1年使って分かったLenovo ideapad 320sレビュー・評判

今までマックを使っていたのですが、最近動きが鈍くなってきてノートパソコンの購入を検討していました。

私がパソコンに求めるものは、

  1. SSDストレージ
  2. 軽い・持ち運びしやすい
  3. 見た目がかっこいい
  4. サクサク動く
  5. 13,3型

の5点です。

時間がかかりましたが、色々調べて購入したのはlenovo ideapad 320s。

見た目もマックみたいでかっこいいし、薄いし、サクサク動いてくれて、大満足です。

現在Lenovoでは即納!駆け込みセールを行っており、最大53%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

レノボ ideapad 320sの特徴

レノボ(Lenovo)Ideapad 320s特徴 レビュー

レノボは台湾の会社で、2004年にIBMからパソコン部門を買収し世界1位2位を争うPC企業になりました。日本ではレノボとNECの合併会社、レノボ・ジャパン株式会社として販売しています。

故障や問題解決のために、メールもしくは0120の無料電話で、日本語でサポートが受けれるのも嬉しいですね。

320Sは、公式ページでは販売が終了しました!
後継機種のS340、最新機種のSlim 350iのレビューをどうぞ。

まずはIdeaPadの320SとS340の比較を紹介します。

320s(13,3′) S340(14′)
CPU intel core i3 , i5 Intel Pentium , core i3,i5,i7
OS Windows 10 Home 64bit Windows 10 Home 64bit
メモリ 4GB , 8GB 4GB , 8GB
ストレージ 128, 256GB 128, 256, 512GB
ディスプレイ FHD FHD
セキュリティ Windows Defender Windows Defender
サイズ 307.4x211x16.9mm 322.7×230.5×17.9mm
重量 1.2kg 1.55kg
バッテリー 6.1時間 14.3時間
カラー ミネラルグレー プラチナグレー
値段 レノボからの販売終了(私は7万円弱払いました) 3.7万円弱

S340はバッテリーが飛躍的に良くなっていますね。13型から14型になってので少し大きいですが、厚さは1mmしか変わらないのでOKですね。

スペックごとで分けると、このようになります。

ライトユーザー(標準アプリで画像・動画編集する人) Intel core i3・メモリ4GB・SSD 128GB~256GB
毎日何時間も使う人 Intel core i5・メモリ 8GB・SSD 256 / 512GB
沢山のアプリを開きながら作業する本格派の人 Intel core i5 / i7・メモリ 8GB・SSD 512GB

私が持っているのは上のカテゴリでいうと「ライトユーザー」になってるものですが、全然早いですよ。

まずは動画を見てみてください。(ちなみにディスプレイは子供がPCの上でジャンプして画面が壊れたので、安いディスプレイに交換しています)

最新のS340はもっと早いです。

created by Rinker
¥76,000 (2021/09/28 17:16:48時点 Amazon調べ-詳細)

軽い・薄い

Lenovo ideapad 320sは薄い・軽い Lenovo ideapad 320sは薄い・軽い
IdeaPad S340(14型) 厚さ17.9㎜・重さ1.55kg
IdeaPad 320S(13型) 厚さ16.9㎜・重さ1.2㎏

私はここが一番妥協できないところだったのですが、アイデアパッドは薄いんです

高さは、約1,7㎝なので、スマホ2台分くらいの厚さしかありません。また、320sは1,2kg、S340は1,55kgと軽量なので、旅行時にも全然邪魔にならなかったので、どこででも仕事が出来ました。

ただ320Sは13,3インチなので、ウィンドウをたくさん開いて作業するような人には、画面が小さく感じられると思います。

S340は14型なので画面も大きく、作業効率も上がります。

見た目

レノボ・アイデアパッド・S320の外観・カラーはミネラルグレーで高級感がある レノボ・アイデアパッド・320sの外観
S340 プラチナグレー
320S ゴールデン、ミネラルグレー

見た目はマックみたいでカッコいいです!(笑)

320Sはミネラルグレーとゴールデンの2色で、メタル調の塗装がされているので、マックみたい高級感があります。

340Sのプラチナグレーも、ザ・アイデアパッドと言った感じの色ですね。

プラチナグレーとミネラルグレーの違いは、全然分かりません。(笑)

