7  10812
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i7-1065G7  9063
Core i5-1035G1  8010

 

スコアが7000あればビジネス用途でも快適に使えますが、本機は1万オーバーのハイスコアなので困ることは無いと思います。LightroomやPhotoshopも使えるし、Officeアプリを使用しながらZoomを使ったり・・・、気にせずにいろんな作業ができます。

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Officeを使った作業や複数画面での作業などがしやすくなります。スコアがまだ判明していないですが、Core i7であればi7-1165G7より、Core i5であればi5-1135G7よりも高い性能になると思われます。

Video Card Benchmarks

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

MX450  3715
Core i7-1195G7  ??
Core i7-1165G7  3681
Core i5-1155G7  ??
Core i5-1135G7  2898
MX250  2582
Ryzen 7 5800U  2416
Ryzen 5 5500U  2326
Ryzen 7 5700U  2251
Core i3-1115G4  2118
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 4300U  1607

 

ディスプレイ

Lavie NEXTREME Carbon ディスプレイ

解像度 光沢 液晶
WUXGA なし IPS
WUXGA(1920×1200) フルHD解像度とほぼ同じだが、縦が長い分ドット数が多い
FHD フル・ハイディフィニション、一般的な画質で解像度は1920×1080ドット
光沢 光沢ありは発色が良い反面、自分や背景が映り込みしやすい。光沢無しは映り込みがしにくい
IPS液晶 コントラスト比が高く、視野角も広い

何度か言及していますが、通常のノートパソコンの画面縦横比は16:9ですが、本機は縦に長く16:10となっています。

縦に長いので、より多くの情報が一度に表示され、例えばExcelを使っているときに「上に下に」とスクロールしてデータを確認する作業も減ります。

ちなみにLavieでは初の「16:10」となっています。

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

搭載メモリはLPDDR4で8GBと16GBモデルがあります。先述しましたが、8GBモデルはThunderbolt 4がなくキーボードにバックライトもないです。今後長く快適に使うには、16GBがおすすめです。

 

最速ストレージ・PCIe 4.0搭載

PCIe 4.0 PCIe 3.0
シーケンシャル速度 最大約7000MB/秒 最大約4000MB/秒
平均起動時間 10秒~15秒
温度 熱くなりにくい

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

本機には最新のPCIe 4.0が搭載で、4.0は3.0の2倍の速さで設計されているのでかなり速いんです。PCIe 3.0×4は最大32Gbpsで、4.0×4は最大64Gbpsです。

夢のような速さです。

 

高速WiFi6対応

周波数 通信速度
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4/5GHz 300Mbps
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWiFi6(IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n)に対応しており、現在主流のWiFi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、カフェなどの混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

 

公式サイト

5G対応LTE

本機はnanoSIMもしくはeSIMで通信ができ、全てのモデルにLTE対応モデルがあります。

5G/LTE/3G LTE/3G
5Gバンド n77, n78, n79
LTE 1, 3, 8, 18, 19, 26, 28, 41,42
3G 1, 6, 8, 19

4Gの重要バンドです。

  • docomo・・・1,3,19,
  • au・・・1,18、26、41
  • softbank・・・1,3、8

5Gの重要バンドです。

  • docomo・・・77、78、79
  • au・・・77、78
  • softbank・・・77、78

大手3社の重要バンドをカバーしているので、安心して使えます。ちなみに、LTE用の格安SIM・eSIMなら、大手のIIJmioがおすすめですよ。

 

最長約24時間のバッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はかなり長く、これだけ軽量なのにすごいです。

・Core i5モデル(Thunderbolt 4・バックライト無し/標準バッテリー)約15時間
・Core i5モデル(Thunderbolt 4・バックライト無し/大容量バッテリー)約24時間
・Core i7モデル(Thunderbolt 4・バックライトあり)約24時間
・Core i7モデル(Thunderbolt 4・バックライトあり・5G LTEモデル)約24時間

標準バッテリー搭載モデルでも約15時間と長めですが、それ以外のモデルは全て最大約24時間になっています。

 

