Lavie N15 2022年モデルのレビュー

Lavie N15 2022年夏モデル、2022年秋冬モデルのレビューです。

いろいろなスペックのモデルが用意されており、スペックによって筐体も変わったり、何よりも、超低性能モデルからハイスペックモデルまであり、全然違う機種にもなりえるので、細かく調べて購入しないと失敗するかもしれません。

当サイトでは違いを紹介しているので、参考にどうぞ。

本機の評価は、このようになりました。

スペック 3.1 out of 5 stars
コスパ 2 out of 5 stars
総合評価 2.8 out of 5 stars

スペックは中間点の評価で、低価格モデルは星2つ、高性能モデルは星4.2です。

  NEC Lavieでは12月26日まで「クリスマスセール」を行っており、多くの割引プランが用意されており、さらに周辺機器などのプレゼントもあっています。このチャンスをお見逃しなく!

Lavie N15 2022年モデルのスペック

CPU Celeron 7305
Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i5-1240P
Core i7-1260P
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB+HDD
グラフィックス 内蔵グラフィックス
インテルArc A350M
ディスプレイ(15.6型) HD/FHD スーパーシャインビュー液晶
FHD IPS液晶 スーパーシャインビュー
OS Windows 11 Home/Pro
通信 Wi-Fi 6E、ギガビットイーサネット
オーディオ ヤマハ製AudioEngine
生体認証 指紋センサー
光学ドライブ 無し
DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイディスクドライブ
WEBカメラ HD/FHD
寸法(幅×奥行×高さ) 362.4 × 254.7 × 23.7㎜
重さ 2.2㎏~
バッテリー 最大13時間
保証 1年間
価格 14.2万円~

<性能評価>

 

パソコンの頭脳であるCPUは、これ需要あるの?って思うほど低い性能のCeleronもありますが、インテル第12世代UシリーズとPシリーズが選べます。

Uシリーズは省電力モデルで、バッテリー駆動時間が伸びますが、性能はPシリーズよりも下がります。PCの持ち運びが多い人向けのCPUですね。

メモリはDDR4-3200MHzで、2スロット・最大32GBとなっています。

ストレージはSSDとHDDのデュアルストレージが可能で、SSDは最新のPCI Express 4.0になります。データ転送速度が速いモデルです。

ちなみにCeleronモデルにもSSD PCI Express 4.0が搭載ですが、CPUの動作が遅いので、恩恵を受けることはないと思います。

ディスプレイはちょっとややこしいですが、FHD IPS液晶のモデルと、FHD TN液晶があり、CeleronモデルにはHD TN液晶が搭載です。購入時にしっかりと確認をしないと、TN液晶なんかを買ってしまうかもしれません。と言うか、2022年にHD解像度のディスプレイは、あまり見ないですよね・・・。

グラフィックスはCPU内蔵ですが、一部のモデルにインテルArc A350Mが搭載しています。Officeワークをする人や、ちょっとした画像編集をする人に向いたビデオカードです。

全モデルWi-Fi 6Eに対応し、ギガビットイーサネット搭載、そしてIPS液晶のモデルはFHD解像度のWebカメラが、TN液晶のモデルはHD解像度になっています。

バッテリーは最大約13時間と長めですが、これはTN液晶モデルで大容量バッテリーを選択したときのみ、それ以外は約7時間~10時間ほどになります。

指紋センサーは標準で「なし」ですが、購入時にカスタマイズできます。

Core i搭載で、FHD IPS液晶のモデルであれば性能も標準~標準以上になり、がっつり使いやすいと思います。

ただし、Celeronモデルの価格が割引適用後で14万2010円ととんでもない価格になっており、比較的標準的なCore i5-1235U搭載モデルが19万3380円と同業他社の倍以上の価格になっています。

サポートなどが手厚いので、「倍の価格を払っても安心が買えるから」という人もいるかもしれないので、そういった人には合うのかなと思います。

 

 

公式サイト

 