見た目完全に同じです・・・。

ディスプレイ

下の写真を見比べたら分かりますが、S340は画面の枠(ベゼル)がかなり細くなっているので、おしゃれ度が増しました。

パソコンいっぱいに画面が広がる感じですね。

Lenovo ideapad s340のレビューIdeaPad s340 Lenovo IdeaPad S340 ミネラルグレーIdeaPad 320S
S340 FHD TN液晶 光沢なし
320s FHD IPS液晶 光沢なし

ディスプレイはFHD(フル・ハイディフィニション)で1920x1080の高解像度なので、長い時間画面を見ていても疲れにくいです。

また、320sではIPS液晶と言って視野角が広いものが使われていたのですが、340sはTN液晶と言って視野角が狭いものになっています。

安いモデルはHD(ハイディフィニション)という解像度が低いものが使われることが多いのですが、両機種とも高画質のFHDになっているのは助かります。

CPU

S340 Intel Pentium、Intel core i3, i5, i7
320S Intel core i3, i5

CPUとは中央演算処理装置といい、パソコンの頭脳とでも言いましょうか、重要な部分です。

CPUと言っても色々あるので、下記に主な種類を紹介します。性能はAtom低~i9高です。

  • Atom(小さな安いミニノートPCに使われる。これならスマホの方がベター)
  • Celeron(安いPCに使われる)
  • Pentium(パソコンをあまり使わない・安く済ませたい人はこれでOK)
  • core i3(スタンダード)
  • core i5(結構すごい)
  • core i7(動画編集など特別な事をする人向け)

漠然と性能を紹介しましたが、アイデアパッド320sは、core i3-7100u と、core i5-8250uの二つから選べ、私はそんなにヘビーユーザーじゃなかったのでcore i3を選びました。

YouTubeや写真の編集は標準アプリで問題なくできているし、この1年「動きが悪い」って思ったことは、今のところないです。

S340は、Pentium~Core i7まで幅広く選べます。

あまり使わない人はPentiumでもOKですが、余裕があるならCore i3が標準性能なのでいいかなと思います。がっつり使う人はi5かi7を。

S340でパソコンを選ぶとき、インテル core i3-1005G1(2.10GHz)とcore i3-8145U(1.20GHz)という風に2種類あります。(i5・i7も同様に2種類あり)

Lenovo ideapad 320sとS340の比較レビュー

赤線の部分が世代の違いを表していて、8は第8世代(古い)、10は最新の第10世代(新しい)になります。

当然最新のものの方が性能は上なのですが、青で囲ったGHz(クロック数)を見ると8世代の方が上の性能になっています。

これは言い換えると、

  • i3-8145U・・・古い(2018年8月リリース)CPUだけど性能が高い
  • i3-1005G1・・・最新CPUだけど性能はぼちぼち

になり、結局は2つの性能が同じくらいになっています。どちらを選んでも同じくらいの性能ですが、最新世代の方がおすすめです。

メモリ(RAM)

S340・320S 4GB・8GB

メモリは言いかえると作業テーブルの広さになります。

メモリが大きければ作業がしやすく、多くのアプリやファイル、ソフトを同時に使っても動きが遅くなったりしません。

一般的に4GBが標準性能なのでこれを選んでOKですが、一つ上の快適さが欲しい人は8GBにしましょう。8GBあれば大抵のことが問題なくできる容量です。

またS340は、4GB、8GBどちらを選んでもメモリの増設は可能の様ですね。8GBは4GBオンボード+4GBなので、1つ外してそのスロットに増設できそうです。

320Sは、公式ページでは販売が終了しました!
後継機種のS340、最新機種のSlim 350iのレビューをどうぞ。

SSDストレージ

S340 128GB・256GB・512GB
320S 128GB・256GB

今まで主流だった内蔵ストレージは、HDD(ハードディスクドライブ)だったのですが、最近はSSD(ソリッドステートドライブ)のストレージも増えてきましたね。

パソコンは色々なデータが内蔵ストレージに保存されているのですが、このストレージの性能がPCの速さに直結するんですね。

で、HDDとSSDの違いは、単純に早さです

SSDだと、めちゃくちゃ早いんです

先日新しいパソコンにデータを移動したのですが、HDDだったら2時間くらいはかかるだろう移動が、2分ほどで終わりました。(実際は計っていないので、体感時間です)

パソコンの起動・再起動もメチャクチャ早いし、パソコンをよく使う人だったらSSDのパソコンを使うとどれだけ時間の節約が出来て、ストレスフリーに作業できるか、凄く実感できます!(スミマセン、興奮気味で。感動するくらいサクサク動くので、ほんとにすごいんですよ!)

