DTM・DAWをするのにおすすめのLenovoデスクトップとノートパソコン

当サイトは広告、アフィリエイトを含みます

DTMやDAWをする為に選ぶパソコンは、兎にも角にもCPUの性能が大事になっていきます。当然メモリも大切ですが、CPU>メモリ>ストレージの優先度で選んでいけば快適に作業が出来ます。

とは言っても、CubaseやPro Toolsなど有名ソフトの推奨スペックは2021年現在の新製品パソコンのスペックであれば、そこまで迷うことなく快適に作業が出来るものが選べます。

パソコンの基本性能が上がってきているので、比較的安めのパソコンでも快適に使うことが出来るようになってきたんですよね。

Lenovoでは新生活応援セールを実施中で、最安値を更新した機種もいくつかありました

土日は週末セールをやっているのでお見逃しなく!

DTM・DAWに必要なパソコンのスペック

それでは、プロからアマチュアまで使っている定番ソフトのCubaseで確認していきましょう。Pro Toolsやデジタルパフォーマーなど他の有名ソフトを見ても推奨スペックは大体同じなので、Cubaseを基準に考えていたら大丈夫です。

Cubase Pro/Artist・Elements 動作環境
OS Windows 10 64bit(32bitは非対応)/mac Mojave10.14/Catalina10.15
CPU Intel core i5以上/AMD Ryzenマルチコアプロセッサー
RAM(メモリ) 8GB以上(最低4GB以上)
ディスク空き容量 30GB以上(Elementsは20GB)
推奨ディスプレイ FHD・1920x1080(最低1440x900以上)
グラフィックボード Directx 10, WDDM 1.1に対応したグラフィックボード(CPU内蔵も含む)
USB端子 USB-eLicenser (コピープロテクトキー) 接続用(通常Cubase購入時に同梱)
オーディオ OS 対応オーディオデバイス (ASIO 対応デバイス推奨)/Cubaseインストール時にインストールされます

なんかいろいろ書きましたが、2020年以降にパソコン会社の公式ページで販売されているものでIntel Core i5以上を選べば、その他の事は気にする必要が無いくらいのスペックです。

以前は各スペックを詳細に確認していかないといけなかったですが、最近のパソコンは基本性能が高いので、比較的楽にパソコンを選ぶことが出来ます。

各パーツの概要です。

各パーツの解説
OS OSはWindows 11 Home/Pro 64bit版で、2023年現在、新品PCだとこれ以外見かけることはほとんどないです
CPU パソコンの頭脳で、性能が高いとサクサク動くし、性能が低いとプロジェクトの途中でPCが止まる事もあるし、音が遅れて出てくる事もあるので重要パーツです。
RAM(メモリ) メモリはパソコンの作業台で、推奨メモリは8GBですが快適に使うには16GB以上は必須です。
ストレージ 空きディスク容量は30GB以上ですが、追加のプラグインやデータも積み重なるので、最低でも512GBあれば長く使っていけます。
ディスプレイ 推奨解像度はFHD・1920x1080で、解像度が低いとインターフェイスが見にくいです。
グラフィックボード 最近のCPU内蔵グラフィックスでもDirectX 10以上に対応しているので、2020年以降のモデルのPCならまず心配ないです

簡単に言うと、2023年に販売されている新しいパソコンを買えば、ほとんど対応しているので、価格で言えば7万円くらいのパソコンからになります。

また、「外部グラフィックボードは必要ですか?」と聞かれることが多いのですが、もしプロモーションビデオを作ったりする人は必要ですが、動画編集をしないのであればあってもなくても関係ありません。(細かいことを言うと、外部グラボがあったほうがパソコンはより快適に動きます。)

ちょっと簡単に説明しましたが、DTMやDAWはそこまでハイスペックじゃなくても快適に使えるんですよね。あとは、どこまで快適に使いたいかという事ですね。

ということで、一番重要なCPUだけ詳しく紹介していきます。

 

 

CPU(プロセッサー)

CPUはIntel i5以上かAMD Ryzenマルチコアプロセッサーが推奨となっていますが、CPUとソフトウェアの相性ってあるんですよね。なので私は(というか多くの人も同じ意見ですが)、Intel製をおすすめします

注)Ryzen 5000シリーズや6000シリーズが販売され、Inteに匹敵するほど使いやすくなったのでいくつかAMD搭載モデルも紹介しています。

CPUを見る時は、以下の点を見て判断します。

CPU 見方

  • 赤丸はモデル名で、Core iシリーズに限って言えばCore i9>i7>i5>i3の順に性能が高くなります
  • 青丸は世代を表します。現在最新世代は13世代で、12であれば旧モデルの12世代になります
  • オレンジ線部分は通常100番から200、300、400と上がっていき、数字が大きい方がより性能が高いです。
  • 末尾にアルファベットがあるモデルもあり、Kはオーバークロックできる、Uは省電力モデルなどです。何も書かれていないCPUは、通常版になります。