インターフェイス

Lavie NEXTREME Carbon 右側面インターフェース

右側面インターフェースはヘッドフォン/マイクジャック、USB-A 3.2 Gen 2、そしてHDMIです。

Lavie NEXTREME Carbon 左側面インターフェース

左側面インターフェースはセキュリティスロット、Thunderbolt 4が2つ、microSDカードリーダーです。

Thunderbolt 4非搭載モデルはUSB-C 3.2 Gen 2が搭載で、Display Port出力機能付きです。

ビジネスモデルで有線LANが無く、SDカードリーダーが無いのはデメリットになりかねないですが、Thunderbolt 4経由で有線LANアダプターを使えば使用可能です。

Thunderbolt 4の特徴です。

  • Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き(充電可能)
  • 最大データ転送速度40GB/秒が2mのケーブルでも出る(以前は0.8mまで)
  • PCIeの転送速度は32GB、ストレージ転送速度は最大3000Mbps
  • 4Kディスプレイ2台同時に出力可能
  • 8K出力にも対応
  • USB4.0規格に準拠
  • 100Wの電力供給

 

サポート・保証

標準保証で1年間の引き取り修理が付いており、NEC指定業者が指定住所に引き取りに来てリペアセンターに配送し、修理後に返送するサービスです。送料等は無料で、最短で1日で修理が完了します。(ただし配送期間があるので、手元に戻ってくるには最短数日かかります)

最長5年まで延長できるので、安心ですね。

また、アクシデントダメージプロテクションという「水濡れ・火災・水害・落下など」の通常保証には含まれない保証もある「あんしん保障サービスパック」という上位保証もあります。

サポートは24時間365日対応のチャットサポートや、使い方相談・故障診断・修理受付の電話サポートがあります。受付時間は朝9時から夜7時までになっています。

 

ライバル機種

Lavie NEXTREME Carbonと比較機種<左から本機種・ThinkPad X1 Carbon Gen 9・ThinkPad T14s Gen 2>

本機種と似たような機種との比較です。(メモリ・SSD・バッテリーは最大値。スマホの人は表を右にスクロールできます)

本機種 ThinkPad X1 Carbon Gen 9 ThinkPad T14s Gen 2
CPU Core i5-1155G7
Core i7-1195G7
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 16GB 32GB 32GB
ストレージ SSD 2TB SSD 2TB SSD 2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ FHD相当
画面比16:10
FHD、UHD相当
画面比16:10
FHD、UHD
画面比16:9
無線 Wi-Fi 6、5G LTE
バッテリー 24時間 26時間 23.6時間
重量 870g~ 1.13㎏ 1.28㎏
価格 20.7万円~ 17.2万円~ 13.1万円~

全てビジネスノートで、ThinkPad T14s以外はカーボン素材になります。見ての通りカーボン素材だとかなり軽量ですが、価格もそれなりに上がります。

Passmarkスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1195G7  11326
Core i5-1155G7  10812
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098

 

CPU性能は似たり寄ったりですが、本機搭載CPUは上位モデルなのでより高い性能になっています。

各機種の特徴

・本機種・・・上位CPU搭載で超軽量モデル。持ち運びが多く今のノートパソコンの重さに不満がある人にぴったり

・Lenovo ThinkPad X1 Carbon・・・同じくカーボン素材で軽量だが、Lavieより2~300gほど重い。全てのモデルにThunderbolt 4搭載なのでLavieの様に上位スペックを選ばなくても良し

・Lenovo ThinkPad T14s Gen 2・・・カーボン素材じゃないが14型で1.28㎏と軽量。スペック的には他のモデルとそん色ないが、低価格

 

まとめ

<性能評価>

 

良い点

・超小型軽量で持ち運びがしやすい
・カーボン素材でおしゃれ・傷もつきにくく耐久性も高い
・Webカメラが1080p FHD画質
・Wi-Fi 6に5G LTEもあり
・ディスプレイの画面縦横比が16:10と縦に長い
・ストレージがPCIe 4.0

 

残念な点

・有線LANがない
・SDカードリーダーがない

 

総合評価

現行ほぼ最高のスペックで、最軽量モデルが870gと信じられないほどの重量。それでいてMILスペックに準拠しているほどの耐久性があり、安心して持ち運びができます。

また、最大バッテリー駆動時間が24時間とロングランで、安心して高負荷な作業も外出先でできます。

約20万円からと安い機種ではないですが、このスペックで20万円ならば妥当な価格だと思います。

 

公式サイト