Lenovo ThinkStation P520(インテルXeon)のレビュー

最大1000W(Titanium相当)の電源にインテルXeonが搭載、ECCメモリも最大512GBと企業でも使えるほどのスペックです。グラボには最大RTX 8000もしくはGV100が2枚搭載可能で、RTX 8000を2枚搭載したらビデオメモリ96GBです!メインメモリみたいな容量ですね。

4K編集や3DCG、トレーディング、3DCADやCAEを快適に行える性能です。

現在Lenovoでは5月12日までMother's Dayセールを開催しており、最大56%の割引になっています。この機会をお見逃しなく!

ThinkStation P520(インテルXeon)のスペックレビュー

Lenovo ThinkStation P520と付属のマウス・キーボード、別売りのモニター<モニターは別売り>

CPU Intel Xeon Wシリーズ
メモリ 最大 ECC 512GB
ストレージ 最大10枚xSSD+最大4基のHDD
グラフィックス Quadro P400/620/1000/2200
Quadro RTX 4000/5000/6000/8000
Quadro GV100
RAID 0、1、5、10
OS Windows 10 Pro for Workstation
無線 WiFi5、Bluetooth 4.1搭載可能
光学ドライブ スリムDVD-ROM
スリムDVDスーパーマルチドライブ
セキュリティ TPM、ハードディスク・パスワード、アドミニストレーター・パスワード、USBロック(BIOS)、セキュリティケーブルスロット、シャーシイントルージョンスイッチ、シャーシキーロック
付属 キーボード、マウス
寸法 165 x 460 x 440㎜
重さ 最大24㎏
電源 690W/900W/1000W
保証 3年間翌営業日オンサイト修理
価格 18.5万円~

CPUは18種類あり、選ぶのが大変です(笑)。最大で18コア36スレッドのXeon W-2295が選べるので、性能的に困るケースはほぼないと思います。

メモリは8スロットで、2200番台のCPUを選んだ場合は最大512GBのECCメモリが搭載可能です。2100番台だと最大256GBですが、自分でメモリを増設する場合は、同じく512GBまで増設できます。また、搭載メモリはECCメモリになります。XeonとECCメモリは業務用サーバーやワークステーションに特化した組み合わせで、「データの破損」が絶対に許されないような金融機関、科学技術計算、サーバー業務などに使用する機種に搭載されます

ストレージベイはこのようになります。

・SSD オンボード2つ・AICに7つ
・3.5インチベイが4つ(標準で2つ・オプションで2つ)
・5.25インチベイが2つ

HDDも30TBまで増設でき、最大で40TB以上になるので大容量ですね。

グラフィックボードはエントリークラスのP400からハイエンドモデルのRTX 8000かGV100まで9種類が選べます。電源との兼ね合いもありますが、グラボ2枚搭載可能なので、より高いグラフィック性能が欲しい人にも合いますね。

個人向けとしては超高性能で、企業としてもほとんどの用途で十分に使えるほどだと思います。

公式サイト

ライバル機種

本機種と似たような最新機種との比較です。(メモリ・SSD・グラボは最大値。スマホの方は表を右にスクロールできます)

Lenovo ThinkStation P520とP920、P620の筐体比較<左から本機種P520、P920、P620>

本機種 ThinkStation P920 ThinkStation P620
CPU Xeon Wシリーズ Xeon Silver,Gold(2枚搭載可能) AMD Threadripper
メモリ 512GB 1024GB 512GB
ストレージ 最大40TB以上 最大40TB以上 最大40TB以上
グラフィックス ~RTX 8000、GV100 ~RTX 8000、GV100 ~RTX 8000
Radeon Pro WX3200
電源 最大1000W 92% 最大1400W 92% 最大1000W 92%
重量 最大24㎏ 最大31㎏ 最大24㎏
価格 18.5万円~ 29万円~ 30.2万円~

