HP 法人向けHPシリーズ全機種の評判とレビュー


HPのビジネスモデルにはHP、ProBook、Elite、そしてワークステーションのZBookがありますが、HPシリーズはエントリーモデルになります。また、HPシリーズは個人向けモデルにも同じ「HP」と言う機種がありますが、本記事はビジネスノートのHPになります。

どちらかと言うとビジネスパーソンが購入するというわけじゃなく、企業が一括で大量購入する様な機種が多く、コスパを追求した設計になっています。

 

法人向けHPシリーズの特徴

2020年の世界ノートパソコン出荷台数の比較図Gatner.comより>

この表はHPのノートパソコン全体の統計で、HPは2020年の世界販売台数が世界No.2で、シェアが21.2%と世界のノートパソコンの5台に1台がHP製となっているほどの人気の会社になります。

 

性能 ビジネスサポート(日本) ビジネスセキュリティ 特徴
HP ビジネス 3 out of 5 stars あり 無し 徹底的にコスパ重視の機種。筐体は樹脂素材
ProBook 3.8 out of 5 stars あり 有り 天板とキーボード面にアルミニウム素材の機種もありで、MILスペック、セキュリティも堅牢
Elite 4.3 out of 5 stars Elite Premiumサポート 有り ハイエンドモデルで、セキュリティやサポートも万全。アルミニウム合金を使った筐体
ZBook 4.9 out of 5 stars あり 有り ハイエンドワークステーションで、ピカ一の性能。アルミニウムを使用

HPのビジネスモデルと言えば、「HP独自の高度なセキュリティが搭載」していることが売りですが、HPシリーズのみありません。個人向けPCと同じセキュリティになっています。

また、以前は見た目が「洗練されていない数年前のモデル」と言ったものが多かったですが、2020年ごろから徐々に「普通の見た目」に近づいています。

 

東京生産モデル

HP 東京生産モデル

HPビジネスノートの中には東京生産モデルがあり、日本品質で作られた機種になります。また、国内発送のため比較的短時間での配送が可能、輸送時の機体への影響も最小限なので人気があるし、安心ですね。

東京生産モデルは特定のモデルのみになり、こちらHP 公式サイトから確認できます。

 

HP ビジネスサポート

HPのビジネスモデルは「日本でのサポート」になり、ここ最近海外のコールセンターを使う会社が多い中、日本品質での対応は助かりますね。

通常のコールセンターよりもつながりやすく、何といってもたらいまわしがない(回避する)というのが嬉しいです。時間は、月~金が朝9時から夜21時まで、土曜日が朝9時から夕方17時までになっています。

また、保守拠点は国内に420以上あるので、修理対応も迅速に対応できます。

 

セキュリティ

HPシリーズは他のビジネスモデルの様に、HP独自のセキュリティが搭載していません。

もし必要な場合は他のシリーズを選ぶ必要があります。

ちなみに他のビジネスノートには以下の様なセキュリティが搭載しており、最後の2項目(TPM、Widows Defender)は、HPシリーズや個人向けモデルにも搭載しています。

  • HP Sure Sense・・・ディープラーニングを活用したリアルタイム検知機能があり、悪意のあるファイルを検出し、マルウェア、ゼロディ攻撃、ランサムウェアなどからPCを守るセキュリティ機能
  • HP BIOSphere Gen5・・・ウイルスやマルウェアによる不正なBIOSの書き換えや、破損からシステムを保護
  • HP Sure Click・・・Web閲覧のセキュリティ強化で、タブを閉じるだけでマルウェアが消滅する
  • HP Sure Run・・・OSの重要な機能や設定を構成時の状態に維持し、万が一設定が無効になった場合は再起動し、安全な状態に戻す
  • HP Sure Recover・・・OSがウイルス感染しても自動的にリカバリーする
  • HP Sure Start・・・自動復旧機能で攻撃を受けても自動でリカバリーする
  • HP Client Security Software・・・パスワード関係などのセキュリティ機能
  • HP Secure Erase・・・BIOSの中のSecure Eraseを使って内蔵ドライブのデータを完全に削除することが出来る
  • ナノセキュリティロックケーブルスロット・・・盗難や持ち運び防止用のセキュリティワイヤーを使うスロット
  • TPM・・・独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できる
  • Windows Defender・・・Windows搭載のセキュリティ機能で、マルウェアなどのウイルスからパソコンを守ってくれる

 

保証

HP ビジネスモデル 標準サポート

HPのビジネスモデルは1年間引き取り修理サービスが標準で付いており、万が一の際も安心です。引き取り修理サービスとは、HP指定業者が自宅、または会社にPCを引き取りに来てリペアセンターに配送、修理後、郵送してくれるサービスです。期間内であれば、パーツ代や輸送費はHPが負担します。

また、最長5年まで延長でき、オンサイト修理もあります。

HP ビジネスモデルの保証

オンサイト修理は、PC設置場所にエンジニアが来て現場で修理対応するものです。セキュリティの観点からも、時間の観点からも都合がよいですね。

HP Care pack

他にも「標準保証ではカバーしない」水漏れや落下による破損、盗難などにも対応するHP Care Packというサポートもあります。

サポートや保証はとにかく充実しているので、企業としてもそうですし、個人としても安心して購入できると思います。

 