大事な部分は、青丸の世代ですね。世代が新しい方が性能が高いので、現在であれば「13」と書かれたものが最新です。

後は、コアとスレッドと言う性能もあるのですが、基本的にCore i3よりもCore i5、i5よりもCore i7となるし、最近はコア数もスレッド数も増えているので気にしなくてもいいかもしれません。

下の図は結構ざっくりした意味合いですが、基本的にこのようにコアとスレッドが大きいと同時により多くのデータが扱えます。

DTM用PCでのコアとスレッド数の解説図

 

 

おすすめデスクトップパソコン

主にゲーミングPCになり、ここ最近のゲーミングPCはライティングが激しく、いかにもゲーミングPCと言う外観です。ライティングはある程度消すこともできますが、気になる場合は、次の項目のデスクトップを参考にどうぞ。

 

ThinkStation P3 Tower

Lenovo ThinkStation P3 TowerのレビューP3シリーズでは一番高性能で最大電源も1100Wと大きいです。Xeonなしのデスクトップとしては最高峰の性能ですが、ミニタワーなので長時間高負荷な作業を連続でするような使い方には合いません。

CPU Core i3-13100
Core i5-13400/13500
Core i5-13600/13600K
Core i7-13700/13700K
Core i9-13900/13900K
メモリ 最大128GB(ECC/non ECCあり)
ストレージ SSD×3+HDD×3
グラフィックス(最大2枚) 内蔵グラフィックス
NVIDIA T400/T1000
RTX A2000/A4000/A4500/A5500
無線 なし、Wi-Fi 6E
LAN 1Gbe(標準)、サーバーアダプターなど
重さ 最大13.61kg
電源 500/750/1100W(92%)
価格 29.7万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkStation P3 Ultra

Lenovo ThinkStation P3 Ultraのレビューミニタワーよりも小さな約3.6㎏の筐体で、どこにでも設置しやすい機種です。ただし、スペックは上位モデルに負けないほどパワフルです。電源がノートパソコン並の最大300Wなので、熱もこもりにくいです。

 

CPU Core i3-13100
Core i5-13400T
Core i5-13600/13600K
Core i7-13700/13700T/13700K
Core i9-13900/13900T/13900K
メモリ 最大128GB(ECC/non ECCあり)
ストレージ SSD×2+HDD
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA T400/T1000
RTX A2000/A5500
無線 なし、Wi-Fi 6E
LAN 2.5Gbe+1Gbe
重さ 3.6kg
電源 170/230/300W
標準保証 1年間
価格 15.5万円~

レビュー

公式サイト

 

Legion Tower 5 gen 8(AMD)

Legion Tower 5 gen 8(AMD)Ryzen 7000シリーズ搭載機種で、メモリやSSDも最新スペックです。グラフィックスはRTX 3060 Tiが搭載で、ホビーユーザーであれば十分な性能です。ほとんどのタイトルはプレイできると思います。

APU Ryzen 7 7700X
標準メモリ DDR5 16GB(メモリスロット4つ/最大128GB)
ストレージ SSD 512GB(最大SSD×3+HDD×2)
グラフィックス RTX 3060 Ti LHR
LAN 1000BASE-T/2.5GBASE-T、Wi-Fi 6E
拡張スロット/ベイ 3.5インチ×2、PCI Express ×16(1つ/空き0)、M.2 2230(WLAN用)1つ/空き0、M.2 PCIe SSD用(3つ/空き2)
冷却 空冷
重さ 最大14㎏
電源 500W 80PLUS Silver
価格 23.7万円~

レビュー

公式サイト

 

Legion Tower 5i Gen 8

Legion Tower 5i Gen 8インテル13世代CPU搭載で、最高でCore i9-13900のモンスターCPUが搭載できます。メモリやSSDも2023年最新で、LANはワークステーションに採用されることがある2.5ギガビットイーサネットに対応です。グラボはRTX 3060 Tiでミドル(~ミドルハイ)クラスで、ホビーゲーマーには十分すぎるスペックになっています

CPU Core i5-13400F/13400
Core i7-13700F/13700
Core i9-13900
標準メモリ DDR5 16GB(メモリスロット4つ/最大128GB)
ストレージ SSD 512GB(M.2スロット2つ)
グラフィックス RTX 3050
RTX 3060 LHR
RTX 3060 Ti LHR
LAN 1000BASE-T/2.5GBASE-T、Wi-Fi 6E
拡張スロット/ベイ 3.5インチ×2、PCI Express ×16(1つ/空き0)、M.2 2230(WLAN用)1つ/空き0
重さ 最大14㎏
電源 500W 80PLUS Silver
850W 80PLUS Platinum
価格 17.2万円~