本機種はXeon搭載モデルで電源も大きめの機種としては低価格で、パワフルですね。コスパが高い機種です。

P920は上位モデルでCPUを2枚搭載することができ、最大1400Wと大きめの電源です。個人として購入する人は一部で、主に企業向けですね。最大で20コア40スレッドのXeon Gold 6230を搭載できます。

P620は最大で64コア128スレッドのThreadripper Pro 3995WXが搭載可能で、モンスターですね。以前、藤井棋士がThreadripperを使っていると言って話題になりましたね。64コアも使えるようなソフトを使用する人は、こちらがいいかもしれませんね。

メリット・デメリット

メリット

・Xeon搭載ワークステーションとしては低価格
・最大スペックは上位モデル並み

デメリット

・カスタマイズできるパーツが多いので、自分でメモリやストレージを増設できないと価格が高くなる

ThinkStation P520の特徴

Lenovo ThinkStation P520 正面

本機種は意外にスリムな筐体で、幅がたったの165㎜となっています。一万円札の長さが160㎜なので、これより5㎜大きいだけです。

・奥行き460㎜・・・千円札3枚(450㎜)
・高さ440㎜・・・千円札3枚(450㎜)

とほぼ同じサイズです。奥行きと高さはありますが、幅が比較的小さいので机の下だけでなくシェルフなんかにも置きやすそうです。

Lenovo ThinkStation P520の筐体 右斜め前から

前面はメッシュ状になっており、吸気口を兼ねています。

Lenovo ThinkStation P520 左斜め前から

サイドパネルはスライドすると外せる様になっており、ツールフリーで簡単に筐体内部にアクセスできます。メンテナスやメモリ・ストレージの増設がしやすいですね。

Lenovo ThinkStation P520 筐体内部

「増設や取り換えなどの際に使う場所」に赤い線があるので、一目でどこを触って、どこを触らないようにするか分かります。

メモリは最大8枚(8スロット/4チャンネル)で、ストレージはオンボードに2枚のSSDが搭載可能で、最大10枚のSSDか、SSD 6枚+HDD 4基/SSD SATA 2.5インチ4基(3.5インチベイ最大4つ)、FlexモジュールにHDD/SSD SATAが1つ搭載できます。

PCIスロットは以下になります。

PCI x1
PCI Expressx4 x2
PCI Expressx8 x1
PCI Expressx16 x2

インターフェイス

Lenovo ThinkStation P520 正面

  • PS/2(キーボード・マウス)
  • USB 3.0 x4
  • コンポジャック
  • 光学ドライブ

Lenovo ThinkStation P520 背面

  • USB 2.0 x2
  • USB 3.0 x4
  • RJ45
  • マイク入力/ライン入出力

また、最大で2枚のグラフィックボードが搭載でき、以下のインターフェイスがあります。

インターフェイス
P400 3x mini Dispaly Port
P620 4x mini Dispaly Port
P1000 4x mini Dispaly Port
P2200 4x Dispaly Port
RTX 4000 3x Dispaly Port
RTX 5000 Display Portx4,VirtualLink
RTX 6000 Display Portx4,VirtualLink
RTX 8000 Display Portx4,VirtualLink
GV100 Display Port x 4

注)VirtualLinkとは、VRに使うヘッドセットを1本のコネクタで接続できる入出力です。

ISV認証

Lenovo Workstation ISV認証確認方法

ISV認証とは独立系ソフトウェアベンダーによりアプリケーションとの互換性や安定稼働、運用性などをテストされ、認証を得た機種になります

Lenovoでは購入予定の機種から、どのソフトの認証を得ているかなどを確認できるページがあり、「P520、Autodesk、Autodesk 3ds Max」で検索した結果、もちろんですが「Recommended(おすすめ)」と表示されました。