法人向けHPシリーズ全機種の比較レビュー

まずは各機種の特徴です。後継機種が出たものは下の表から削除していますが、レビューは ページ下部に記載しています。また、ストレージは全てSSDで、メモリは最大値、そしてIPSと記載していない機種はTN/VA液晶になります。

CPU メモリ ディスプレイ 特徴
HP 470 G8 11世代 16GB 17型 FHD デュアルストレージ可能
HP 255 G8 Ryzen 8GB 15型 FHD 安い
HP 250 G7/CT Refresh 10世代 16GB 15型 FHD、HD DVDライター搭載

 

HP 470 G8

HP 470 G8旧モデルの470 G7は光学ドライブ搭載でしたが、本機は非搭載になりスリムになりました。CPUも最新のIntel 11世代なので、性能も大幅にアップです。ビジネスノートですがそれほどビジネス用途で快適に使えそうにはないので、普段使い用や自宅で使用する簡単な仕事用に合うと思います

CPU Core i3-1125G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 256GB+HDD 最大1TB
ディスプレイ(17.3型) FHD UWVA 非光沢
その他 WiFi5、Bluetooth 5.0、指紋センサー
重さ 2.085㎏
バッテリー 最大8.5時間
価格 販売予定モデル

レビュー

公式サイト

HP 255 G8

HP 255 G8低価格モデルで、企業がテキスト中心の作業で大量購入するのに合う機種です。特筆すべきスペックはありませんが、最新のRyzen 5 5500Uが選べるので、APU性能は高めです。

APU AMD 3020e
AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 5 5500U
メモリ 最大 8GB
ストレージ SSD 最大256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD UWVA
通信 WiFi5、Bluetooth 5.0
10/100/1000 Gigabit
その他 指紋センサー、TPM
重さ 1.74㎏
バッテリー 最大約10時間15分
価格 4.4万円~

レビュー

公式サイト

HP 250 G7/CT Refresh

HP 250 G7 refresh比較的新しい機種で、高性能CPUのGシリーズ搭載モデルもあります。本機種は、とにかく安くていいのでパソコンが必要な人に合うと思います。

発売日 2020年9月11日
CPU Intel Celeron N4020
Core i3-1005G1
Core i5-1035G1
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大256GB
HDD 最大1TB(SATA)
ディスプレイ(15.6型) フルHD 220nit
HD 220nit
その他 WiFi、Bluetooth搭載、光学ドライブモデルあり、Office Home &Business 2019搭載可能
バッテリー 最大12時間
重さ 1.78㎏
価格 3万9380円~

レビュー

公式サイト

HP 470 G7

HP 470 G7公式サイトでの販売は終了し、楽天で販売されています。
光学ドライブ付きの17型と希少性は高く、ビジネスモデルでは比較的安く、そこそこの性能です。SSD搭載モデルとHDD搭載モデルがあるので、できればSSDを選んだ方がより快適になります。

発売日 2020年4月
CPU Core i3-10110U
Core i5-10210U
Core i7-10510U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 256GB(SATA)
HDD 500GB(SATA)
グラフィックス 内蔵グラフィックス
AMD Radeon 530
ディスプレイ(17.3型) フルHD IPS 300nit
HD SVA 220nit
その他 WiFi、Bluetooth搭載、DVDライター
バッテリー 最大6.7時間(JEITA測定)
重さ 2.5㎏
価格 販売終了

レビュー

公式サイト

 

HP 340s G7

HP 340s G7公式サイトでの販売は終了し、楽天現在で販売されています。
HPシリーズでは比較的まともな機種で、高解像度のフルHDにIPS液晶もあります。指紋センサーも搭載なのでサインインも素早く、Officeも搭載可能です。

発売日 2020年3月
CPU Core i3-1005G1
Core i5-1035G1
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) フルHD IPS
HD SVA
その他 WiFi、Bluetooth搭載、指紋センサー、Office Home &Business 2019搭載可能
バッテリー 最大9.5時間
重さ 1.4㎏
価格 6万5780円~

レビュー

公式サイト

 

HP 255 G7

HP 255 G7現在は公式サイトでの販売は終了し、楽天で販売されています。
安いですが、安い以外に取り柄がない機種で性能も低いです。ただし、今では貴重な光学ドライブ搭載モデルもあるので、「どうしても内蔵光学ドライブ」が必要な方は検討していいかも。

発売日 2019年9月17日
CPU AMD 3020e
AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 5 3500U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大256GB(SATA)
HDD 500GB(SATA)
ディスプレイ(15.6型) フルHD 220nit
HD 220nit
その他 WiFi、Bluetooth搭載、光学ドライブモデルあり
バッテリー 最大10.5時間
重さ 1.78㎏~1.9㎏
価格 3万3990円~

公式サイト

 

まとめ

個人的な意見として、個人が購入するのであれば個人向けモデルのPavilionや個人向けHPシリーズの方が全然まともな性能で外観もおしゃれ、そして価格もそこまで変わらないので、他の機種も調べた方が良いかもしれません。

もしくはビジネスモデルのProBookやEliteであれば価格は上がりますが、凄く使いやすいし、性能も高いので良いかと思います。

HPでは他にもいろいろな機種を販売しているので、こちらも確認してみてください。

HPの評判は?

ビジネスモデルと個人向けモデルの違い

ビジネスモデル全機種の比較レビュー

個人向けモデル全機種の比較レビュー