Ryzen 5000シリーズ搭載ノートパソコンのまとめとレビュー

超高性能のRyzen 5000シリーズを搭載したノートパソコンが、次々に投入されていますね。前作のRyzen 4000シリーズ搭載ノートパソコンは販売当初からかなり人気が高く、未だに出荷まで1-2か月かかるものもあり、運良く買えた人もいると思いますが、買えなかった人の方が多いんじゃないかなと思います。

さて、前作Ryzen 4000を上回る性能で、今後「在庫なし」が増えると予想されるRyzen 5000シリーズ搭載機種をまとめたので、参考にどうぞ。

Ryzen 5000シリーズの性能

コア/スレッド 基本クロック
ブーストクロック
キャッシュ TDP アーキテクチャ
Ryzen 9 5900HX 8/16 3.3GHz
4.6GHz
16MB 45W Zen 3
Ryzen 9 5900HS 8/16 3.0GHz
4.6GHz
16MB 35W Zen 3
Ryzen 9 5800HS 8/16 2.8GHz
4.4GHz
16MB 35W Zen 3
Ryzen 7 5800H 8/16 3.2GHz
4.4GHz
16MB 45W Zen 3
Ryzen 7 5800U 8/16 1.9GHz
4.4GHz
20MB 15W Zen 3
Ryzen 7 5700U 8/16 1.8GHz
4.3GHz
12MB 15W Zen 2
Ryzen 5 5600U 6/12 2.3GHz
4.2GHz
19MB 15W Zen 3
Ryzen 5 5500U 6/12 2.1GHz
4.0GHz
11MB 15W Zen 2
Ryzen 3 5400U 4/8 2.6GHz
4.0GHz
8MB 15W Zen 2
Ryzen 3 5300U 4/8 2.6GHz
3.8GHz
6MB 15W Zen 2

Ryzen 5000シリーズは新アーキテクチャのZen 3と、Ryzen 4000シリーズと同じZen 2があります。Ryzen 5000シリーズは4桁の数字の最初が「5」で始まり、Ryzen 4000シリーズは「4」で始まります。

  • Ryzen 7 5800U
  • Ryzen 7 4800U

Zen 2とZen 3の主な変更点です。

AMD Zen 2からZen 3への変更点 AMD Zen 2からZen 3への変更点

簡単にまとめると、変更点は以下になります。

  • コアからアクセスできるL3キャッシュが倍増(パフォーマンス向上)
  • IPCが19%向上し、電力当たりのパフォーマンスが最大24%UP
  • シングルスレッドの性能が最大23%UP
  • マルチスレッドの性能が最大108%UP
  • バッテリー効率が上がった

こちらはCPUの性能を表すPassmarkスコアで、Ryzen 4000シリーズとRyzen 5000シリーズの比較です。

最大で、約20%ほど性能が上がっていますね。

Ryzen 7 5800UとRyzen 7 4800Uの性能比較

Ryzen 7 5800UとRyzen 7 4700Uの性能比較図で、アプリの起動は18%UP、Web閲覧も18%UPしています。

こちらはCinebench R20で、マルチコア性能とシングルコア性能を数値化したものです。最新のインテル11世代CPUと比較です。

まだ全てのデータが出そろっていないですが、マルチコア性能はRyzen 5000シリーズが飛びぬけて高いですね。シングルコア性能はインテルの方が高いです。シングルコア性能が必要なCADなどのソフトでのモデリングや、ゲームはやはりインテルの方が使いやすそうです。

マルチコア性能が必要な3DCGでのレンダリングや動画編集のエンコードなどをするのであれば、Ryzenの方がより快適に使えますね。

それでは以下より、Ryzen 5000シリーズ搭載ノートパソコンを会社別にご紹介します。

Lenovo Ryzen 5000シリーズ搭載ノートパソコン

Legion 760

Lenovo Legion 760最大でRyzen 9 5900HX+RTX 3080 Laptopが搭載可能の、超ハイエンドノートパソコンです。画面の縦横比が16:10と縦が長いのでより多くの情報が表示でき、没頭感も増します。スペック的にゲーミングPC兼クリエイターPCと言ったものなので、動画編集や画像編集などをする人にも合います。