レビュー

公式サイト

 

 

高性能・高コスパデスクトップ

こちらも上で紹介したものと同じハイスペックCPU搭載ですが、ほぼすべてグラフィックボードがないPCになります。グラフィックスはCPU内蔵で、DirectX 10やOpenGL対応なので安心して使えます。

 

ThinkCentre M70q Tiny Gen 3

ThinkCentre M70q Tiny Gen 3最新のインテル第12世代CPU搭載で、かなり性能が高くなった機種です。CPU以外の基本的なスペックは過去モデルと同じですが、これだけ小型なのにインターフェイスも豊富で使いやすい機種になります

リリース 2022年3月15日
CPU インテル12世代CPU
メモリ 最大64GB
ストレージ HDD +SSD
光学ドライブ 搭載可能
無線LAN 無し、AC 9260(WiFi5)、WiFi6
有線LAN イーサネット(RJ45)
付属 マウス、キーボード(付属無し可能)
寸法 36.5×182.9×179㎜
重さ 最大構成時 1.25㎏
価格 10.1万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkCentre M70s Small Gen 3

ThinkCentre M70s Small Gen 32年ぶりの新しい機種で、インテル第12世代CPU搭載のパワフルな機種です。メモリやストレージの増設も可能なので、安くハイエンドスペックにできます。性能は文句なしです!

リリース 2022年3月15日
CPU Core i5-12400/12400F、12500/12500F
Core i7-12700/12700F
Core i9-12900/12900F
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD+HDD×2
OS Windows 11 Home、Pro
光学ドライブ 搭載可能(DVDスーパーマルチドライブ、DVD-ROMドライブ)
その他 イーサネット、Wi-Fi 6・Bluetooth搭載可能、
同梱 マウス、キーボード
重さ 最大5.3㎏
価格 12.4万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkCentre M90t Tower Gen 3

ThinkCentre M90t Tower Gen 3ミニタワークラスの筐体で拡張性も高く、それでいて机上に置いても圧迫感が少ないサイズです。最新スペックを詰め込んだハイエンドビジネスPCですが、ハイエンドグラフィックボードも搭載できるので、クリエイターPCとしても使えます。欠点らしき欠点がないデスクトップです

リリース 2022年5月
CPU Core i5-12400/12400F
Core i5-12500
Core i5-12600/12600K
Core i7-12700/12700F/12700K
Core i9-12900/12900F/12900K
メモリ 最大128GB
ストレージ SSD×2+HDD×3
グラフィックス インテルUHD
GTX 1660 Super
GeForce RTX 3060
GeForce RTX 3070 Ti
通信 RJ45(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)、Wi-Fi 6・Wi-Fi 6E・Bluetooth 5.2選択可能
光学ドライブ なし
ウルトラスリムDVD-ROM
ウルトラスリムDVDスーパーマルチドライブ
重さ 最大6.5㎏
電源 300W/500W/750W
価格 8.6万円~

レビュー

公式サイト

 

 

DTM・DAWにおすすめのノートパソコン

パソコンの持ち運びがある人は、当然ノートパソコンになります。最近は高性能で低価格モデルが多いので、選択肢は豊富ですね。

 

ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)

Lenovo ThinkPad Z16 Gen 1(AMD)16インチの大型で、Ryzen 6000 Hシリーズ搭載、メモリはLPDDR5、SSD PCIe 4.0と最新スペック満載です。ディスプレイも4K OLEDが選択可能で、Radeonグラフィックボードもあります。性能はすごく高く、+アルファもあり、おしゃれな機種です

CPU Ryzen 5 PRO 6650H
Ryzen 7 PRO 6850H
Ryzen 9 PRO 6950H
メモリ LPDDR5 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
Radeon RX 6500M
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS タッチあり
WQUXGA OLED タッチ
OS Windows 11 Home
無線 Wi-Fi 6E、4G LTE
その他 1080p Webカメラ、顔認証、指紋センサー、ドルビーアトモス
重さ 1.81㎏~
バッテリー 72Whr・最大約25.9時間
価格 25.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P16s Gen 1

Lenovo ThinkPad P16s Gen 116インチのワークステーションで1.67㎏と軽く、外出先でも作業がしやすいモデルです。画面比は16:10と縦に長く、表示情報も17インチ並みに多く、持ち運びが多い人に向いた機種です。12世代CPUにVRAM 4GBのNVIDIA T550が搭載で、ある程度の作業はしやすいスペックです

