ツクモ ゲーミングノートPC G-Gear noteの辛口レビュー・リフレッシュレートが60Hz?

ツクモのゲーミングノートはいくつかのシリーズで分かれており、比較的単純で選びやすいと思います。

グラフィックボードがエントリークラスのNVIDIA GeForce GTX 1650かミドルクラスのRTX 2060、そしてハイエンドモデルのRTX 2070 Superの3種類だけで、全てIntel製CPUになります。

種類が豊富とは言えませんが、RTX 2070 Super搭載のパソコンは比較的安く、コスパが高いと言えます。

ちなみにツクモはゲーマー以外にはあまり有名でないかもしれませんが、秋葉原中央通りの真っ黒のビルに緑でTsukumoと書かれたビルを見たことがある人は多いと思います。

創業自体は1947年(無線機器販売)、1977年にはApple Ⅱを販売スタート、2009年にヤマダ電機の子会社になりましたが、相変わらずツクモらしいPCをリリースしてゲーマーに人気のブランドです。

また、サポートも評判が良く、平日11時~19時、土日祝日も10時半~18時半まで電話サポートをしています。何かあったときにすぐに電話できるので、嬉しいですよね。

ツクモのゲーミングノートの種類とスペック

ツクモで使われているゲーミングノートパソコンは数種類あり、全て15.6型ですが、えらいぶ厚いものも有るので、持ち運びを考えている方は注意が必要です。

また、スペックはほぼ変更できません。用意されている機種からメモリとストレージの違いがあるだけで、その他のBTOパソコンよりカスタマイズ性は低いです。

シリーズ 寸法(幅・奥行・高さ/重さ) スペック 税込価格
N1546K-700/T
N1546K-710/T
361x258x27.9㎜
2.2㎏
Core i7-9750H
GeForce GTX 1650
メモリ8GB/16GB
SSD 256GB/512GB
FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート60Hz
10万9780円
12万780円
N1547K-700/T
N1547K-710/T
359x238x21.9㎜
1.85㎏
Core i7-10750H
GeForce GTX 1650
メモリ8GB/16GB
SSD 250GB/500GB
FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート60Hz 
10万9800円
11万9800円
N1573K-700/T
N1573K-720/T
361x258x27.9㎜
2.2㎏
Core i7-9750H
GeForce RTX 2060
メモリ16GB
SSD 256GB/512GB
FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート60Hz
完売
N1574K-700/T
N1574K-720/T
361x258x27.9㎜
2.2㎏
Core i7-10750H
GeForce RTX 2060
メモリ16GB
SSD 250GB/500GB
FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート60Hz
14万9800円
15万4800円
N1589J-710/T 359x258x29.9㎜
2.5㎏
Core i7-10875H
GeForce RTX 2070 Super
メモリ16GB
SSD 500GH
FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート144Hz
21万9800円

N1547Kシリーズ以外は、分厚いです。ほぼ全て3㎝に迫る高さです。価格も、ほどほどですね。

他のBTOのRTX 2060搭載ゲーミングノートと比べてみましょう。(比較しやすい様に、スペックを揃えた税込み価格を表示しています)

Lenovo legion 550PiLegion550Pi

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
363.1×259.6×23.6
2.3㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万3590円

Frontier XNFrontier XN

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
361x258x27.9㎜
2.25㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万4780円

Galleria laptopGalleria GCL206RGF-T

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
359x243x19.9
1.85㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万4978円

G-Gear note N1574Kは、厚さ27.9㎜、SSD 500GB(他機種は1TB)、リフレッシュレート60Hzで175780円(税込み)です。コスパが悪いし、ぶ厚いですね。

また、一番重要なリフレッシュレートですが、N1589J-710/T以外のリフレッシュレートは60Hzです!!

