レビュー

    1年使って分かったLenovo ideapad 320sレビュー・評判

    1年使って分かったLenovo ideapad 320sレビュー・評判

    今までマックを使っていたのですが、最近動きが鈍くなってきてノートパソコンの購入を検討していました。

    私がパソコンに求めるものは、

    1 SSDストレージ

    2 軽い・持ち運びしやすい

    3 見た目がかっこいい

    4 サクサク動く

    5 13,3型

    の5点です。

    時間がかかりましたが、色々調べて購入したのはlenovo ideapad 320s。

    見た目もマックみたいでかっこいいし、薄いし、サクサク動いてくれて、大満足です。

    2020年2月27日まで新生活応援セールをやっていて、最大54%割引になっているのでお見逃しなく!

    Lenovo公式ページ

    レノボ ideapad 320sの特徴

    レノボ(Lenovo)Ideapad 320s特徴 レビュー

    レノボは台湾の会社で、2004年にIBMからパソコン部門を買収し世界1位2位を争うPC企業になりました。日本ではレノボとNECの合併会社、レノボ・ジャパン株式会社として販売しています。

    故障や問題解決のために、メールもしくは0120の無料電話で、日本語でサポートが受けれるのも嬉しいですね。

    2019年11月現在、レノボの公式ページでは320sは販売していないので、今回は最新機種のS340(14インチ)との比較レビューを紹介します。

    まずはIdeaPadの320SとS340の比較を紹介します。

    320s(13,3′)S340(14′)
    CPUintel core i3 , i5Intel Pentium , core i3,i5,i7
    OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
    メモリ4GB , 8GB4GB , 8GB
    ストレージ128, 256GB128, 256, 512GB
    セキュリティWindows DefenderWindows Defender
    サイズ307.4x211x16.9mm322.7×230.5×17.9mm
    重量1.2kg1.55kg
    バッテリー6.1時間14.3時間
    値段レノボからの販売終了(私は7万円弱払いました・・・)4万円弱(セール中)

    S340はバッテリーが飛躍的に良くなっていますね。ただ、14型なので少し大きいですが、厚さは1mmしか変わらないのでOKですね。

    注)S340の一番安いモデルには、Pentiumというプロセッサが使われています。

    スペックごとで分けると、このようになります。

    ネットサーフィンのみでほぼ使わない人Intel core i3 (遅くていいならPentium)・メモリ 4GB・SSD 128GB
    ライトユーザー(標準アプリで画像・動画編集する人)Intel core i3・メモリ4GB・SSD 256GB
    フォトショップ等の画像・動画編集をよくする人Intel core i5・メモリ 8GB・SSD 256 / 512GB
    沢山のアプリを開きながら作業する本格派の人Intel core i5 / i7・メモリ 8GB・SSD 512GB

    私が持っているのは上のカテゴリでいうと、「ネットサーフィンのみでほぼ使わない人」や、「ライトユーザー」になってるものですが、全然早いですよ。

    まずは動画を見てみてください。(ちなみにディスプレイがあまり良くないのは、子供がPCの上でジャンプして画面が壊れたので、安いディスプレイを使っているからです。純正の画面は高画質です)

    最新のS340はもっと早いです。

    Lenovo公式ページでIdeaPad S340を調べる

    軽い・薄い

    Lenovo ideapad 320sは薄い・軽い Lenovo ideapad 320sは薄い・軽い

    私はここが一番妥協できないところだったのですが、アイデアパッドは薄いんです

    高さは、約1,7㎝なので大学ノート3~4冊分くらいの厚さしかありません。また、320sは1,2kg、S340は1,55kgと軽量なので、旅行時にも全然邪魔にならなかったので、ブログの更新もガンガンできました。