CPU Ryzen 7 5800H
Ryzen 9 5900HX
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 1TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
NVIDIA GeForce RTX 3080
ディスプレイ(16型) WQXGA(2.5K) IPS液晶 Dolby Vision 光沢なし
リフレッシュレート 165Hz
有線 100BASE-TX/1000BASE-T
無線 Killer Wireless-AX 1650、Bluetooth v5.1
重さ 2.5㎏
バッテリー 3.1時間
価格 21.1万円~

レビュー

公式サイト

Legion 560 Pro(Ryzen 5000 Hシリーズ)

Lenovo Legion 560 Pro上記した機種とほぼ同じですが、Ryzen 7 5800H+RTX 3070 Laptopのスペックです。こちらも十分性能が高く、Ryzen 9 5900HXと同じ8コア16スレッドのモンスターCPUで、グラボよし、ディスプレイよしと、現行最高クラスです。

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大1TB
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
ディスプレイ(16型) WQXGA(2.5K) IPS液晶 Dolby Vision 光沢なし
リフレッシュレート 165Hz
無線 WiFi6、Bluetooth v5.2
重さ 2.45㎏
バッテリー 3.9時間
価格

レビュー

公式サイト

IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMD

Lenovo IdeaPad Slim 560 Pro 16,AMDIdeaPadシリーズのProモデルで、2.5KのディスプレイにGeForce MX450も搭載可能、WiFi6にも対応しています。主に画像編集をやる人に合う機種ですが、簡単な動画編集も快適に使えるほどです。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(16型) QHD(2.5K) 350nit sRGB 100% 120Hz
グラフィックス 内蔵グラフィックス
NVIDIA GeForce MX450
OS Windows 10 Pro
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
顔認証 有り
重さ 2㎏
バッテリー 最大10時間
価格 販売開始時に追記

レビュー

IdeaPad Slim 360(15)

Lenovo IdeaPad Slim 360 15型Slim 3シリーズでは珍しくフルHD IPS液晶で、ベゼル(画面の黒い枠)も細いモデルです。メモリが最大8GBまでなので、ヘビーユーザーは自分でメモリの増設をした方がいいかもしれません。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
重さ 1.7㎏
バッテリー 最大9時間
価格 販売開始時に追記

レビュー

IdeaPad Slim 360 (17)

Lenovo IdeaPad Slim 360(17) 正面大画面・17型で、最大でRyzen 7 5700Uも搭載できます。デスクトップ並みの性能で、画面も大きいので、デスクトップにするかノートパソコンにするか悩んでいる人に合うと思います。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大8GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 2.2㎏
バッテリー 最大8時間
価格 6万4438円~

レビュー

公式サイト

IdeaPad Slim 550 14型(Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo IdeaPad Slim 550 14型(AMD Ryzen 5000シリーズ)重量が1.45㎏、そしてバッテリー駆動時間が最大14時間と比較的長いので、持ち運びが多い人にも合う機種です。メモリも最大16GBと大きいので、スペックは高いですね。ベゼル(画面の黒い枠)も細く、おしゃれなので個人的に好きなシリーズです。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢なし
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi、Bluetooth v5.1
指紋センサー 有り
重さ 1.45㎏
バッテリー 最大14時間
価格

レビュー

公式サイト

IdeaPad Flex 550 15.6型(AMD Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo Flex 550 15.6型 AMD Ryzen 5000シリーズ15型・2 in 1 PCの本機種は若干重いですが、状況に合わせて形を変えることができるので、使い勝手が高い機種です。新幹線や飛行機などでの移動が多く、資料作成などがつりと使う人に合う機種です。また、アクティブペンも付属なので、イラストや講義のメモ取りもしやすい機種です。

プロセッサー AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.8㎏
バッテリー 最大15時間
価格 6万6528円~

レビュー

公式サイト

IdeaPad Flex 550 14(AMD Ryzen 5000シリーズ)