というのもSSDのM.2 PPCIe-NVMeという高速SSDが搭載されていて、データ転送速度の理論値は40Gbpsなんです。安いパソコンにはM.2 SATAという転送速度が6Gbpsのものが使われることが多いのですが、S340・320s共にPCIe-NVMeが使用されています。

また、HDDに比べて振動に強く、静かなんです。

あまりパソコンを使わない人なら128GBにして、容量が増えてきたら外付けHDにデータを移動すればいいかなと思います。

頻繁に使う人は、256GBか512GBにしておきましょう。

Lenovo公式ページ

OS(オペレーティングシステム)

S340・320S共に、OSはWindows 10 Homeです。

Windows 10の一番の特徴は、標準でWindows Defenderというセキュリティ(ウィルス対策ツール)が付いている所です。

  1. マルウェア対策
  2. フィッシング対策
  3. 危険なページのブロック

等をしてくれます。

Windows公式ページでも下記のように言っており、安心してパソコンを使えます。

ウィルス対策ツールの Windows Defender はシステムやファイルを幅広く保護し、オンラインから侵入するウイルスやマルウェア、スパイウェアといった脅威からデバイスを保護します。Windows 10 に標準で組み込まれているので、起動したその日から安心が手に入ります。

標準でセキュリティソフトのマカフィーが30日間無料で付いていますが、マカフィーは重いので無料体験後に使わない場合は、忘れずに削除しましょう。

私は、今はWindows Defenderと無料のAvastを入れています。

マイクロソフトOffice付

Lenovo ideapad 320sはマイクロソフトのオフィス付き

学生は当然、主婦や事業主なら使うことが多いマイクロソフトのオフィスが搭載可能です。

これは必要ですよね。うちは家計簿から、仕事の収支などもエクセルを使っているので、助かっています。

オフィスは入っているものと入ってないものがあるので、注意してください。

もしくはオンラインで無料のOfficeが使えるので、オフラインでOfficeを使わないって人ならそちらで十分だと思います。

バッテリー

S340 約14.3時間
320S 約6.1時間

320sはバッテリーの持ちは約6時間くらいなんです。(体感的には4~5時間かも)

ただしS340は14.3時間持つので、外出先で使うことが多い人でも充電ケーブルの持ち運びは必要ない場合がほとんどだと思います。

インターフェース

lenovo 320s インターフェース lenovo 320s インターフェース

USBポートは、Type-C・1つ、フルサイズUSB3.0・1つ、フルサイズUSB2.0・1つ、HDMI・1つ、SDカード・1つ付いているので、お持ちのコネクタはほぼなんでもつなげると思います。

スマホのケーブルも、HDDも、デジカメで使ったSDカードも全部させますよ。

また、HDMIジャックがあるので、ケーブル一本で外部ディスプレイに接続できます。うちでは普通に使っているTVにHDMIケーブルを差して、Youtubeを見たりしています。

まとめ

1年使って思ったことは、マック(6年前購入)から乗り換えて良かったな、って事です。(笑)

私は主にブログとYouTubeに音楽をアップロード、音楽を作るプログラムを使うくらいですが、性能的に全然問題なく使えるし、早いし軽いし、言う事なしです。

ただ、最近フォトショップ系のアプリPhotopeaを使い出したのですが、若干動きが重い時があります。やっぱりこういう動画・画像編集をよくする人は、14インチ core i5 メモリ8GBがいいですね。

ただ、タイピングはマックに比べてかなりやりやすいので、ブログを書くスピードも上がりましたし、子供が生まれてからは、一眼カメラで写真をとる事が増えたのですが、SDカードからPCへのデータ移動が速いので、ライトユーザーの私はIdeapadにして良かったなって思います。

amazon・Lenovo公式ページ

Lenovo公式ページ

コメントする