    ただ、こちらは13,3インチなので、ウィンドウをたくさん開いて作業するような人には、画面が小さく感じられると思います。

    そう言った人は、S340の14型がおすすめですね。こちらは、13,3型の画面に14型のスクリーンを入れているので、ボディはコンパクトですが画面は大きいです。

    SSDストレージ

    今まで主流だった内蔵ストレージは、HDD(ハードディスクドライブ)だったのですが、最近はSSD(ソリッドステートドライブ)のストレージも増えてきましたね。

    パソコンは色々なデータが内蔵ストレージに保存されているのですが、このストレージの性能がPCの速さに直結することが多いんですね。

    で、HDDとSSDの違いは、単純に早さです

    SSDだと、めちゃくちゃ早いんです

    先日新しいパソコンにデータを移動したのですが、HDDだったら2時間くらいはかかるだろう移動が、2分ほどで終わりました。(実際は計っていないので、体感時間です)

    パソコンの起動・再起動もメチャクチャ早いし、パソコンをよく使う人だったらSSDのパソコンを使うとどれだけ時間の節約が出来て、ストレスフリーに作業できるか、凄く実感できます!(スミマセン、興奮気味で。感動するくらいサクサク動くので、ほんとにすごいんですよ!)

    また、HDDに比べて振動に強く、静かなんです。

    見た目

    レノボ・アイデアパッド・S320レノボ・アイデアパッド・320s

    見た目はマックみたいでカッコいいです!(笑)

    ミネラルグレーとゴールデンの2色で、メタル調の塗装がされているので、マックみたい高級感があります。

    また、液晶画面の額縁が狭いので、パソコンの画面全てがほぼ液晶パネルなので、13,3型といっても大画面っぽく見えるので疲れにくいですね。

    CPU

    レノボ ノートパソコン CPU

    CPUとは中央演算処理装置といい、パソコンの頭脳とでも言いましょうか、重要な部分です。

    CPUと言っても色々あるので、下記に主な種類を紹介します。性能はAtom低~i9高です。

    • Atom(小さな安いミニノートPCに使われる。これならスマホの方がベター)
    • Celeron(安いPCに使われる。買わない方がまし)
    • Pentium(パソコンをあまり使わない・安く済ませたい人はこれでOKですが、お勧めはしません)
    • core i3(スタンダード)
    • core i5(結構すごい)
    • core i7(動画編集など特別な事をする人向け)
    • core i9(今現在の最高の物)

    漠然と性能を紹介しましたが、アイデアパッド320sは、core i3-7100u と、core i5-8250uの二つから選べ、私はそんなにヘビーユーザーじゃないのでcore i3を選びました。

    YouTubeや写真の編集は問題なくできているし、この1年「動きが悪い」って思ったことは、今のところないです。(Photoshopはちょっと重い気がしますね。)

    フォトショップなどをもっとヘビーに使う人は、core i5・メモリ8GBを選べば間違いないです。

    マイクロソフトOffice付

    Lenovo ideapad 320sはマイクロソフトのオフィス付き

    学生は当然、主婦や事業主なら使うことが多いマイクロソフトのオフィスが付いています。

    これは必要ですよね。うちは家計簿から、仕事の収支などもエクセルを使っているので、助かっています。

    注)オフィスは入っているものと、入ってないものがあります。

    バッテリー

    外出先で使う機会が多い人は、電源コンセントを持ってないと不安かもしれません。

    というのも、320sはバッテリーの持ちは約6時間くらいなんです。(体感的には4~5時間かも)

    私は外で使う機会がそんなにないし、カフェなどに行って仕事をする時は電源コンセントを持って行くのであまり気にしていませんが、気にする人もいるかと思います。

    外出先で使う機会が多い人は、バッテリーが長持ちするIdeapad S340がいいでしょうね。こちらは、最大約14時間のバッテリー駆動です。

    インターフェース

    lenovo 320s インターフェース lenovo 320s インターフェース

    USBポートは、Type-C・1つ、フルサイズUSB3.0・1つ、フルサイズUSB2.0・1つ、HDMI・1つ、SDカード・1つ付いているので、お持ちのコネクタは、ほぼなんでもつなげると思います。