Lenovo Flex 550 14型 AMD Ryzen 5000シリーズこちらは14型・2 in 1 PCで、重量が1.5㎏と、15型よりも300g軽くなっています。バッテリー駆動時間も最大16時間と長いので、外出先でも快適に作業をしたい人、毎日持ち運ぶ学生やビジネスパーソンにおすすめです。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 5 5500U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大512GB
ディスプレイ(14型) FHD IPS 光沢あり マルチタッチ
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi、Bluetooth v5.0
指紋センサー 有り
重さ 1.5㎏
バッテリー 最大16.1時間
価格 5万8916円~

レビュー

公式サイト

HP

HPでは、まだRyzen 5000シリーズ搭載機種は販売されていません。発表され次第、情報をアップデートします。

Fujitsu

富士通はキーボードのキーストローク(キーを押し込む距離)が深いのが特徴で、なんと2.5㎜もあります。普通のノートパソコンは1.2㎜前後と浅く軽い打感で、「押したか押してないか分からない」時がありますが、2.5㎜と言えばデスクトップ用のキーボード並みで、打感が良いくタイピングしやすいです。

LIFEBOOK WAB/F1

Fujitsu LifeBook WAB/F1光学ドライブ付きの機種で、ストレージは最大2TBと大容量です。プロセッサーにRyzenを選んだ場合はWiFi6にも対応と、無線環境も良いですね。キーストロークが2.5㎜とデスクトップ用キーボード並みなので、タイピングがかなりしやすいです。

プロセッサー AMD Athlon Gold-3125U
AMD Ryzen 3 5300U
AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ SSD 最大1TB+HDD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) HD
FHD 高視野角
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi6/WiFi5、Bluetooth
その他 DVDスーパーマルチドライブ/Blu-rayスーパーマルチドライブ、カラー2種類あり(ブラック・ブルー)
保証・3年
重さ 2.1㎏
バッテリー 最大8.8時間
価格 8.8万円~

公式サイト

LIFEBOOK AH50/F1

Fujitsu LIFEBOOK AH50/F1このスペックにしては若干ストレージが小さい気もしますが、256GBあるので、クラウドや外付けHDDを使えば問題ないと思います。光学ドライブ付きで大画面なので、動画を編集して焼いたりすることが多い人に向いています。WiFi6にも対応なので、無線でも安定して高速回線で使えますね。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5700U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD 高視野角
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
その他 DVDスーパーマルチドライブ、有線接続、カラー2種類あり(ホワイト・ブルー)
保証・3年
重さ 2.0㎏
バッテリー 最大8.2時間
価格 13.2万円~

公式サイト

LIFEBOOK AH43/F1

LIFEBOOK AH430/F1Ryzen 3搭載の「ライトユーザー向け」の機種ですが、まぁ、性能がかなり高いのでヘビーユーザー一歩手前の人でも満足いくかなと思います。スペック的には上で紹介した機種と同じで、プロセッサーが違うだけです。

プロセッサー AMD Ryzen 3 5300U
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 256GB
ディスプレイ(15.6型) FHD 高視野角
グラフィックス 内蔵グラフィックス
無線 WIFi6、Bluetooth v5.1
その他 DVDスーパーマルチドライブ、有線接続、カラー2種類あり(ブラック・レッド)
保証・3年
重さ 2.0㎏
バッテリー 最大8.8時間
価格 13.2万円~

公式サイト

ASUS

ASUSでは現在、ゲーミングPCのみにRyzen 5000シリーズが搭載しています。

Rog Flow X13 GV301QH

ROG Flow X13 GV301QH13.4型の小型とは言え、画面比が16:10と縦が長いディスプレイで、14型並みの情報が表示されます。グラボはVRAM 4GBのGTX 1650とエントリークラスですが、軽めのゲームや動画・画像編集もできるほどの性能です。持ち運び用にぜひ。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800HS
AMD Ryzen 9 5900HS
メモリ 16GB・32GB
ストレージ SSD 512GB・1TB
ディスプレイ(13.4型) WUXGA(1920×1200) ワイドTFTカラー液晶 120Hz
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 指紋センサーあり
重さ 1.35㎏
バッテリー 最大13.7時間
価格 14.9万円~