まぁ、ほとんどのソフトに対応していますが、こちらから検索できるので確認してみてください。

CPU

CPUは18種類から選べます。多すぎて困りますね(笑)。主な性能と、価格順に表記しています。

コア/スレッド クロック TDP コア/スレッド クロック TDP
W-2102 4/4 2.9GHz
120W
W-2104 4/4 3.2GHz
120W
W-2123 4/8 3.6/3.9GHz
120W
W-2223 4/8 3.6/3.9GHz
120W
W-2125 4/8 4.0/4.5GHz
120W
W-2225 4/8 4.1/4.6GHz
120W
W-2133 6/12 3.6/3.9GHz
140W
W-2235 6/12 3.8/4.6GHz
130W
W-2245 8/16 3.9/4.5GHz
155W
W-2255 10/20 3.7/4.5GHz
165W
W-2135 6/12 3.7/4.5GHz
140W
W-2265 12/24 3.5/4.6GHz
165W
W-2145 8/16 3.7/4.5GHz
140W
W2275 14/28 3.3/4.6GHz
165W
W-2155 10/20 3.3/4.5GHz
140W
W-2295 18/36 3.0/4.6GHz
165W
W-2175 14/28 2.5/4.5GHz
140W
W-2195 18/36 2.3/4.3GHz
140W

こちらはCPUの性能を表すPassmarkスコアです。

↓グラフをタップすると数値が表示されます↓

Xeonとは言え、W-2102などかなり性能が低いものもあるので、ご注意を。また、当然ですが2100番台より2200番台の方が高い性能です。

グラフィックス

通常のパソコンにはグラフィックボードにGeForce(3Dゲーム/DirectXに最適化)が使われますが、本機種ではQuadro(CADなどの専門的な高度な技術計算/OpenGLに最適化)が搭載です。

↓右にスクロールできます↓

Quadro P400 P620 P1000 P2200
GPUアーキテクチャ Turing Turing Turing Turing
CUDAコア 256 512 640 1280
メモリ帯域 32Gbps 80Gbps 82Gbps 200Gbps
メモリタイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5 GDDR5X
メモリ容量 2GB 2GB 4GB 5GB
単精度性能 0.641TFLOPS 1.38TFLOPS 1.89TFLOPS 3.8TFLOPS
Tensor core性能
NVLink SLI
API Shader 5.1
OpenGL 4.5
DirectX 12
Vulkan 1.0
Shader 5.1
OpenGL 4.5
DirectX 12
Vulkan 1.0
Shader 5.1
OpenGL 4.5
DirectX 12
Vulkan 1.0
Shader 5.1
OpenGL 4.6
DirectX 12
Vulkan 1.1
TDP 30W 40W 47W 75W
Quadro RTX 4000 RTX 5000 RTX 6000 RTX 8000 GV100
GPUアーキテクチャ Turing Turing Turing Turing  
CUDAコア 2304 3072 4608 4608 5120
Tensorコア 288 384 576  576 640
RTコア 36 48 72  72
メモリ帯域 416Gbps 448Gbps 672Gbps  672Gbps 870Gbps
メモリタイプ GDDR6 GDDR6 GDDR6  GDDR6 HBM2
メモリ容量 8GB 16GB 24GB  48GB 32GB
単精度性能  7.1TFLOPS  11.2TFLOPS 16.3TFLOPS 16.3FTLOPS 14.8FTLOPS
Tensor core性能  57.0TFLOPS  89.2TFLOPS 130.5TFLOPS 130.5TFLOPS 118.5TFLOPS
NVLink SLI NVLink NVLink NVLink NVLink
API Shader 5.1
OpenGL 4.6
DirectX 12
Vulkan 1.1
Shader 5.1
OpenGL 4.6
DirectX 12
Vulkan 1.1
Shader 5.1
OpenGL 4.6
DirectX 12
Vulkan 1.1 
Shader 5.1
OpenGL 4.6
DirectX 12
Vulkan 1.1 
Shader 5.1
OpenGL 4.5
DirectX 12
Vulkan 1.0
TDP 160W 265W 295W 295W 250W
  • TFLOPS・・・単精度浮動小数点演算性能で、RTX 4000の57TFLOPSだと、32bit小数の乗算、または加算を1秒間に57兆回実行できる速度
  • NVLink・・・NVIDIAの2つの同じグラフィックボードを繋げて理論的に2倍の性能に引き上げることができるマルチGPU技術。接続にNVLink SLI Bridgeが必要