2022年のトレンドと比較

2022年のノートパソコンのトレンドをまとめたので、本機がどのくらい満たしているか比較してみます。(〇/標準搭載、△/モデルによってはあり、×/なし)

12世代CPU DDR5 PCIe 4.0 アスペクト比16:10
× ×
Wi-Fi 6E sRGB 100%以上 輝度300nit以上 1080P Webカメラ
Thunderbolt 4 生体認証 バッテリー14時間以上
× ×

 

旧モデルとの比較

Lavie N15 2022年モデルと2021年モデル<左/本機種・右/2021年モデル>

旧モデルのLavie N15 2021年モデルとの比較です。(表のメモリ・SSD・バッテリーは最大値)

本機種 Lavie N15 2021年モデル
CPU Celeron 7305
Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i5-1240P
Core i7-1260P
Celeron 6305
Pentium Gold 7505
Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 32GB 32GB
ストレージ SSD(PCIe 4.0)+HDD SSD(PCIe 3.0)+HDD
GPU 内蔵、インテルArc A350M 内蔵
ディスプレイ HD/FHD IPS/TN FHD IPS/TN
無線 Wi-Fi 6E Wi-Fi 6
バッテリー 13時間 5時間
寸法 362.4 × 254.7 × 23.7㎜ 362.4 x 253.8 x 22.7㎜
重量 2.2㎏ 2.2㎏
価格 16.1万円~ 12.4万円~

変更点です。

・CPUが第12世代に
・SSDがPCI Express 4.0に
・GPUにインテルArcが追加
・HD画質が追加
・Wi-Fi 6Eに対応
・バッテリー駆動時間が倍以上に上がった
・寸法が若干大きくなった(が、同じ筐体を使用しているっぽい)

 

プロセッサーの性能を表すCPU markスコアです。

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1260P  18691
Core i5-1240P  17664
Core i5-1235U  13039
Core i3-1215U  10907
Celeron 7305  2665
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i3-1115G4  6546
Pentium Gold 7505  5414
Celeron 6305  2259

Celeronモデルは、Windows 11 Sモードじゃないと、使えたもんじゃないですね。。。でも、本機はSモードじゃないので、できません。

 

各モデルの比較

もう、別の機種として発売してもよかったような感じですが、各モデルの違う点のみまとめました。

Arc A350M搭載モデル 別モデル1 別モデル2
CPU Core i5-1240P
Core i7-1260P
Core i5-1235U
Core i7-1260P
Celeron
Core i3-1235U
Core i5-1235U
Core i7-1260P
ディスプレイ FHD IPS FHD TN
HD TN
GPU Arc A350M 内蔵
オーディオ ヤマハ製ステレオスピーカ 内蔵スピーカー
キーボード バックライト付き バックライト無し
Webカメラ FHD HD
最大バッテリー 10.5時間 6.5~12.5時間 7~13時間
バッテリー 1種類 標準/大容量
電源 90W 65W

また、Arc搭載モデルと他のモデルは、筐体側面も違います。

 

Levie N15 2022年モデル 後ろ側面

下がArc搭載モデルの背面です。

 

Levie N15 2022年モデル 右側面インターフェイス

こちらは、上がArc搭載モデルの右側面です。

Arc搭載モデルでDVDスーパーマルチドライブを選んだ場合は、外付けドライブになります。

 

Levie N15 2022年モデルの特徴

Levie N15 2022年モデル 正面

ベゼル(画面の黒い枠)は若干太めで、大きな筐体です。同業他社の15.6インチよりも奥行が2㎝ほど、幅と厚さは5㎜ほど大きいです。光学ドライブがあるので大きくなるのはしょうがないですが、光学ドライブ無しモデルも同じ大きさです。

寸法は、

・幅 362.4㎜
・奥行 254.7㎜
・高さ 23.7㎜

で、大きいですね~。ここ最近光学ドライブが付いたモデルはどんどんなくなっているので、Lavieではこのまま続けてほしいですね。

 

Levie N15 2022年モデル カラー

カラーはこれら4種類があり、無料で色を変更できます。人と同じ色を持つのが嫌いな人には、オリジナリティを出しやすいですね。

 