公式サイト

ROG Zephyrus G15 GA503QS

ROG Zephyrus G15 GA503QS最大でRyzen 9+RTX 3080搭載のハイ・ハイエンドモデルです。ただし、RTX 3080のビデオメモリは8GBの方が搭載です(まぁ、それでもかなり大きいですが・・・)。2.5Kディスプレイに高色域のDCI-P3 100%なので、動画編集をするプロ・セミプロが選ぶ品質です。ゲーマーにはもちろん、クリエイターにもお勧めできる本格スペックです。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800HS
AMD Ryzen 9 5900HS
メモリ 16GB
ストレージ SSD 1TB
ディスプレイ(15.6型) WQHD(2.5K) ワイドTFTカラー液晶 165Hz DCI-P3 100%
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060
NVIDIA GeForce RTX 3080
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 指紋センサー、RJ45、カラー2色(グレー、ホワイト)
重さ 1.99㎏
バッテリー 計測中
価格 21.9万円~

公式サイト

ROG Zephyrus Duo 15 SE GX551QS

ROG Zephyrus Duo 15 SE GX551QSディスプレイが2つもある本機種は、メインディスプレイはゲームに使い、セカンドディスプレイはチャットや攻略法、キャラのステータスを表示したりできます。セカンドディスプレイは14型サイズで3840x1100ドットと大きいですね。

プロセッサー AMD Ryzen 9 5900HX
メモリ 32GB
ストレージ SSD 2TB
メインディスプレイ(15.6型) FHD ワイドTFTカラー液晶 非光沢、300Hz sRGB 100%
セカンドディスプレイ(14型) 解像度1920×550 タッチスクリーン sRGB 100%
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060
NVIDIA GeForce RTX 3080(Vram 16GB)
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 RJ45、電源280W、Office Home &Business 2019
重さ 2.5㎏
バッテリー 7.6時間
価格 54.9万円~

公式サイト

ROG Strix SCAR 15 G533QS

ROG Strix SCAR 15 G533QSこちらもゲーミング兼映像クリエイター向けの機種で、2.5K・DCI-P3 100%と高色域です。このスペックから考えると、バッテリー駆動時間が最大11.7時間と長いですね。グラボはRTX 3080搭載ですが、1つはビデオメモリが8GB、もう一つは16GBとなっているので、動画編集なをするクリエイターはビデオメモリ16GBのRTX 3080搭載モデルを選んだ方が良いです。

プロセッサー AMD Ryzen 9 5900HX
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
メインディスプレイ(15.6型) WQHD(2.5K) ワイドTFTカラー液晶 非光沢、165Hz、DCI-P3 100%
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3080(Vram 8GB)
NVIDIA GeForce RTX 3080(Vram 16GB)
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 RJ45、電源240W
重さ 2.3㎏
バッテリー 最大11.7時間
価格 29.9万円~

公式サイト

ROG Strix SCAR 17 G733QS

ROG Strix SCAR 17 G733QS上で紹介した機種の17型になり、解像度がフルHDで色域がsRGB 100%と下がっていますが、リフレッシュレートが300Hzと超ぬるぬるプレイできます。大画面で気持ちよくゲームをプレイした人は、本機種がおすすめです!

プロセッサー AMD Ryzen 9 5900HX
AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 最大32GB
ストレージ SSD 最大2TB
ディスプレイ(17.3型) FHD ワイドTFTカラー液晶 非光沢、300Hz、sRGB 100%
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3080(Vram 8GB)
NVIDIA GeForce RTX 3080(Vram 16GB)
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 RJ45、電源240W
重さ 2.75㎏
バッテリー 最大14時間
価格 29.9万円~