最大で2枚のグラフィックボードを搭載できますが、2枚搭載したからと言って必ずしも性能が2倍になるわけじゃないので、注意が必要です。

メモリ

メモリはデータを一時的に保存する部分で、メモリが大きいと多くの(大きな)データを処理しやすくなります。

メモリはECCメモリDDR4 2933MHzで、最大8スロット4チャンネルになっています。最大512GB搭載できるので、多くの用途で十分だと思います。

公式サイト

RAID設定

本機種では、RAID 0, 1 , 5, 10の設定ができます。

  • RAID 0・・・読み込み書き込みが高速で出来るし、分散してデータを保存ができる反面、1つのストレージに障害が発生すると復旧できません。なので、RAID 1やRAID 5と組み合わせて使うことが多いです。
  • RAID 1・・・読み書きが遅いが、複数のストレージに「同じデータを書き込む」ので、1つのストレージに障害があってももう一つの方のデータを使って作業が出来ます。
  • RAID 5・・・ドライブが3台以上必要で、データからパリティ(誤り訂正符号)を作成し、3台以上のハードディスクに分散して書き込み。分散書き込みなので速度も速く、1つのHDDに問題が発生しても残りのHDDから作業が可能。多くの人はこの設定を利用
  • RAID 10・・・ドライブが4台以上必要で、RAID 0とRAID 1を組み合わせた構成。多くの人はこの設定を利用

セキュリティ

  • Windows Defender・・・Windows搭載のセキュリティ機能で、マルウェアなどのウイルスからパソコンを守ってくれます。
  • TPM・・・独立して機能するチップで、パスワードなどの重要情報を格納できる
  • ハードディスクパスワード・・・ハードウェアレベルでパスワードを設定できるので、パソコン内部のデータが盗み見られる可能性がかなり減ります
  • Kensingtonロック・・・パソコンが持ち出されないようにロックするワイヤー設置する個所
  • USBロック・・・USBポートを外部USBデバイスからロックする。パスワードを入れて解除できます。
  • OPAL・・・自己暗号化ドライブ。データが流出した時など、暗号化されているので解読されにくいという特徴があります。
  • シャーシ イントルージョン スイッチ・・・筐体へのアクセスを記録できる(誰かが勝手に開けて内部を触っても分かる)

主なものを記載しましたが、多くのセキュリティが搭載しているので企業でも安心して使えます。特に、シャーシインストルージョンスイッチは、仮に従業員などの内部の者が筐体に不正を働いてもBIOSが記憶して、次回起動時に警告を出すので鉄壁の防御ですね。

電源

Lenovo ThinkStation P520の電源の種類

電源は3種類あり、全て電力変換効率が92%と高いものになっています。92%なので80PLUSでいえばPlatinum相当です。

電源は大きい方がパフォーマンスが上がるので、最大の1000Wを搭載することをお勧めします。

サポート・保証

Lenovo ThinkStation P520のサポートと保証

保証は「オンサイト修理」と言って、エンジニアが直接自宅や会社に伺い、修理をしてくれるサービスです。また、プレミアムサポートという上位サポートが付随しており、24時間365日専任のエージェントが対応してくれます。

標準で3年、最長5年まで延長できます。Lenovoはサポートが手厚いので、購入しやすいと思います。

まとめ

CPUにはインテルXeon搭載で、メモリもストレージも大容量、グラボも最大2枚搭載できるのでかなり高い性能にできます。セキュリティも豊富で、保証とサポートも手厚いので、価格以上に価値があると思います。

個人向けとしては最高峰クラス、企業向けとしてもハイエンドモデルですね。

公式サイト