実際は公式ページに記載がないのでツクモに問い合わせたら、こんな感じで返信が来ました。ちなみに返信は当日でした。速い!でも受け答えに、あまり良い印象は受けませんでしたが・・・。

ツクモ G-Gear noteのリフレッシュレートをツクモに問い合わせたメール

という事は、RTX 2070 Super搭載のN1589J-710/T以外は購入する価値があまりない気がします・・・。(リフレッシュレート120や144Hz以上の外部モニターを、HDMI経由で繋いで使えば問題ないですが、それだとノートを買う意味が薄れるかも・・・)

リフレッシュレートとは1秒間に更新されるコマ数で、60Hzや144Hzの様に周波数で表示するか、fpsで表示されます。fpsは60以上が快適にできる目安で、最近は144Hzが主流です。
どんなに良いスペックでもディスプレイが60Hzしか対応していなければ、最高fpsは60になります。

RTX 2070 Super以外の機種をお考えなら、リフレッシュレートが144HzのLenovoドスパラFrontierを強くお勧めします。こちらでその他のブランドを確認できます。

ゲーミングPC一覧

CPUのベンチマークスコア

グラフをタップすると数値が表示されます↓

どのCPUも1万オーバーで、性能は高いです。特にN1859Jに搭載のCore i7-10875Hは、1万5000オーバーですね。凄く性能が高いですよ。

Core i7-9750Hと10750Hは6コア12スレッドですが、Core i7-10875Hは8コア16スレッドのモンスタークラスです。

単純にコア数が多いと、処理できるデータ量も上がるので快適に使えます。

グラフィックボードのベンチマークスコア

次はグラフィックボードの性能です。エントリークラスのGTX 1650にミドルクラスのRTX 2060、そしてハイエンドモデルのRTX 2070 Superです。

GTX 1650 RTX 2060 RTX 2070 Super
GPUアーキテクチャ― Turing Turing Turing
製造プロセス 12nm 12nm 12nm
CUDAコア 896 1920 2560
Gigaレイ/秒 5 7
リアルタイムレイトレーシング 非対応 対応 対応
DLSS 非対応 対応 対応
ベースクロック 1410MHz 1365MHz 1605MHz
ブーストクロック 1590MHz 1680MHz 1770MHz
メモリタイプ GDDR6 GDDR6 GDDR6
メモリ容量 4GB 6GB 8GB
メモリ帯域 192GB/秒 336GB/秒 448GB/秒
TDP 50W 115W 115W

RTX20シリーズはリアルタイム レイトレーシング対応で、DLSSも対応です。リアルタイム レイトレーシングとは、光の反射などの動きをリアルタイムでシュミレートして描写する技術です。

例えばGTXシリーズもしくはRTXシリーズでレイトレーシングOFFの時は、ガラスや水溜りに反射がほとんど無いのですが、レイトレーシングをONにすると光の反射がリアルに表現され、現実世界の様に映し出されます。

レイトレOFFの画像<レイトレーシングOFF> レイトレONの画像<レイトレーシングON>

レイトレーシングがONの方は画質も良く、より鮮明に描写されていますね。

もう一つの機能DLSSですが、これをONにすると画質を落とさずにフレームレートを上げることが出来るので、レイトレを使う時や、レイトレ無しでもゲームをする時はDLSSをONにしておけばより快適にプレイできます。

G-Gear note N1589J-710/Tのレビュー

G-Gear note N1589J-710/T

CPU Intel core i7-10875H
コア/スレッド 8コア16スレッド
メモリ 16GB(最大64GB)
ストレージ SSD 500GB(最大1TB)もしくはHDD 最大2TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070 Super
ディスプレイ 15.6型 FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート 144Hz
OS Windows 10 Home
無線LAN WiFi6、Bluetooth5.1
Microsoft Office 搭載可能
価格 税込)21万9800円

先ほども言ったように、ツクモのゲーミングノートで唯一リフレッシュレートが144Hzなので、基本的にこれ以外を購入する人は少ないと思います。

パソコンの頭脳であるCPUは、性能がかなり高いCore i7-10875Hで、8コア16スレッドです!!やばいですね、このスペックは。

ゲームだけならそこまで高性能のCPUは必要ない場合も多いですが、このクラスになるとゲーム配信などゲーム+αで何かをやる時に快適に使えます。(場合によってはメモリ32GBが使いやすいです)

メモリはパソコンの作業台で、より大きなメモリは、より大きなデータ、より多くのデータを同時に処理できます。ゲーミングPCだと最低8GB、普通は16GBなので、本機種は十分な大きさです。

なお、メモリの種類はDDR4-23400MHzで、2933MHz換算です。悪くないです。

ストレージはSSD 500GB搭載ですが、最大で1TB、もしくはHDD 2TBにできます。デュアルストレージじゃないので、容量が大きいからとHDDを選んでしまうとパソコンの起動も、ゲームのロード時間もすべてが遅くなるのでご注意を。