公式サイト

ASUS TUF Gaming A15 FA506QR/506QM

ASUS TUF Gaming A15 FA506QRQRとQMと言う2種類があり、QRの方が高いスペックになっています。とは言え、どちらもRyzen 7 5800HにRTX 30シリーズのグラボ搭載なので、ハイスペックモデルです。TUFはゲーミングPCで、映像クリエイターには物足りない色域になりますが、506QRを選択した場合はsRGB 100%なので、Web用画像編集向けの色域があります。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 最大1TB
ディスプレイ(15.6型) FHD ワイドTFTカラー液晶 非光沢、sRGB 100%(506QRのみ)
リフレッシュレート 240Hz (506QR)
144Hz(506QM)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3060 (506QM)
NVIDIA GeForce RTX 3070 (506QR)
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 RJ45、電源200W
重さ 2.3㎏
バッテリー 最大12.9~13.2時間
価格 14.8万円~

506QM

506QR

 

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR

ASUS TUF Gaming A17 FA706QR一つ前に紹介した機種の17型で、ゲーミングPCになります。スペックも高めなので「大画面で、いつでもどこでもゲームをしたい人」に向いています。

プロセッサー AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB
ディスプレイ(17.3型) FHD ワイドTFTカラー液晶 非光沢
リフレッシュレート 144Hz
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3070
無線 WIFi6、Bluetooth 5.1
その他 RJ45、電源200W
重さ 2.7㎏
バッテリー 最大12.8時間
価格 16.9万円~

公式サイト

DELL

DELLでもようやくRyzen 5000シリーズ搭載機種が、発表されました。まだ機種は少ないですが、追加され次第追記していきます。

New Inspiration 15(5515)

Dell New Inspiration 15(5515)15型にしては比較的軽い1.65㎏で、WiFi6にも対応しているので外出先でも大画面で作業をしたい人に合います。様々な品質テストをクリアした機種で。耐久性は高いです。ただし、キーピッチが1.3㎜とかなり狭いので、手が大きい人はタイピングに慣れが必要です。

プロセッサー Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ 最大SSD 512GB
ディスプレイ(15.6型) FHD WVA 非光沢
無線 WIFi6、Bluetooth 5
重さ 1.643㎏
バッテリー 4セル・54Wh
価格 7.7万円~

公式サイト

New Inspiration 14 (5415)

Dell New Inspiration 14(5415)1つ前に紹介した機種の14型でメモリが最大8GBまでと言うことを除けば、ほぼ全て同じスペックになります。本機種もベゼルが細くおしゃれな外観で、14型なので持ち運びもしやすい機種ですね。キーピッチは同じく1.3㎜と狭いのでご注意を。

プロセッサー Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 8GB
ストレージ 最大SSD 512GB
ディスプレイ(14型) FHD WVA 非光沢
無線 WIFi6、Bluetooth 5
重さ 1.442㎏
バッテリー 4セル・54Wh
価格 7.7万円~

公式サイト

New Inspiration 14 2 in 1(7415)

Dell New Inspiration 14 2 in 114型にしては若干重たいですが、使い勝手の高い2 in 1 PCです。特徴は、メモリ8GBを選んでもデュアルチャンネルメモリと言って2枚のメモリを搭載しているので、上記している2機種よりも処理速度が速いです。ベゼルも細く見やすいディスプレイなので、おすすめです。

プロセッサー Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリ 最大16GB
ストレージ 最大SSD 512GB
ディスプレイ(14型) FHD WVA タッチ
無線 WIFi6、Bluetooth 5
重さ 1.56㎏~
バッテリー 4セル・54Wh
価格 8.7万円~

公式サイト

MSI

MSIでは現在Ryzen 5000シリーズ搭載モデルがありません。発表され次第、情報を追加します。

公式サイト

まとめ

まだ、あまり機種が出てないですが、LenovoとASUSがいち早くリリースしていますね。他にも、ドスパラやFrontier、マウスコンピューターなども調べたのですが、デスクトップのみRyzen 5000シリーズがありました。Ryzen 5000シリーズが搭載されたデスクトップは、こちらにまとめています。

今からどんどんRyzen 5000シリーズ搭載ノートパソコンがリリースされる思うので、情報をアップデートしていきます。