Levie N15 2022年モデル 背面

Lavieは日本国内生産で、自社工場で一貫した品質管理をしているので、セキュリティ上、安心して使えるモデルをお探しの人に合います。

 

Levie N15 2022年モデル 天板

天板にはシンプルなLavieのロゴがあります。

 

キーボード

Levie N15 2022年モデル キーボード

キーボードはテンキー付きで、下段にあるキーも2つを除き通常サイズなので、ミスタイプをしにくいと思います。

インテルArc A350M搭載モデルのみバックライトがついているので、他のモデルは暗がりで使うときは、タイピングしにくいです・・・。

キーピッチ(キーの中心から次のキーの中心までの距離)は縦横19㎜と幅広く、キーストローク(キーを押し込む距離)は1.7㎜と十分な深さがあります。

 

Levie N15 2022年モデル キートップ

1番のキーですが、キートップが湾曲している「シリンドリカル形状」を採用し、指に吸い付くようにタイピングができます。

2のタッチパッドは、静音・高精度タッチパッドです。

3の電源ボタンは、指紋センサーをカスタマイズから追加した場合は、電源ボタンと統合されるので、電源を入れたらサインインも完了します。

4のワンタッチスタートボタンは、電源のオンオフにかかわらず、設定したアプリケーションを起動できます。

 

Levie N15 2022年モデル リフトアップヒンジ

ディスプレイを開けるとキーボード面が持ち上がるようになる「リフトアップヒンジ」になっており、タイピングがよりしやすくなっています。

Lavieはキーボードの質が高いですね。

 

 

CPU

Core i7-1260P Core i5-1240P
Pコア 4
Eコア 8
スレッド 16 16
キャッシュ 18MB 12MB
Pコア最大周波数 4.7GHz 4.4GHz
Pコア基本周波数 2.1GHz 1.7GHz
Eコア最大周波数 3.4GHz 3.3GHz
GPU実行ユニット 96 80
ベースパワー 28W
最大パワー 64W
Core i5-1235 Core i3-1215U Celeron 7305
Pコア 2 1
Eコア 8 4
スレッド 12 8 5
キャッシュ 12MB 10MB 8MB
Pコア最大周波数 4.4GHz 4.4GHz
Eコア最大周波数 3.3GHz 3.3GHz
GPU実行ユニット 80 64 48
ベースパワー 15W
最大パワー 55W

CPUはPコア(Performance Core)とEコア(Efficient Core)の2つを搭載しており、高負荷な作業はPコアで処理を、低負荷な事はEコアで処理することによって、パワフルでも省電力性を兼ね揃えたCPUになっています。

また、Intel Thread Directorというハードコアが、命令をより効率よくPコアとEコアに割り当てて実行できるので、性能もかなり上がっています。

こちらはCPUの性能を測るCPU markスコアです。

 

スコアの目安

  • 7000~・web閲覧・動画視聴・Office資料作成があまりストレスなくできる
  • 10000~・ビジネス用途でがっつり使ってもストレスを感じることはほぼ無い
  • 14000~・ハイエンドPCに搭載される
  • 15000~ゲーミングPCや編集など専門的な機種に搭載されることが多い

CPU Markスコア

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1280P  22897
Core i7-1260P  18691
Core i5-1240P  17664
Core i5-1235U  13039
Core i3-1215U  10907
Core i7-1165G7  10620
Core i5-1135G7  10098
Core i3-1115G4  6546
Core i3-10110U  4052
Celeron 7305  2665

Celeronは先ほどから言っているように、確実に使いにくいのであまりお勧めしませんが、まぁ、何かをクリックして表示されるまでいくらでも待てる人なら、ストレスなく使えると思います。

 