    スマホのケーブルも、HDDも、デジカメで使ったSDカードも全部させますよ。

    セキュリティ

    一昔前まではWindowsのパソコンには必ずセキュリティーソフトを入れないといけませんでしたが、今はほとんどその必要はありません。

    Windows10になってから、「Windows Defender」というセキュリティソフトが標準装備されていて、有料のセキュリティとなんら遜色がないくらい高性能になっています。

    Windows公式ページでも下記のように言っており、私もセキュリティソフトは入れていません。心配であれば、Avastなどの無料ソフトを入れてもいいと思います。

    ウィルス対策ツールの Windows Defender はシステムやファイルを幅広く保護し、オンラインから侵入するウイルスやマルウェア、スパイウェアといった脅威からデバイスを保護します。Windows 10 に標準で組み込まれているので、起動したその日から安心が手に入ります。

    Vプリカでキャッシュバックする方法

    こちらは2019年12月31日までで終了しました!

    Lenovo レノボ Vプリカ キャッシュバック 使い方 応募方法Lenovo レノボ Vプリカ キャッシュバック 使い方 応募方法

    Vプリカってなに?って思うと思いますが、これはクレジットカードのVISAカードのプリペイド式のものです。

    ですので現金が郵送されるわけでなく、1万円使えるクレジットカードのコードが送られてくるというものです。Visaカードが使えるところであれば、どこのショッピングサイトでも使えます。(ネットショッピング用なので、実店舗では使えません)

    全ての商品が対象ではないですが、IdeaPadは対象商品で、core i5 i7 i9のパソコンは1万円戻ってきます。(i3は5000円)

    申請方法は簡単で、

    キャンペーンサイト(WEB)に必要事項(氏名、E-Mailアドレス、電話番号など)の入力と、購入日がわかる書類(レシートや領収書、インターネットなどでのご注文の場合はご注文時のメールなど)、製品に添付されている購入証明書の2点をアップロードしてご応募ください。

    これだけです。

    5分ほどの手間で1万円返ってくるので、必ずしましょう。

    分割手数料無料キャンペーン

    一括払いがきつい場合は分割払いができ、24回払いまでは手数料が無料になるので、お得になります。

    特徴

    1. 18歳以上が対象
    2. クレジットカード不要
    3. webから申し込み可能
    4. 最短1日で審査完了
    5. 初回引き落としは翌々月の27日
    6. 月々1000円からの支払いが選択できる
    7. 支払回数は、1, 3, 6, 10, 12, 15, 18, 20, 24, 30, 36, 42, 48

    注)20歳未満の人は、30万円が限度額になります。

    利用方法

    1. 公式ページから希望の商品を選ぶ
    2. お会計時に「JACCS 「WeBBy」」を選択し注文を完了する
    3. 引き続きJACCSのサイトへの入り口ボタンを押してJACCS 「WeBBy」申込み画面に入る
    4. 本人確認の為の電話のご希望時間を選ぶ
    5. Jaccsからの電話にて本人確認をする
    6. 翌営業日に審査結果のメールが来る

    注)1日での審査完了の為にはなるべく申込み日と同じ早い時間を指定しましょう(10:00から20:00までの間で選択ができます。)

    まとめ

    1年使って思ったことは、マック(6年前購入)から乗り換えて良かったな、って事です。(笑)

    私は主にブログとYouTubeに音楽をアップロード、音楽を作るプログラムを使うくらいだと、性能的に全然問題なく使えるし、早いし軽いし、言う事なしです。

    ただ、最近フォトショップ系のアプリFotopeaを使い出したのですが、若干動きが重い時があります。やっぱりこういう動画・画像編集をよくする人は、14インチ core i5 メモリ8GBがいいですね。

    ただ、タイピングはマックに比べてかなりやりやすいので、ブログを書くスピードも上がりましたし、子供が生まれてからは、一眼カメラで写真をとる事が増えたのですが、SDカードからPCへのデータ移動が速いので、ライトユーザーの私はIdeapadにして良かったなって思います。

    Lenovo公式ページでIdeaPad S340を購入する