グラボはRTX 2070 Superなので、まず困る事は無いと思います。高性能です。

性能が高いとシステム温度の上昇が気になりますが、本機種の通気口は左右両側面、背面、そして底面にあります。また、クーラーブースト機能があり、ボタン1つでより冷却性能を高めることが出来ます。エアフロ―は良い機種ですね。

ちなみに次世代通信規格のWiFi6対応なので、通信速度の理論値は9.6Gbpsです!有線接続じゃなくても、快適に使いやすいですよ。(通信回線、ルーターの規格で速度は決まります)

価格も20万9800円とRTX 2070 Super搭載では普通な値段なので、悪くないと思います。

ツクモ公式

G-Gear note N1546K/N1547Kのレビュー

G-Gear note N1546K

CPU Core i7-9750H(N1546K)
Core i7-10750H(N1547K)
コア/スレッド 6コア12スレッド
メモリ 8GB/16GB(最大32GB)
ストレージ SSD 256GB/500GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート 60Hz
OS Windows 10 Home
無線LAN WiFi5(N1546K)
WiFi6(N1547K)
バッテリー 6.2時間(N1546K)
7時間(N1547K)
寸法 361x258x27.9㎜(N1546K)
259.5x238x21.9㎜(N1547K)
重さ 2.2㎏(N1546K)
1.85㎏(N1547K)
価格(税込) 10万9780円~
12万780円~

パソコンの頭脳であるCPUはハイエンドモデルで、性能が高いですね。6コア12スレッドなら、大抵のことが快適にできます。9世代と10世代がありますが、性能は10%ほどの差で、価格差は1万円です。

メモリは8GBか16GB搭載になり、問題ない大きさです。

メモリの種類は

  • N1546K・・・DDR4 PC4-21300MHz(2666MHz換算)
  • N1547K・・・DDR4 PC4-23400MHz(2933MHz換算)

なので、N1547Kの方が10%ほど高速処理が出来ます。

ただし何度も言っているように、ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzなので、外部モニターを使って高fpsレートでやるか、60Hzでもいいからそのままやるかという2択だと思います。

ディスプレイ以外のスペックは、悪いわけじゃないです。普通に良いですが、これなら似たような性能で、リフレッシュレート120HzのドスパラのGALLERIA GR1650TGF-Tが税込み8.8万です。

ちなみにゲームをせずに動画編集をする人なら、比較的おすすめの機種ですよ。動画編集なので60Hzあれば十分だし、ディスプレイはFHD IPSなので標準的です。

N1546K

N1547K

G-Gear note N1573K/N1574Kのレビュー

ツクモ N1573K

CPU Core i7-9750H(N1573K)
Core i7-10750H(N1574K)
コア/スレッド 6コア12スレッド
メモリ 16GB(最大64GB)
ストレージ SSD 256GB/500GB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2060
ディスプレイ FHD IPS 光沢なし
リフレッシュレート 60Hz
OS Windows 10 Home
無線LAN WiFi5(N1573K)
WiFi6(N1574K)
バッテリー 5.9時間
寸法 361x258x27.9㎜
重さ 2.2㎏
価格(税込) 15万3780円~
14万9800円~

スペックは上で紹介したものと同じで、グラフィックボードがNVIDIA GeForce RTX 2060になっています。

基本的な性能は高いのですが、ディスプレイが60HzなのでRTX 2060を使ってもfpsが60までです。外付けモニターに接続しての使用をおすすめします。

先ほども紹介しましたが、Core i7-10750HにRTX 2060搭載の他社製のゲーミングノートの比較です。

Lenovo legion 550PiLegion550Pi

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
363.1×259.6×23.6
2.3㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万3590円

Frontier XNFrontier XN

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
361x258x27.9㎜
2.25㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万4780円

Galleria laptopGalleria GCL206RGF-T

Core i7-10750H
メモリ16GB
SSD 1TB
359x243x19.9
1.85㎏
リフレッシュレート144Hz
価格16万4978円

ストレージを1TBで紹介していますが、512GBモデルであれば1万円~1.5万円くらい安くなります。

本機種も同じく動画編集用であれば、快適に使えますよ。

N1573K

N1574K

まとめ

G-Gear noteはスペックも高いのですが、なぜリフレッシュレートが60Hz何でしょうね?購入するメリットはほぼ0に近いですよ・・・。

唯一検討が出来るRTX 2070 Super搭載モデルは、なかなかおすすめですね。