グラフィックス

グラフィック性能が高いと、Office作業や画像編集などがしやすくなります。

こちらは書くCPUのグラフィック性能の比較です。

3D Graphics Mark

オレンジ色・・・本機種 青・・・比較

Core i7-1165G7  3681
Core i7-1260P  3263
Core i5-1135G7  2898
Ryzen 7 5800U  2416
Core i5-1240P  2326
Ryzen 5 5500U  2326
Core i3-1215U  2258
Ryzen 7 5700U  2251
Core i5-1235U  2196
Ryzen 5 5600U  2101
Ryzen 5 5625U  2021
Ryzen 3 5425U  1859
Ryzen 5 4500U  1818
Ryzen 3 5400U  1734
Ryzen 3 5300U  1606

 

 

ディスプレイ

Levie N15 2022年モデル 正面

ディスプレイは2種類あり、Arc搭載モデルと別モデル1がFHD IPS液晶で、別モデル2がFHD TN液晶とHD TN液晶があります。

なんかこうして見ると、FHD IPS液晶がプレミアム感があるディスプレイになりますが、2022年でいえば、最低限のスペックです。普通は(同業他社は)、FHD IPS液晶以上のディスプレイが選択でき、一番悪くてFHD IPS液晶なのですが、Lavieではちょっと感覚が違うみたいです。

16万円以上を払って、HD TN液晶が来たら、私だったら泣きます。。。

 

 

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはDDR4-3200MHzで、メモリスロット2つ・最大32GBになります。

最新じゃないですが、悪くないと思います。メモリの増量も比較的良心的な価格でできるので、大きくしたい人は購入時にカスタマイズ可能です。

 

 

ストレージ

ストレージはデータを保存するだけの場所じゃなく、パソコンの起動やWebサイトの表示速度にも影響があります。

ストレージは最新のPCI Express 4.0が全モデルに搭載で、高速データ転送速度があります。また、カスタマイズからHDDも追加できます。

こちらはシーケンシャル速度の、おおよその速度です。

シーケンシャルリード

オレンジ色・・・リード 青・・・ライト

PCIe 4.0×4  3000~7000MB/秒
 2000~5000MB/秒
PCIe 3.0×4  ~約3000MB/秒
 ~約2000MB/秒
HDD  600MB/秒
 200MB/秒

 

公式サイト

 

Wi-Fi 6Eに対応

対応周波数 速度
IEEE802.11ac
(Wi-Fi 5)
5GHz 6.9Gbps
インテルWireless-AC 9560 2×2(Wi-Fi 5) 2.4/5GHz 1.7Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6)
2.4/5GHz 9.6Gbps
IEEE802.11ax
(Wi-Fi 6E)
2.4/5/6GHz 9.6Gbps

次世代通信規格のWi-Fi 6に対応しており、現在主流のWi-Fi5より約40%最大通信速度が上がっています。また、一度に多くのデバイスに電波を飛ばせるようになったので、混雑した回線でも安定した通信が可能になっています。

Wi-Fi 6EはWi-Fi 6のExtended(エクステンディット)版で、6GHz帯(高速通信)での通信ができるのですが、執筆時現在の日本では6GHz帯はまだないので使えません。最大で5GHz帯になります。

 

 

バッテリー駆動時間

バッテリーはArcモデル以外は標準バッテリーか大容量バッテリーが選べ、最大約13時間のバッテリー駆動時間があります。

大容量バッテリーを選べば、持ち運びが多い人でも安心して使えますね。

 

 

インターフェイス

インターフェイスはあまり豊富じゃなく、すべて左側面に偏っていますが、光学ドライブがあるのでしょうがないですね。また、USB 3.2 Gen 2 Type-Cがあるので映像出力機能などがあるかと思いきや、なしです。データ移動以外の用途に使えません。

 

Levie N15 2022年モデル 左側面インターフェイス

左から電源コネクタ、RJ45、HDMI、USB 3.2 Gen 2 Type-C、USB 3.2 Gen 1が2つ、そしてヘッドフォン/マイクジャックになります。

データ転送速度はUSB-Cが10Gbps、USB-Aが5Gbpsになります。

 

 