CPU Core i5-1240P/1250P/1260P
Core i7-1260P/1270P/1280P
メモリ 最大48GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス NVIDIA T550 Laptop GPU
ディスプレイ(14型) WUXGA(1920×1200) IPS液晶 タッチあり
WQXGA(2560×1600) IPS液晶
LAN Wi-Fi 6E、4G LTE、ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証あり
重さ 1.68㎏
バッテリー 最大8時間~16時間
価格 16.2万円~

レビュー

公式サイト

 

ThinkPad P14s Gen 4 Intel

Lenovo ThinkPad P14s Gen 4のレビュー持ち運び用のワークステーションで1.34㎏と軽く、最大18.1時間のバッテリー駆動時間があります。コンパクトな機種でもあるので機動性を重視している分、大きな筐体に比べ若干性能が劣ります

CPU Core i5-1340P/1350P
Core i7-1360P/1370P
メモリ 最大64GB
ストレージ SSD 最大2TB
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA RTX A500
ディスプレイ(14型) WUXGA IPS タッチあり
2.2K IPS
2.8K OLED
通信 Wi-Fi 6E、4G LTE、1ギガビットイーサネット
生体認証 指紋センサー、顔認証
重さ 1.34㎏~
バッテリー 最大約18.1時間
価格 17.8万円~

レビュー

公式サイト

 

グラフックボード付きノートパソコン

グラフィックボード搭載モデルはCPUの性能がかなり高く、コア数も大きいものが多いので、より快適に作業ができます。

 

ThinkPad P1 Gen 6

Lenovo ThinkPad P1 Gen 6のレビュー機動性を高めつつ、性能も最高峰まで上げられる機種です。ワークステーションにしてはコンパクトで軽量なので、外出先でも高負荷な作業をする人に合います

CPU Core i7-13700H/13800H
Core i9-13900H
メモリ 最大96GB
ストレージ SSD×2
グラフィックス RTX A1000
RTX 2000/3500/4000/5000 ada
Geforce RTX 4060/4080/4090
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS
WQXGA IPS
WQUXGA OLED
LAN Wi-Fi 6E
生体認証 指紋センサー、顔認証
WEBカメラ なし/FHD/5MP
バッテリー
電源
最大約19.5時間
170/230W
標準保証 1年間
価格 34.4万円~

レビュー

公式サイト

 

Legion 5i Gen 9 16 インテル

Lenovo Legion 5i Gen 9 16型 インテルのレビュー全体的にハイスペック構成で、ホビー勢から結構ガチにやっている人向けです。13・14世代CPUが搭載し、グラボはRTX 40シリーズ。ディスプレイは高精細なWQXGAでsRGB 100%の色域、そして最大240Hzのリフレッシュレートです。生体認証がない点を除けば、文句なしの価格とスペックです

CPU Core i5-13450HX
Core i7-14650HX
Core i7-14700HX
Core i9-14900HX
メモリ 16GB搭載(最大32GB)
ストレージ SSD 最大1TB(M.2スロット空き1つあり)
グラフィックス RTX 4050
RTX 4060
RTX 4070
ディスプレイ(16型) WQXGA IPS 165Hz/240Hz
通信 Wi-Fi 6E、1ギガビットイーサネット
WEBカメラ FHD
重さ 約2.3㎏
カラー ルナグレー
バッテリー(JEITA 3.0)
電源
最大約5.1時間
230W
価格 15.3万円~

レビュー

公式サイト

 

LOQ 16APH8

Lenovo LOQ 16APH8のレビューZen 4アーキテクチャのRyzen 7000シリーズが搭載で、消費電力はIntel同等モデルの半分以下ですが、同じくらいの性能になっています。14万円台のゲーミングPCとしては、ほぼ文句の付け所もなく、エントリークラスからミドルハイエンドのスペックです

CPU Ryzen 5 7640HS
Ryzen 7 7840HS
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB(最大SSD×2)
グラフィックス RTX 3050
RTX 4050
RTX 4060
ディスプレイ(16型) WUXGA IPS 光沢なし 144Hz
通信 1ギガビットイーサネット、Wi-Fi 6
生体認証
WEBカメラ FHD 1080p
重さ 約2.6㎏
バッテリー
電源
最大約8時間
170W
価格 14.8万円~

レビュー

公式サイト

 

 

まとめ

ノートパソコンを使用する時は、HDMIもしくはDisplay Portからモニターに接続できるので、大画面で作業も出来ます。

↓こう言ったケーブルが必要です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥2,900 (2024/02/28 08:23:14時点 Amazon調べ-詳細)

資金に余裕があればCPUがより性能の高いもの・Core i7を選ぶと、より快適に作業が出来るので、まずは出来るだけ高性能CPUを選びましょう。