サポート・保証

Lenovo サポートと保証

標準保証で1年間の引き取り修理が付いており、NEC指定業者が指定住所に引き取りに来てリペアセンターに配送し、修理後に返送するサービスです。送料等は無料で、最短で1日で修理が完了します。(ただし配送期間があるので、手元に戻ってくるには最短数日かかります)

最長5年まで延長できるので、安心ですね。

また、アクシデントダメージプロテクションという「水濡れ・火災・水害・落下など」の通常保証には含まれない保証もある「あんしん保障サービスパック」という上位保証もあります。

サポートは24時間365日対応のチャットサポートや、使い方相談・故障診断・修理受付の電話サポート(フリーダイヤル)があります。受付時間は朝9時から夜7時までになっています。

このサポートが、本機最大のメリットかもしれませんね。

 

 

ライバル機種

ライバル機種は、すべて光学ドライブなしです。内蔵光学ドライブがどうしても欲しい人はLavieが良いですが、外付けでもよいという人は、他の機種の方がおすすめです。

 

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテル

IdeaPad Slim 570i Pro 16 インテルLavieのすべてを上回っており、価格も大分安いモデルです。IdeaPad最高峰の機種で、Proと名が付くようにプロ向けの機種です。2.5K解像度にsRGB 100%の広色域、CPUやメモリ、SSDは最新モデルが搭載。そしてIdeaPadでは珍しくThunderbolt 4搭載です!16インチと大きいので、どこででも本格的な作業ができます。画面比が16:10と縦に長いので、17インチ以上の情報が表示されます

CPU Core i5-12500H
Core i7-12700H
メモリ LPDDR5 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
生体認証 顔認証
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 約1.95㎏
バッテリー 最大19.0時間
価格 10.9万円~

レビュー

 

IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)

IdeaPad Slim 170 15.6型 AMDCPUがRyzenですが、性能も高く、何よりも4万円台からとかなり安いです。こちらはTN液晶になりますが、Celeron並みのCPU+TN液晶となると、4万円台が妥当なところです

CPU Athlon Gold 3150U
Ryzen 3 3250U
Ryzen 5 3500U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD TN 光沢なし
OS Windows 11 Home
無線 WiFi5、Bluetooth 5.0
重さ 1.6㎏
バッテリー 最大約12時間
価格 4.1万円~

レビュー

 

ThinkPad X1 Carbon Gen 10

ThinkPad X1 Carbon Gen 10もし20万円以上のLavieを購入しようとお考えなら、ThinkPad最高峰の本機を確認してもよいと思います。最小構成でもハイスペックなCore i5-1240P搭載で、メモリは最新のLPDDR5-5200MHz、SSDはPCIe NVMe 4.0×4と、最新スペック満載のハイエンドビジネスノートです。全体的な性能が上がっており、ディスプレイ、カメラ、マイクにスピーカーも一味違った機種です

CPU Core i5-1240P/1250P
Core i7-1260P/1270P/1280P
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス Iris Xe
ディスプレイ(14型) WUXGA(1920×1200)/WQUXGA(3840×2400)
光沢なし
無線 Wi-Fi 6E AX211、Bluetooth 5.2、LTE
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.12kg
バッテリー 57wHr/最大24.9時間
価格 19.2万円~

レビュー

 

 

まとめ

良い点

・国内生産
・サポートが手厚い
・インテル第12世代CPU搭載
・SSDが最新のPCI Express 4.0搭載
・デュアルストレージ可能
・インテルArc搭載モデルあり
・Wi-Fi 6E対応
・キーボードが高品質

 

残念な点

・いまだにHD解像度のディスプレイを搭載しているモデルがある
・他社の2~4倍の価格
・多くのモデルがあり、細かくスペックが変わるのでわかりにくい
・インターフェイスが乏しい、低機能

 

総合評価

スペック的にはかなり低いものから、高性能モデルまであるので一概に言えませんが、Celeronモデル以外は普通に使うことができる性能です。

本機の価格設定は、市場の価格からかけ離れていますが、日本国内生産で、サポートも手厚いので、初めてパソコンを使うような人に合うんじゃないかなと思います。

 

 

公式サイト